ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アイフル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アイフル」に関する情報が集まったページです。

専門家のイロメガネ:
なぜアコムは、いまだに過払い金問題で消耗しているのか?
一見昔話のようにも思う過払い金問題。しかし、現在も消費者金融各社は過払い金返還に苦しんでいる。特にアコムは当初の想定どおりに引当金が減っていない。なぜ過払い金の正確な返還額が計算できないのか。そこには、過払い金の返還請求を遅らせると、そこに利息がついてくるなどの制度的な理由があった。(2019/5/24)

住宅も「Powered by Honda」 LIXILと次世代コンセプトホーム公開
ホンダとLIXIL住宅研究所は合同でコンセプトホーム「次世代レジリエンスホーム『家+X』Powered by Honda」を公開した。(2015/11/11)

自然エネルギー:
初期費用0の戸建て太陽光、売電収益で無利子の分割払い
LIXIL住宅研究所と日立キャピタル、ハンファQセルズジャパンが新築住宅と太陽光発電システムを同時に購入した場合に、太陽光部分の分割手数料を負担するサービスを開始した。売電収益で太陽光部分の分割払いを賄うことが可能だという。(2014/6/30)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
好調な業績も見られるが利益確定売りも多く上値の重い展開
(2012/2/10)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
金融不安を煽るような材料も多く大幅下落
(2011/11/10)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
中国の貿易統計の拡大で世界的な景気拡大期待が強まり堅調
(2011/5/11)

なぜ法律事務所のテレビCMは、うさん臭いのか
テレビをつけていると、法律事務所のCMを見ることが多くなった。「借金で払いすぎた金利を取り戻します」といったことを言っているが、なぜ法律事務所のCMはうさんくさく感じるのだろうか。その理由を考えてみた。(2010/10/21)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
中国景気鈍化懸念で売られるも追加金融緩和で底堅さも見られる
(2010/8/11)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
週末の米国市場が軟調にもかかわらず円高一服や持高調整の売り一巡感から堅調
(2010/7/5)

消費者金融に対するイメージ、変わった? 変わらない?
消費者金融のテレビCMに、好感を持っている人はどのくらいいるのだろうか。ここ2〜3カ月の間に消費者金融のテレビCMを見たという人に聞いたところ「好感を持ったものはない」と答えた人が半数を超えた。マイボイスコム調べ。(2010/5/11)

改正貸金業法をめぐり、貸金業者側と消費者側が対立
改正貸金業法の見直しに関する検討会議が、金融庁で始まった。上限金利の引き下げや総量規制を盛り込んだ法律について、貸金業者側と消費者側の意見は真っ向から対立した。(2009/12/1)

吉田典史の時事日想:
「会社を辞めろ」と言われても……泣き寝入りせずに抵抗する方法
上司から「会社を辞めてくれ」と言われたら、あなたならどうするだろうか? 「仕方がないので会社を辞める」人も多いだろうが、「泣き寝入りをしたくない」という人もいるのでは。そこでリストラに関する取材を続けてきた筆者が、会社に抵抗する方法を紹介する。(2009/11/13)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
米国株安や円高を嫌気して大幅下落
(2009/11/2)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
前日の大幅高の反動や悪材料が多く、売りがかさんで大幅下落
(2009/9/25)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
週末の手仕舞い売りで一時大幅安、後場に買戻しが入り底堅い展開
(2009/9/18)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
円高一服、大幅下落の反動が期待された割りには上値の重いさえない展開
(2009/9/15)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
強弱入り混じる指標のなか手仕舞い売りもかさんで軟調
(2009/8/7)

シリーズ・“新借金地獄”の時代:
あなたはお金を借りられますか? “借金難民”が溢れる日
1〜2年ほど前から、日本では「お金が借りにくい状況」が続いている。景気が悪いのではお金を借りたいという人は多いはずだが、なぜか消費者金融は貸さない……というより貸せない状況なのだ。その背景には、どのような事情が潜んでいるのだろうか?(2009/6/29)

株価暴落の原因?――大口空売りリストをまとめてみた
東京証券取引所と大阪証券取引所が11月11日に、各上場銘柄の発行済み株式数の0.25%以上にあたる大口空売り取引の詳細の公表を始めた。そこで、12日までに公表されたデータをまとめて表にしてみた。(2008/11/12)

個人ローンに対するイメージ、変わらず“悪い”
2009年末までにグレーゾーン金利が撤廃されるため、消費者金融各社は前倒しで金利を引き下げている状況だ。こうした状況で最も利用されている消費者金融はどこだろうか?(2008/4/21)

退職者募集が5年ぶりにプラス、“転職支援型”が増加
上場企業による希望・早期退職者の募集が、5年ぶりに増加した。従来は経営が追い詰められたリストラ型が多かったが、余裕がある時点での“転職支援型”が増えているようだ。東京商工リサーチ調べ。(2008/1/23)

レイク買収に意欲を見せるアコム、他の大手3社は静観
大手消費者金融の決算が出そろった。過払い金に対する引当金が減少し、各社とも黒字に転換。だが消費者金融のマーケットが縮小する中、どうやって生き残りを図るのか?(2007/11/14)

再編・淘汰が進む消費者金融業界の行方は?
消費者金融が苦しんでいる。上限金利の引き下げ、貸付制限、過払い金の返還によって、成長が見込めない。市場からは「さらなる再編」を期待される中、今後の株価をトレーダーズ・アンド・カンパニーのアナリストが分析した。(2007/8/24)

低金利商品15%〜18%を販売、武富士
(2007/6/7)

山口揚平の時事日想:
消費者金融は“悪”なのか?――じゃあ、誰が貸してくれるのさ? という素朴な疑問
かつての“サラ金”という呼び名に伴うイメージを払拭しながら急成長した消費者金融。しかし今、消費者金融は岐路に立たされ、大幅なビジネスモデルの変革を迫られている。そもそも消費者金融とはどのようなビジネスモデルなのかを見てみよう。【図版追加】(2007/6/5)

アイフル、新規の貸出上限金利を引き下げ
(2007/5/31)

消費者金融を襲う3つの難題
消費者金融が試練に立たされている。返還請求で巨額の赤字を計上、新貸金業法で事業の縮小が予想される。淘汰か、再編か、業界の悩みが続く。(2007/5/16)

ネットベンチャー3.0【第17回】:
「日の丸検索エンジン」は何を狙っているのか(下)
佐々木俊尚氏が日本のベンチャーにおけるWeb2.0ビジネス最前線を描く連載企画。経産省が主導する「情報大航海プロジェクト」が期待するのは、日本企業の持つ映像解析技術だ。動画とマッチング広告との連携が1つのゴールとなりそうだ。(2006/11/24)

アイフルとKLab、モバイルサイト構築と既存サービスの強化で業務提携
(2006/3/15)

月刊コンピュートピア
ICタグの普及と雇用問題
ICタグの普及には、いくつかのハードルをクリアしなければならないが、本稿ではいかにICタグが社会に普及していくかを、総務省の調査研究会の報告書を基に考えてみたい。ICタグと雇用問題についても触れてみたい。(2004/11/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。