ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「回転寿司」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「回転寿司」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「くら寿司」が北海道に進出 47都道府県への出店を達成
7月に札幌にオープン。(2021/5/11)

全国出店を達成:
くら寿司が「北海道」に進出し、47都道府県への出店を完了 スシローや地元有力店にどう勝つのか
くら寿司が北海道に進出する。47都道府県に出店を達成したことになる。地元には有力な寿司店もあるが、サイドメニューやコロナ対策で差別化を図る。(2021/5/10)

かっぱ寿司の食べ放題企画「食べホー」が期間限定で復活! 5月13日から19日までの7日間
2017年にスタートしたものの、2020年10月でいったん終了していました。(2021/5/6)

利益も過去最高:
スシロー運営会社の業績が絶好調 コロナ禍でも積極出店で過去最高の売り上げ
大手回転寿司チェーン「スシロー」を展開するFOOD&LIFE COMPANIESが中間決算を発表。コロナ禍でも積極出店した影響で好業績だった。(2021/5/6)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
急増する「焼肉の和民」が「牛角」の脅威に!? コロナ禍の“有望市場”を制するのはどこか
ワタミが展開する「焼肉の和民」が好調だ。2020年10月に1号店をオープンしてから、3大都市圏で23店にまで拡大。同じ立地の「牛角」を脅かす存在になりつつある。(2021/4/27)

一部店舗では「さしみ」を提供:
くら寿司、道頓堀に「グローバル旗艦店」を出店 新しく登場した”半個室”の狙いとは?
回転寿司チェーン「くら寿司」を運営するくら寿司が、グローバル旗艦店として「道頓堀店」(大阪市)を4月22日に開店すると発表した。(2021/4/21)

スシローが5月11日・12日に一斉休業 「より働きやすい環境づくりの一環」
一斉休業は3年目。(2021/4/13)

今年で3回目:
スシロー、国内の全586店舗を一斉休業 従業員に報いるため
国内のスシロー全店舗が2日間一斉休業する。社員や従業員が働きやすい環境づくりのため。2019年に初めて実施し、今年で3回目となる。(2021/4/12)

回転寿司はコロナ禍でどう変化した? マルハニチロが調査結果を発表
月に1回以上回転寿司を利用する人を対象にアンケートを実施。3000人の有効回答サンプルを集計した。(2021/3/28)

辻希美&杉浦太陽、次男・昊空くんの8歳バースデーで3ショット 「面倒見のよいお兄ちゃんになって、微笑ましいです」
家族で誕生日会の準備をしているもよう。(2021/3/21)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
スシローとくら寿司が東京で激突! はま寿司とかっぱ寿司は“脱回転” 業界の行方は?
コロナ禍で回転寿司業界に大きな変化が起きている。スシローとくら寿司は、都心部に進出する。はま寿司とかっぱ寿司は、回転レーン上に寿司を流さない傾向を強めている。(2021/3/15)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
潰れかけだった小僧寿しが今、大復活を遂げている真の理由
“潰れかけ”の状態にまで追い込まれていた小僧寿しが、今大復活を遂げている。2月19日には債務超過を解消したことで疑義注記の記載が解消され、経営危機状態も脱した。その要因はなぜだろうか。(2021/3/5)

越後湯沢駅「どかんとかにずし」(950円)〜駅弁屋さんの厨房ですよ!「川岳軒」編3
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは越後湯沢駅「どかんとかにずし」(950円)です。(2021/3/5)

2021年のPR事例ランキング 注目のクリエイティブは?
国内外のPR事例メディア「PR EDGE」より、注目のクリエイティブをランキング形式でご紹介。(2021/3/3)

「魅力的な事業」:
好調のスシロー、苦戦の吉野家HDから「京樽」買収 狙いは?
スシローGHDが、寿司のテークアウトなどを展開する「京樽」を買収すると発表。吉野家HDから京樽の全株式を4月1日付で取得する。どんなシナジー効果を見込んでいるのか。(2021/2/26)

飲食店を科学する:
スシロー、成長戦略のカギは「キャンペーン」と「特大エビフライ」!? コロナ後を見据えた布石とは
コロナ禍で、今後の成長戦略をどう描くか悩む経営者は多い。筆者はスシローにそのヒントがあると考える。「業態と商圏」「既存と新規」という軸で見ていくと……。(2021/2/26)

スピン経済の歩き方:
「寿司業界」にこそ、日本経済復活のヒントがある理由
新型コロナの感染拡大を受けて、「倒産」の言葉をよく耳にするようになった。寿司店も例外ではなく、小・零細店を中心に倒産件数は高水準で推移している。「まあ、仕方がないよ」と思われた人も多いかもしれないが、筆者の窪田氏は前向きに受け止めているという。どういうことかというと……。(2021/2/23)

実験店では大きな反響:
スシロー、持ち帰り専門店「スシローTo Go」本格展開 年内に10店舗以上出店
あきんどスシローは、持ち帰り専門店の名称を「スシロー To Go」とし、全国に拡大する。拡大するテークアウト需要に対応。2月26日に「JR我孫子駅店」を出店する。2021年中に10店舗以上の出店を目指す。(2021/2/22)

元気寿司チェーンで会計ミス 1皿44円過剰に代金発生
回転寿司「魚べい」の「銀だら」が本来100円(税別)のところ、システム上は140円(税別)になっていた。(2021/2/18)

コロナ禍でインバウンド消失:
「すし店」の倒産、20年度は5年ぶり増加 前年度の1.6倍ペース
東京商工リサーチによると、2020年度のすし店の倒産件数は、1月までの10カ月間で28件発生した。前年同期と比べて約6割増加。15年度以来、5年ぶりに増加に転じている。特に小規模事業者で、新型コロナウイルス感染拡大による影響が大きい。(2021/2/17)

3%減の見込み:
回転ずし市場、初の縮小へ “持ち帰り”伸ばすスシロー、「鬼滅」コラボのくら寿司は好調だが……
帝国データバンクによると、2020年度の回転ずし市場は、前年度比約3%減の7200億円前後にとどまりそうだ。右肩上がりで成長してきたが、コロナ禍で初めて縮小する可能性が高くなった。(2021/2/4)

iOS版「地図マピオン」に“恵方”が分かる新機能
地図アプリ「地図マピオン」を提供しているONE COMPATHは、節分を前に地図上から“恵方”が分かる機能などをiOS版アプリに追加した。(2021/1/29)

「効率化で非正規切り」は本当か:
焼き肉業態で「非正規差別」? 批判記事を巡り、ワタミが抗議した「論拠」とは
コロナ禍で焼き肉業態へ業態転換を進めるワタミだが、近頃「非正規差別」をしているとの批判記事が公開された。これを受けてワタミ側は抗議文書を発表したが、その根拠は? 取材で見えてきた事実とは。(2021/1/28)

昨年の外食売上高、過去最大の15.1%減 居酒屋は半減
 日本フードサービス協会が25日発表した令和2年の外食売上高は前年比15.1%減となり、比較可能な平成6年以降で過去最大の落ち込みとなった。前年を割り込んだのは26年以来、6年ぶり。新型コロナウイルスの感染拡大により、全国的に時短営業や休業が増えたほか、消費者の外出自粛なども重なり、売り上げが大幅に落ち込んだ。(2021/1/26)

スシロー、くら寿司はコロナ禍でも加速 都心に出店攻勢
コロナ禍で苦境に立たされる外食産業だが、スシローとくら寿司は売上高が過去最高を記録し好調だ。以前から利益率向上に向け進めていた非接触化、省人化戦略が奏功した。(2021/1/20)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
サイゼ社長の「ふざけんな」は当然 時短要請と協力金が批判されまくるワケ
当初、東京都は協力金を支払う対象を中小事業者に限定していた。しかし、大手企業から“異論”が相次いだ。不公平な仕組みを見直さなければ、都心店・大型店の崩壊は近い。(2021/1/20)

直営の居酒屋83店を休業:
2021年の飲食業は倒産ラッシュ ワタミ渡邉美樹会長が示す「売り上げが2019年比55%」でも生き残れる経営
外食チェーンのワタミは緊急事態宣言を受け、1都3県で営業している直営店全100店のうち83店舗を休業している。渡邉美樹会長兼グループCEOは「このままでは飲食業界は崩壊すると危惧している」と記者発表で述べた。その上で「2021年は19年比で売り上げの55%に目標を設定し直した。黒字になるようにしていきたい」と意気込む。(2021/1/15)

外食チェーン、年末年始の営業は?
新型コロナウイルス禍で打撃を受けている外食チェーンで、年末年始の時短営業や休業を拡大させる動きが出ている。(2020/12/30)

「焼き肉のワタミ」、関西の旗艦店オープン 配膳ロボット導入で省人化
ワタミが、焼肉チェーンの関西エリア旗艦店「焼肉の和民 南海難波駅前をオープンした。配膳ロボットやレーンで料理を運ぶなど省人化を図り、店員と客の接触を最大8割減らした。人件費の削減で、料理を安く提供できることも売りの一つになっている。(2020/12/21)

くら寿司・田中社長、省人化「最終的に2割削減できる」 完全非接触サービスも
来年末までに国内全店舗で計画している、自動受付案内機やセルフレジなどによって入店から会計まで店員を介さず利用できる完全非接触サービスと合わせて、段階的に進める。(2020/12/17)

ニコニコのりの狙いとは:
“電車”から着想した「家で作る軍艦巻き」 コロナ禍で3割増の「手巻きずし用のり」に続くか
コロナ禍で在宅時間が増えたことで、ニコニコのりの「手巻きずし用のり」の売り上げは3割増。さらに新しい需要を取り込もうと開発したのが「軍艦巻き用のり」だ。これまで家庭で作らなかった軍艦巻きを提案する狙いとは? ヒントは電車のおもちゃにあった。(2020/12/7)

ロボット配膳「焼肉の和民」、“非接触”セルフレジのくら寿司 コロナ禍の飲食店、勝機はIT&ロボット活用にあり
「和民」ブランドから「焼肉の和民」へ全面転換したワタミ。配膳ロボットなどを活用してコロナ禍の難局を乗り越えようとしている。今回はワタミを始めとする各社への取材を通じ、テクノロジーとビジネスアイデアで飲食業がどう時代を生き抜いていこうとしているのかを紹介したい。(2020/12/1)

大塚家具の二の舞か:
「2代目」が陥るワナ――大戸屋の、“愛言葉”を忘れた値下げ路線が失敗しそうなワケ
経営権を巡ってドタバタ劇を繰り広げる大戸屋。“愛言葉”を忘れた新体制による、祖業を見切った値下げ路線は成功するのか。大塚家具とともに、大戸屋でも起こっている創業家2代目が陥るワナとは?(2020/11/24)

東村山店:
くら寿司、「スマートくらレストラン」オープン 入店から退店まで非対面で利用できる仕組みとは
回転ずしチェーン「くら寿司」を運営するくら寿司は11月17日、入店から退店まで店員と対面せずに利用できる新店舗「くら寿司 東村山店」を開店した。くら寿司は、東村山店を、今後の標準店舗となる「スマートくらレストラン」の1号店としている。どのような設備が標準されているのだろうか。(2020/11/17)

ここがヘンだよ「Go To Eat」:
“無限くら寿司”と”無限かっぱ寿司”が終了  「Go To Eat」ポイント付与対象の予約受付が次々と締め切り
回転寿司チェーン「くら寿司」のオンライン予約を受け付けている「EPARK」は、「Go To Eat」キャンペーンのポイント付与の対象になる予約受付を、11月16日午後2時59分をもって終了した。(2020/11/16)

「近づけない、集めない」 時代を生き抜く、企業の知恵:
ワタミ清水邦晃社長「居酒屋市場に淘汰が起こる」――ニューノーマル時代をいかにして生き残るか
ワタミの清水邦晃社長がITmedia ビジネスオンラインの単独インタビューに応じた。密になりがちな居酒屋からの業態変更を発表した同社がニューノーマルと呼ばれる状況下で、いかなる戦略を取っていくのか、一問一答の形でお届けする。(2020/11/13)

ここがヘンだよ「Go To Eat」:
“トリキの錬金術”は他でも起きていた Go To Eatオンライン予約事業は「税金の無駄使い」
日本フードサービス協会には、複数の会員企業から「鳥貴族と同じような状況が起きている」と報告があった――。ある単価の高い喫茶店では、コーヒーとケーキなどで客単価が1000円を超える想定だったものの、予約して来店した客が600円程度のコーヒーだけを飲んで帰るケースが多発。「Go To Eat」オンライン予約事業の現状と問題点を報じる。(2020/11/5)

ここがヘンだよ「Go To Eat」:
“トリキの錬金術”や“無限くら寿司”で課題噴出 Go To Eatが飲食店事業者を救わない、これだけの理由
“トリキの錬金術”や“無限くら寿司”などで多くの課題が出ているGo To Eat。不公平なばらまきとの指摘も多い。オンライン飲食予約事業では予約サイト事業者は儲(もう)かる一方、地方に住む高齢の経営者などには使いづらい制度だ。問題点を探った。(2020/11/4)

ここがヘンだよ「Go To Eat」:
かっぱ寿司も“無限”に!? 過熱する回転寿司チェーンの「Go To イート」対応
“無限くら寿司”というワードが大きな話題になっている。大手チェーンの「かっぱ寿司」を運営するカッパ・クリエイトに「Go To イート」への対応を聞いた。(2020/11/2)

ここがヘンだよ「Go To Eat」:
“無限くら寿司”が話題 スシロー、はま寿司、かっぱ寿司など大手4社のGo To対応を聞いた
ネット上では「無限くら寿司」というワードが話題になっているーー。回転寿司チェーン大手4社の「スシロー」「はま寿司」「くら寿司」「かっぱ寿司」を取材すると、各社それぞれ対応が異なることが分かった。4社の対応を見ていく。(2020/10/26)

ここがヘンだよ「Go To Eat」:
「はま寿司」は食事券のみ、「ココス」は食事券と予約の両方 ブランドごとに「Go To Eat」への対応が異なるゼンショー
ゼンショーホールディングスに取材し、「Go To Eatキャンペーン」への対応をブランドごとに聞いた。(2020/10/22)

イノベーションのレシピ:
くら寿司はなぜ半年で非接触型サービスを導入できたのか
回転ずしチェーンを展開するくら寿司は、池袋サンシャイン60通り店に、入店から退店まで顧客が店員と対面することなく、すしの提供をはじめとするサービス提供が可能となる「非接触型サービス」を導入した。このような非接触型サービスの導入は「大手外食チェーンで初」(同社)だという。(2020/10/15)

感染予防もアピール:
スシローが「Go To Eat キャンペーン」に参画 新潟、愛知、大阪などが順次対象に
スシローが「Go To Eat キャンペーン」に参画する。10月14日には新潟県が、16日からは大阪府や愛知県などが対象となる。感染予防に取り組む姿勢も打ち出し、客数増を狙う。(2020/10/14)

「近づけない、集めない」 時代を生き抜く、企業の知恵:
くら寿司が完成させた「非接触型サービス」 触れずに操作できるセルフレジや案内システムを導入
くら寿司は「非接触型サービス」を先行導入した店舗を公開した。直接触れずに操作できるセルフレジなどがある。今後、同様の店舗を増やしていく考えだ。(2020/10/14)

ディズニーランドに「ベイマックス」新アトラクションがオープン! ライドレポ&注目グッズをピックアップ
小さな子どもも楽しめる「ベイマックスのハッピーライド」!(2020/9/29)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「タピオカバブル」がコロナで大崩壊 “聖地”原宿の閉店ラッシュと各社の生き残り策
タピオカバブルが新型コロナウイルスの影響で崩壊した。タピオカ専門店が集中する東京・原宿では閉店が相次ぐ。各社の生き残り策とは?(2020/9/16)

期間限定:
スシローが持ち帰り専門店をオープン 12貫で550円の限定商品で新たな需要に対応
スシローの持ち帰り専門店がオープンする。高まるテークアウト需要に対応する。12貫で550円(税別)の限定商品などを用意した。(2020/9/15)

劇場版公開記念:
くら寿司が「鬼滅の刃」をモチーフにした商品発売 タイアップ企画6月に続き2回目
くら寿司は「鬼滅の刃」のキャラクターをモチーフにした商品4品を期間限定で発売する。また、一部店舗では、従業員が登場キャラクターの法被を着用して業務にあたるという。6月に実施したタイアップ企画では、平日の売り上げが過去最高を記録した。(2020/9/10)

「これは天才的発想」「超かわいい」 回転寿司マシンでエサを食べるカエルさんたちが楽しそう
フードファイター並の食べっぷり!(2020/9/7)

担当者との打ち合わせが必要:
かっぱ寿司が「出張回転寿司サービス」を開始 自宅に回転レーンを持ち込む
かっぱ寿司が「出張回転寿司サービス」を期間限定で開始。寿司職人と助手がお客の家に回転レーンやネタなどを持ち込む。コロナ禍で外出の機会が減ったお客の利用を見込む。(2020/9/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。