ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「回転寿司」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「回転寿司」に関する情報が集まったページです。

【なんて読む?】今日の難読漢字「幾年」
「いくとし」ではない読み方がある。(2022/6/26)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
スシローは「おとり広告」問題の本質を理解しているか おわび文書に“違和感”を覚えたワケ
「スシロー」のおとり広告問題。筆者はスシロー運営会社の体質が、今回の問題と大きく影響しているのではないかと分析する。どういうことかというと……。(2022/6/25)

【なんて読む?】今日の難読漢字「梟鸚鵡」
カタカナだと「カ○○」。(2022/6/25)

【なんて読む?】今日の難読漢字「軽羹」
ヒント:おいしい(2022/6/24)

【なんて読む?】今日の難読漢字「鬩ぐ」
ヒント:○○ぐ(2022/6/23)

【独自】くら寿司元店長が語る労働環境 「休みは取れず、上司は壁をたたきながら……」
くら寿司にアルバイトとして入社し、その後社員として店長まで勤め上げた元社員にインタビューを実施した。当時の働き方を聞くと、違法性が疑われる労働環境が明らかになった。くら寿司で何が起きているのか?(2022/6/22)

【なんて読む?】今日の難読漢字「斫り」
読める人は読める(らしい)。(2022/6/22)

【なんて読む?】今日の難読漢字「鬢とろ」
ヒント:おいしい(2022/6/21)

沖縄県初上陸! 充実の体験コーナーを備えた「ドスパラ浦添城間店」を見てきた
サードウェーブの新店舗「ドスパラ浦添城間店」(沖縄県浦添市)が6月18日にオープンした。沖縄県初進出となる同店の模様をオープン当日に見てきた。(2022/6/19)

「自動のりまき機構」で簡単に海苔巻きができるクッキングトイ 回転寿司マシンにもなるぞ
「作る」だけでなく「食べる」も体験できる。(2022/6/14)

スピン経済の歩き方:
なぜスシローは「おとり広告」をやらかしたのか 「また起きる」これだけの理由
回転寿司チェーン「スシロー」の「おとり広告」が炎上した。テレビ広告で盛んに宣伝していたが、それらの広告は「偽造」だったのだ。「モラルが低下している」「本社と現場の間に溝がある」といった指摘があるが、筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしている。それは……。(2022/6/14)

スシロー「うに好きの皆さん、お待たせしました!」 → 実際には販売せず 消費者庁が“おとり広告”でスシローに措置命令
十分な在庫を用意できなかったようです。(2022/6/9)

看板商品だったのに:
98%超の店で「濃厚うに包み」販売中止に スシロー「おとり広告」問題
回転ずし大手「あきんどスシロー」が販売した期間限定メニューの宣伝が「おとり広告」に当たるとして、消費者庁から再発防止を命じられた問題で、キャンペーン期間中にもかかわらず国内全店舗のうち98.1%の店で、看板商品の一つだった「濃厚うに包み」の販売を途中で中止していたことが9日、消費者庁への取材で分かった。(2022/6/9)

「おとり広告」で消費者庁:
「豪華かにづくし!」実際は在庫切れ スシローに措置命令
大手回転寿司チェーンのスシローが、ウニやカニのすしを実際は在庫がないのに販売しているかのようにテレビCMなどで宣伝したとして、消費者庁は6月9日、運営する「あきんどスシロー」(大阪府吹田市)に対し、景品表示法違反(おとり広告)で再発防止を求める措置命令を出した。(2022/6/9)

ARINA調べ:
子どもが好きな回転ずしの"サイドメニュー" 2位は「ケーキ」、1位は?
子どもが1番好きな回転ずしのサイドメニューについて調査した。「うどん」などの麺類や「ケーキ」が人気だった。最も人気が高かったサイドメニューは?(2022/6/11)

爆速で消せるマシン「激落ちくん LV99999999」が想像以上だった 速すぎて逆に遅く見える……!? 
激落ちくんの残像よ……!(2022/6/4)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「サーモン」輸入にウクライナ侵攻の影響 それでもスシローやくら寿司が大きく慌てていない理由
ロシアのウクライナ侵攻がサーモンの輸入に影響を与えている。特に、ノルウェーからの空輸便がロシア上空を通過できなくなっている。一方で、スシローやくら寿司などがサーモン不足に陥っていない理由とは?(2022/5/31)

スシローの仲間:
インパクトのある「ポテトサラダ」が話題 寿司居酒屋「杉玉」が個性的なメニューを投入する理由
スシロー系列の寿司居酒屋「杉玉」が店舗数を増やしている。インパクトのある見た目や、印象的な名前のメニューに特徴がある。開発の狙いなどを聞いた。(2022/5/31)

頻度は月1〜2回が最多:
ガスト、サイゼリヤ、回転すし 家族での外食、店選びのポイントは?
主婦の友社(東京都品川区)が運営する「暮らしニスタ」は、家族での外食に関するに関する調査を実施した。家族での外食の頻度は、「月1〜2回」が37.0%で最多となった。(2022/5/31)

回転すし「10円戦争」時代:
価格よりおいしさ重視のスシロー、都市を攻めるくら寿司 「100円皿」危機の中、各社の戦略は
回転すしチェーン店の値上げ報道が続いている。水産資源の高騰や円安によるコスト増などから、かつて回転すしチェーン店の代名詞であった「100円皿」も存続が危ぶまれている。スシロー、くら寿司、はま寿司、かっぱ寿司はこの状況をどのように受け止め、どのような戦略を立てるのか。話を聞いた。(2022/5/19)

家計にしわ寄せ:
食品などの値上げ止まらず、消費はどうなる?
生活に身近な商品の値上げラッシュが止まらない。消費者が生活防衛意識を強め、購入や利用を見送ることで、消費全体が冷え込む恐れもある。(2022/5/16)

飲食店でキレまくるお客さんに出くわした…… 体験談に「明日は我が身」と襟を正す人続出
わからないことがあってもキレず、できるだけ謙虚に生きたい。(2022/5/14)

帝国データバンク調べ:
「回転すし」好調も、原材料高騰と円安で「100円皿」存続の危機
帝国データバンクの調査によると、2021年度の国内回転すし市場は、前年から約600億円増加し、7400億円を超える見込みとなった。(2022/5/11)

「スシロー」も10〜30円値上げ10月から 1皿100円終了
回転ずし店「スシロー」を展開するフード&ライフカンパニーズは9日、にぎりずしなどのメニューを10月1日から10〜30円値上げすると発表した。昭和59年の創業以来、最も安い商品は1皿税抜き100円を維持して集客につなげてきたが、値上げに伴い終了する。(2022/5/10)

NEW! 妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
サイゼリヤがコロナ前をはるかに上回る利益水準になった理由
決算書で分かる日本経済の動向という事で、4回連続で飲食企業4社の決算を取り上げて、日本の飲食企業の現状を見ていきます。今回取り上げるのはサイゼリヤです。もちろんイタリアンのファミリーレストランであるサイゼリヤを運営している企業です。(2022/5/10)

本当に回る“ダンボールで作った回転寿司装置”がすごい 個別注文のレーンまでしっかり再現
技術がすばらしい。(2022/5/4)

「昼飯に5000円も使った」上司が豪語するので、さぞセレブな内容かと思いきや…… とんでもなく“食いしん坊”なだけだった話
え!? そっち!?(2022/4/27)

好きなお店とその理由:
好きな回転寿司チェーン店 3位「はま寿司」、2位「くら寿司/無添くら寿司」、1位は?
LINEは、スマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」にて、都道府県別の「好きな回転寿司チェーン店」に関する調査を実施した。(2022/4/20)

4月22日開業:
東京・調布のクリーンセンター跡地に複合施設「ブランチ調布」開業 レストランや家電量販店が出店
大和リース(大阪市)と調布市が、4月22日、公民連携事業として東京都調布市に公共・商業の複合施設「ブランチ調布」を開業する。(2022/4/19)

かっぱ寿司、サイドメニュー人気1位の茶碗蒸しを2倍の大きさで投入 狙いは?
かっぱ寿司は、4月18〜24日の期間限定で、全店にて「やんちゃなどんぶり茶碗蒸し」を販売する。「本気寿司シリーズ」“やんちゃ企画”第6弾の番外編。(2022/4/18)

佐藤可士和氏がデザイン:
「くら寿司 スカイツリー押上駅前店」がオープン 店内飲食強化に向けた新戦略を展開
くら寿司は、3月31日にグローバル旗艦店「くら寿司 スカイツリー押上駅前店」をオープンした。店内にエンターテインメントアトラクションを導入し、アフターコロナ後の経済活動再開に先駆け新戦略を打ち出す。(2022/3/31)

代替調達難しく:
カニ・ウニ、価格高騰の恐れ避けられず ロシア産が5割前後
ロシアによるウクライナ侵攻を受け、日本国内で水産物の価格高騰が懸念されている。日本にとってロシアは世界3位の水産物の輸入先で、カニやウニなどはロシア産のシェアが最も多い。輸入が滞れば品不足に陥る可能性が高いからだ。(2022/3/28)

マルハニチロ調べ:
回転寿司でよく食べるネタ 「ハマチ・ブリ」「マグロ(赤身)」を上回ったのは?
マルハニチロは、月に1回以上回転寿司店を利用する全国の15〜59歳の男女を対象に、「回転寿司に関する消費者実態調査」を実施した。回転寿司店に行くとよく食べるネタ1位は「サーモン」で、2012年調査から11年連続で1位となった。(2022/3/20)

ファミリー層向けの施設を充実:
大和ハウス、千葉・流山に新商業施設「COTOE流山おおたかの森」 4月27日開業
大和ハウス工業が、千葉県流山市おおたかの森において開発中の複合商業施設「COTOE(コトエ)流山おおたかの森」を、4月27日にオープンする。(2022/3/8)

Z世代がターゲット:
くら寿司、"映え"スイーツのテークアウトを開始 食べ歩き需要に応える
くら寿司 原宿店は、人気スイーツのテークアウト販売を開始する。原宿という土地の食べ歩き文化やお客からの要望を受けての対応。スイーツテークアウトレジを導入し、スムーズな店舗運営を目指す。(2022/3/7)

くら寿司 AI養殖魚を2024年秋に出荷へ
くら寿司が、AIやIoTを活用したスマート養殖事業で愛媛県宇和島市の養殖業者3社と契約し、2024年秋からマダイの出荷を始めると発表した。「くら寿司」の店舗で提供する養殖マダイの3分の1をまかなう出荷量を目指す。(2022/3/7)

スシローと「桃鉄」がコラボ! 「キングボンビーすし」「ミニボンビーすし」が破壊力抜群のネタ盛り盛りで登場
サラダ巻きの王様みたいなミニボンビーすしも。(2022/3/4)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
ドバイの「スシロー」は1時間待ちの日も! 海外進出を続ける外食大手が狙う“コロナ後”の世界
コロナ禍でも積極的に海外進出する外食企業がある。海外の成長を取り込んでいく狙いがある。各社の戦略を追った。(2022/2/2)

小林幸子、初ドライブスルーにテンパりまくり 撮影スタッフの依頼を全スルーも「はじめてのおつかいだから勘弁して」
スタッフ「希望した注文が何も入ってないですね……」(2022/1/31)

スシロー、マグロの「培養トロ」を米企業と共同開発
「スシロー」を展開するフード&ライフカンパニーズが、米企業と培養魚肉を共同で開発すると発表した。魚を中心に水産物の需要が高まるなか、すし用食材などの安定的な供給源を開発する狙い。両社で協業して日本市場での商業化を目指す。(2022/1/27)

「トロ」の開発に注力:
スシロー、マグロの「培養トロ」を米企業と共同開発
回転ずしチェーン「スシロー」を展開するフード&ライフカンパニーズは26日、米企業ブルーナルと業務提携し、魚の細胞を培養してつくる培養魚肉を共同で開発すると発表した。(2022/1/26)

500円の一人用おせち「こせち」はなぜ生まれたか 開発の経緯をくら寿司に聞いてみた
500円のおせちのこだわりは。(2022/1/12)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
2022年の外食産業はどうなる? 「オンザライス系」と「大衆食堂」に注目すべき“合理的”な理由
2021年の外食産業はコロナに翻弄され続けた。22年にはどのような業態が流行するのだろうか。筆者が「オンザライス系」と「大衆食堂」に注目する理由とは?(2022/1/3)

このときを待っていたんだ! 2年ぶりのコミケ開催、約束の地に集結したコスプレイヤーさんを全力レポート
2日間のコスプレ写真をまとめていきます。(2021/12/30)

500円:
くら寿司、一人用おせち「こせち」を発売 「新春・初売り」フェアで巣ごもり需要にも対応
くら寿司は、12月27日から期間限定で開催する「新春・初売り」で、一人用おせち「こせち」を発売する。コロナ禍で帰省を自粛する人が多いことや、巣ごもり需要が高まっていることにも対応する。(2021/12/22)

皿から10億件の情報収集 スシローが「データ活用すし屋」になっていた
回転すしチェーン「スシロー」が、すしの皿から年間約10億件もの情報を集める「データ活用すし屋」になっている。店舗でのデータ取集の方法や、集めた情報の使い道とは。(2021/12/14)

アメリカンテイスト:
スシロー、「ユニバーサル・シティウォーク大阪」内にオープン 独自デザインとメニューで観光需要に対応
大手回転寿司チェーン「スシロー」などを展開するFOOD&LIFE COMPANIESは12月9日、グループ全体で1000店を達成した。1000店舗達成記念の店となる「スシロー ユニバーサル・シティウォーク大阪店」(大阪市)を12月9日にオープンした。(2021/12/9)

ウィズコロナの成長戦略:
くら寿司、新事業戦略を発表 「Z世代」への訴求や「海外100店舗体制」を目指す
くら寿司は2021年10月期の連結決算と、新事業戦略を発表した。国内ではZ世代向けの施策を強化するとともに、海外での出店を加速する。(2021/12/9)

「スイーツ」「映え」がキーワード:
くら寿司、原宿店で「Z世代」を狙い撃ち 客単価は下がらないのか?
くら寿司は、12月9日に東京・原宿にZ世代向けの新店舗をオープンする。キーワードは「スイーツ」「映え」だという。Z世代をターゲットにして、勝算はあるのか? どのような戦略を考えているのか、話を聞いたところ……(2021/12/8)

新業態を開発:
居酒屋で苦戦するワタミが「寿司」に初参入 逆転の一手となるか?
ワタミは12月9日に、新ブランドとなる寿司と焼き鳥を主力とした「すしの和」1号店を東京都内にオープンする。コロナ禍で苦戦する居酒屋業態を、焼き肉や寿司を提供する店に変えていく。新しい試みは支持されるか。(2021/12/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。