ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「伝記」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「伝記」に関する情報が集まったページです。

フルサイズセンサーなのに小型軽量、「LUMIX S9」はSNSユーザーのための“初めてのカメラ”
パナソニックが小型軽量フルサイズセンサー機「LUMIX S9」を発表した。実は、そろそろパナソニックが小型軽量系のSシリーズを用意してるんじゃないかと確信したのは、2月の「CP+2024」でのことだった。(2024/5/24)

「志村の笑いは本物」……俳優・寺田農さんが産経新聞読書面に残した28本のコラムを読む
俳優、声優として数多くの映画やドラマなどで活躍し、3月14日に81歳で死去した寺田農さん。昨年まで本紙読書面の書評コラム「本ナビ+1」で健筆もふるい、選書や原稿には常に“本物”へのこだわりが感じられた。紙面と寺田さんの言葉を振り返る――。(2024/4/15)

44歳のレベル・ウィルソン、初体験は「35歳だった」 “敗者”と恥じた過去を赤裸々告白も「誰もが10代で処女を失う必要はない」
性に関する会話をさけていたといいます。(2024/3/28)

関東唯一のケンタッキー食べ放題に行ったらチキンも限定メニューもデザートも食べ放題ですごかった
ケンタッキー食べ放題なんて夢のよう……。(2024/3/19)

学研の伝記漫画にスティーブ・ジョブズ 生涯をオールカラーで描き、名言も掲載
(2024/2/27)

小栗旬、サッカー元日本代表の“弟分”と親密ショット 2人そろって“ムキムキ上腕”披露し「筋肉やばすぎ」「腕ふとっ」
長く親交のある2人。(2024/2/19)

映画「オッペンハイマー」は3月公開 13部門ノミネートの「アカデミー賞」発表後に
“原爆の父”と呼ばれる米国の物理学者、ロバート・オッペンハイマーを描いた映画「オッペンハイマー」が、3月29日から全国で劇場公開される。(2024/1/24)

クリストファー・ノーラン監督「オッペンハイマー」、3月29日に日本公開決定!
アカデミー賞では13部門ノミネート。(2024/1/24)

「フルハウス」“ジェシーおじさん”俳優に、元妻がチクリ「彼の本を売る手助けをしたくない」 自伝で結婚生活を大暴露されていた
怒りを感じる。(2024/1/16)

「Apple Music Classical」、1月24日から日本で提供 500万以上のクラシック音楽が配信される予定
Appleはクラシック音楽専用のストリーミングサービス「Apple Music Classical」を日本で配信する。App Storeではアプリ概要ページが公開された。1月24日の配信開始が予告されている。(2024/1/11)

クラシック専用「Apple Music Classical」日本上陸 Apple Musicユーザーは追加課金なしで聴ける
米Appleは、iPhone/iPad用クラシックミュージックアプリ「Apple Music Classical」を1月24日から提供開始する。クラシック音楽専用にデザインされたアプリで、Apple Musicのサブスクリプションユーザーであれば、追加料金なしで利用できる。(2024/1/10)

映画「オッペンハイマー」24年に日本公開 「さまざまな議論と検討の末」
“原爆の父”と呼ばれる米国の物理学者、ロバート・オッペンハイマーを描いた映画「オッペンハイマー」の日本公開が決まった。(2023/12/7)

クリストファー・ノーラン監督「オッペンハイマー」日本公開が2024年に決定
「原爆の父」と呼ばれた米国の物理学者ロバート・オッペンハイマーを描いた映画です。(2023/12/7)

「フォートナイト」リアルタイムイベントにエミネム登場 アバター姿で「Lose Yourself」「Godzilla」を熱唱
朝4時スタートのイベントにもかかわらず、日本からも多くのプレーヤーが視聴。(2023/12/3)

“神ボディー”で大人気の米モデル、仏誌掲載ショットが「肥満体形への嫌悪」と猛批判 「『私の細さを見て』写真」「ル・ごみ」と散々
フェミニストも公言しているエムラタ。(2023/12/1)

伝記「イーロン・マスク」映画化、「ブラック・スワン」のアロノフスキー監督で
ウォルター・アイザックソン氏による公式伝記「イーロン・マスク」が映画化される。「ブラック・スワン」などのダーレン・アロノフスキー監督が撮る。(2023/11/12)

予想を覆して当選したトランプ前大統領 あの衝撃の背景にあった「闇」とは……:映画「ウィンターズ・ボーン」評(2024年米大統領選挙を映画で予習)
米ニュージャージー州在住の冷泉彰彦さんが解説。(2023/11/9)

文学作品を漫画化した『文学作品をだいたい10ページで読む』シリーズの最新刊が発売 漱石、乱歩、ラヴクラフトなど収録
単行本描き下ろしも収録。(2023/9/24)

マクドナルドが“まんが学習シリーズ”みたいな謎アニメを公開 2大派閥「ポテト派とナゲット派」に第三勢力「エビプリ王」が立ち向かう
どこにあるんだエビプリ王国。(2023/9/22)

仕事の在り方が変わる:
ChatGPTを会社経営にいかにして導入するか? 入山章栄教授が語る「知の探索」理論
早稲田大学ビジネススクール経営学博士・入山章栄教授が、生成系AIと人間それぞれが得意な仕事の分野、会社のリソースの振り分けを提言した。企業が生成AIを活用するためのヒントをお届けする。(2023/9/4)

メカ設計メルマガ 編集後記:
せっかく環境を用意したのに……CAE推進者と親の悩み
一体何がいけなかったのでしょう。(2023/8/29)

“集え、モンスターハンター” ネス湖で大規模「ネッシー探し」開催 ライブカメラも配信中
英ネス湖センターは8月26〜27日(現地時間)にかけて、英国のネス湖にすむとされる未確認生物「ネッシー」の大規模調査を開催する。当日ネス湖を訪れらない人向けにライブカメラの配信も行っている。(2023/8/25)

「フルハウス」ジェシー役俳優、アシュリー・オルセンの出産を祝福 オフショット添え姉妹への“親心”を語る
おいたんとミシェルの組み合わせに「心が温かくなったよ」の声。(2023/8/25)

映画「バービー」、米国で“マリオ超え” 興収840億円
映画「バービー」が米国で累計興行収入5.75億ドル(約840億円)を突破し、「ザ・マリオブラザーズ・ムービー」を超えた。(2023/8/25)

ヤマザキ マリ氏が語る、帝政ローマの皇帝から学ぶ優れたリーダーの条件
漫画家のヤマザキ マリ氏が自身の漫画に登場する歴史上の人物の行動や考え方から、現代の企業経営やリーダーに必要な思考力や物の見方/捉え方のヒントを提示した。(2023/8/24)

PR:田中芳樹氏「原作にできなかったことをゲームで」――ノイエ銀英伝が2024年にオンラインゲーム化、原作者とゲームプロデューサーの特別対談を実施
記事下部には直筆サイン色紙のお知らせも。(2023/12/27)

映画「バービー」、日本は公開3日間で興収1.9億円スタート 公開前にプロモーションめぐり物議
ワーナー・ブラザースは、8月11日に公開した映画「バービー」の週末3日間の興行収入が1億9093万9600円だったと発表した。興行通信社の週末映画ランキング(11〜13日)では8位だった。(2023/8/14)

イーロン・マスク氏公認伝記、9月12日発売 作者がその一部をXにポスト
イーロン・マスク氏の伝記を執筆中のウォルター・アイザックソン氏が、伝記の一部をX(旧Twitter)にポストした。伝記は9月12日に出版の予定だ。日本での電子書籍の販売価格はAmazon.co.jpで2650円。(2023/8/8)

漫画家の山本さほ、38歳の誕生日&小説家の小川哲との入籍を発表「Wでハッピー!」フォロワーから祝福の声
おめでとうございます!(2023/8/1)

映画「バービー」公式、海外の“原爆ファンアート”にハートつきで「忘れられない夏になりそう」 日本では批判の声続出
(2023/7/31)

マスク氏、xAI紹介スペースで「TwitterのデータをLLMトレーニングに使う」などの発言
イーロン・マスク氏は新企業xAIについてのTwitterスペースを開催し、同社の目的などをチームメンバーとともに語った。“スーパーインテリジェントAI”の構築が目標で、モデルのトレーニングにはTwitterのパブリックデータを使うとしている。(2023/7/16)

黒柳徹子の自伝的名作『窓ぎわのトットちゃん』が初の劇場アニメ化、主役に子役・大野りりあな
「劇場版ドラえもん」シリーズで知られる八鍬監督がメガホンを取り、12月8日公開。(2023/7/11)

【漢字パズル】□に入る漢字はなんでしょう?
4つの熟語が成立する漢字を入れよう。(2023/7/11)

「彼女は手の届かない人だった」 “ロックの女王”ティナ・ターナー83歳で逝去、ミック・ジャガーらが追悼
また1人伝説的なアーティストが去る。(2023/5/25)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
「ディスカバー・ジャパン」ならぬ、ディスカバー・本田宗一郎
個人的な再発見です。(2023/5/17)

Twitter、中露国営、NPR、BBCなどのメディアからラベル削除 「アイザックソン氏の提案」とマスク氏
TwitterはBBCやNPRに表示していた「政府出資メディア」というラベルを削除した。同時に、タス通信などロシアや中国のメディアの「国家当局関係メディア」も削除した。マスク氏はNPRに「これはウォルター・アイザックソン氏の提案だ」とメールした。(2023/4/23)

「BreakingDown」瓜田純士、歌舞伎町にたむろする“トー横キッズ”へガチ説教 パパ活する若者に「まともな大人になんないよ?」
瓜田さん「結婚するとかなったときに、どうするの」(2023/3/20)

Apple Musicのクラシック専用アプリ、予約開始(日本はまだ)
AppleはApple Music加入者向けのクラシック専用アプリ「Apple Music Classical」を発表した。500万曲以上のクラシック楽曲の他、作曲家の伝記などのコンテンツも提供する。欧米のApple Music加入者向けで、日本は対象外だ。(2023/3/10)

【第95回アカデミー賞】:
トム・クルーズ、初のオスカー獲得あるか アカデミー賞候補を徹底解説 変革した部分と変わらないもの
ノミネートの顔ぶれに見る今年の注目ポイント。(2023/2/7)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
そろそろ「半導体エンジニア」が主役のドラマを企画してもいいのではないか
主演は誰がいいですかねえ……。(2023/2/6)

向井理さん初主演映画のモデルは今? カンボジアに小学校を建てた大学生・葉田甲太さんの現在
『僕たちは世界を変えることができない。』が映画化されて10万部突破した葉田甲太さんの現在。(2023/4/12)

遺伝子強すぎ! マイケル・ジャクソンの伝記映画へ”おいっ子”ジャファーが主演決定で「そっくり」の声
顔も声もそっくり。(2023/1/31)

日本作品やアニメ作品:
Netflixの「2022年に最も観られた作品100選」 「SPY×FAMILY」「ストレンジャー・シングス」など
Netflixは、2022年に日本のNetflixにて「最も観られた作品100選」を発表した。(2022/12/30)

イーロン・マスク氏に翻弄された2022年を振り返る
2022年は海外速報担当の筆者にとってはイーロン・マスク氏に翻弄された年でした。同氏によるTwitter買収の顛末をまとめておきます。2023年にTwitterがなくなることはないでしょうが、現状で抱える爆弾についても触れます。(2022/12/29)

マスク氏、TwitterのCEO、CFO、CLO、法務顧問を解雇か
Twitterを10月28日に買収するとみられるイーロン・マスク氏が、同社のCEO、CFO(最高財務責任者)、CLO(最高法務責任者)、法務顧問を解雇したと報じられた。契約が完了したかどうかはまだ正式に発表されていない。(2022/10/28)

実写「リトル・マーメイド」「ブレット・トレイン」……物議をかもす配役のリアルな事情とは? ハリウッドのキャスティングディレクターにも聞いてみた
どの意見にも、それぞれのファンの真実がある。(2022/10/16)

オスカー・ビンタ事件から半年 ウィル・スミスへのリアクションが日米で正反対だった理由 米国特有の“ロースト文化”とは
「2人が癒され、話し合い、和解することを心から願う」とジェイダ・ピンケット・スミス。(2022/9/17)

鈴木亮平&宮沢氷魚の“不意打ち”キスにファン興奮「鼻血ものですよ」 映画「エゴイスト」初の映像解禁 
同名の自伝的小説が原作。(2022/8/29)

CloseBox:
最後に、日本ソフトバンクに出版事業部があった時代について話そう
最終回です。1990年代あたりを雑に語ります。(2022/8/23)

「エルヴィスって誰?」 プレスリーを知らない若者にムーラン・ルージュ監督最新作が刺さる理由 バズ・ラーマン来日インタビュー
パンデミック以降、フランチャイズ映画ばかりだったハリウッドに一石を投じる。(2022/7/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。