ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「血圧」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「血圧」に関する情報が集まったページです。

製造マネジメント インタビュー:
日本でも進む製造業のコト売りへの移行「マインドセットは変わりつつある」
日本企業にデジタルトランスフォーメーション(DX)が求められる中で、中核産業である製造業にも変化が起こりつつある。サブスクリプションモデルに代表されるソフトウェアを中核とした収益確保のためのソリューションを提供しているタレスグループ傘下のソフトウェア収益化事業部門に、グローバルでの事例や日本国内での動向について聞いた。(2020/1/10)

LINEで医師に健康相談「LINEヘルスケア」、iOSでもスタート
メッセージアプリ「LINE」を使って医師に健康相談ができる有料サービス「LINEヘルスケア」(β版)のiOS版がリリースされた。診療科は内科、小児科、産婦人科、整形外科、皮膚科に対応。相談は24時間365日受け付ける。(2020/1/8)

ウェイなギャルが医者になっちゃった! 医療ミス(?)をやらかしながらもなぜかハッピーにオチる漫画『ギャル医者あやっぺ』
一番の武器はすっぴん。(2019/12/26)

LINEで医師に健康相談 「LINEヘルスケア」β版スタート 24時間365日対応
LINEで医師とつながり、健康に関する相談ができる有料サービス「LINEヘルスケア」(β版)が登場。当初はAndroid版のみ。(2019/12/19)

マキシム MAXREFDES220#:
光学式の血圧モニターソリューション
Maxim Integrated Productsは、光学式血圧モニターソリューション「MAXREFDES220#」を発表した。光センサーとセンサーハブICで構成され、血圧モニターにおいてクラスII規格の要件に適合するモニター性能を提供する。(2019/12/18)

PR:「弟だけDクリニックでAGA治療を受けた」 瓜二つの双子が50代で見分けがつくようになった理由がまさかの「毛髪の量」
こんなに変わることあるの!?(2019/12/13)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
大きいことはいいことだ、小さいこともいいことだ
小さいものにギュッと収める技術はときめきます。(2019/12/4)

Hitachi Social Innovation Forum 2019 TOKYOレポート:
PR:ロジスティクスにロボットやAIを活用し、物流現場とサプライチェーン、輸配送の高度化へ
日立製作所のプライベートイベント「Hitachi Social Innovation Forum 2019 TOKYO」のロジスティクスコーナーでは、人材不足や属人化の解消、少数製品の求められたタイミングでの提供といった課題に対応する技術を、「物流現場の高度化」と「サプライチェーン・輸配送の高度化」に分けて紹介した。(2019/12/23)

オムロンがウェアラブル血圧計を発売 医療機器認証を取得 歩数や睡眠時間の測定も
オムロン ヘルスケアが腕時計サイズのウェアラブル血圧計「HeartGuide」を発売する。動脈を圧迫するカフ(空気袋)の構造を見直し、場所を問わずに手首で血圧を測定できるようにした。(2019/11/29)

ウェアラブルニュース:
オムロンの腕時計型血圧計が日本でも発売、細い腕帯でも医療機器の精度
オムロン ヘルスケアは2019年11月27日、医療機器として薬事認証を取得した腕時計型のウェアラブル血圧計「Heart Guide」を同年12月3日に日本で発売すると発表した。手首で血圧を測るにはカフ(腕帯)に一定の幅が必要だったが、構造を工夫したことで従来の手首式血圧計の半分の幅のカフで正確に測定できる。この手軽さと精度を生かし、1日の中での血圧の変動を把握できるようにする。(2019/11/28)

モビリティサービス:
通院や往診が難しい地域に「医療MaaS」でオンライン診療、フィリップスとMONET
フィリップス・ジャパンは2019年11月26日、長野県伊那市において、同年12月から医療MaaS(Mobility-as-a-Service、自動車などの移動手段をサービスとして利用すること)の実証事業を行うと発表した。看護師と各種医療機器を乗せた「ヘルスケアモビリティ」が患者宅を訪問し、医師が遠隔からオンラインで診療できるようにする。実証事業の期間は2021年3月末までで、フィリップス・ジャパンは伊那市やMONET Technologiesと協力して取り組む。(2019/11/27)

「楽しいけど危ないよ」 “バイクで事故ったオタク”のレポ漫画がドキドキする
みなさんも気を付けて。(2019/11/3)

睡眠不足のニッポン:
「経営者はまず1週間、従業員を眠らせるべき」 “睡眠負債”の第一人者が語る睡眠と仕事の関係
日本では睡眠不足によって、年間約15兆6000億円の経済損失があるらしい。(2019/11/1)

インバウンド呼び込み 銭湯が民泊とタッグ
 銭湯が民泊と連携し訪日外国人客(インバウンド)を呼び込もうとする取り組みが、大阪で進んでいる。利用客の激減で先細りする銭湯にとっては窮余の一策だが、体験型の観光を提供できる上に浴室を清掃する手間が省けるなど、民泊にもメリットはある。さらに周辺の商店にも足を延ばしてもらおうと、割引などの特典を受けられる仕組みを考案し、年内の導入に向けて準備を進めている。(北村博子)(2019/10/31)

浴室に響いた「クール!」の声 銭湯が民泊とタッグ、外国人客取り込みへ
銭湯が民泊と連携し訪日外国人客(インバウンド)を呼び込もうとする取り組みが、大阪で進んでいる。(2019/10/31)

進化する医療機関向けアプリケーション【キュア・アップ編】
薬の代わりにアプリで禁煙? 薬事承認を目指す「ニコチン治療用アプリ」とは
医療ITベンチャーのキュア・アップが薬事申請した「ニコチン依存症治療用アプリケーション」。処方薬以外の治療法に道を開く可能性がある、このアプリケーションの実力と現状を探る。(2019/12/2)

戦場はテレビからヨーグルトへ:
ソニーから森永乳業に転じたエリート女性マーケッターがつかんだ「販促の勝ち筋」
マーケッターの勝ち筋は一筋縄ではいかない。ソニーから森永乳業に転じ機能性ヨーグルト販促に奮闘したとある女性担当者は、どう立ち向かったのか。(2019/9/26)

医療機器ニュース:
高血圧治療ガイドラインの測定に対応した、水銀レス医用電子血圧計
エー・アンド・デイが、「脱水銀」「高血圧治療ガイドラインの複数回測定」「Bluetooth通信可能」の3つを満たす医用電子血圧計「UM-212BLE」を発表した。(2019/9/10)

忙しい人にはありがたい 処方箋なしで医薬品が買える「セルフケア薬局」チェーンが誕生
医療費の削減にもつながります。(2019/8/31)

医療機器ニュース:
スマホアプリに、電子血圧計の測定値QRコードを読み取る機能を追加
エー・アンド・デイは、自社のBluetooth通信対応ICT健康機器に対応したスマートフォン健康管理アプリケーションに、医用電子血圧計で測定した血圧値のQRコードを読み取る機能を追加した。(2019/8/30)

調査で明らかに:
「カロリー」から「糖質・糖類」へシフト “健康気にする”市場に変化あり
「糖質オフ・ゼロ」や「糖類オフ・ゼロ」を表示する食品の市場が伸びている。一方で、「カロリーオフ・ゼロ」関連の市場は頭打ち。富士経済の調査から見えてきたトレンドとは?(2019/8/5)

つながるクルマ キーマンインタビュー:
日本発で取り組む医療×MaaS、病院にも稼働率改善が必要だ
自動車業界以外の企業はMaaSでどんな課題を解決し、何を実現しようとしているのか。MONETコンソーシアムのメンバーでもあるフィリップス・ジャパンの戦略企画・事業開発兼HTSコンサルティング シニアマネジャー 佐々木栄二氏に話を聞いた。(2019/7/30)

CAEニュース:
AIが設計し、人は妥当性を検証する――オムロンが見据える将来の開発現場
サイバネットシステムは、プライベートイベント「CAEユニバーシティ 特別公開フォーラム 2019 〜AI時代におけるCAEとの付き合い方〜」を開催。基調講演ではオムロン グローバルものづくり革新本部の岡田浩氏が「オムロンのCAE活用法と、AIと融合した今後のCAEについて」をテーマにCAEの未来像を語った。(2019/7/29)

医療技術ニュース:
呼気ガス分析を用いた簡便で非侵襲的な肺高血圧症の判別法を発見
東北大学は、座った姿勢から寝た姿勢への姿勢変化と呼気ガス分析を組み合わせ、肺動脈性肺高血圧症と慢性血栓塞栓性肺高血圧症の判別が非侵襲的に可能なことを示した。(2019/7/24)

大同病院、「医療の質」向上にRPAを導入 年間8000時間削減を試算――RPAテクノロジーズの「BizRobo!」を活用
愛知県の大同病院は、医師業務や間接事務の効率化に向け、RPAテクノロジーズの「BizRobo!」を導入。年間8000時間の業務をRPAに置き換えられると試算する。将来的には、検査結果などを基に医師にアラートを提示するシステムの構築などにもRPAとAIの組み合わせを活用していく。(2019/7/16)

スピン経済の歩き方:
NZ産のキウイは「アゲアゲ」なのに、なぜ国産は「サゲサゲ」なのか
「キウイ食って アゲリシャス アゲリシャス♪」といったメロディーを耳にした人も多いのでは。ニュージーランド産キウイを扱っているゼスプリのCMである。スーパーなどでニュージーランド産のキウイをたくさん目にするようになったが、なぜこうした現象が起きているのか。背景に……。(2019/6/25)

医療機器ニュース:
オンラインで患者と医師をつなぐ、高血圧治療の支援に特化したサービス
オムロン ヘルスケアら3社は、高血圧治療におけるオンライン診療支援サービスの共同事業検証に関する基本合意書を締結。テレメディーズは、高血圧オンライン診療支援パッケージ「テレメディーズBP」を提供する。(2019/5/31)

ヒットソングネタが共感集める:
平成最後のサラリーマン川柳、1位は「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」
第一生命保険が「第32回サラリーマン川柳コンクール」のベスト10を発表した。1位は(2019/5/23)

「メルカリで 妻が売るのは 俺の物」 サラリーマン川柳3位
「メルカリで 妻が売るのは 俺の物」――今年のサラリーマン川柳の3位に、こんな川柳が入った。「インスタで 妻のランチを 二度見する」「AIも 太刀打ちできぬ 妻の勘」などもベスト100に。(2019/5/23)

医療機器ニュース:
胸ストラップ心拍センサーと腕心拍センサーがANT+通信に対応
ポラール・エレクトロ・ジャパンは、心拍センサーの「Polar H10」と「Polar OH1」がANT+通信に対応したことを発表した。アップデートにより、既存のH10、OH1もANT+通信に対応する。(2019/5/10)

医療用インプラント機器向けに:
ミリメートル単位まで小型化できる全固体電池
 Ilika Technologies(以下、イリカ)は、医療用インプラント機器向けの全固体電池「Stereax(ステリアックス) M50」を開発したとして、2019年4月16日、東京都内で説明会を行った。てんかんやパーキンソン患者向けの神経刺激装置や、健康維持のために肺動脈付近に埋め込む血圧センサーなどへの利用を見込んでいる。同社の最高化学責任者のBrian Hayden氏は、「早ければ2年後には、Stereax M50を搭載した機器が市場に登場すると予想している」と話した。(2019/4/22)

組み込み開発ニュース:
半導体製造プロセスで作る全固体電池は「医療用インプラント機器に最適」
英国のイリカ(Ilika)が、医療用インプラント機器向けの全固体電池「Stereax M50」について説明。てんかんやパーキンソン病の患者向けに用いられる神経刺激装置(ニューロスティミュレーター)や、健康維持のため肺動脈付近に埋め込む血圧モニターをはじめ、早ければ2021年にも医療機器メーカーの採用を見込む。(2019/4/17)

仮想アシスタントやチャットbotを活用
AI×フィットネス:Fitbit、Shft、Planet Fitnessの新アプリはここがスゴイ
AI技術の導入で続々と新たなサービスが登場するフィットネス業界。パーソナライズしたサービスを提供し、ユーザーの健康管理やトレーニングの効果を高めている。Fitbitから仮想アシスタントに至るまで、その状況を紹介する。(2019/3/23)

医療機器ニュース:
福祉用途の小型高濃度酸素発生器で、スポーツサポート技術の確立を目指す
新エネルギー・産業技術総合開発機構は、VIGO MEDICALが、NEDO事業の成果を基に開発した福祉用途向け小型高濃度酸素発生器「オキシーズ」を、サッカーJ1リーグ大分トリニータへ1年間無償貸与すると発表した。(2019/3/6)

開発段階から検討必須! あなたの製品のセキュリティ対策(2):
医療機器サイバーセキュリティのチェックすべきポイント
さまざまな機器がネットワークにつながるようになり、機器の生産性や利便性は大きく高まった現代。しかし同時にセキュリティの問題が生じ、開発段階からセキュリティ対策を行うことが必須となる。連載第2回では、医療機器におけるサイバーセキュリティを解説する。(2019/3/6)

園長に聞く:
展示と“幸せ”は両立するか V字回復した動物園が向き合い続ける「矛盾」
閉園危機から復活し、注目されている大牟田市動物園。動物の生活の質を高める取り組みを強化し、動物を取り巻く社会問題について広く発信している。一方で、そこに潜む“矛盾”とも向き合い続ける。動物園の在り方について、園長にインタビューした。(2019/3/1)

ITはみ出しコラム:
Apple WatchになくてGalaxy Watch Activeにはある「血圧測定」機能とは?
ディスプレイ折りたたみスマホ「Galaxy Fold」の陰に隠れてしまった感もありますが、Samsungが同時発表したスマートウォッチ「Galaxy Watch Active」にも注目です。(2019/2/24)

Samsung、無線イヤフォン「Galaxy Buds」と「Galaxy Watch Active」「Galaxy Fit」も発表
Samsungが「Galaxy S10」発表イベントで、無線充電対応の無線イヤフォン「Galaxy Buds」、「Galaxy Watch」の薄型軽量版「Galaxy Watch Active」、フィットネスバンド「Galaxy Fit/Fit e」も発表した。(2019/2/21)

データ活用は難しくない!:
PR:ビジネスパーソンが自らの手でデータ分析できる時代に それを支援するクラウドサービスとは?
日々の仕事の中でデータを扱わないというビジネスパーソンはほとんどいないだろう。どんなビジネスにおいても、データは意思決定や事業判断の材料となるからだ。そうしたデータを効果的に活用するために、今までは時間やコストなどの面でさまざまな課題があった。しかし、そんな状況は大きく変わろうとしているのだ。(2019/1/29)

Oaxis Japan、3000円台のウェアラブル端末「Tenvis HR」発売
Oaxis Japanは、1月22日に次世代スマートウェアラブルウォッチ「Tenvis HR」を発売。毎日の健康管理やフィットネスに欠かせない数値を確認・管理でき、スマートフォンとの連携で着信やSNSのメッセージなどもチェックできる。約2時間でフル充電でき、最大14日間の連続使用可能だ。(2019/1/22)

余命3年……! 「安田大サーカス」クロちゃん、くも膜下出血待ったなしの脳動脈瘤発見で手術へ
これを機に健康に気をつけてほしい……。(2019/1/18)

CES 2019:
腕時計型のウェアラブル血圧計、ついに製品化 オムロンヘルスケアが北米で発売
オムロンヘルスケアは、腕時計の形をしたウェアラブル血圧計「HeartGuide」(ハートガイド)を米国で発売した。価格は499ドル。(2019/1/11)

【特集】ネットと銭湯サウナ:
銭湯を流行らせるには「ウニ推しおじさん」になれ―― 銭湯神ヨッピーが語る、ネットで「水風呂推しおじさん」が増える理由
ヨッピーさん「国民全員が銭湯にハマればGDPが3倍になる」。(2019/1/11)

自動運転車とIoT機器への期待は?:
日本の消費者は先端技術の安全性と追加費用を危惧、NTTコム オンラインが調査
NTTコム オンラインは、「自動運転車」と「IoT機器」に対する消費者の態度について、日本を他の3カ国(米国、英国、スウェーデン)と比較調査した。日本の消費者は、これらの商品に対する関心が高い一方で、安全性や追加費用に対して慎重な姿勢を見せた。(2019/1/11)

トンネル工事:
騒音下の工事でも円滑な会話可能に、“音声認識AI”で通話相手を特定する「骨伝導ヘッドセット」開発
清水建設は、京セラと共同で、トンネル内の騒音下でも、入坑者が防塵(じん)マスクや防音耳栓を着用したまま、コミュニケーションが可能な通話システム「骨伝導ヘッドセット(仮称)」を開発した。既に施工中の九州新幹線西九州ルートのトンネル工事で、実証実験に成功している。今後は、作業者の体調を測定する機能追加も検討して、2019年中の完成を目標とし、2020年度には商品化も視野に入れる。(2019/1/7)

ロボットから医療機器まで:
「テクノロジーで人体の限界を超える」 SEMICON講演
「SEMICON Japan 2018」では、「テクノロジーと身体の未来」をテーマにした「みらいビジョン フォーラム」が開催され、ロボットの開発などを手掛ける講演者たちが、テクノロジーとサイエンスをいかに活用して、未来の社会を実現するかについて語った。(2018/12/21)

特集・ビジネスを変える5G:
自室でアイドル“独り占め” 5Gで変わるバーチャルライブ
KDDIとグリーがVTuber事業で協業。両社が思い描く「5G時代を見据えた新たな体験価値」とは何か。(2018/12/21)

医療技術ニュース:
食塩の過剰摂取で高血圧が発症する脳の仕組みを解明
自然科学研究機構は、食塩の過剰摂取によって体液中のナトリウム(Na+)濃度が上昇すると、脳内のNa+濃度センサーであるNaxがこれを感知し、その結果、交感神経が活性化して血圧上昇が起こることを解明した。(2018/12/21)

見逃せない問題点:
AIはどこまで「判断」できるのか 安心なこと、不安なこと
AIの開発が進めば、人間はさまざまな労働から解放されて、便利な世の中になると言われている。では、近い将来、高度な判断力を要する業務もAIが行うようになるのだろうか。AIが得意なこと、不得意なことを考えてみると……。(2018/12/6)

バラして見ずにはいられない:
「Apple Watch Series 4」を分解して分かった、「3」との違い
「Apple Watch Series 4 GPS + Cellular」、画面サイズ44mmの分解レポートをお届けする。ウォッチはAppleの実験場といわれているが、今回も見どころ満載。特に大きく変わったのが心拍センサーだ。(2018/11/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。