ニュース
» 2010年04月15日 22時38分 UPDATE

MediaFLOに新商用サービス――蓄積型クリップキャストなど4種を2010年下半期に提供

全米でMediaFLOでのマルチメディア放送サービスを提供するFLO TVが4月13日、インタラクティブサービスやタイムシフト視聴などの新サービスを2010年下半期に開始すると発表した。

[ITmedia]

 Qualcommの子会社で、米国でMediaFLO方式の携帯端末向けマルチメディア放送サービスを提供するFLO TVは4月13日(米国時間)、4つの新サービスを2010年下半期に開始すると発表した。

 現在提供しているストリーミング映像配信に加え、新たに商用サービスとして提供されるのは、以下の4つだ。

  • インタラクティブサービス
  • ペイパーデイパス
  • イベントパス
  • タイムシフト視聴

 これらはこれまで「IPマルチキャスト」「蓄積型クリップキャスト」といった名称で実験が進められてきた技術で実現する。

 インタラクティブサービスでは、ユーザーが番組を見ながらボタンをクリックすることで、番組の詳細情報の表示や広告の商品購入ができるようになる。またペイパーデイパスなら、番組を視聴するために月額会員にならなくても、1日のみの視聴が可能。見たい番組がある日だけ視聴料を払うという利用が可能になる。

 イベントパスは、すでにFLO TVの視聴契約をしている加入者向けのプレミアムコンテンツで、通常番組だけでなく、特別番組などのプレミアムコンテンツの視聴が可能になるサービス。タイムシフテッド視聴・キャッチアップTVは、蓄積型クリップキャストサービスを活用して、あらかじめ選んだ番組が自動的に端末にダウンロードされ、時間を選ばず、電波が圏外でも視聴できるサービスだ。

 こうしたサービスは、携帯電話だけでなく、今後登場するスマートブックや電子書籍リーダー、タブレットPCなどのさまざまなモバイルデバイスにも搭載されていくという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.