ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「回転寿司」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「回転寿司」に関する情報が集まったページです。

涙ぐましいコストカットの努力:
「100円おせち」はなぜ売れるのか? ローソンストア100が強気の販売予想を打ち出したワケ
ローソンストア100の「100円おせち」が売れている。19年度は昨対比120%となる約138万個の販売を見込む。なぜこれほどヒットしているのか。(2019/12/4)

牛丼とラーメンの“出前市場”が拡大中 その背景は?
(2019/12/2)

スマホの光で楽しむ:
あまりにも売れすぎて… スシローがタピオカ第2弾を発売
大手回転寿司チェーン「スシロー」がタピオカドリンクの第2弾を発売する。第1弾となる商品が予想以上に売れたため。客層をさらに広げられるか。(2019/11/15)

大ヒット商品も:
牛サラダに麻辣牛鍋 吉野家が自前主義にこだわらぬメニュー開発を続々
吉野家が自前主義にこだわらぬメニュー開発を進めている。初めて外部と開発した牛サラダは大ヒットした。麻辣牛鍋の開発にはどんな料理人が関わっているのか。(2019/11/14)

光るタピオカも貢献:
スシロー「100円皿」の売り上げ比率が低下 目玉となる皿に何が
スシローの客単価が上昇している。高価格帯の皿やスイーツが好調のため。一方、100円皿の売り上げ比率が低下した。(2019/11/11)

どれだけ知っている?:
新語・流行語大賞候補が発表 ビジネス分野でノミネートされたのは?
新語・流行語大賞候補が発表された。「闇営業」や「上級国民」などがノミネート。ビジネス分野で選ばれたのは?(2019/11/6)

よくわかる人工知能の基礎知識:
いま知っておきたいAI活用事例――内定辞退予測、退職予測から、RPA連携の可能性まで
ビジネスに役立つAIの基礎知識について分かりやすく解説する連載。「内定者辞退予測」やRPAとAIの連携など、今話題のAI活用事例を紹介する。(2019/11/6)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「焼肉ポリス」がお客にダメ出し!? 安楽亭と牛角を脅かす「焼肉きんぐ」の戦略に迫る
大手焼き肉チェーンの「焼肉きんぐ」が快進撃を続けている。サービスの要となるのは「焼肉ポリス」の存在だ。豊富なメニュー開発力も強さを支える。(2019/10/29)

エキスパートが語り下ろすモダンマーケティングの論点:
「アドネットワーク」と「プログラマティック広告」が混同されていないか
マーケターがブランドの価値を守りながら広告戦略を多様化させていくために必要なこととは何か。アドテク業界のエキスパートが語った。(2019/10/24)

スピン経済の歩き方:
セブン「1000店閉店、移転」はドミナント戦略の限界か
セブン-イレブンが2019年下期以降、1000店舗を閉店・移転すると発表した。街中にコンビニがあふれているので、「そりゃあそうだろう。ちょっと減らしたほうがいいよ」と思われたもしれないが、筆者の窪田氏は違う見方をしている。それは……。(2019/10/16)

森永卓郎の“3割当たる予想”「消費増税で日本の景気は悪くなる!」
増税で日本の経済はどうなる?(2019/10/7)

PR:肉×寿司には無限の可能性がある! 元気寿司の全従業員参加コンテスト「キッチンファイト」で革命的新メニューを食べてきた
ファイナリストたちのメニューは9月17日より順次商品化されます。(2019/9/24)

税込で108円:
「100円タピオカ」が登場 コストダウンと調達の苦労とは
ローソンストア100が9月4日から「タピオカミルクティー」(税別100円)を全国の店舗で発売。容量は180ミリリットル。コストダウンと調達に苦労した。(2019/9/3)

どんな仕組み?:
回転レーンのないスシローが関西初進出 加速する出店戦略
回転レーンのない「スシロー」が関西に初進出。お客の好みにあわせて1貫から選べるスタイル。どういった特徴があるのか。(2019/8/30)

女子向け施策を強化:
くら寿司に「史上最高額」の高級スイーツが登場 タピオカにも参入
くら寿司がスイーツブランド「KURA ROYAL(クラロワイヤル)」を新設する。史上最高額の商品を投入し、タピオカにも参入。大手回転寿司チェーン間の“スイーツ戦争”が激化しそうだ。(2019/8/28)

使いこなせない人も多い:
お店が“ハイテク化”する一方で求められる「高齢者対応」という課題
お客の利便性向上や人材難への対応から店舗の“ハイテク化”が進む。小売り・外食チェーンは従業員の負荷を減らして接客を充実させる。その目的の1つに新サービスについていけない高齢者へのケアがある。(2019/8/21)

大手回転寿司チェーンでも人気:
はま寿司がタピオカドリンクを再販売 完売したスシローは「入荷待ち」状態
はま寿司がタピオカドリンクを再販売する。ライバルのスシローは完売しており、現在は「入荷待ち」の状態。大手回転寿司チェーンで“タピオカ戦争”が激化しそうだ。(2019/8/7)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
タピオカバブルは崩壊間近? 有力チェーン「ゴンチャ」が荒波を乗り越える条件
雨後のタケノコのように増殖し続けるタピオカ店。筆者はタピオカバブルの崩壊は近いと予想する。人気ナンバー1の「ゴンチャ」はスタバのように“文化”を創出できるか。(2019/8/6)

背景に商品開発力の向上:
監修やコラボとは違う! スシロー幹部が力説した「匠の一皿プロジェクト」の本気度
スシローが「匠の一皿プロジェクト」を始める。有名店の料理人に商品開発の初期段階からかかわってもらう。「監修」や「コラボ」とは違うその本気度とは?(2019/7/19)

スマホのライトを当てると?:
スシローもタピオカドリンクに参入 “後発”を跳ね返す策とは?
回転寿司大手「スシロー」がタピオカドリンクを発売する。ライバルのかっぱ寿司だけでなく、他の外食チェーンも続々と参入している。差別化をどうするのか?(2019/7/18)

270円から421円へ:
くら寿司が新作“高級”バーガー発表 強気に値上げしたワケ
くら寿司が新作のハンバーガーを発表した。チーズや具材を改良して、高品質路線に走った。発売当初は270円だったのに、421円へと強気の値上げをしたワケとは?(2019/7/17)

くら寿司、時間指定予約やアプリで注文・決済できる「スマホdeくら」開始
くら寿司は、7月16日にスマホを活用した新サービス「スマホdeくら」を提供開始。「時間指定予約システム」が自動受付機と連動し、アプリでの事前・個人単位での注文やコード決済に対応する。(2019/7/16)

回転スイーツや回転ずしもできる お菓子やおつまみがくるくる回る「GO ROUND PARTY」9月下旬発売
映える。(2019/7/15)

スシローで「PayPay」「楽天ペイ」「メルペイ」が利用可能に 一部店舗が対象
スシローの一部店舗において7月11日から「PayPay」「楽天ペイ」「メルペイ」が使えるようになった。PayPayについては「いつもどこかでワクワクペイペイ」の対象となる。(2019/7/12)

あの企業がダントツ:
かっぱ寿司は? スシローは? 大手回転寿司チェーンの顧客満足度が調査によって明らかに
2019年度JCSI(日本版顧客満足度指数)の第1回調査結果が明らかに。かっぱ寿司、くら寿司、スシロー、はま寿司が調査対象。顧客満足度が最も高いのはどこか?(2019/7/4)

「おかわり自由は損した気分」「まず食べきれるか心配になる」 小食の人あるあるを描いた漫画に激しく共感する人続出
コース料理はメインにいくまでにお腹いっぱい。(2019/7/4)

画像認識で皿をカウント、スマホで事前注文・決済――客も驚く「スシロー」新型店舗の全容
回転すし店「スシロー」が6月26日から、さまざまなテクノロジーを導入した新型店舗を兵庫県内で運営している。画像認識で皿をカウントする会計システムの他、公式アプリなどで商品の注文・決済を事前に完了させ、店舗のロッカーで商品を受け取れるサービスも採用。顧客からは驚く声が出ているという。(2019/7/2)

熱きシニアたちの「転機」:
ワンマン社長の奴隷、3500万円の借金地獄――“31歳無職の男”は「伝説の居酒屋カリスマ」にどう成り上がったのか【後編】
3500万円の借金地獄から、アッという間に大金持ちになった男の波乱万丈な成功物語の完結編――。(2019/7/1)

スシローのお皿が浮き輪になった!? 巨大プールでおすし気分を味わう謎イベント 東京と長崎で開催
黄色と赤のあのお皿です。(2019/6/28)

加速する東京進出:
「スシローのお皿浮き輪」が東京サマーランドとハウステンボスに登場 認知度向上狙う
「スシローのお皿浮き輪」無料レンタル企画がスタート。東京サマーランドとハウステンボスのプール施設で提供。東京での認知度向上を狙う。(2019/6/27)

蒲田 初音鮨物語:
「絶対に一流店にしてやる」という気負いが店をダメにする 落ちぶれた店で“鮨職人”が見失っていたもの
勝が跡を継ぐ直前まで、極めて落ちぶれた状況だった初音鮨。“鮨職人”が見失っていたものは何だったのか。(2019/6/26)

その全貌を明らかにする:
スシローが次世代型店舗オープン 効率化目指す“すごい”テクノロジーの全容に迫る
スシローがテクノロジーを駆使した次世代型店舗をオープンする。作業の効率化と客の満足度向上の両立を狙う。どのようなテクノロジーが導入されているのか?(2019/6/25)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「すしざんまい」危うし!? 東京進出する「スシロー」が蹴散らす同業者とは
郊外型で成長してきたスシローが“首都侵攻”を本格化させる。都内はすしざんまいなどのチェーンが群雄割拠の状態。東京を舞台にした再編は起きるか?(2019/6/25)

資本業務提携を解消:
スシローと元気寿司の経営統合が“破談” 別々の道を歩むと決意
「スシロー」などを運営するスシローグローバルホールディングス。元気寿司との経営統合を進めてきたが、“破談”となった。経営戦略の違いなどが鮮明になったことが原因。(2019/6/18)

道路の真ん中に新型「Mac Pro」出現? AR写真ツイートが話題に
新型「Mac Pro」が道ばたや電車の中に出現? AR写真の投稿が話題になっている。(2019/6/6)

リスクを背負える人が欲しい:
くら寿司が年収1000万を出しても幹部候補生を採りたい理由
くら寿司が2020年春入社の新卒採用で年収1000万を提示して幹部候補生を募集している。その狙いは?(2019/6/5)

スシロー「チョコミントアイスケーキ」復活! 「ミルク宇治金時かき氷パフェ」「ソーダかき氷パフェ」も同時発売
スシロー「“チョコミン党”のみなさま、お待たせしました!」。(2019/6/3)

「天然マグロ」の品質、AIが判定 職人の目利きと約85%一致
電通など3社が、AIの画像解析技術によって冷凍天然マグロの品質を判定するシステム「TUNA SCOPE」を発表。水産加工業者がマグロの検品業務に使用したところ、判定結果の約85%が職人と一致した。高評価と判断したマグロをすし屋に出品した結果、客の約89%から高評価を得た。(2019/5/30)

北海道だけで1位のネタも:
スシローの人気ランキングを分析 「東西で違う1位」「エリア別の意外な売れ筋」
全国に521店舗を展開している回転寿司大手スシローで最も売れている商品は何か? 東西で違う1位のネタや、地域別に異なる売れ筋ランキングを紹介する(2019/5/29)

山手線を攻めるキャンペーンも:
スシローが“首都侵攻作戦”を高らかに宣言 激化する東京の寿司戦争
回転寿司チェーンの“王者”スシローが都心進出を強化する。顧客に向けたキャンペーンも打ち出した。東京都内の寿司チェーン間の競争が激化しそうだ。(2019/5/13)

スシロー、「Ok Google」で来店予約可能に “旬”の技術で接客を変革
大手回転すし店のスシローが、「Google アシスタント」を活用した来店予約の受付を開始。スマートフォンに「Ok Google、スシローで今から4名」などと話し掛け、行きたい店舗を口頭で伝えると予約が完了する。予約方法を充実させて他社との差別化を図り、国内回転すし市場トップの座を固める狙いがある。(2019/5/13)

『幼稚園』6月号の付録は牛角コラボの「やきにくリバーシ(オセロ)」 リアル&珍妙なプレー風景に騒然
「焼いた肉」と「焼いていない肉」を白石と黒石に見立てて戦います。(2019/5/1)

ぜったい、あまい スシロー「とろっとプリンどら焼き」&「抹茶すぎるパフェ」が甘党を誘惑している
すし屋スイーツの進化系。(2019/4/9)

スピン経済の歩き方:
なぜ「小僧寿し」は危機に陥ったのか 犯人は“昭和のビジネスモデル”
「小僧寿し」が債務超過に陥った。苦境の背景に「持ち帰り寿司の限界」とか「多角経営が裏目に」といった声が出ているが、本当にそうなのか。筆者の窪田氏は違う見方をしていて……。(2019/4/2)

【インタビュー】「賞味期限の切れた缶スープをトイレに捨てる」異色のグルメ漫画『鬱ごはん』 連載開始から9年、31歳になった鬱野くんはどう変わったか
『鬱ごはん』3巻発売を記念して、作者の施川ユウキ先生にインタビューしました。(2019/3/28)

小僧寿し、債務超過に転落して上場廃止の猶与期間入り
立て直せるか。(2019/3/27)

回転レーンの土台は活用:
「回転しない寿司」路線から6年 元気寿司が思い知った“意外な効果”
大手すしチェーンの元気寿司が「脱・回転」路線を打ち出している。回転レーンをやめて、注文された商品のみを特急レーンで提供。国内の152店のうち122店を「脱・回転」させた結果、思わぬ効果が生まれた。(2019/3/4)

FAメルマガ 編集後記:
“回転ずし”こそスマート工場成功のカギ
生魚を回すだけでは駄目ですよ。(2019/3/1)

ガリとわさびをお好みで:
和食料理人が考案 「くらバーガー」を食べて分かった商品開発の狙い
くら寿司がハンバーガーを開発した。3月1日から発売する。実際に食べてみながら商品開発の狙いを聞いた。(2019/3/1)

「やりすぎでは」「ただの私刑」 “バイトテロ”投稿主の個人情報暴露、法的に責任はないの?
弁護士は「不適切動画問題と、再拡散や特定拡散は別の問題」と語ります。(2019/2/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。