ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

  • 関連の記事

「MateBook」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「MateBook」に関する情報が集まったページです。

ファーウェイ、14型ノート「MateBook 14」にRyzen 5採用の下位モデル 税別9万9800円
華為技術日本は、同社製14型ノートPC「HUAWEI MateBook 14」のラインアップにRyzen 5を標準搭載した下位構成モデルを追加した。(2021/2/2)

ファーウェイ、第10世代Core i5採用のスリム13型ノート「MateBook X」新モデルなど2製品
華為技術日本は、狭額縁デザイン筐体を採用した13型ノートPC「MateBook X」新モデルなど計2製品を発表した。(2020/11/17)

ファーウェイ、約1kgのファンレスノートPC「MateBook X」日本で発売 15万4800円
ファーウェイ・ジャパンが、ノートPC「MateBook X」を日本で発売すると発表。約1kgのファンレスPCで、市場想定価格は15万4800円。11月20日に発売する。(2020/11/17)

ファーウェイ、15.6型ノート「MateBook D 15」にCore i5搭載バリエーションモデルを追加
華為技術日本は、同社製15.6型ノートPC「HUAWEI MateBook D 15」のバリエーション構成モデルを発表した。(2020/8/26)

ファーウェイ、スリム13型ノート「MateBook 13」にRyzen 5搭載の新モデル
華為技術日本は、同社製のスリム13型ノートPC「MateBook 13」にRyzen 5を搭載した新構成モデルを追加した。(2020/6/17)

Googleアプリ非対応でも「第3の選択肢に」 ファーウェイ、新型5Gスマホ「P40 Pro 5G」など日本で発売
ファーウェイ・ジャパンが、新型スマートフォン「HUAWEI P40 Pro 5G」「HUAWEI P40 lite 5G」「HUAWEI P40 Lite E」を国内で発売する。いずれもGoogle Playストアなどが利用できないが、中国Huawei独自のアプリストアを“第3の選択肢”として展開する考え。新型タブレット「Matepad」シリーズなども発売する。(2020/6/2)

ファーウェイ、第10世代Coreを採用したスリム13.9型ノート「MateBook X Pro」新モデル
華為技術日本は、狭額縁デザインのスリム筐体を採用した13.9型ノートPC「MateBook X Pro」の新モデルを発表した。(2020/6/2)

ファーウェイ、第10世代Coreを採用した13型ノート新モデル「HUAWEI MateBook 13 NEW」
華為技術日本は、第10世代Core i5/i7を標準搭載した13型ノートPC「HUAWEI MateBook 13 NEW」の発表を行った。(2020/4/14)

ファーウェイ、Ryzen搭載の15.6型スリムノート「MateBook D 15」 6万9800円から
華為技術日本は、Ryzenプロセッサを採用した15.6型スリムノートPC「MateBook D 15」シリーズを発表した。(2020/3/24)

ファーウェイ、13型ノート「HUAWEI MateBook 13」現行モデルに“シルバー”カラバリを追加
華為技術日本は、同社製の薄型ノートPC「HUAWEI MateBook 13」のカラーバリエーションモデルを発表した。(2020/2/25)

HuaweiがMateBookファミリーの2020年モデルを投入 第10世代Coreプロセッサ搭載
Huaweiが、スペイン・バルセロナで新型ノートPCを発表。いずれも第10世代Coreプロセッサを搭載している。(2020/2/25)

Huawei、5G対応の「P40」シリーズを3月26日に発表
Huaweiが、2020年3月26日にフランスのパリで、最新スマートフォン「P40」シリーズの発表会を行う。リチャード・ユウCEOが予告した。P40シリーズは「最もパワフルな、5Gフラグシップスマートフォン」だという。(2020/2/24)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
書き味よいM-Pencilが使える「MatePad Pro」はiPad Pro対抗のビジネスモデル
Huaweiが中国で発売したタブレット「MatePad Pro」は、キーボードやペンも使え、iPad Proの対抗製品として出てきたモデルといえます。Huaweiのハイエンドモデルと同じく、プロセッサにKirin 990を搭載。バッテリーは7360mAhと大型で、しかも他の端末をワイヤレスで充電できるリバースチャージにも対応しています。(2020/1/4)

PR:Windows 10時代のモバイルPC「HUAWEI MateBook 13」でストレスフリーな生活を送ろう!
消費税の増税や2020年1月のWindows 7延長サポート終了、さらに働き方改革といった社会的な流れの中で、PCの買い替え/買い増し需要が増えている。本格的なWindows 10時代を迎え、ストレスなく快適に利用できる条件を洗い出し、お勧めの1台を見つけよう。(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2019/9/10)

最大60W&PD対応のACアダプターがcheeroから登場 発売記念で2500円に
cheeroは、6月12日にUSB Type-C対応アダプター「cheero USB-C PD Charger 60W」を発売。最大60Wの高出力とコンパクトなデザインを実現し、USB PD(Power Delivery)へ対応する。プラグ部分は折り畳み可能で、すっきりと持ち運ぶことができる。(2019/6/12)

13型台モバイルノートパソコンおすすめ“3選” 12万円以下の良コスパモデルをチェック(2019年版)
文章作成やプレゼン資料に大活躍するノートパソコン。その中でも13型台モデルは持ち運びがしやすいことから人気です。この記事では、その選び方を紹介しつつ、性能と価格のバランスが良好な実売価格12万円以下の機種を3つご紹介します。(2019/4/25)

そのコスパにしびれる:
“スマホのファーウェイ”が作る新モバイルPCはどうだ? MateBook 13の実力を確かめた
ファーウェイ・ジャパンが3月15日から順次発売する新型ノートPC「HUAWEI MateBook 13」を、いち早く入手できた。その性能をチェックしてみよう。(2019/3/8)

税別10万円切り“フルディスプレイ”ノートPC「HUAWEI MateBook 13」を日本投入
ファーウェイ・ジャパンが新型ノートPC「MateBook 13」を発表した。スペインで行われた「MWC19 Barcelona」において発表されていたモデルで、3月15日から順次発売される。(2019/3/5)

PR:美しく、高性能で、コンパクト――ファーウェイから破格の13型快適モバイル「HUAWEI MateBook 13」がデビュー
「HUAWEI MateBook 13」は、ジャスト13型のディスプレイを搭載したモバイルノートPC。狭額縁デザインでコンパクトにまとめたボディーにワンランク上の体験ができる高性能、エンタメ機能を備える。税別10万円を切るアグレッシブな価格設定で、新生活にもぴったりの1台だ。(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2019/3/13)

MWC19 Barcelona:
Huaweiの折りたたみスマホ「Mate X」、間近で見た印象は? 写真でじっくり解説
Huaweiが折りたたみスマートフォン「HUAWEI Mate X」を発表。プレスカンファレンスの終演後、HUAWEI Mate Xの実機を間近に見て、撮影することができた。実機に触れることはできなかったが、ケース越しに見たMate Xの印象は……。(2019/2/25)

MWC19 Barcelona:
HUAWEIが“いいとこ取り”の「MateBook 14」と新型「MateBook Pro X」を発表
Huaweiが2月24日(現地時間)、スペインのバルセロナで開催されるMWC19 Barcelona(2月25日〜28日)の開幕を前にプレスイベントを実施、新型ノートPC「MateBook Pro X」と「MateBook 14」を発表した。(2019/2/25)

CES 2019:
Huawei、「MacBook Air」のようなスリムノートPC「MateBook 13」、999ドルから
HuaweiがスリムノートPC「MateBook 13」を発表。「MacBook Air」に似たデザインで、ハイエンドは第8世代i7搭載とNVIDIA GeForce MX150を搭載する。(2019/1/11)

CES 2019:
米中摩擦の影響を感じさせないほどにぎわっていたHuaweiブース 目玉は?
米ラスベガスで開催中のCES 2019を取材してきた。筆者が最も気になっていたのはHuaweiの動向だ。同社は2018年と同じくメイン会場にブースを構え、スマートフォンやタブレット、ノートPCなどを展示した。(2019/1/10)

CES 2019:
第2世代「Ryzen Mobile」搭載PCが3月までに登場 Ryzen Moblie用「Radeon Software」は2月に公開
1月7日(米国太平洋時間)に2019年中にリリースされると発表された第2世代「Ryzen Mobile」。それが早くも3月までに登場。既存モデルにも対応する「Radeon Software」のRyzen Mobile用も2月に配信開始する。(2019/1/10)

PR:秋冬スマホと比べても遜色なし!? 「HUAWEI P20 Pro」が今なお“買い”と思える10の理由
秋冬モデルの最新スマートフォンが続々と発売されているが、いまだ現役として、最高峰のカメラ性能を誇るのが、「HUAWEI P20 Pro」だ。2018年夏モデルではあるが、今なお、購入の検討候補に挙げられる。この端末の魅力を10のポイントに分けて紹介する。(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2018/11/27)

PR:その全てがプレミアム――この冬買いたいノートPCは「HUAWEI MateBook X Pro」
性能もデザインも群を抜くプレミアムノートPC「HUAWEI MateBook X Pro」を徹底レビュー。モバイルノートPCはここまで進化した!(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2018/11/19)

LTEモデルはどうなった?:
「テクノロジー」と「ファッション性」を重視して製品展開――3年目を迎えた中国HuaweiのPC事業
スマホで定評のあるHuaweiがPC事業に参入して3年目を迎えた。同社のPC事業はどのような展開を描いていくのだろうか。コンシューマービジネス担当COOに話を聞いた。(2018/7/17)

PR:持つ喜びに“観る”楽しみ――「HUAWEI MateBook X Pro」の個人的活用術
ファーウェイの「HUAWEI MateBook X Pro」は、コンパクトなボディに3Kディスプレイや4スピーカーのサウンド・システムを備えたラグジュアリーなノートPCだ。仕事はもちろんプライベートな映像視聴でも活躍する。今回はITジャーナリストでAV評論家の本田雅一氏による試聴レビューをお届けしよう(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2018/7/5)

PR:モバイルPCの傑作機 「HUAWEI MateBook X Pro」の魅力に迫る
ファーウェイの「HUAWEI MateBook X Pro」は、工芸品のように美しいデザインと先進テクノロジーを融合したフラグシップモバイルノートPCだ(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2018/6/15)

ファーウェイ、薄型15.6型ノート「MateBook D」2018年モデルを発売
華為技術日本は、15.6型フルHD液晶ディスプレイを備えたスタンダードノートPC「HUAWEI MateBook D(2018年モデル)」を発表した。(2018/5/10)

ファーウェイ、第8世代Core搭載のハイスペック13.9型ノート「MateBook X Pro」を正式発表
華為技術日本は、第8世代Core i5/i7を搭載した13.9型ノートPC「MateBook X Pro」の正式発表を行った。(2018/5/10)

「Mobile World Congress 2018」まとめ
「Galaxy S9」「ZenFone 5」から8000円スマホ「Tempo Go」まで――MWC 2018の注目製品
モバイル関連の年次イベント「Mobile World Congress 2018」では、さまざまな新製品が発表された。その中から注目すべき製品をピックアップして紹介する。(2018/3/17)

Mobile World Congress 2018:
Huaweiがスマホで世界一になる日、新モデル「P20」への期待 リチャード・ユーCEOが語る
日本メディアがHuaweiのコンシューマー・ビジネス・グループのCEO、リチャード・ユー氏と面会。グループインタビューを実施した。リチャード氏は、ライバルに対するHuaweiの強みや、PC事業に参入した理由、次期スマホ「P20」について語った。(2018/3/8)

PR:プライベートも仕事もはかどる 新生活はファーウェイのスマートフォンで決まり!
就職や入学を控えたこの春に、新しいスマートフォンを買って新生活を迎えよう。そこでオススメなのが、高画質カメラや大容量バッテリーが魅力のファーウェイ製スマホだ。今回は最新ラインアップから4モデルを紹介したい。(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2018/3/6)

MacBook Pro対抗の高性能ノート 「HUAWEI Matebook X Pro」現地レポート
MWC 2018にあわせて13.9型「HUAWEI Matebook X Pro」が登場。(2018/2/28)

Mobile World Congress 2018:
“予想外”な場所にWebカメラ――タッチ対応薄型クラムシェルノートPC「HUAWEI MateBook X Pro」登場
Huaweiがスペイン・バルセロナで薄型クラムシェルノートPCの新モデルを発表。画面占有率91%の超狭額縁ボディーにsRGB色域を100%カバーするタッチ操作対応の13.9型3K液晶を搭載し、重さは1.33kgだ。(2018/2/26)

達人レビュアーが選んだ2017年のイチオシPC
2017年も多くのPCや2in1が登場し、注目製品をじっくりレビューしてきた。この1年で印象深いモデルを選出していこう。(2017/12/31)

PR:徹底検証 HUAWEI P10/P10 Plusはスマホカメラの不満を解消できるのか?
スマートフォンのカメラでうまく撮るのが難しいシーンといえば「暗所」や「逆光」。HUAWEI P10/P10 Plusといえば、人物を美しく撮影できるカメラ機能に定評があるが、スマホが苦手なシーンでも高いクオリティーの一枚を残せる。その実力が本物かを検証した。(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2017/11/2)

本田翼さんをHUAWEI P10 Plusで撮影した「翼と本と珈琲と」写真展が開催 
ファーウェイは、9月21日から渋谷MODI 1Fイベントスペースで「ファーウェイ×non-no『翼と本と珈琲と』写真展」を開催。本田翼さんをHUAWEI P10 Plusで撮影した写真をはじめ、HUAWEIの新製品を気軽に試せるスペースも用意している。(2017/9/20)

ファーウェイ、スリムな狭額縁デザインのCore i7搭載15.6型ノート「HUAWEI MateBook D」
華為技術日本は、第7世代Coreプロセッサを採用した15.6型ノートPC「HUAWEI MateBook D」を発表した。(2017/9/8)

LTEモデルも「予定あり」:
「数」よりも「価値」――中国Huaweiが考えるPC事業の可能性
中国Huawei(華為技術)がモバイルPC事業への本格参入を発表して約1年半が経過した。PC事業について、同社はどのような展望を持っているのだろうか。(2017/8/25)

PR:ファーウェイ入魂のクラムシェルノート「HUAWEI MateBook X」徹底検証
ファーウェイが満を持して投入した薄型軽量のクラムシェル型ノートPC「HUAWEI MateBook X」は、スリムでコンパクトなファンレスボディーに高性能と高機能を詰め込んだプレミアムな製品だ(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2017/7/7)

MWC上海2017:
画面で指紋認証、デュアルカメラ、富裕層向けスマホ 中国の最新モバイルトレンド
6月27日〜7月1日に開催された「Mobile World congress Shanghai 2017」に出展している多くが中国企業。今や世界最大のスマホ生産国ともいえる中国の現在を知るうえでは、注目すべき展示も多かった。筆者が気になったデバイスやサービスを紹介していこう。(2017/7/6)

13型で世界最小クラス、Core i7搭載でファンレス仕様――ファーウェイ初のクラムシェルノート「HUAWEI MateBook X」
ファーウェイがクラムシェルでPC市場に本格参入。(2017/7/4)

Huawei、クラムシェル型Windows 10ノート「MateBook X」を6月末発売へ
Huawei初のクラムシェル型Windows 10ノートPC「MateBook X」を6月末に発売する。ハイエンドスペックで、価格は1399ユーロ(約17万円)から。(2017/5/24)

ライカ「Dual-Camera 2.0」の威力やいかに
外観、触り心地、カメラが洗練された新スマートフォン「HUAWEI P10/P10 Plus」の実力は?
Huawei Technologiesの「HUAWEI P10/P10 Plus」は、前モデルの「HUAWEI P9」からどのような進化を遂げたのだろうか。実機ハンズオンレポートを紹介する。(2017/3/18)

ディスプレイサイズは決定的だが、総合力では……
徹底比較:大型スマホの頂上決戦、「iPhone 7 Plus」 vs. 「HUAWEI Mate 9」
Appleの「iPhone 7 Plus」とHUAWEIの「Mate 9」は、どちらも卓越した性能の大型スマートフォンだ。だが、細かい仕様を比較すると多くの違いがある。どのような観点で選ぶべきか。(2017/3/11)

ポート位置、電源アダプターなど
クライアントPC選び、細か過ぎて伝わらないけど気にしたい“10のポイント”
クライアントPCを購入する時、画面や薄さ、バッテリー持続時間などを考慮する人は少なくない。しかし、その他のポイントについても考える必要がある。(2017/3/5)

Mobile World Congress 2017:
P10 Plusも日本発売の可能性あり、SIMを挿せるMateBookも? Huawei幹部に聞く
HuaweiはMWC 2017に合わせて「HUAWEI P10」と「HUAWEI P10 Plus」を発表。どちらも日本で発売する可能性があるという。その他、スマートウォッチ「HUAWEI WATCH 2」も含めて、同社の幹部に話を聞いた。(2017/3/3)

防塵/防水があれば完璧だった
徹底レビュー:ダブルレンズカメラ搭載の頑丈スマホ「HUAWEI Mate 9」
「HUAWEI Mate 9」には革新的な実装はないものの、2017年のスマートフォンを代表する3つの機能が搭載されている。「極薄のベゼル」「人工知能(AI)」「ダブルレンズカメラ」だ。(2017/2/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。