ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「バイオエタノール」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「バイオエタノール」に関する情報が集まったページです。

自然エネルギー:
サトウキビの搾りカスでバイオ燃料の原料生産、タイに世界最大級の実証プラント
NEDOプロジェクトとしてタイで建設が進んでいた、サトウキビの搾りカスからバイオエタールの原料などを生産できる実証プラントが完成。2018年7月下旬から実証運転を開始する。(2018/7/10)

医療技術ニュース:
生物の形質改良を加速する新しいゲノム改良技術を開発
東京大学は、生物のゲノムDNAを大規模に再編成して形質の改良を著しく効率化する新技術の開発に成功した。さまざまな有用形質を持つ微生物や、新しい作物品種を効率的かつ高速に育種することが可能になる。(2018/6/8)

自然エネルギー:
設備需要は頭打ちも、国内バイオマス市場は30年までに倍増
矢野経済研究所が国内のバイオマスエネルギー市場の推移予測を公表。市場全体は2020年度に向けて倍増し、さらに2030年度には3倍以上に拡大すると予測した。(2018/1/9)

自然エネルギー:
次世代バイオガソリン、食糧と競合しないバイオマスから生成に成功
昭和シェル石油は食糧と競合しないバイオマス原料から、ガソリン基材などに利用可能な有機化合物の製造に成功。2025年までに実用化する方針だ。(2017/12/14)

エコカー技術:
内燃機関が生き残るために、広島で研究進む「次世代燃料」
広島大学で開催された「ひろしま自動車産学官連携推進会議」、通称「ひろ自連」のシンポジウムを聴講した。ひろ自連は、広島地域の自動車産業を発展させていくための協働を目的に、広島の自動車産業と環境関連の政府関係法人、大学などの共同研究プロジェクトとして2017年2月に設立された。シンポジウムを開催するのはこれが初めてのことだ。(2017/9/11)

日本ものづくりワールド2017 講演レポート:
日産が解消したい「クルマのネガティブ要因」、電動化と知能化は何をもたらしたか
「持続的なモビリティーの実現に向けて、技術によってクルマにネガティブに作用するような現象を解決する」という日産自動車の安徳光郎氏。電動化と知能化がもたらした成果を振り返る。(2017/6/29)

自然エネルギー:
サトウキビの搾りかすでバイオエタノールを製造、タイで有効性を実証
月島機械とJFEエンジニアリングはオンサイト酵素生産技術を用いて、バイオエタノールの製造技術の有効性を実証し、技術面や採算面で実現可能な商業生産モデルを構築した。(2017/6/14)

ロボットやドローンにも応用:
産総研、小型で高出力の燃料電池システム開発
産業技術総合研究所(産総研)とアツミテックは、小型で高出力の燃料電池システムを共同開発した。(2017/2/14)

自然エネルギー:
タピオカ製造の残りカスをバイオエタノールに、サッポロがタイ企業と
世界最大のタピオカ輸出国であるタイ。サッポロホールディングスはNEDOプロジェクトで、タイ企業とタピオカ製造の際に発生する残渣を原料としたバイオエタノール製造プラントの建設に着手する。まずは事業性評価を進め、年間6万kl級のプラント建設を目指す。(2017/1/12)

CES 2017:
自動運転車が判断できない場面はマネジャーが指導? NASAと組んだ日産の成果とは
自動運転車が状況判断するために“マネジャー”をつける――。民生機器テクノロジーの展示会「CES 2017」の基調講演に、日産自動車 会長兼最高経営責任者(CEO)のカルロス・ゴーン氏が登壇。ゼロエミッションとゼロフェイタリティ(交通事故による死傷者数ゼロ)に向けた取り組みの成果を語った。(2017/1/10)

エネルギー列島2016年版(37)香川:
廃棄物発電がうどんから下水へ、ため池には太陽光発電を
面積が全国最小の香川県の再生可能エネルギーは太陽光とバイオマス発電が中心だ。バイオマスでは廃棄物を再利用する取り組みが活発で、うどんカスに続いて下水や生ごみから燃料を作って発電に活用する。年間を通して雨が少ない利点を生かして、ため池の水上に太陽光発電を展開していく。(2017/1/10)

自然エネルギー:
バイオマス産業を2025年に5000億円へ、発電と熱利用で経済価値を拡大
農林水産省はバイオマスの活用を推進する国の基本計画を6年ぶりに改定する。従来は2020年にバイオマス産業の規模を5000億円に拡大する目標だったが、発電以外の用途が伸びなかったため2025年まで期間を延ばす。新しい基本計画では熱利用を増やしてバイオマスの経済価値を高める方針だ。(2016/9/12)

電気自動車:
バイオエタノールで600km走行、日産が新型FCVを初公開
燃料電池車といえば水素を充填して走るというの一般的だが、日産自動車が開発を進めているのは燃料に植物由来のバイオエタノールを利用する燃料電池車だ。同社は独自の燃料電池システム「e-Bio Fuel-Cell」を搭載した試作車を公開した。実用化に向け、バイオエタノールの普及が進んでいるブラジルで走行性能の検証などを進める計画だ。(2016/8/8)

電気自動車:
三角翼型EV「ブレードグライダー」ついに走る、エタノールが燃料のFCVもお披露目
日産自動車は、ブラジルのリオデジャネイロ市で、三角翼型の電動スポーツカー「ニッサン ブレードグライダー」と、エタノールから取り出した水素で発電する燃料電池車「e−Bio Fuel−Cell」の試作車両を披露した。リオデジャネイロオリンピックでにぎわう同市でインテリジェントモビリティ戦略をアピールする。(2016/8/5)

自然エネルギー:
サトウキビの搾りカスで作るバイオ燃料、日本の技術で50%省エネに
NEDOは東レ、三井製糖、三井物産に事業委託し、タイでバガスと呼ばれるサトウキビ搾汁後の搾りかすからバイオエタノールなどの原材料となる有用物質製造システムの実証を開始する。日本が開発した高分子膜技術を用い、従来より50%以上の省エネルギー化も目指す。(2016/8/4)

日産自動車、バイオエタノールで走る燃料電池車開発へ
日産自動車は、バイオエタノールから発電した電気で走る新しい燃料電池システムを発表した。2020年の実用化を目指す。(2016/6/15)

電気自動車:
植物由来のバイオエタノールで走る燃料電池車、日産が2020年に製品化
日産自動車はバイオエタノールで走行する燃料電池システムを開発し、同システムを搭載した燃料電池車の製品化を進めることを発表した。バイオエタノールから水素を作り出し、固体酸化物形燃料電池(SOFC)による発電で、自動車を走行させる。(2016/6/15)

燃料電池車:
バイオエタノールで走る日産の燃料電池車、「ミライ」「クラリティ」より低コストに
日産自動車は、バイオエタノールから取り出した水素で発電して走行する燃料電池車のシステム「e-Bio Fuel-Cell」を発表した。圧縮水素タンクや、白金など希少金属を使う触媒を必要としないため、トヨタ自動車の「ミライ」やホンダの「クラリティ フューエルセル」と比較してコストを大幅に低減できる。2020年に商品化する。(2016/6/15)

世界の再生可能エネルギー2016(1):
石油価格下落でも「過去最高」の伸び、再生エネが強い
再生可能エネルギーに関する国際ネットワークREN21は、2015年の再生可能エネルギー新規導入量が過去最高の伸びを示したと発表した。種類別や地域別の状況を紹介する。日本はどのような位置にあるだろうか。(2016/6/8)

リサイクルの「エンタメ化」がデロリアンを走らせた
2015年10月、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で活躍したデロリアンが復活――。映画ファンのみならず、多くの人はこのニュースに驚いたのでは。ハリウッドとどんな交渉があったのか? 日本環境設計の岩元社長に話を聞いた。(2016/3/17)

自然エネルギー:
宮古島のサトウキビで作るバイオ燃料、低濃度でも動力変換効率45%を達成
日立製作所と宮古島新産業推進機構は、40%と低濃度なバイオエタノール燃料を利用できる発電システムを試作した。この燃料は宮古島産のサトウキビを原料とするもので、2者はこの製造エネルギーを40%削減することにも成功。低濃度なバイオエタノールは危険物として扱わずに済むため、CO2排出量の削減に貢献するバイオエタノールの用途拡大に貢献できるという。(2016/2/10)

自然エネルギー:
タピオカの残りかすからバイオエタノールを製造、設備コスト削減に成功
NEDOは、タイ化学技術省国家イノベーション庁と進めてきた、キャッサバパルプからバイオエタノールを製造する実証実験において、設備を削減できる技術を開発し、実証に成功した。(2015/11/20)

自然エネルギー:
酵素と微生物で燃料製造、日本の技術がタイで生きる
タイのエネルギー問題は、輸送用燃料にある。ガソリンの負担が高いのだ。そこで、国産の植物原料からエタノールを生産し、ガソリンに添加するとり組みが進んでいる。タイ政府が掲げる2022年の大目標を実現するために、日本企業のバイオ技術が役立ちそうだ。(2015/9/8)

ゴミで走るデロリアンが現実に!? 衣料品のリサイクル燃料を作る「バック・トゥ・ザ・フューチャー」記念プロジェクト
「BTTF Part.2」の舞台でもある2015年10月21日のメモリアルデーに。(2015/8/26)

自然エネルギー:
ジャガイモが生んだ日中の架け橋、バイオエタノール製造技術を共同普及へ
NEDOは、中国・国家発展改革委員会とジャガイモのでんぷんの残りかすからバイオエタノールを製造する技術の導入に関する基本協定書を締結したと発表した。(2015/8/20)

自然エネルギー:
「人工光合成」で、酢酸から自動車用燃料を作る要素技術を開発
大阪市立大学の研究グループと自動車メーカーのマツダは、共同研究により、太陽光エネルギーを利用して自動車用の低炭素燃料として注目されるエタノールを生成できる「人工光合成」技術の開発に成功した。(2015/7/13)

再生可能エネルギーのグローバルトレンド(6):
バイオマス発電は2014年に9%増加、米国が1位で日本は5位
再生可能エネルギーの中でバイオマスだけは資源の種類が多様だ。バイオマス発電に使う資源の多くは木質を中心とする固体燃料だが、下水の汚泥などから作るバイオガスや生ごみなどの廃棄物の利用も増えてきた。バイオマス発電は欧米を中心に広がり、2014年の電力量は全世界で9%伸びた。(2015/6/29)

蓄電・発電機器:
エタノール燃料から常温常圧で効率発電を実現、炭素の鎖を断ち切る触媒を開発
物質・材料研究機構(以下、NIMS)研究員の阿部英樹氏は、ナノ材料科学環境拠点(以下、GREEN)研究員の野口秀典氏、東北大学 原子分子材料 科学高等研究機構の准教授 藤田武志氏と共同で、常温常圧でエタノール燃料から効率よく電力を取り出せる触媒の開発に成功した。(2015/5/27)

自然エネルギー:
2020年に1550億円まで成長、拡大する国内バイオマス電力市場
市場調査会社の富士経済がバイオマス利活用市場の調査結果を発表した。2012年7月に固定買取価格制度が開始されて以降、バイオマス発電プラントの市場規模は急速に拡大した。バイオマス由来電力の市場は2020年に1550億円にまで成長する見通しだ。(2015/4/17)

電力供給サービス:
沖縄本島に3種類の燃料を使える発電所、島内の電源喪失に備える
沖縄電力はLNG火力発電所の構内に3種類の燃料を利用できるマルチガスタービン発電設備を稼働させた。LNGのほかに灯油とバイオ燃料を使って短時間で起動することが可能になる。災害時に島内全域の電源を喪失して停電が発生した場合には送配電ネットワークを起動する役割を担う。(2015/3/24)

自然エネルギー:
植物を超えたか「人工光合成」、太陽電池技術も使う
東芝は2014年12月、人工光合成の世界記録を更新したと発表した。太陽光のエネルギーのうち、1.5%を化学エネルギーに転換できたという。これまでの世界記録を1桁上回る成果だ。火力発電所の排出する二酸化炭素を分離回収する技術と、今回の成果を組み合わせることが目標だという。(2014/12/10)

自然エネルギー:
お米を食べて「稲わら」は液体燃料へ、1リットル70円
大成建設は米を収穫した後に残る「稲わら」から、効率良くバイオエタノールを作り出す技術の開発に成功した。1L(リットル)のバイオエタノールを約70円で製造できる。化学的な前処理工程を一本化することで実現した。化石燃料ではない、有力な液体燃料として利用できる可能性がある。(2014/6/9)

エネルギー列島2013年版(38)愛媛:
みかんのバイオマスに続け、南予の風力と東予の太陽光
愛媛県には3つの地方があって、それぞれで適した再生可能エネルギーが分かれる。瀬戸内海に面した「東予」では太陽光、九州と向かい合う「南予」では風力発電所の建設計画が相次いでいる。みかんなどの食品廃棄物を使ったバイオマスの活用は松山市を中心に「中予」で盛んだ。(2013/12/17)

自然エネルギー:
石油が足りない、砂糖も足りない――両方を一挙に解決する手法とは
日本企業のもつバイオマス製造技術を使って、インドネシアの砂糖生産時の廃棄物をバイオエタノールに変える実証事業がほぼ完成した。バイオエタノールをガソリンに添加し、同国の石油輸入量を減らす役に立つ。(2013/8/26)

自然エネルギー:
タイは再生可能エネで25%供給を目指す、大規模太陽光では84MWを導入
化石燃料への依存度が高い国は、日本だけではない。中国に続いて世界の工場となりつつあるタイの依存度は9割にも上る。これはバランスを欠いている。タイ政府は一次エネルギー供給の25%を再生可能エネルギーに置き換える計画を立案。メガソーラーの導入を進める。(2013/5/30)

エネルギー列島2013年版(5)秋田:
巨大な干拓地で風力から太陽光まで、潜在するバイオマスと地熱も豊富
秋田県は再生可能エネルギーの宝庫で、太陽光以外は全国でも有数の供給量を誇る。風力を中心に新しい発電所の建設計画が続々と始まっていて、特に活発な場所が八郎潟の干拓地だ。周辺地域では稲わらや秋田スギを活用したバイオマス、さらには地熱発電の可能性も広がっている。(2013/4/30)

自然エネルギー:
風力発電だけでクルマを製造、ホンダのブラジル工場
自動車生産量で世界第6位のブラジル。そのブラジルに風力発電だけで自動車を生産できる工場が登場する。(2013/4/25)

日本列島エネルギー改造計画(38)愛媛:
ミカンやタオルからバイオマスを、風力と太陽光も拡大中
四国の中で再生可能エネルギーの導入量が最も多いのは愛媛県である。中でもユニークなのはバイオマスの分野で、特産品のミカンやタオルから燃料・熱・電力を作り出す。長い海岸線を生かして風力や太陽光発電の取り組みも広がるなか、原子力発電の位置づけが微妙な状況だ。(2013/2/21)

日本列島エネルギー改造計画(5)秋田:
バイオマスで全国1位、風力と地熱も増やして自給率100%へ
米どころの秋田は稲わらや木材を使ったバイオマス燃料の開発に積極的で、バイオマス熱の供給量は全国でナンバーワンだ。さらに風力と地熱の大規模な発電所が複数あり、新たな建設計画も着々と進んでいる。2030年には県内のエネルギー自給率を100%にする目標を掲げる。(2012/10/16)

材料技術:
再生可能資源を100%使用、ブリヂストンの“未来のタイヤ”
ブリヂストンは、開催中の「パリモーターショー2012」に、タイヤの将来を示唆する「100%サステナブルマテリアルコンセプトタイヤ」を参考出品した。2020年を目標に実用化を判断していく。(2012/10/2)

再生可能資源100%の“未来のタイヤ”――ブリヂストン
ブリヂストンは、開催中のパリモーターショー2012に、タイヤの将来を示唆する「100%サステナブルマテリアルコンセプトタイヤ」を参考出品した。2020年を目標に実用化を判断していく。(2012/9/28)

宙に浮いてるようなスタイリッシュ暖炉「Veniz Fireplace」
バイオエタノールを使った小型暖炉「Veniz Fireplace」は、ガラスホルダーを使って宙に浮かんでいるように置くことができます。(2011/12/27)

海外ベストセラーに学ぶ、もう1つのビジネス視点:
石油ピークを迎えた世界が直面するエネルギーと経済の危機
わたし達の生活を発展させてきたエネルギーを生み出している石油業界に崩壊の危機が迫っているという。これは米国だけではなく、先進国をはじめとする世界的な問題であり、地球規模で今後の取り組みを考えていかなくてはならない。(2011/8/3)

藤田正美の時事日想:
見過ごせない、世界そして日本の食糧問題
リビア危機を反映して原油価格が高騰しているが、食糧問題も見過ごすことはできない。国内では小麦、トウモロコシ、大豆、コメなどが値上がりしているが、その背景にはどういった問題が潜んでいるのだろうか。(2011/3/7)

松田雅央の時事日想:
混合ガソリン「E10」は本当にエコなのか
バイオエタノールを10%混合したガソリン「E10」の販売が、ドイツで始まった。これまでの「E5」(5%混合)に替わり、消費者はE10を購入することになるわけだが、「エタノール割合アップ=エコ」と言えるのだろうか。(2011/3/4)

松田雅央の時事日想:
バイオのあおりで、ビールが値上がりするかもしれない
ドイツではバイオガス発電ブームにより、原料となるトウモロコシの作付面積が急拡大している。このままでは大麦の国内生産が圧迫され、多くのドイツ人が好む、ビールが値上がりするかもしれないのだ。(2011/1/11)

ダイハツ、バイオエタノール水とガソリンを使用する2燃料自動車を開発
(2010/9/1)

「Google検索に欠けている情報を」 Web上の評判や対立意見を抽出、NICT「WISDOM」
キーワードやフレーズを入力すると、Web上での評価や発信者情報、対立意見などを抽出・分析できるシステムをNICTが公開した。(2010/8/9)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
経済指標はまちまちだが、週末の買戻しも入り堅調
(2010/6/14)

日揮と伊藤忠、フィリピンで同国最大級のバイオエタノール製造・発電事業に着手
日揮と伊藤忠商事は4月8日、フィリピンの事業パートナーと共同で事業会社を設立し、フィリピン最大級のバイオエタノール製造・販売事業ならびに電力供給事業に着手したと発表した。販売開始は2012年2月の予定。(2010/4/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。