ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ビル・ジョイ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Tech Basics/Keyword:
bash(GNU Bourne Again Shell)
bashはUNIX/Linuxで一番多く使われている標準的なCUIのシェルプログラム。古いB Shellとの互換性を持たせつつ、インタラクティブに使う場合にも便利な機能を盛り込んでいる。Windows上で使えるようにしたbashも幾つかある。(2016/7/28)

“応用力”をつけるためのLinux再入門(1):
いまさら聞けないLinuxの基礎知識
Linuxを勉強してみたいけど、どこから手を付けてよいか分からない、何だかよく分からないまま使っている……そんな方々のための連載です。まずは、Linuxとはどんなものなのか確認しましょう。(2016/2/16)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第1回 Dockerと「昭和54年」の深〜い関係
いま、欧米IT業界で特にホットな話題=「Docker」。これを正しく理解すると、これからの情シスに求められる“攻めのIT”の強い武器になる。そう強く提言するエバンジェリストが「Docker」の基本と具体的Tipsを解説していきます。(2015/6/10)

Java Day Tokyo 2015基調講演:
日本の開発者コミュニティが次世代Java仕様策定に貢献、Lambdaを手に入れたJavaテクノロジのその先へ
2015年4月8日、Javaテクノロジに関する開発者イベント「Java Day Tokyo 2015」が開催された。基調講演で紹介されたJavaテクノロジに関する話題を解説していきたい。(2015/5/1)

Webの過去、現在、そして未来(前編):
「日本のインターネットの父」が語る六賢者との思い出とインターネット後の未来
「Webの誕生」から25年、村井純教授が語ったのはWebに関わる全ての者たちへのメッセージだった。記念イベントの模様と優勝賞金100万円の「HTML5 Japan Cup」開催概要もお届けする。(2014/4/3)

トップ1%だけが実践している集中力メソッド:
誰でも、集中1万時間でブレイクできる
多くの成功者は成功に必要な要素として「運」を挙げます、しかし運は偶然にやってくるものではありません。毎日、1つのことを成し遂げようと努力し続けている人の元に自然と訪れるのです。(2013/11/26)

“エッジの効いた?”イマドキな自動車設計開発:
SNSのコミュニティーでわいわい自動車開発する
本稿では、SNSを使ったオープンな自動車開発で実績を上げる企業 ローカル・モーターズを紹介する。「Solid Edge University 2012」より。(2012/6/14)

Dreamforce 2011 Report:
2人のスティーブの差? それは「能力」だろうね――米Googleのシュミット会長
米国サンフランシスコで開催されたDreamforce 2011(米salesforce.comの年次カンファレンス)では、Googleのエリック・シュミット会長がゲストとして登場。SunとMicrosoftの戦いやAppleの強さ、そして次世代のビジネスリーダーに求められる要素について、マーク・ベニオフ相手に熱弁をふるった。(2011/9/5)

あのときAppleを買収していたら――マクニーリー元CEO、Sunの過去を語る
Sunの元CEOであるスコット・マクニーリー氏はあるディナーイベントで、合意直前までいったAppleの買収や、同氏の“最大の過ち”について語った。(2011/3/2)

Embedded Android for Beginners(Android基礎講座):
第2回 Androidを語るために身につけておきたいスキル
Androidを組み込み機器に採用するかどうか、意思決定の技術的根拠を確かにするスキルが必要です。ソフトウエアの大まかな構造をつかみ、Androidの最新動向、APIなど広く目配りすることが欠かせません。(2010/9/8)

人とロボットの秘密:
第1章-2 「アトムを実現する方法は1つしかない」 松原仁教授が語る未来
わたしたちは人間について何も知らなかった――初期のAI研究が突き付けた現実。「アトムを実現する方法は1つしかない」と、はこだて未来大学の松原教授は話す。(2009/5/19)

「ネットワークこそコンピュータ」:
Sun Microsystems:革新者のジレンマ
Sun Microsystemsが明らかにした最大6000人に上る人員削減計画は、景気後退が予想以上の厳しさにあることを人々に実感させた。革新性から利益を上げることがいかに困難であるかを広く知らしめるものとなった。(2008/12/3)

ソーシャルメディア セカンドステージ:
レコメンデーションの虚実(7)〜“僕が好きな人”が僕の好みを気に入ってくれるとは限らない
ネットジャーナリスト佐々木俊尚氏が次世代ソーシャルメディアのかたちを探る連載「ソーシャルメディア セカンドステージ」。「見えないコミュニティー」システムによって自分が知らない誰かに自分に合ったレコメンデーションをしてもらうというアプローチを紹介します。(2007/10/22)

矛盾を抱えつつ進化する“Java”――黒船となったRuby on Rails
インターネット全盛以前に誕生したJava。アプリケーション開発の形態が変化していく中で、Javaもまたいろいろな刺激を受けてきている。これまでのJavaと今後のJava、業界キーマンがコラムで語る。(2007/8/16)

まつもとゆきひろのハッカーズライフ:
第4回 Emacs対vi
ハッカーといっても一枚岩ではありません。いろいろな趣味、いろいろな文化のハッカーが存在します。そして彼らは、自分の意見や文化についてしばしば論争を起こします。今回は「Emacsかviか」を例に、ハッカー文化圏について眺めてみましょう。(2007/6/26)

これからの課題は「情報の過剰状態との戦い」――sendmail開発者
sendmailの開発者で米SendmailのCSOを務めるエリック・オールマン氏が、インターネットと電子メールのこれまでの歩みとこれからについて語った。(2006/11/22)

サンキュー、グッバイ、マクニーリー
会長にとどまるのだから、本当に去ってしまうわけではないと言う人もいるだろう。だがわたしには、マクニーリーが馬にまたがって、夕日に向かって去っていくさまが見える。(2006/4/26)

Sunのマクニーリー氏、CEOを降板
22年にわたってSunに君臨してきたスコット・マクニーリー氏が、ジョナサン・シュワルツ社長にCEO職を譲り渡す。(2006/4/25)

SunのGalaxyが日本上陸、価格性能だけでなく省電力、省スペースも魅力
サンは9月16日、都内のホテルで「Galaxy」を発表した。マクニーリCEOが「世界最強のパッケージ」といえば、AMDのルイズCEOも「OpteronとSolaris 10の結婚は素晴らしい」と蜜月ぶりをアピールした。(2005/9/16)

Sun、Solarisのソースコード公開へ
Solarisのソースコード公開で、Sunはオープンソースコミュニティーへの「最大のコード寄贈者になる」と同社担当者は語っている。(IDG)(2005/6/14)

「Java 10周年」以後のSunの未来
オープンソース版JavaプロジェクトはSunにとってどんな意味を持つのか? Sunソフトのほとんどをオープンソースにする構想は? 上級副社長ジョン・ロイアコノ氏に聞いた。(2005/5/13)

無償化されたSolaris 10の滑り出しは好調
Solaris 10のダウンロードが約54万に達し、好調な滑り出し。OpenSolarisのプロジェクトも第2四半期には正式発表される予定だ(2005/2/23)

Oracle 10g for Mac OS Xでエンタープライズ市場に挑むオラクルとアップル
日本オラクルがOracle 10g for Apple Mac OS Xをいよいよ出荷する。価格性能比に優れたXserve G5サーバとOracle 10gのタッグが狙うのはエンタープライズ市場だ。(2005/2/10)

ビル・ジョイ氏がベンチャーキャピタル会社のパートナーに
Sun共同創業者のビル・ジョイ氏が名門ベンチャーキャピタルKPCBのパートナーに任命された。(2005/1/19)

「古い戦略」に将来を託すSunのマクニーリーCEO
財務アナリストがSunの近い将来に厳しい判断を下す中、マクニーリーCEOは、「われわれの古い戦略を戦術に浸透させること」が同社の建て直しに必要だと考えている。(2005/1/11)

SunのマクニーリーCEO、カナダでも吠える
「リーナス・トーバルズのおむつが取れる前に、われわれはバークレー版UNIXに対してRed Hatのような立場にあった」――Sunのマクニーリー氏はカナダの会合でオープンソースへの貢献を主張した。(IDG)(2004/11/12)

「オープンコミュニティーの確固たる盟主」をアピールするSunのマクニーリーCEO
JavaOne 2004 San Franciscoは2日目を迎え、Sunのスコット・マクニーリー会長兼CEOが登場した。約20年前にUNIX界のカリスマ、ビル・ジョイ氏らと共同で設立した同社(や彼自身)が、常にオープンコミュニティー最大の確固たる盟主であり続けたことをJavaの祭典に集まったデベロッパーらに訴えた。(2004/6/30)

Project Looking Glassがjava.netで公開、ライセンスは「GPL」
Java 3DがJRLで公開された翌日、早くもProject Looking Glassがオープンソース化された。XサーバにSunが独自に手を入れたことからも分かるとおり、「GPL」(General Public License)が適用されるという。マクニーリーCEOは、同社こそ「オープンコミュニティー最大の支援者」だと強調する。(2004/6/30)

International Feel:
「憎悪」×「友情」×「MS=SM」
長い間ののしりあっていたはずのMSとSunが、突然手を結んだ。この話にはぼくもさすがに驚かされた。両社のCEO、バルマー氏とマクニーリー氏が“実は旧友だった”という打ち明け話まで出たから、さらにビックリだ。だが、こんな風景、以前にもどこかで見たような気がする。(2004/4/6)

International Feel:
「光」×「出戻り」×「ソースコード」
今回は、IDF直前ということで、Intelネタがめじろ押し。SCO以外の訴訟関連記事の多さも目立った。(2004/2/16)

詳説 TCP/IPプロトコル:
第5回 TCP/IPとイーサネット
UNIXに実装されたことにより、TCP/IPは急速に普及し始めた。今回はUNIXとTCP/IP、そしてイーサネットの通信モデルについてみていく。(2001/1/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。