ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アコム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アコム」に関する情報が集まったページです。

専門家のイロメガネ:
なぜアコムは、いまだに過払い金問題で消耗しているのか?
一見昔話のようにも思う過払い金問題。しかし、現在も消費者金融各社は過払い金返還に苦しんでいる。特にアコムは当初の想定どおりに引当金が減っていない。なぜ過払い金の正確な返還額が計算できないのか。そこには、過払い金の返還請求を遅らせると、そこに利息がついてくるなどの制度的な理由があった。(2019/5/24)

デジタル変革の推進に必要なインフラ要件
CPU使用率の高稼働に悩むアコムがメインフレーム更改に踏み切った理由
デジタル変革に力を注ぎ、そのシステム基盤を担うメインフレームのCPU負荷が増大していたアコムが1年半後にCPU使用率上昇の危機に直面。どのように乗り越えたのか。(2019/3/11)

ターゲットは若者:
将来稼ぐ力を予測する「AI融資」の狙いとは
ソフトバンクとみずほ銀行が、AIを活用した個人向けの融資サービス「AIスコア・レンディング」を展開している。同サービスでは、AIが利用者の「将来稼ぐ力」を分析し、適切な金利を決めているという。その狙いとは……。(2017/10/24)

運用チーム主導のIT改革
システム障害の原因究明を迅速化――アコムが臨む“攻め”の運用管理術
システムを常時監視し、障害をいち早く検知できても、業務への影響範囲を特定できなければ迅速な復旧は図れない。消費者金融大手のアコムは、この仕組みを自動化し、事前対策を可能にする運用を目指している。(2016/12/14)

商標速報botが「音商標」に進出 これ全部聞いたことあるやつ!
今年から登録可能になった音商標、まとめて聴くと興味深いです。(2015/5/15)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
予想を下回る経済指標や欧州金融不安で続き冴えない展開
(2012/2/1)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
金融不安を煽るような材料も多く大幅下落
(2011/11/10)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
格下げ、デフォルト懸念が強まって大幅下落
(2011/7/28)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
中国の金融引き締め懸念や芳しくない決算発表を受けて大幅安
(2011/5/12)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
欧州金融不安や利益確定売りに押されてダウ平均は軟調
(2010/11/9)

なぜ法律事務所のテレビCMは、うさん臭いのか
テレビをつけていると、法律事務所のCMを見ることが多くなった。「借金で払いすぎた金利を取り戻します」といったことを言っているが、なぜ法律事務所のCMはうさんくさく感じるのだろうか。その理由を考えてみた。(2010/10/21)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
利益確定売りに押されて軟調
(2010/7/29)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
週末の米国市場が軟調にもかかわらず円高一服や持高調整の売り一巡感から堅調
(2010/7/5)

消費者金融に対するイメージ、変わった? 変わらない?
消費者金融のテレビCMに、好感を持っている人はどのくらいいるのだろうか。ここ2〜3カ月の間に消費者金融のテレビCMを見たという人に聞いたところ「好感を持ったものはない」と答えた人が半数を超えた。マイボイスコム調べ。(2010/5/11)

改正貸金業法をめぐり、貸金業者側と消費者側が対立
改正貸金業法の見直しに関する検討会議が、金融庁で始まった。上限金利の引き下げや総量規制を盛り込んだ法律について、貸金業者側と消費者側の意見は真っ向から対立した。(2009/12/1)

シリーズ・“新借金地獄”の時代:
“カネを返せ!”というのは誰か? 窮地に追い込まれる消費者金融
消費者金融業界が窮地に追い込まれていることをご存じだろうか? 改正貸金業法の完全施行を前に、各社は上限金利を引き下げたり、“貸し渋り”を行っている。さらにこの業界を苦しめているのは「過払い金返還請求」だ。(2009/7/1)

シリーズ・“新借金地獄”の時代:
あなたはお金を借りられますか? “借金難民”が溢れる日
1〜2年ほど前から、日本では「お金が借りにくい状況」が続いている。景気が悪いのではお金を借りたいという人は多いはずだが、なぜか消費者金融は貸さない……というより貸せない状況なのだ。その背景には、どのような事情が潜んでいるのだろうか?(2009/6/29)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
日銀短観の発表で乱高下となるも、米国株高や円安を受けて大幅高
(2009/4/1)

勝ち組企業の経営戦略:
金融新時代に挑むプロミス【前編】
米金融危機の影響などによる景気後退、労働人口の減少、不安定な政局への懸念……。日本が今抱える課題は山積みだ。そうした情勢に伴い多くの日本企業が苦しい状況にいる中、着実に業績を伸ばし業界をけん引している企業が存在する。特集「勝ち組企業の経営戦略」では、さまざまな分野でトップを走る企業の経営層が事業戦略や将来の展望などを語る。(2008/10/22)

個人ローンに対するイメージ、変わらず“悪い”
2009年末までにグレーゾーン金利が撤廃されるため、消費者金融各社は前倒しで金利を引き下げている状況だ。こうした状況で最も利用されている消費者金融はどこだろうか?(2008/4/21)

レイク買収に意欲を見せるアコム、他の大手3社は静観
大手消費者金融の決算が出そろった。過払い金に対する引当金が減少し、各社とも黒字に転換。だが消費者金融のマーケットが縮小する中、どうやって生き残りを図るのか?(2007/11/14)

Mac OS X 10.5解禁:
銀座まで目と鼻の先、だけどアキバでLeopardを買う!
秋葉原でもMac OS X Leopardが販売開始。降りしきる雨の中、ヨドバシカメラではゲストを招いてのカウントダウンイベントが開催された。(2007/10/26)

再編・淘汰が進む消費者金融業界の行方は?
消費者金融が苦しんでいる。上限金利の引き下げ、貸付制限、過払い金の返還によって、成長が見込めない。市場からは「さらなる再編」を期待される中、今後の株価をトレーダーズ・アンド・カンパニーのアナリストが分析した。(2007/8/24)

低金利商品15%〜18%を販売、武富士
(2007/6/7)

山口揚平の時事日想:
消費者金融は“悪”なのか?――じゃあ、誰が貸してくれるのさ? という素朴な疑問
かつての“サラ金”という呼び名に伴うイメージを払拭しながら急成長した消費者金融。しかし今、消費者金融は岐路に立たされ、大幅なビジネスモデルの変革を迫られている。そもそも消費者金融とはどのようなビジネスモデルなのかを見てみよう。【図版追加】(2007/6/5)

アコムとイーバンク銀行が業務提携 
(2007/6/4)

アイフル、新規の貸出上限金利を引き下げ
(2007/5/31)

消費者金融を襲う3つの難題
消費者金融が試練に立たされている。返還請求で巨額の赤字を計上、新貸金業法で事業の縮小が予想される。淘汰か、再編か、業界の悩みが続く。(2007/5/16)

携帯クレジット「スマートプラス」普及へVISAとMUFGが提携
三菱UFJは、VISAと携帯クレジット方式「スマートプラス」の普及に共同で取り組む。2008年度までに会員200万人、加盟店10万店を目指す。(2006/3/16)

カード情報大量流出、MasterCard提携各社の対応状況
4000万枚以上のクレジットカード情報が流出した可能性があるとの発表を受けて、日本国内の提携各社が対応窓口を設置した(2005/6/20)

「にゃんにゃんにゃん、てんこてんジェイピー」のツカサがネット企業に?
ウィークリーマンションの印象が強いツカサだが、今年からBlogやSNSに参入。6月にはネット新聞を始める。不動産業の同社がなぜネットに進出するのか、CMにも出演する名物社長に聞いた。(2005/5/30)

月刊コンピュートピア
ICタグの普及と雇用問題
ICタグの普及には、いくつかのハードルをクリアしなければならないが、本稿ではいかにICタグが社会に普及していくかを、総務省の調査研究会の報告書を基に考えてみたい。ICタグと雇用問題についても触れてみたい。(2004/11/15)

小野真弓主演の関西限定ドラマ『引っ越しの日に出会った』、gooが全国に向け即日配信
gooは、アコムCMやグラビアで人気急上昇中の小野真弓が主演する癒しをテーマとしたドラマ『引っ越しの日に出会った』の配信を開始した。(2004/7/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。