ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「骨伝導」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Bose、耳の穴を塞がないスポーツ向けイヤフォン「Sport Open Earbuds」を200ドルで発売
Boseは外部の音も聞こえ、耳を圧迫しないデザインのスポーツ向けイヤフォン「Sport Open Earbuds」を発表した。米国で199.95ドルで発売する。(2021/1/6)

テレビ会議のお供に使いたい「オープンイヤーイヤフォン」 3モデルを試してみた
新型コロナ下の現状、ビデオ通話用に、“ながら聴き”対応の「オープンイヤーイヤフォン」が注目を集めています。そこで、筆者も購入した3メーカーのモデルを試しました。(2020/12/8)

ファーウェイ、2台同時接続&ノイズキャンセリングを搭載したワイヤレスイヤフォンを発売
ファーウェイ・ジャパンは、11月20日に完全ワイヤレスイヤフォン「HUAWEI FreeBuds Pro」を発売。最大40dBのノイズを低減するアクティブノイズキャンセリングに加え、2台のデバイスと同時接続も可能としている。(2020/11/17)

製造業×IoT キーマンインタビュー:
スマート化で“空洞化”を埋める、カシオ計算機が描くモノづくり力の復活
カシオ計算機では、モノづくり全工程の「スマート化構想」により、社内におけるモノづくり力の再強化に取り組む。なぜ「スマート化構想」を推進するのか。どのような取り組みを行っているのか。同プロジェクトを統括するカシオ計算機 執行役員で生産本部長の篠田豊可氏に話を聞いた。(2020/10/28)

路上でも使える:
コロナ禍で売上は1.5倍! 耳をふさがない「骨伝導ヘッドフォン」は何がスゴいのか
新型コロナの感染拡大を受けて、宿泊業や外食産業は大きくダメージを受けているが、そんな中でも前年比で売り上げを伸ばしているアイテムもある。「骨伝導ヘッドフォン」だ。なぜ、この商品が売れているのかというと……。(2020/10/22)

フォーカルポイント、重さ29gの骨伝導のワイヤレスヘッドフォンを発売
骨伝導ワイヤレスヘッドフォン「OpenMove」(オープンムーブ)が登場。販売元によると本体の重さは29gで、長時間装着しても耳にストレスを感じにくいという。価格は9090円(税別)。(2020/9/18)

ライオン、スマート歯ブラシに本格参入 歯磨きのうまさを採点する子供用モデル開発
ライオンが子供用スマート歯ブラシ「はみがきのおけいこ」を発表した。同社初の本格的なスマート歯ブラシで、市場に新規参入する。背景にはIoT市場の拡大があり、今後は成人向け製品の開発も目指す方針。(2020/8/25)

メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2020:
トヨタの生産方式をMITが体系化した「リーン生産方式」の建設業での活用法
立命館大学 理工学部 教授の建山和由氏は、i-Constructionの目に見える効果として、近年活用が増加している現場の映像を活用したシステムと、トヨタの生産方式をMITが体系化した「リーン生産方式」の導入を提唱している。(2020/8/19)

お気に入りのヘルメットがスピーカーに変身!? 後付け骨伝導インカムシステム「HeadTooth」が何かすごそう!
耳をふさがず、比較的簡単に後付け。(2020/8/5)

構造解析、はじめの一歩(6):
固有振動数解析の流れを“ステップ・バイ・ステップ”で理解する
「構造解析」を“設計をより良いものとするための道具”として捉え、実践活用に向けた第一歩を踏み出そう。第6回は「固有振動数解析」をテーマに取り上げ、その手順についてステップ・バイ・ステップで解説する。(2020/7/21)

1万9800円:
耳をふさがずに聴くことができる 骨伝導の完全ワイヤレスイヤフォン登場
デバイスメーカー「BoCo社」は、鼓膜を使わずに音を聴く、骨伝導イヤフォンを発売する。価格は1万9800円(税別)。(2020/7/12)

骨伝導の完全ワイヤレスイヤフォンが一般発売 耳の穴をふさがず音が聞こえる
完全ワイヤレスの骨伝導イヤフォンが一般発売される。価格は1万9800円(税別)。(2020/7/8)

バイタルデータを即時に取得:
ウェアラブルシステムをリモートリハビリに活用
京セラと東京医科歯科大学は、血中酸素飽和度などバイタルデータをリアルタイムに取得できる「ヘッドセット型ウェアラブルシステム」について、臨床研究の準備を始めた。(2020/6/3)

VR:
ニコン・トリンブルが建築施工現場用MRを販売、施工BIMを推進
ニコン・トリンブルは、Microsoft製HoloLens 2に厚生労働省規格に適合したヘルメットと骨伝導ヘッドセットを組み合わせた施工現場用デバイス「Trimble XR10」の販売を開始した。MR技術を多様な現場に提供し、施工BIMを推進するソリューションとして活用できる。(2020/5/29)

ドンキ、税別5980円の骨伝導ワイヤレスイヤフォン発売へ 「品質・機能・デザイン性にこだわった」
ドンキが税別5980円の骨伝導ワイヤレスイヤフォン「JOGBONE」を発表。発売日は2月21日で、全国のドン・キホーテ系列店舗で取り扱う。「品質・機能・デザイン性にこだわりながら、お求めやすい価格で提供する」としている。(2020/2/19)

第6回 ウェアラブルEXPO:
ウェアラブルデバイスはより健康志向へ 最新展示に見る傾向
今年の展示でウェアラブル関係の技術傾向を読み解く。(2020/2/13)

組み込み開発ニュース:
用途別の6種類の加振器を開発、サンプル出荷を開始
オンキヨーは、用途別の6種類の加振器「Vibtone」を開発した。パネルや壁に取り付けて振動させ、空気を震わせて音を発生させる仕組みになっている。(2019/12/27)

ファーウェイ、ノイズキャンセリングイヤフォン「HUAWEI FreeBuds 3」など3アイテムを発売へ
ファーウェイは11月22日から順次、オープンフィット型ノイズキャンセリングイヤフォン「HUAWEI FreeBuds 3」、スマートバンド「HUAWEI Band 4」、スマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT 2」を発売する。(2019/11/14)

Googleがワイヤレスイヤフォン「Pixel Buds」発表 リアルタイム翻訳も可能
2020年に米国で発売。(2019/10/16)

PR:AI活用の「あるある」を楽しく議論 FUJITSU AI Communityでモヤモヤを解消
AI(人工知能)黎明期から研究を重ね、人を中心に考えたICTとしてHuman Centric AI 「Zinrai(ジンライ)」を展開する富士通がこの夏、「FUJITSU AI Community」を立ち上げた。コンセプトは、「コミュニティーを通じたノウハウの習得と情報の共有」だ。今回は、その第1クールのレポートをお届けする。(2019/9/2)

2019年7月25日(木)〜 2019年9月30日(月):
耳をふさがないイヤホン、SONYオープンイヤーステレオヘッドセット/BoCo骨伝導イヤホンが当たる「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン
「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選でお2人に、ソニーモバイルコミュニケーションズのワイヤレスオープンイヤーステレオヘッドセット「Xperia Ear Duo(XEA20)」もしくはBoCoのワイヤレス骨伝導イヤホンヘッドセットタイプ「FIT BT-1」のいずれかをプレゼント。この機会にぜひご入会ください!(2019/7/24)

歯を磨くと音が聞こえる子供向け歯ブラシ「Possi」 開発動機は「子供を甘やかしたい」
ソニー、京セラ、ライオンは、歯を磨いている間だけ音が聞こえる子供向け歯ブラシ「Possi」を開発し、一般販売を目指すクラウドファンディングを行うと発表した。(2019/7/3)

PR:デジタル・トランスフォーメーションの行く末 Dell Technologies 日本 最高技術責任者 黒田氏に聞く
成長や競争力強化のためにデジタル技術を活用するデジタル・トランスフォーメーション。いわゆる「2025年の崖」など多くの課題も指摘されているが、Dell Technologiesの日本 CTO(最高技術責任者)を務める黒田晴彦氏は、デジタル変革は「人に幸せをもたらす」と胸を張る。ITmedia エグゼクティブの浅井英二が話を聞いた。(2019/6/12)

耳に触れるだけで通話できる指輪型デバイス「ORII」発売 2万3800円
GlotureはECサイトで人差し指を耳元に当てればスマートフォンで通話できる指輪型デバイス「ORII」を発売した。iOSやAndroidと連携でき、音声操作や通知のカスタマイズができる。価格は2万3800円(税別)。(2019/6/4)

SuiteWorld 2019 Report:
社員30人で年商10億を達成 骨伝導技術で世界に挑むベンチャー、BoCoを支える「クラウドERP」とは
ネバダ州ラスベガスで開催されているNetSuiteの年次ユーザーカンファレンス、「SuiteWorld 2019」には、急成長中の顧客新興企業が世界中から参加している。その1社として、独自の骨伝導技術を武器にグローバル市場に挑むBoCoの謝端明社長に話を聞いた。(2019/4/5)

体当たりッ!スマート家電事始め:
スマート抱き枕に脳トレ用ヘッドギア、ますます進化する欧米「スリープテック」最新デバイス
「心地いい眠り」を支援するテクノロジーがいま、「スリープテック」として注目を集めている。さらに脳科学を加えた「ブレインテック」に発展したものも。最近の海外取材で見つけた最新デバイスをピックアップしていこう。(2019/1/30)

コード付き点字ブロック、カメラで読み取り音声案内 金沢工業大がAI活用の実証実験
金沢工業大学が、AI技術を使った点字ブロックの音声案内システムの実証実験を金沢駅で始める。(2019/1/8)

トンネル工事:
騒音下の工事でも円滑な会話可能に、“音声認識AI”で通話相手を特定する「骨伝導ヘッドセット」開発
清水建設は、京セラと共同で、トンネル内の騒音下でも、入坑者が防塵(じん)マスクや防音耳栓を着用したまま、コミュニケーションが可能な通話システム「骨伝導ヘッドセット(仮称)」を開発した。既に施工中の九州新幹線西九州ルートのトンネル工事で、実証実験に成功している。今後は、作業者の体調を測定する機能追加も検討して、2019年中の完成を目標とし、2020年度には商品化も視野に入れる。(2019/1/7)

聞こえない音がある少年が聞きたいと願うのは…… 漫画「君の声が聞こえない」に「感動した」「ステキ」の声多数
純粋な世界に引き込まれる。(2019/1/6)

「視覚障害者の父のために」 耳に指を当てて通話できる指輪型デバイス「ORII」発売
スマートフォンと連携し、音声アシスタントを操作できる指輪型デバイス「ORII」の一般販売が始まった。装着した人差し指を耳に当てるだけで、通話やメッセージのやりとりが可能になる。(2018/12/18)

半導体市場の好況が続く中:
SEMICON Japan、2013年以降最大規模で開催へ
SEMIジャパンは2018年12月11日に記者会見を開催し、同月12日から始まるエレクトロニクス製造サプライチェーンの国際展示会「SEMICON Japan 2018」の概要を説明した。(2018/12/11)

ET&IoT Technology 2018:
TrustZone対応マイコン、声を拾う加速度センサー STが展示
STMicroelectronics(日本法人:STマイクロエレクトロニクス)は2018年11月14〜16日の会期で開催されている展示会「ET&IoT Technology 2018」(会場:パシフィコ横浜)で、IoT(モノのインターネット)におけるエッジ端末の高機能化、高性能化を実現する各種製品、技術の展示を行っている。(2018/11/16)

スマート工場最前線:
総計2300機種もの異品種少量生産、パナソニック佐賀工場が生み出す価値とは
パナソニック コネクティッドソリューションズ社(CNS社)の直轄工場である佐賀工場は、2カンパニー、6事業部、17カテゴリーにわたる約2300機種もの生産を行っている。この異品種少量生産が最大の特徴となる佐賀工場は、CNS社がモノづくりソリューションを生み出すための課題発見の場にもなっている。(2018/11/14)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(11):
ソニーが「発明」した新しい音体験、「ウェアラブルネックスピーカー」の秘密
ここ最近注目を集めている「ネックスピーカー」というオーディオの新ジャンルを生み出したのが、2017年10月発売のソニーのウェアラブルネックスピーカー「SRS-WS1」だ。今回は、このSRS-WS1の開発に関わったメンバーに話を聞いた。(2018/11/8)

ケーブルなしで快適音楽! 最新のBluetoothイヤフォンを比較する(ネックバンド編)
イヤフォンマイク端子を備えないスマートフォンの増加に伴い、Bluetoothイヤフォンのラインアップが充実してきている。この記事ではネックバンドタイプの製品を紹介する。【訂正】(2018/10/5)

あの人のかばんの中身は?:
テーマは「1日を生き延びる」。オトバンク広報佐伯帆乃香さんのかばんの中身
オーディオブックの配信サービス「audiobook.jp」を運営するオトバンクで広報として奮闘する佐伯帆乃香さんのかばんの中身は……?(2018/7/4)

シリーズ「モノづくりの現場から」(パナソニック CNS社 佐賀工場):
パナソニック佐賀工場は2つの顔を持つ、全長100mの生産フロアで見たスマート工場の可能性
IoTなどを活用した製造現場の見える化、そしてスマート工場の実現に関心が集まる中、国内大手製造業の現場ではどのような取り組みが行われているのか。多品種少量に対応した生産拠点としての顔とともに、先進技術を活用したモノづくりの実証実験場としての重要な役割も担うパナソニック コネクティッドソリューションズ(CNS)社の直轄工場である佐賀工場を取材した。(2018/6/1)

「声を自由に変えられる技術」でコミュニケーションはどう変わる?
特定の他人の声になれる、音声変換技術はコミュニケーションにどのような影響を及ぼすのか。(2018/5/12)

ベンチャーニュース:
IoT時代のセキュリティ、誰でも使いやすいAI、独自のコイル――旬な技術咲く「第3回 JEITAベンチャー賞」
電子情報技術産業協会(JEITA)は第3回 JEITAベンチャー賞の表彰式を開催。成長性・先導性、波及性、社会性の視点から、電子情報技術産業における総合的な発展と併せ、経済発展にも貢献し得るベンチャー企業を審査および選考した上、表彰する。今回は8社のベンチャー企業が受賞した。(2018/3/19)

色を音に変換 色覚障害の男性、頭蓋骨に“アンテナ”付け音楽奏でる
色覚障害があるニール・ハービソン氏が初来日。新たなアートの可能性を提示した。(2017/12/15)

医療機器ニュース:
軟骨伝導補聴器を開発、イヤフォンタイプの補聴器が使えない難聴者へ
リオンは奈良県立医科大学との共同研究により、外耳道閉鎖症、多量の耳漏などによって通常の補聴器が使えない難聴者を対象とした軟骨伝導補聴器を開発した。(2017/11/28)

UNiCASE、耳をふさがない骨伝導Bluetoothヘッドフォンを先行販売
UNiCASEは、米AfterShokz社の骨伝導Bluetoothワイヤレスヘッドフォン「AfterShokz TREKZ AIR」をリアルストア各店で先行販売。耳をふさがないため、ジョギングなどの際にも環境音を聞き取りながら快適に音楽を楽しむことができる。(2017/10/27)

Amazon、Alexa搭載スマートメガネを開発中?
Amazonが「Google Glass」のような、AIアシスタント搭載のスマートメガネを年内にも発表するとFinancial Timesが報じた。(2017/9/21)

Mobile World Congress 2017:
「Xperia Touch」と「Xperia Ear Open-style」は何が新しい?――実際に体験してきた
ソニーモバイルがMWC 2017で新製品の体験会を実施。投影した映像をタッチ操作できる「Xperia Touch」と、周囲の音も聞こえる「Xperia Ear Open-style」を体験してきた。(2017/3/6)

耳の穴をふさがない新イヤフォン「ambie」は音漏れしないのか? 実際に使ってみた
「音楽を楽しみつつ、周囲の音も聞こえる」──新しいコンセプトのイヤフォンが登場。定額制ストリーミングサービス全盛期に最適な理由とは? 実際に使ってみた。(2017/2/9)

医療機器ニュース:
人工軟骨材料の実用化に向け、産学共同研究を開始
北海道大学と日本特殊陶業は、北海道大学産学・地域協働推進機構に「高靱性ゲルの軟骨応用部門」を共同で開設した。ダブルネットワークゲルを人工軟骨材料として実用化する共同研究を進め、治療が困難な軟骨疾患の治療に役立てる。(2017/2/8)

上海問屋、周囲の音も聞き漏らさない骨伝導式Bluetoothイヤフォン
ドスパラは、Bluetooth接続に対応した骨伝導式イヤフォン「DN-914573」の取り扱いを開始した。(2016/12/7)

「SPAJAM2016」の最優秀賞が決定――複数動画を組み合わせてVRで視聴できる「音録」
次世代クリエーターの発掘を目的としたアプリ開発の競技会「SPAJAM2016」の本選が終了し、最優秀賞1作品、優秀賞2作品、審査員特別賞1作品が決定した。最優秀賞は、動画とVRを組み合わせたサービスが受賞した。(2016/7/4)

頭蓋骨揺らして音楽と泳ごう!:
ゴーグルのバンド部分に取り付け、水中で音楽を楽しめる――「骨伝導 MP3プレーヤー」
上海問屋が、水中で骨伝導によって音楽を聴けるMP3プレイヤーを発売した。価格は7999円。(2016/6/24)

「自転車×IoT」で新サービス、青森ベンチャー発「ナビチャリ」が地方観光を救う?
バスやローカル路線といった観光用の交通インフラが整備されていない地方の観光地は多い。最近は、自転車とIoTを使って観光客の課題を解決しようとする動きがある。(2016/5/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。