ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「血圧」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「血圧」に関する情報が集まったページです。

医療機器ニュース:
新型コロナウイルス患者の生体情報を隔離域外から確認するシステムを発売
コニカミノルタは、新型コロナウイルス感染症入院患者のSpO2などの測定値を、ベッドサイドからSub-GHz無線通信で送信し、隔離域外で一括管理する「生体情報モニタリングシステムVS1」を発売する。(2021/1/7)

「EXIT」がチャラ男封印の黒執事姿に 「HUNTER×HUNTER」PRの“丁寧すぎる”言い換えが伝わらなくてやばたにえん
逆に意味なくなるやつだ。(2021/1/6)

Apple Watchで心肺機能の通知が受信可能に watchOS 7.2で
Appleが12月15日に配信した「iOS 14.3」と「watchOS 7.2」では、心肺機能が低下したときに、Apple Watch上で通知を受けられるようになる。心肺機能が低くなると、心臓病、高血圧、肥満などを患うリスクが高まるという。心電図機能はまだ日本では利用できない。(2020/12/15)

ゲノム編集食品「日本農業の変革点に」 農作物や魚……進む実用化
遺伝情報を改変するゲノム編集技術で開発された食品が2021年に登場する見通しとなった。第1号として「GABA」を豊富に含むトマトの流通・販売を厚生労働省の調査会が了承した。実用化の動きが広がりそうだが、生態系への影響など懸念も残る。(2020/12/15)

コロナ禍で進化するウェアラブルデバイス【第3回】
医師が語る「ヘルスケア用ウェアラブルデバイス」がオンライン診療に役立つ訳
コロナ禍のオンライン診療では、ヘルスケア用ウェアラブルデバイスが問診の助けになる可能性がある。ヘルスケア用ウェアラブルデバイスを活用するマサチューセッツ総合病院の医師に、その可能性を聞く。(2020/12/10)

首都圏の中古住宅がバカ売れ! 爆発的な増加要因に「3つの特殊需要」
 首都圏の中古住宅がマンション、戸建てとも絶好調と言っていい水準で売れている。(2020/12/9)

ワークマンの“着る風船”、「空気ベスト」が斬新で暖かい ポンプ標準装備
空気ポンプを標準装備し、服の中に空気を閉じ込めて断熱する、その名も「空気ベスト」。ワークマンの斬新な防寒ベストを着てみました。(2020/12/5)

AIに負けるな──イーロン・マスク「Neuralink」の狙いは「人類の能力の拡張」 脳を読み取る「ブレイン・マシン・インタフェース」開発の今
イーロン・マスク氏が立ち上げたNeuralinkを中心に、「ブレイン・マシン・インタフェース」開発の今を解説する。(2020/11/25)

最大で年額6万円増額:
身体年齢が若い社員は、年金の掛け金を増額! 健康経営のユニークな企業事例
病気になってから治療に通うのではなく、普段から健康管理に気を付けようというのが近年の潮流である。健康意識を高めるために、ユニークな方法を取り入れた企業の事例を紹介する。(2020/10/21)

医療機器ニュース:
ウェアラブル血圧計を使った調査で、日中の血圧変動に個人差があることを確認
オムロン ヘルスケアは、ウェアラブル血圧計「HeartGuide HCR-6900T」シリーズを用いて社員30人を対象に実施した、日中の血圧変動に関する社内調査の結果を発表した。血圧変動のパターンには、個人差があることを明らかにした。(2020/10/15)

現場管理:
“200カ所”の施工現場を遠隔監視するセンターを10事業所に設置、大和ハウスとNEC
大和ハウス工業とNECは、現場監督の作業効率を3割向上させることを掲げ、初弾で戸建て住宅を対象に、施工現場をAIを用いて遠隔管理する「スマートコントロールセンター」を全国10カ所に開設する。NECは、2021年度中にも遠隔管理のシステムを汎用化し、建設業界への普及を目指す。(2020/10/8)

腕時計型だから歩数や睡眠時間も計測できる オムロンのウェアラブル血圧計
オムロン ヘルスケアのウェアラブル血圧計「HeartGuide」を試用して1カ月。計測結果を記録するスマートフォンアプリ「HeartAdvisor」が持つ至れり尽くせりの機能とは。(2020/10/8)

NVIDIA、AIで新型コロナ患者を“トリアージ” 初診データから酸素供給の必要性を推定
米NVIDIAと米国の病院の研究チームは、新型コロナウイルス感染症患者が数時間後から数日後に酸素の供給を必要とするか判断するAIを開発したと発表した。(2020/10/6)

スマートウォッチみたいな血圧計、オムロン「HeartGuide」の実力を測る
家庭向け血圧計の中で唯一のウェアラブルタイプが、オムロン ヘルスケアの「HeartGuide」だ。見た目も利用シーンもとがった血圧計を1カ月試用した。(2020/10/6)

西尾レントオールが本社の一部を屋外に一時移転、BCP実証実験で
 建機や通信機器などのレンタル業を手がける西尾レントオール(大阪市中央区)は5日、建設現場向けに貸し出している仮設の通信システムやトレーラーハウスなどが、新型コロナウイルス感染拡大のような緊急時や災害時のオフィスのBCP(事業継続計画)対策に有効か検証する実証実験を始めた。(2020/10/5)

Good、Better、Bestで読み解く新ラインアップ:
健康の未来を先取りしたApple Watch、タブレットの水準を引き上げたiPad
Appleが恒例のスペシャルイベントを行ったが、メインのiPhoneは発表されず、新型iPadシリーズとApple Watchシリーズが登場したのみだった。しかし、その中には我々の未来に直結する重要なメッセージが盛り込まれていた。林信行氏が読み解く。(2020/9/17)

思い出も時間とともにやがて消える。雨の中の涙のように:
「ブレードランナー」の世界を、2020年のテクノロジーで解説しよう
スピルバーグが、手塚治虫が、そして全世界の子どもたちがあのころ夢見たテクノロジーは、2020年現在どこまで実現できているのだろうか?――映画や漫画、小説、テレビドラマに登場したコンピュータやロボットを、現代のテクノロジーで徹底解説する「テクノロジー名作劇場」、第6回は「ブレードランナー」だ。(2020/9/14)

「健康的なコンビニ食の選び方」紹介した資料が実践的 生活習慣病予防から「飲みすぎた」「むくみが気になる」程度の悩みまで
コンビニ食を頻繁に利用するすべての人が参考にできそうな資料です。(2020/9/8)

「近づけない、集めない」時代を生き抜く、企業の知恵:
コロナ禍で製薬業界に訪れた転換点 ヘルステック企業が実現を目指す「バーチャル治験」とは?
新型コロナウイルスの影響によって、医療や医薬品業界のビジネスモデルが大きく変わろうとしている。病院などに足を運ばなくても受けられる「バーチャル治験」の実現に向けて期待が高まった。(2020/8/31)

組み込みエンジニアの現場力養成ドリル(30):
CMMIレベル5の会社はバグゼロで開発できるか? ―― CMMIの落とし穴(その1)
今回は、CMMIを正しく理解し、有効に活用する方法を解説します。(2020/8/31)

「犬の腎臓」になって少しだけ犬を長生きさせるゲーム「renal summer」が切ない 「ひとりぼっち惑星」作者の新作ゲーム
がんばってもわずかな延命しかできないのがつらい……。(2020/8/12)

Samsung、「Galaxy Watch3」と無線イヤフォン「Galaxy Buds Live」も発表
Samsungはオンラインイベント「Galaxy Unpacked」で、Tizen OS搭載の新スマートウォッチ「Galaxy Watch3」と、無線イヤフォン「Galaxy Buds Live」を発表した。前者は約5万5300円、後者は約2万4800円。(2020/8/6)

製造マネジメントニュース:
変化対応力を示したオムロン、第1四半期は5G関連需要や体温計増産に対応し増益
オムロンは2020年7月28日、2021年3月期(2020年度)第1四半期の業績とともに、延期していた2020年度の通期業績予想を発表した。第1四半期については、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で減収となったものの、逆に生まれた需要を捉え増益を達成した。しかし、第2四半期以降の市況悪化を慎重に捉え、通期では減収減益の見込みを示している。(2020/7/29)

オンライン診療サービス3種を比較【YaDoc編】
患者が生体・生活データを自ら入力、生活習慣の自発的改善を促す「YaDoc」
インテグリティ・ヘルスケアのオンライン診療サービス「YaDoc」は、患者の日々の生活や健康状態を記録し、可視化できる。これらの機能は臨床にどのような効果をもたらすのか。(2020/7/30)

医療機器ニュース:
健康診断結果から6年先の生活習慣病リスクを予測するAIサービスを開始
東芝と東芝デジタルソリューションズは、健康診断の結果から6年先の生活習慣病リスクを予測する「疾病リスク予測AIサービス」の提供を開始した。(2020/7/28)

非公開のサンシャイン60屋上を貸し切る権利をやろう 独り占めして何をする?
1グループ最大6人まで。(2020/7/23)

生活習慣病の予防や改善のニーズが高まっている:
生活習慣病リスクを6年先まで予測、東芝らが「疾病リスク予測AIサービス」を提供開始
東芝と東芝デジタルソリューションズは、SOMPOホールディングスと共同開発した疾病リスク予測AIサービスの提供を開始する。生活習慣病リスクを予測し、糖尿病発症については、6年先までのリスクを90%以上の精度で予測する。(2020/7/14)

PHR分野の標準化を図る:
日本マイクロソフトとTIS Azure利用のヘルスケアサービス実装テンプレートを提供開始
日本マイクロソフトとTISはPHR分野において連携することを発表した。Azureを利用したヘルスケアサービス実装テンプレート「ヘルスケアリファレンスアーキテクチャー」を提供し、PHR分野の標準化を図る。(2020/7/10)

平野綾、まさかの誤解を受けて生存報告「まだ死んでません!」 6月に自宅内で倒れてケガを負う
「平野は生きています!!」(2020/7/2)

世界を読み解くニュース・サロン:
コロナ禍で“ぼろ儲け”の億万長者と困窮する労働者 格差大国にみる悲惨な現実
経済大国・米国の新型コロナによる影響は悲惨だ。大手IT企業のトップなど、コロナ禍で資産を大幅に増やした億万長者がいる一方、マイノリティーを中心に失業率が上昇、高リスクの現場で働かざるを得ない人も多い。貧富の差や健康格差がさらに広がっている。(2020/7/2)

専門家のイロメガネ:
1億6000万円の新薬「ゾルゲンスマ」に異例の苦言がついた理由
ノバルティス・ファーマが開発したゾルゲンスマという薬が承認された。薬の価格は国内最高の1億6000万円。たいへん高い薬だと、メディアでも話題になったが、5月には保険の適用が決まっている。しかし、この価格が妥当かどうかについては疑問も出ている。加えて、ゾルゲンスマの審査報告書では製薬会社に対して異例ともいえる「苦言」が書かれている。(2020/6/18)

第1回 ICI INNOVATION AWARDS Live Vol.3:
前田建設のコロナ対策案を評するコンペ、ファイナリストは病床見守りIoTなどを提案
前田建設工業 ICI総合センターが主催した社会的な課題の解決を図れるアイデアを評価するコンペティション「第1回 ICI INNOVATION AWARDS Live」で、アルコ・イーエックスやネーブルジャパン、アイデアクラウド、OLTAといったファイナリストが提案したアイデアを紹介する。(2020/6/3)

首に装着するエアコン、富士通ゼネラルが開発 水冷方式で猛暑日にも
富士通ゼネラルが首に装着するエアコン「コモドギア」を発表。イベント会場のスタッフや警備員、建設業など空調の届かない環境で作業する職種に向けて販売する。(2020/5/27)

専門家のイロメガネ:
新型コロナ薬のレムデシビルは、なぜ米中で治験の結果が正反対だったのか?
新型コロナウイルス治療薬の登場が期待される中、5月7日に抗ウイルス薬のレムデシビルが日本で「特例承認」された。しかし米中でレムデシビルの治験が行われたが、結果が効く、効かないで正反対だったと報じられている。レムデシビルは新型コロナに効くのか、なぜ米中の治験で異なる結果が出たのか。(2020/5/19)

石川温のスマホ業界新聞:
ドコモ、5G契約者数は4万超。約半分が5Gギガホを契約――コロナ終息後、ニッポンの経済を5Gが救うか
NTTドコモが2019年度の通期決算を発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を防止する取り組みが行われる中、事業面で影響が出ているようだ。しかし、そのことが5Gの普及を後押しすることになるかもしれない。(2020/5/8)

HIKAKIN「今気を緩めてはいけないんだなと僕は思った」 新型コロナ感染でICUから回復したラジバンダリ西井にインタビュー
ラジバンダリ西井さんが語った現場の状況にHIKAKINさんも驚きの連続。(2020/5/4)

上原さくらが出産、赤ちゃんとの2ショットを公開 「うわぁ……ほんとに可愛いよ〜」
無事生まれました!(2020/4/30)

スピン経済の歩き方:
「喫煙者は新型コロナにかかりにくい」 まさかの新説は本当か
アメリカやフランスの研究チームが、ちょっと信じられない研究結果を発表した。「喫煙者は新型コロナにかかりにくい」というのだ。まさかの新説の裏に何があるのか。(2020/4/28)

Samsungのスマートウォッチと連携する血圧測定アプリ、まず韓国で利用可能に
Samsungが「Galaxy Watch Active 2」で血圧を測れるようにするアプリ「Samsung Health Monitor」が韓国当局の承認を得たと発表した。7〜9月期に韓国でリリースする。1カ月に1度程度カフタイプの血圧計での調整が必要だが、1タップで血圧が測れる。(2020/4/22)

ネコちゃんもコードをかむ! 留守中の事故を防ごう
電気コードには保護カバーを付けましょう。(2020/4/19)

随時更新中:
エレクトロニクス関連企業の新型コロナ対策や取り組み
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大は、エレクトロニクス業界の企業活動にも、さまざまな影響を与えている。ここでは業界の関連企業や団体が発表した事業の対策や感染拡大防止に向けた取り組みなどをまとめていく。(随時更新、既報の内容含む)(2020/4/16)

医療技術ニュース:
「おいしい」塩味を感じる分子メカニズムを解明
京都府立医科大学は、マウスを用いた実験で、舌の味蕾と呼ばれる味覚センサー器官の中の塩味を感じる細胞を同定し、さらにこの塩味受容細胞で塩味の情報が変換され、脳へと伝えられる仕組みについて分子レベルで解明した。(2020/4/16)

医療機器ニュース:
スマホアプリで測定データを管理できるホースレス上腕式血圧計を発表
エー・アンド・デイは、ホースレス上腕式血圧計「UA-1200BLE」を発表した。持ち運びしやすく、腕に装着して測定ボタンを押すだけで、正確に血圧を測定できる。測定データは、スマートフォンの医療アプリ「A&D Medical CONNECT」で管理可能だ。(2020/3/23)

“うつを背負いながらの医師選び”の難しさ エッセイマンガ『うつを甘くみてました』作者インタビュー
情報がなく手探り状態のなか、家族と戦った双極性障害の闘病生活(2020/4/9)

オンライン診療サービス3種を比較【オンライン診療ポケットドクター編】
“赤ペン書き込み”で患者の訴えをくみ取る「オンライン診療ポケットドクター」
オプティムとMRTによる「オンライン診療ポケットドクター」は、患者・医師間の認識の齟齬を軽減する機能や、血圧計などのヘルスケア機器との連携に強みを持つオンライン診療サービスだ。その機能と特徴を説明する。(2020/4/6)

ウェアラブルデバイスや専用センサーを利用
スマートフォンを使った「患者遠隔監視システム」とは? 2大手法を紹介
患者の通院回数を減らすのと同時に、医療サービスを向上させる――。その手段になり得るのが、モバイルデバイスとアプリケーションを組み合わせた「患者遠隔監視システム」だ。主要な実現手法を説明する。(2020/3/2)

embedded world 2020:
自動運転の時速が今より15km上がる? LiDAR向けIC
Maxim Integrated Products(以下、Maxim)は「embedded world 2020」(2020年2月25〜27日、ドイツ・ニュルンベルク)で、LiDAR向けICとして、高速コンパレーター「MAX40026」とトランスインピーダンスアンプ(TIA)「MAX40660/MAX40661」を発表した。(2020/3/3)

医療機器ニュース:
健康計測機器分野でタニタとエー・アンド・デイが業務提携
タニタとエー・アンド・デイは、健康計測機器分野で業務提携した。「タニタアルゴリズム」を搭載したエー・アンド・デイの家庭用体組成計「UC-421BLE」を2020年夏に発売するほか、相互にOEM供給する。(2020/3/2)

医療技術ニュース:
抗老化候補物質NMNを安全に投与できることをヒトで確認
慶應義塾大学は、抗老化候補物質として期待されるニコチンアミドモノヌクレオチドが、健康なヒトに安全に投与できることを明らかにした。加齢に伴って発症する疾病の予防や治療につながることが期待される。(2020/2/6)

「納豆を食べると死亡リスク低下」 国立がん研究センターが約9万人を対象に調査、日本人の長寿と関連?
ちょっと納豆買ってくる。(2020/1/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。