調査リポート
» 2010年12月14日 19時22分 UPDATE

調査リポート:第3四半期の国内携帯出荷、アップルが初のトップ5入り――IDC Japan調べ

IDC Japanが2010年第3四半期の国内携帯出荷台数を発表。メーカー別シェアはシャープが18四半期連続でトップを獲得し、iPhoneが好調なアップルは5位に食い込んだ。

[ITmedia]

 IDC Japanは12月13日、国内携帯電話市場の2010年第3四半期(7月〜9月)の出荷台数を発表した。2010年第3四半期の国内出荷台数は、昨年同期比18.9%増の866万台となり、4四半期連続のプラス成長を記録した。

 市場を成長に導いた要因についてIDC Japanは、1四半期で出荷台数が100万台を超えたiPhoneがスマートフォン需要をけん引したことと、従来端末の販売が上位機種から中、下位機種まで堅調な伸びを見せたことの2点を挙げている。

Photo メーカー別シェア

 端末メーカー別の出荷台数シェアは、シャープが18.8%のシェアでトップを獲得。18四半期連続でトップの座を維持している。2位はNTTドコモ向けにFOMAの新機種を積極的に供給したパナソニックモバイル(16.6%)が獲得し、らくらくホン人気とFOMA上位機種の販売が好調な富士通(15.1%)は3位だった。

 au向け端末の中、下位機種でユーザーから評価の高い京セラ(12.7%)は、前四半期から1つ順位を上げ第4位に。国内最大の販売台数を記録しているiPhone 4を出荷するアップル(12.2%)は、国内市場初のトップ5入りを果たした。

 なお2010年第4四半期(10月〜12月)の見通しについてIDC Japanのアナリストは、シャープ製品を中心とした新スマートフォンの出荷が大幅に増加する可能性が高いことから同四半期のスマートフォンの出荷比率は20%を超え、年間出荷台数でもプラス成長になると予想している。

 今回の発表の詳細は、同社が発行した調査リポート「国内携帯電話市場 2010年第3四半期の分析と2010〜2014年の予測」に掲載されている。同資料の価格は105万円。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.