ニュース
» 2016年09月02日 13時50分 UPDATE

Qualcomm、VR参照プラットフォーム「Snapdragon VR820」を発表

QualcommがVR HMDの参照プラットフォーム「Snapdragon VR820」を発表した。Snapdragon 820や視標追跡用カメラやセンサーを搭載し、スタンドアロンで利用できる。メーカー向け提供は第4四半期の予定だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Qualcommは9月1日(現地時間)、スタンドアロン型VR HMD(仮想現実ヘッドマウントディスプレイ)の開発に向けた参照プラットフォーム「Snapdragon VR820」を発表した。

 名前が示すように、同社のモバイル端末向けプロセッサ「Snapdragon 820」を搭載する他、統合視標追跡用カメラ2台、6DoF(3次元空間での動きの自由度)を実現するためのフロントフェイスカメラ2台、シースルーアプリ、マイク4個、各種センサーを搭載する。

 vr 1 「Snapdragon VR820」

 PCやゲーム端末に接続しないで単体で使えるだけでなく、米Oculus VRの「Oculus Rift」のようなヘッドトラッキング用の外部センサーを設置する必要もない。解像度は片目1440×1440ピクセルで、360度の4K動画の再生が可能。表示レイテンシーは18ミリ秒以下という。

 vr 2

 Snapdragon VR820は、Qualcommが中国の新興企業Goertekと共同開発した。サードパーティーメーカーは、同参照プラットフォームと「Snapdragon VR SDK」により、高性能なVR HMDを開発できるとしている。

 Snapdragon VR820およびSDKは第4四半期(10〜12月)中に利用可能になり、製品はその後すぐに発売される見込みという。製品の価格帯については公式には発表されていないが、Qualcommは米The Vergeに対し、「ハイエンドタブレットと同じくらい」と語った。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう