ニュース
» 2015年04月30日 04時00分 UPDATE

「Spartan」は製品名にならず:Windows 10の新ブラウザは「Microsoft Edge」が正式名称に

「Project Spartan」の開発コード名で呼ばれてきたWindows 10の新ブラウザは、正式名称が「Microsoft Edge」となった。

[ITmedia]

 米Microsoftは4月29日(現地時間)、次期OS「Windows 10」に搭載される新Webブラウザ「Project Spartan」(開発コード名)の正式名称が、「Microsoft Edge」になることを発表した。

 米カリフォルニア州サンフランシスコにて開催中の開発者会議「Build 2015」にて、同社Operating Systems部門の担当副社長であるジョー・ベルフィオーレ氏が明らかにした。この名称は、同ブラウザが搭載する新しいレンダリングエンジン「EdgeHTML」に由来すると思われる。

tm_1504_Edge_01.jpg Windows 10に搭載される新Webブラウザの正式名称は「Microsoft Edge」になった

 Microsoft Edgeはデスクトップからモバイルまで幅広いデバイスをサポートするWindows 10の標準Webブラウザ。フラットなデザインを採用し、HTML5など最新のWeb技術に対応する。Webページの任意の場所へコメントが付けられる「注釈」機能、シンプルな閲覧画面の「リーディングモード」、統合された音声対応パーソナルアシスタントの「Cortana」、ブラウザ拡張機能の「Extensions」などを備えている。

tm_1504_Edge_02.jpg Microsoft Edgeの概要
tm_1504_Edge_03.jpg 新しいタブを開くと、このように検索フォームとおすすめコンテンツなどがまとめて表示される
tm_1504_Edge_04.jpg 注釈を付けたページは、リーディングリストに送ることで後から手軽に閲覧できる。ニュース記事などをシンプルな閲覧画面に成形表示する「リーディングモード」も備えている
tm_1504_Edge_05.jpg Webページにスタイラスペンやタッチ操作で書き込んだり、キーボードでコメントを追加できる「注釈」機能。注釈を加えたページは、保存や共有が行える
tm_1504_Edge_06.jpg 音声対応パーソナルアシスタントの「Cortana」を統合
tm_1504_Edge_07.jpg タブの上にマウスオーバーすると、その下にサムネイルが表示されう

 Windows 10にはこれまでの標準Webブラウザだった「Internet Explorer」も搭載されるが、こちらはIE向けに作られた古いWebサイトなどの表示(旧レンダリングエンジンのMSHTMLを利用)に限られる。今後はブラウザの開発リソースをMicrosoft Edgeに集中するとみられ、IEは終息していく見込みだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.