ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「骨伝導」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(21):
Z世代の心に響け、ソニーの“穴あき”イヤフォン「LinkBuds」に見る音の未来
ソニーが2022年2月に発売したイヤフォン「LinkBuds」は、中央部に穴が開いたリング型ドライバーを搭載している。あえて穴を空けることで、耳をふさがず、自然な形で外音を取り入れるという技術的工夫だ。これまで「遮音」を本流とした製品展開を進めてきたソニーだが、LinkBudsにはこれまでの一歩先を行くという、同社の未来に向けた思いが表れている。(2022/4/26)

Innovative Tech:
「何かに集中していて、聞き取れなかった音声」を後から再生できるイヤフォン 京セラが開発
京セラ研究開発本部フューチャーデザインラボの研究チームが人間拡張研究の一環として、何かに集中していて聞き逃した音声を後から教えてくれるヒアラブルデバイスを開発した。(2022/3/28)

PR:【ついに…!】 完全ワイヤレスイヤホンを2000円台で選べる時代がやってきた ゲオの「新生活フェア」は防水&超低遅延モデルが今だけ税込2728円
2台持ちもアリかも。(提供:ゲオ)(2022/3/17)

Shokz、深みのある低音再生も可能としたフラグシップ骨伝導イヤフォン「OpenRun Pro」の一般販売を開始
Shokz(旧AfterShokz)は、低音再生能力を高めた骨伝導イヤフォン「OpenRun Pro」の一般販売開始を発表した。(2022/3/1)

小型軽量なのにガツンとした重低音を聞かせてくれる新生Shokzの骨伝導イヤフォン「OpenRun Pro」を試す
ワークアウト中やビデオ会議などで、長時間使えるイヤフォンやヘッドフォンはないものだろうか。Shokzの骨伝導イヤフォン「OpenRun Pro」は、新世代のチップも採用することで音質を大幅に改善させているという。早速、実機を使ってみた。(2022/2/21)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
ソニーが放つ、アナーキーな完全ワイヤレスイヤフォン「LinkBuds」 あなたの耳にもしっくりくる?
ソニーが発表して話題を呼んでいる穴開き完全ワイヤレスイヤフォンについて語り合いました。(2022/2/17)

フォーカルポイント、骨伝導イヤフォン「OpenRun Pro」のクラウドファンディングを1月10日に開始
フォーカルポイントが、Shokzの骨伝導イヤフォン「OpenRun Pro」のクラウドファンディングを1月10日から開始する。一般販売時の予定価格は2万3880円(税込み)だ。(2022/1/6)

【これポチ】深夜でもボリューム大でテレビが見放題! テレビとBluetoothイヤフォンを橋渡しするAnkerのトランスミッター
Ankerの「Soundsync」はBluetoothを受信する機能もあります。(2021/12/29)

PR:音質が上がったのに、値段が下がった――!? ゲオのオリジナルイヤホン最新作は「アクティブノイズキャンセリング」付きで税抜3980円
「ゲオ史上最強コスパ」の実力やいかに。(提供:ゲオ)(2021/12/10)

【Amazonブラックフライデー】セール最終日! これまでの6日間で売れた商品最終まとめ もう買い残しはない?
後半になってマスクがよく売れました。(2021/12/2)

【Amazonブラックフライデー】オーディオ特集 AfterShokzの通話向けモデル「OpenComm」が数量限定のタイムセール中
29日限定のセール開催中です。(2021/11/29)

【Amazonブラックフライデー】初日売れ筋ランキングTOP20 1位は圧倒的大差で「Fire TV Stick 4K Max」
バッファローのHDDや骨伝導イヤフォン「AfterShokz」なども上位に。(2021/11/27)

【Amazonブラックフライデー】一度使えば感動するはず! 骨伝導ワイヤレスイヤフォン「AfterShokz」が最大6000円オフでセール中
7000円で世界が変わる体験ができますよ。(2021/11/26)

骨伝導イヤフォン、売上がコロナ前の約25倍に テレワーク需要で急伸 専門店の販売ランキングで
骨伝導イヤフォンの売上が2020年比で約2.5倍、19年比では約25倍に増えた──イヤフォン専門店「e☆イヤホン」を運営するタイムマシーンは11月25日、2021年の売上ランキングの中で明らかにした。(2021/11/25)

PR:“寝落ち用”から骨伝導まで! 980円から買えるゲオの「格安イヤホン」シリーズが充実しすぎていた件
コスパ追求モデルから高機能な完全ワイヤレスイヤホンまで用途に合わせて選べます。(提供:ゲオ)(2021/11/25)

小寺信良のIT大作戦:
テレワーク時代に追い付いたBose「Quiet Comfort 45」 ダミーヘッドで静寂度を測ってみた
しばらく新製品が出ていなかったBoseのノイキャンヘッドフォン。新モデルはテレワーク必須となった今の時代にマッチした製品に変わったようだ。(2021/10/20)

CloseBox:
Apple Watch Series 7は自転車「サイコン」の代わりになる? 買って走って分かったこと
買って試さなければ分からないことはある。そのために60km走ってきた。(2021/10/16)

電気自動車:
電動車100%へ330億円を投資した日産・栃木工場、開発中の燃料電池は定置用で活躍
日産自動車は2021年10月8日、330億円を投資して栃木工場(栃木県上三川町)に導入した次世代の自動車生産の取り組み「ニッサンインテリジェントファクトリー」を公開した。日産自動車 執行役副社長の坂本秀行氏は「複雑かつ高度なクルマをつくるための、変動に強い生産現場と生産技術は明日の日産の飛躍の要になる」と生産領域に投資する重要性を語る。(2021/10/12)

PR:コスパの鬼か!? 周囲の音をさえぎらず音楽を楽しめる「骨伝導ワイヤレスイヤホン」、驚異の3000円台でゲオから発売されてしまう
税抜2980円(税込3278円)で送料無料……だって?(提供:株式会社ゲオ)(2021/9/10)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
東海道新幹線「のぞみ」のビジネスパーソン向け「S Work車両」とは何か
JR東海は10月1日より東海道・山陽新幹線「のぞみ」号の7号車を「S Work車両」とし、9月1日より販売を開始した。期間は2022年3月31日まで。ビジネスパーソン向けの指定席として、座席通話、PCの打鍵音などを相互に許容し合う車両となる。ビジネスパーソンへの販促策だが、背景には乗客の多様化がある。(2021/9/3)

auオンラインショップ、オーディオ商品のサマーセール開催 全品80%オフ
KDDIは、8月12日までオーディオ関連商品の「au Online Shop サマーセール2021」を開催。第1弾はワイヤレススピーカーやイヤフォンなどが対象で、全品80%オフとなる。(2021/8/4)

ソニー「WF-1000XM4」を試す ノイキャン対応の完全ワイヤレスイヤフォンで圧倒的な完成度
ソニーが6月25日に発売したワイヤレスイやフォン「WF-1000XM4」を試す。ハイレゾ音源を楽しめるLDACに対応し、歩く、走るといった行動に対して最適なノイズキャンセリング設定を行う機能も搭載。音源の聞き心地や装着感など、気になったポイントをじっくりと確認する。(2021/8/5)

【これポチ】Gtracingのゲーミングチェアに座ると動きたくなくなる……? 予算2万円で快適を手に入れた
お試しで買いやすいお値段。(2021/7/16)

【Amazonプライムデー】みんなが買った人気商品40選! ルンバ、Apple Pencil、4K有機ELテレビ、野菜生活など
Amazon提供のデータに基づいた人気商品を紹介します。(2021/6/22)

【Amazonプライムデー】オーディオ機器特集 BOSEのスピーカーやゼンハイザー、シュアのイヤホンなどがセールに
憧れのオーディオがセール価格で登場。(2021/6/21)

ソニー、LDAC対応の完全ワイヤレスイヤフォン「WF-1000XM4」発表 ノイキャン性能も進化
ソニーは、ノイズキャンセリング性能と高音質コーデックLDACに対応した完全ワイヤレスイヤフォン「WF-1000XM4」を発売。独自開発したプラスチック全廃の包装パッケージを実現している。(2021/6/10)

“新幹線オフィス”、東北・北海道新幹線「はやぶさ」全列車に リモートワーク対応車両、6月14日から
座席で、通話やWeb会議がOKになります。(2021/6/10)

【これポチ】Web会議中でもカチャカチャ音が気にならない 全人類におすすめするロジクールの静音キーボード
静音キーボードデビューにいいかも。(2021/5/12)

【これポチ】Bluetooth対応のトラックボール「Digio2」をスマホにつないでベッドにごろ寝 ソシャゲ周回に革命をもたらす
ソシャゲ周回の革命。(2021/4/16)

【これポチ】「周囲の音を遮らない」のが最高! 骨伝導ヘッドフォン「AfterShokz」でリモートワークが超快適になった
耳をふさがないから「周囲の音」も「ヘッドフォンの音」も両方100%聞こえます。(2021/4/6)

PR:ソニーに学ぶ、新規事業で成果を上げる仕組みづくり
経営資源に恵まれていながらうまく活用できていない大企業が、どのようにイノベーションを創出し、新規事業で成果を上げていけばよいのか。そのポイントをソニーから学ぶ。(2021/3/23)

【Amazon新生活セール】Fire TVシリーズがセールに登場! セール2日目の注目商品ピックアップ
巣ごもり生活のおともに。(2021/3/21)

Sony Startup Acceleration Program:
PR:ソニーが伝授する新規事業の“勝ち方”、R&Dから始めるビジネス創出
あらゆる大手企業にとってイノベーション創出は大きなテーマだ。しかし、従来、国内大手企業が起こしてきた革新は、体系的な手法を用いて生み出されたものではない場合も多い。「組織としていかにイノベーションを生み出し、事業化につなげるのか」が多くの企業にとっての共通課題となっている。こうした課題を解決するために「ソニーのノウハウ」を活用するプログラムがある。(2021/3/11)

第7回 ウェアラブル EXPO:
LTE搭載スマートグラス、モバイルルーター不要で取得した映像を送信可能
ウエストユニティスは、屋外でもモバイルルーターの携帯やWi-Fi環境の構築をしなくても、ウェアラブルカメラで取得した映像を専用クラウドに送信できるLTE搭載のスマートグラス「infoLinker3」を開発した。(2021/1/27)

Bose、耳の穴を塞がないスポーツ向けイヤフォン「Sport Open Earbuds」を200ドルで発売
Boseは外部の音も聞こえ、耳を圧迫しないデザインのスポーツ向けイヤフォン「Sport Open Earbuds」を発表した。米国で199.95ドルで発売する。(2021/1/6)

テレビ会議のお供に使いたい「オープンイヤーイヤフォン」 3モデルを試してみた
新型コロナ下の現状、ビデオ通話用に、“ながら聴き”対応の「オープンイヤーイヤフォン」が注目を集めています。そこで、筆者も購入した3メーカーのモデルを試しました。(2020/12/8)

ファーウェイ、2台同時接続&ノイズキャンセリングを搭載したワイヤレスイヤフォンを発売
ファーウェイ・ジャパンは、11月20日に完全ワイヤレスイヤフォン「HUAWEI FreeBuds Pro」を発売。最大40dBのノイズを低減するアクティブノイズキャンセリングに加え、2台のデバイスと同時接続も可能としている。(2020/11/17)

製造業×IoT キーマンインタビュー:
スマート化で“空洞化”を埋める、カシオ計算機が描くモノづくり力の復活
カシオ計算機では、モノづくり全工程の「スマート化構想」により、社内におけるモノづくり力の再強化に取り組む。なぜ「スマート化構想」を推進するのか。どのような取り組みを行っているのか。同プロジェクトを統括するカシオ計算機 執行役員で生産本部長の篠田豊可氏に話を聞いた。(2020/10/28)

路上でも使える:
コロナ禍で売上は1.5倍! 耳をふさがない「骨伝導ヘッドフォン」は何がスゴいのか
新型コロナの感染拡大を受けて、宿泊業や外食産業は大きくダメージを受けているが、そんな中でも前年比で売り上げを伸ばしているアイテムもある。「骨伝導ヘッドフォン」だ。なぜ、この商品が売れているのかというと……。(2020/10/22)

フォーカルポイント、重さ29gの骨伝導のワイヤレスヘッドフォンを発売
骨伝導ワイヤレスヘッドフォン「OpenMove」(オープンムーブ)が登場。販売元によると本体の重さは29gで、長時間装着しても耳にストレスを感じにくいという。価格は9090円(税別)。(2020/9/18)

ライオン、スマート歯ブラシに本格参入 歯磨きのうまさを採点する子供用モデル開発
ライオンが子供用スマート歯ブラシ「はみがきのおけいこ」を発表した。同社初の本格的なスマート歯ブラシで、市場に新規参入する。背景にはIoT市場の拡大があり、今後は成人向け製品の開発も目指す方針。(2020/8/25)

メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2020:
トヨタの生産方式をMITが体系化した「リーン生産方式」の建設業での活用法
立命館大学 理工学部 教授の建山和由氏は、i-Constructionの目に見える効果として、近年活用が増加している現場の映像を活用したシステムと、トヨタの生産方式をMITが体系化した「リーン生産方式」の導入を提唱している。(2020/8/19)

お気に入りのヘルメットがスピーカーに変身!? 後付け骨伝導インカムシステム「HeadTooth」が何かすごそう!
耳をふさがず、比較的簡単に後付け。(2020/8/5)

構造解析、はじめの一歩(6):
固有振動数解析の流れを“ステップ・バイ・ステップ”で理解する
「構造解析」を“設計をより良いものとするための道具”として捉え、実践活用に向けた第一歩を踏み出そう。第6回は「固有振動数解析」をテーマに取り上げ、その手順についてステップ・バイ・ステップで解説する。(2020/7/21)

1万9800円:
耳をふさがずに聴くことができる 骨伝導の完全ワイヤレスイヤフォン登場
デバイスメーカー「BoCo社」は、鼓膜を使わずに音を聴く、骨伝導イヤフォンを発売する。価格は1万9800円(税別)。(2020/7/12)

骨伝導の完全ワイヤレスイヤフォンが一般発売 耳の穴をふさがず音が聞こえる
完全ワイヤレスの骨伝導イヤフォンが一般発売される。価格は1万9800円(税別)。(2020/7/8)

バイタルデータを即時に取得:
ウェアラブルシステムをリモートリハビリに活用
京セラと東京医科歯科大学は、血中酸素飽和度などバイタルデータをリアルタイムに取得できる「ヘッドセット型ウェアラブルシステム」について、臨床研究の準備を始めた。(2020/6/3)

VR:
ニコン・トリンブルが建築施工現場用MRを販売、施工BIMを推進
ニコン・トリンブルは、Microsoft製HoloLens 2に厚生労働省規格に適合したヘルメットと骨伝導ヘッドセットを組み合わせた施工現場用デバイス「Trimble XR10」の販売を開始した。MR技術を多様な現場に提供し、施工BIMを推進するソリューションとして活用できる。(2020/5/29)

ドンキ、税別5980円の骨伝導ワイヤレスイヤフォン発売へ 「品質・機能・デザイン性にこだわった」
ドンキが税別5980円の骨伝導ワイヤレスイヤフォン「JOGBONE」を発表。発売日は2月21日で、全国のドン・キホーテ系列店舗で取り扱う。「品質・機能・デザイン性にこだわりながら、お求めやすい価格で提供する」としている。(2020/2/19)

第6回 ウェアラブルEXPO:
ウェアラブルデバイスはより健康志向へ 最新展示に見る傾向
今年の展示でウェアラブル関係の技術傾向を読み解く。(2020/2/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。