ニュース
» 2011年02月23日 11時00分 UPDATE

かざして販促、iPhoneでも――BUG、新技術搭載のFeliCaリーダー発売

FeliCaを搭載していないiPhoneでも、かざしてサイトにアクセスしたり、ポイントサービスを利用できる――。ビー・ユー・ジーが、こんな使い方を可能にするるFeliCaリーダー/ライター向け技術を開発した。

[後藤祥子,ITmedia]

 ビー・ユー・ジーは、おサイフケータイに対応していないiPhoneやスマートフォンでも、かざして販促ソリューションを使えるようにするFeliCaリーダー/ライター向け技術「スマート・サウンド・タッチ」(SST)を開発した。4月以降、同技術を採用したFeliCaリーダー「ピットタッチ・ミニS」とFeliCaリーダー/ライター「ピットタッチ・プロ」を順次発売する。

Photo 「ピットタッチ・ミニS」(写真=左)と「スマート・サウンドタッチ」(写真=右)

 ビー・ユー・ジーは、おサイフケータイをかざすだけで会員登録サイトへの誘導やプロモーションサイトへのアクセス、ポイントサービスの利用などを可能とするソリューションを提供する企業。昨今のスマートフォンブームで、FeliCaを搭載していないiPhoneやAndroid端末でも使える“かざすマーケティングソリューション”を望む声が高まったことからSSTを開発し、同技術を搭載したリーダー/ライターを用意した。

 SSTは、近接センサーと音声機能を使い、スマートフォン側でワンタイムURLなどのデータを生成可能にする技術。リーダー/ライターに搭載された近接センサーに専用アプリを起動したスマートフォンが近づくと、各種パラメータ情報を含んだ音が鳴る。その音をスマートフォン側のアプリで認識すると、マイクで拾った音声データをデコードし、会員登録サイトへの誘導やポイントサービスの利用などに必要なデータを生成する仕組みだ。スマートフォン側にデコード用のアプリが必要となるが、アプリ開発についてはビー・ユー・ジーがサポートする。

Photo リーダー/ライターに端末を近づけると、近接センサーがスマートフォンを感知して暗号データを含む音を発する。スマートフォンがマイクを通じてこの音を取り込み、デコードしてサービスに必要なデータを生成する

 ピットタッチ・ミニSは、乾電池3本で約120日連続で動作するスタンドアローン型のリーダーで、サイト誘導やチェックイン、クーポンもぎり機能、金額連動ポイントの付与が可能。ネットワーク接続に対応し、ディスプレイと専用のテンキーを備えるピットタッチ・プロは、ピットタッチ・ミニSの機能に加え、クーポン機能とチケット機能を利用できる。対応するスマートフォンは、iOS 3.1.3以上を搭載したiPhoneと、Android 2.1以上を搭載した端末。

 ビー・ユー・ジーではリーダー/ライターと各種マーケティングソリューション、運用/分析サポートまでをワンストップで提供しており、提供方式はサーバ導入型に加え、短期間の利用に対応するASP型も用意している。

 同社は3月8日に開幕する「リテールテックJAPAN 2011」のブースで、両端末のデモを行う予定だ。

Photo スマート・サウンド・タッチ(SST)のロゴ。
「ピットタッチ・ミニS」の主なスペック
項目 概要
サイズ/重さ 54×20×93ミリ、重さ約50グラム
ランプ 7色表示×8、点灯パターンは設定可能
スピーカー モノラル
電源 単4乾電池3本 またはAC100ボルト

「スマート・サウンドタッチ」の主なスペック
項目 概要
サイズ/重さ 約145×115×105ミリ、505グラム
ディスプレイ 4.3インチ、480×272ピクセル
ネットワークインタフェース イーサネット(10base-T/100base-TX)、3G通信モジュール接続用USB
外部機器接続用インタフェース テンキー接続用USB、PC/POS接続用シリアルポート
入力用デバイス 専用テンキー(標準付属)
ランプ タッチエリア表示用、3色×8
スピーカー モノラル
電源 製品付属のACアダプタを使用

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.