トップ10
» 2014年04月21日 01時00分 UPDATE

PC USER 週間ベスト10:ノートPCにも“4K”の波(2014年4月14日〜4月20日)

今回のアクセスランキングは、東芝が他社に先駆けて投入した“4K”ノートPC、ビジネス向け液晶ディスプレイの選び方、ITっぽいマンガ連載が上位でした。

[ITmedia]

 PC USERで1週間に読まれた記事のアクセス数をランキングする「PC USER 週間ベスト10」。今回は2014年4月14日から4月20日までを集計しています。

 1位を獲得したのは、東芝が4月16日に発表した世界初の4Kディスプレイ搭載ノートPC「dynabook T954」のレビューでした(2014年4月16日時点で世界初/東芝調べ)。解像度3840×2160ピクセル(4K)の15.6型ワイド液晶ディスプレイを搭載し、約282ppi(pixels per inch:1インチあたりのピクセル数)の超高精細表示に対応した注目の新モデルです。

 続く2位はビジネス向け連載「SOHO/中小企業に効く製品の選び方」から「意外に知らない『液晶ディスプレイ』のトレンド」が入りました。主にSOHO/中小企業を対象として、液晶ディスプレイの選び方を紹介する連載記事の第1回です。

 またトップ3には、PC USER唯一のマンガ連載「バイナリ畑でつかまえて」から「第16回:そして誰かいなくなった。」が食い込んできました。2013年5月の連載開始以来、ジワジワと人気が高まりつつある“ITっぽい”マンガ連載をお楽しみください。

 4位は連載「鈴木淳也の『まとめて覚える! Windows 8.1 Update』」から「Office for iPadだけじゃない――iOSやAndroidでWindows系サービスを賢く使う方法」がランクイン。Windows系サービスを便利に使うためのMicrosoft製iOS/Androidアプリをまとめました。

 ランキングの常連となっているアキバのPCパーツショップ情報は3本がトップ10入り。懐かしのブランド「Athlon/Sempron」が新型APUとして生まれ変わったことにスポットを当てた「古田雄介のアキバPickUp!(4月14日版)」が5位、次世代製品の登場を予感させるマザーボードの大規模な特価セールを取り上げた「週末アキバ特価リポート(4月19日版)」が6位、Windows XPとOffice 2003のサポート終了に伴い売れている「Microsoft Office 2013 Home & Business」に注目した「週末アキバ特価リポート(4月12日版)」が8位となりました。

 そのほか、8型Windowsタブレット「Miix 2 8」に小型Bluetoothキーボードを組み合わせた活用リポートが7位、新型スマートペン「Livescribe 3」を国内でも発売したLivescribeのCEOであるジル・ブシャール氏のインタビューが9位、そして富士通の活動的なシニア向けノートPC「GRANNOTE」のレビューが10位に入りました。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.