ニュース
» 2018年02月26日 12時20分 公開

Mobile World Congress 2018:“予想外”な場所にWebカメラ――タッチ対応薄型クラムシェルノートPC「HUAWEI MateBook X Pro」登場

Huaweiがスペイン・バルセロナで薄型クラムシェルノートPCの新モデルを発表。画面占有率91%の超狭額縁ボディーにsRGB色域を100%カバーするタッチ操作対応の13.9型3K液晶を搭載し、重さは1.33kgだ。

[井上翔,ITmedia]

 Huaweiは2月25日(中央ヨーロッパ時間)、スペイン・バルセロナで開催される「Mobile World Congress 2018」に合わせて新型ノートPC「HUAWEI MateBook X Pro」を発表した。ヨーロッパでの標準販売価格は1499ユーロ(約19万7000円)から1899ユーロ(約24万9000円)となる。

HUAWEI MateBook X Pro HUAWEI MateBook X Pro

 今回発表されたMateBook X Proは、3モデルある。搭載するCPUは下位・中位モデルがCore i5-8250U(1.6G〜3.4GHz)、上位モデルがCore i7-8550U(1.8G〜4GHz)となる。全モデルともに外部GPUとしてNVIDIAの「GeForce MX150」(メモリ2GB)を搭載しており、シーンに応じてCPU内蔵の「Intel UHD Graphics 620」と使い分けるようになっている。

 メインメモリの容量は下位・中位モデルが8GBで、上位モデルが16GB(いずれもLPDDR3)。SSD(ストレージ)の容量は下位モデルが256GB、中位・上位モデルが512GB(いずれもPCI Express接続でNVMe規格)となっている。プリインストールするOSは、今回発表されたモデルについては「Windows 10 Home(Fall Creators Update)」となっている。

 ディスプレイは3K(3000×2000ピクセル)の13.9型LTPS液晶を搭載する。この液晶はsRGBの色域を100%カバーするもので、コントラスト比は1500対1、最大輝度は1平方メートルあたり450カンデラ(450nits)という仕様だ。ディスプレイ横のフレームの厚さは4mmで、画面占有率は91%となる。また、ディスプレイには最大10点まで検出するマルチタッチセンサーも内蔵されている。

画面占有率91% 画面占有率は91%

 電源ボタンは「Windows Hello」対応の指紋センサーを兼ねており、電源オンからWindowsログインまで最短7.8秒で行えるという(同社の計測値)。

 キーボードのF6キーとF7キーの間には、100万画素のWebカメラが設置されている。普段は収納されており、使う時だけポップアップさせる仕組みだ。

指紋センサー 「MateBook X」同様、電源ボタンは指紋センサーを兼ねている。電源オン、あるいはスリープ解除からログインまでの動作がシームレスに行える
Webカメラ Webカメラはキーボードに“紛れ込んで”いる。使う時だけ押し込んでポップアップする仕組みだ。使い終わったら再び押し込めば収納できる

 ポート類はUSB 3.1 Type-C端子×2、USB 3.0端子(Type A)と3.5mmイヤフォンマイク端子を備える。USB 3.1 Type-C端子は2つとも「USB Power Delivery(USB PD)」による電源入力に対応。同端子のうち1つは「Thunderbolt 3」にも対応している。

 バッテリーはリチウムポリマーで、容量は57.4Wh。満充電からの連続稼働時間は、ビデオ再生時で最大12時間(メーカー計測値)となっている。

ポート類 ポート類。薄型ボディーながらUSB 3.0端子(Type A)も搭載している

 ボディーサイズは304(幅)×217(高さ)×4.9〜14.6(奥行き)mmで、重量は1.33kgとなる。ボディーカラーはMystic SilverとSpace Greyを用意する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう