ニュース
» 2014年02月13日 22時00分 公開

AMD、R7シリーズ最上位の「Radeon R7 265」を発表

AMDはGCN世代の新GPU「Radeon R7 265」を発表した。想定価格は149ドル。

[ITmedia]

 AMDは2月13日、GCN(Graphics Core Next)世代のGPUとして、「Radeon R7 265」を発表した。米国における想定価格は149ドル。

 R7 260Xの上位に位置付けられるR7シリーズの最上位モデルで、同社によるとR7 R260Xよりも25%性能が高いという。主な仕様は、ストリームプロセッサ数が1024基、コアクロックが924MHz、メモリは2Gバイト(GDDR5)でバス幅が256ビットとなる。電源は6ピン×1、消費電力は150ワット。

 なお、ほかのGCN世代のGPU同様、独自APIのMantleをサポートするほか、DirectX 11.2とOpenGL 4.3に対応。CrossFire構成も利用できる。

3DMark(Fire Strike)のスコア比較

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう