ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「データマイニング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「データマイニング」に関する情報が集まったページです。

読売新聞、Web記事の“生成AIへの学習利用”を禁止に 利用規約を改定 スクレイピングなどもNG
読売新聞社は、Webメディア「読売新聞オンライン」の利用規約を改定すると発表した。掲載記事を生成AIなどに学習させる行為などを新たに禁じる。2月1日から適用する。(2024/1/25)

“人間中心”のAI共生社会を目指して:
PR:日本語に強く、軽量でマルチモーダルな国産LLM「tsuzumi」の挑戦と将来ビジョン
ChatGPTの登場以降、世界各国で生成AI/LLM(大規模言語モデル)の開発競争が激化しているが、実はここ日本でも「国産LLM」の機運が高まっている。そんなムーヴメントをけん引する代表的な一社がNTTだ。NTT版LLM「tsuzumi」の開発をリードした、NTT人間情報研究所の西田京介氏に話を伺った。(2024/1/25)

CIO Dive:
米国大手不動産会社JLLが生成AIを自社開発 導入後48時間で1万1000人以上が利用
商業用不動産を取り扱う投資管理会社であるJLLが独自の大規模言語モデル「JLL GPT」を開発した。導入後48時間で、1万1000人以上の従業員がこれを利用したという。(2023/9/13)

アナリストの“ちょっと寄り道” 調査データの裏側を覗こう:
「なぜ、わが社は『データ活用人材』を採用できないのか」 調査データの“裏側”を覗く
今回から矢野経済研究所の山口泰裕氏の新連載をお届けする。データドリブン経営が謳われる中で、データ分析人材を確保することは必須だが、「売り手市場」に手をこまねいている企業も多いのではないか。調査データの“裏側”に潜む実態とは。(2023/7/28)

Splunk.conf23現地レポート:
Splunkが複数の新製品を発表 OT領域のデータ収集用物理デバイスも提供
Splunkはオフラインイベント「Splunk.conf23」で複数の新製品を提供開始するとアップデートした。本稿は新製品および既存製品のエンハンス内容を紹介する。(2023/7/19)

紙+手書き署名から電子署名、公開鍵暗号化、その先へ:
PDF誕生から30年、AIの進化でPDFはますます重要になる PDF Association
PDF Associationは、30年にわたって進化しつつ人々のコミュニケーションやビジネスに大きな影響を与えてきたPDFが、AI技術の登場により、これから何が起こるのか予測した。(2023/7/4)

工作機械:
熟練者の経験知を持つAIが切削工具を適切に管理、モリマシナリーなど3者で開発
モリマシナリーは熟練者の経験知からスマート工場化を実現する切削工具管理システム「AI TOOL SOMMELIER」を2024年度に発売する。同年度の売上目標として1億円を掲げている。(2023/6/5)

小寺信良のIT大作戦:
古い動画をきれいにするAI技術で「勝手リマスター」が起こる?
Microsoftが3月上旬に、AIを使った新しい動画処理技術「Video Super Resolution」を公開した。GPUを使って動画をAIで高画質化する試みはNVIDIAなどでも行っているが、こうした技術が普及すると起こりそうなのが「勝手リマスター」かもしれない。(2023/3/14)

働き方の見取り図:
5年で1兆円の投資がムダに? リスキリングを生かすため、企業に欠かせない「業務デザイン力」とは
政府が5年で1兆円を投資すると発表したこともあってか、毎日のように目にするリスキリングという言葉。新しい技術がどんどん生み出される中、学び直しをビジネスシーンでうまく機能させるためには何が必要なのか。(2023/2/28)

求人倍率「79.2倍」 ITエンジニア、人手不足の職種は?
 レバテック(東京都渋谷区)は、「ITエンジニア・クリエイターの正社員転職・フリーランス市場動向 2022年12月」を発表した。その結果、求人倍率を職種別に見ると「データマイニング」(79.2倍)が最も高いことが分かった。(2023/2/15)

技術やソリューションを提供するだけでなく、それらで事業を創り上げたいと思った:
PR:自分のキャリア、人生を楽しみ続ける方法
学び、チャレンジし、失敗し、またチャレンジする。その先には、エンジニアとしてまだ見ぬ新たな世界がある。(2023/2/14)

レバテック調べ:
ITエンジニア、求人倍率「79.6倍」の職種とは?
レバテックは、ITエンジニア・クリエイターの正社員転職・フリーランス市場動向に関する調査を実施した。2022年12月のITエンジニア・クリエイターの正社員求人倍率は15.8倍となった。正社員の求人倍率が最も高いスキル・職種は?(2023/2/8)

英国は「データ」をどう生かすのか【前編】
英国政府が「データ分析」に3000億円 その“深い狙い”はこれだ
英国政府の調達部門CCSは、データ分析に関する製品/サービスの調達を進める。20億ポンド規模になるとみられる今回の調達で、英国政府は何を実現しようとしているのか。(2023/1/18)

Gartner Insights Pickup(286):
Gartnerのハイプサイクルに見るデジタルガバメントサービスの今後の動向(前編)
デジタルガバメント技術およびプラクティスは、市民サービスの提供方法に変革をもたらし続けている。個人や企業、社会にとって、次はどんな展開になるのだろうか。(2023/1/13)

ITワード365:
【クイズ】「インターネット上に仮想的な専用通信回線を設ける技術……」とは? 他
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語で煙に巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。用語の意味から隠されたIT用語が何なのか当ててみよう。(2022/12/15)

PR:その分析、本当に正しい? データに踊らされない基本スキルが身に付く新資格 専門家が解説
(2022/11/7)

CIO Dive:
クラウド活用で集まるデータは企業にとって多すぎる? 9割以上を処分している現実
クラウドネイティブのテクノロジースタックが生み出すデータの量や速度はそれらを処理するための企業における設備や人員を上回る。提供されるデータが多すぎるのではないか。(2022/10/14)

中小企業にモバイルアプリが必要な7つの理由【後編】
“有名ブランド”になりたい中小企業は「モバイルアプリ」をこう生かすべし
顧客との接点として地位を確立したモバイルアプリケーション。中小企業が顧客と関わり合い、マーケティング活動を成功に導く上で、モバイルアプリケーションはどう役立つのか。(2022/8/22)

PR:“人知を超えたAI”はビジネスに不適切 「説明可能なAI」が求められるワケ 機械学習の“グランドマスター”が解説
(2022/8/8)

PR:“人知を超えたAI”はビジネスに不適切 「説明可能なAI」が求められるワケ 機械学習の“グランドマスター”(Kaggle Grandmaster)が解説
(2022/6/16)

業務系アプリエンジニアに聞く、実務経験別の平均年収ランキング 2位はプロマネ 1位は? パーソル調査
パーソルキャリアが、日本の業務系アプリエンジニアを対象にした、実務経験別の平均年収ランキングを発表した。2番目に平均年収が高いのは、「プロジェクトマネージャー(予算・収支管理)」の経験がある人。最も平均年収が高い実務経験は。(2022/6/7)

リクルート事例で分かるIaaS→PaaS移行のコツ(1):
リクルートの情報検索組織が検索APIの基盤をIaaSからPaaS中心にした理由
リクルートの情報検索組織において検索APIの基盤をどうやってPaaS中心のシステムに移行したかを紹介する連載。初回は、PaaS中心の世界観に至った歴史的いきさつ、理由について解説する。(2022/5/13)

製造マネジメント インタビュー:
アステラス製薬が唯一無二の技術「DAIMON」で目指す未来の医薬品のモノづくり
アステラス製薬のDX戦略の中で、高品質なモノづくりを実現するために開発したソリューションとして注目を集めているのが自社創成モノづくりデータマイニングシステム「DAIMON」である。2018年から医薬品製造への実装を始めたDAIMONは、既に一定の成果が得られており、これからは実装の範囲を広げていく段階にある。(2022/5/10)

AIの成熟化を幅広い観点から分析:
スタンフォード大研究所、AI動向の年次調査レポート「2022 AI Index Report」を公開
スタンフォード大学の研究所が、AIの進歩や影響に関する最新の年次調査レポート「2022 AI Index Report」を公開した。(2022/5/9)

製造業DX:
PR:モノづくり産業のさらなる発展に向け、DXによる未来予想図を描く
創業50周年を迎えたワイ・ディ・シー(YDC)は、今後の100年を見据えたオンラインイベント「YDCと一緒に描く未来予想図:事例発表講演会」を開催。DX成功の鍵やAI・IoT時代のデータ活用などの事例が多数紹介された同イベントから、堺ディスプレイプロダクト、SUMCO、アルペンを含む8本の講演について紹介する。(2022/3/14)

AI・機械学習の用語辞典:
概念ドリフト(Concept drift)/データドリフト(Data drift)とは?
用語「ドリフト」について説明。何らかの変化によってモデルの予測性能が劣化すること。その原因が、正解ラベルの概念が変化した場合は「概念ドリフト」、入力データの統計的分布が訓練時から変化した場合は「データドリフト」と呼ばれる。(2022/2/21)

人工知能ニュース:
東芝がプラント異常予兆検知AIで新技術、大小2つの変動から正常状態を高精度予測
東芝が大規模で複雑なプラントに設置した数千点のセンサーから得た時系列データを基に、プラントの状態変化の中に埋もれた異常の兆候を早期検知できる異常予兆検知AIを開発。水処理試験設備の公開データセットであるWADIに対してこのAIを用いた異常検知を実施したところ、従来比で12%良好な世界トップレベルの検知性能が得られたという。(2021/12/7)

Kaggle入門:
Kaggle Grandmasterへの道 〜 データサイエンティスト“最高峰”を目指す
2021年度リクルート入社の2人のKaggle Grandmasterにインタビュー。Kaggle Grandmasterを目指すために意識しておくべきポイントや戦略について解説する。これを読んで、データサイエンティストとして“最高峰”の称号を目指そう。(2021/11/8)

小寺信良のIT大作戦:
小規模企業向けクラウドPCは浸透するか Webブラウザから使えるマシン「Windows 365」登場で考えた
8月2日から利用可能になるWindows 365 Cloud PC。期待がかかるが、個人や小規模の企業で利用できるのか。また、どの程度の料金なら割に合うのか。(2021/7/20)

理研と東大、マウスの脳の全細胞を解析するクラウドサービスを開発
理化学研究所と東京大学大学院の研究チームが、マウスの脳の全細胞を解析を可能にするクラウドサービス「CUBIC-Cloud」を開発した。脳全体の遺伝子の働きやネットワーク構造などの3次元データの保管や解析ができるため、データマイニングによる神経科学分野の発展が期待できるという。(2021/6/23)

COVID-19:
afterコロナ後「絶滅恐竜」にならないための建設DX、日揮HDの「ITグランドプラン」や東芝EVの「全工程BIM活用」
新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、一気に進展したここ最近の働き方改革では、各社ともに、在宅勤務やテレワークの導入だけに注目されることが多い。しかし、その先のafterコロナ後の世界では、ワークプレースを柔軟に選択できる“ハイブリッドワーク”が基軸の考えとなり、実現に向けた業務の効率化や自動化といったデジタル変革は、建築やエンジニアリングの分野でも、避けては通れないものになるだろう。オートデスク主催のセミナーから、IDC Japanによるハイブリッドワークの潮流や日揮ホールディングスの工期2分の1を掲げた全社IT推進、東芝エレベータの維持管理段階も含めたBIM活用などの実例から、如何にしてafterコロナの市場を生き抜くか、ヒントを探った。(2021/6/10)

PR:ヴェールに包まれたリクルートの研究組織。“次のイノベーション”の作り方
今はまだ存在しない、世の中を変える“何か”を見つけ、自社だけではなく日本をDXしていきたい。リクルートのチャレンジに迫る。(2021/5/31)

CTF問題から学ぶセキュリティ基礎知識(2):
CTF問題「C&Cサーバと社内PCのパケットキャプチャーから機密情報を見つけるには?」から学べる知識とは
情報セキュリティの技術を競うコンテスト「CTF」の問題から情報システムの仕組みやセキュリティを理解する連載。第2回は、「C&Cサーバに送信された機密情報を特定せよ」という問題について解説します。(2021/4/28)

アナリティクストランスレーターの役割 今からデータ経営を目指す企業への処方箋
これからデータ分析を使った意思決定環境の構築を目指す場合企業には「アナリティクストランスレーター」としてのスキルを持つ人材の育成が必要だという。(2021/4/22)

データの倫理的活用を考える【第2回】
「法律に違反しないデータ収集」なら何をしても許されるのか?
個人情報などのデータを収集する上でコンプライアンスは間違いなく重要だ。だが法律に違反しないデータ収集であれば問題は一切ないのか。データ保護やデータプライバシーをコンプライアンスと倫理の両面で考える。(2021/3/22)

PR:AI開発×スパコンのSIer、HPCシステムズがAIシステム導入で産官学から支持されるワケ
(2021/1/26)

管理プロセスを容易に
「税務×AI」の可能性 煩わしい納税作業がなくなる?
納税者と徴税人は税金の支払いと徴収プロセスをより簡単にしたいと考えている。データ量が多く複雑な徴税プロセスの効率化は、AI技術の格好の用途だ。AI技術は税務をどう変えるのか。(2020/10/16)

専門スキルもコードも不要のデータ分析サービス、NTT Comが発表
NTT Comは2020年10月13日、専門的なスキルを持たずともデータ分析および可視化を可能にするサービスを提供すると発表した。マウス操作でデータを分析できるサービスの詳細とは。(2020/10/14)

「あらゆる人がデータを利活用できるようにする」:
専門的なスキルなしで利用可能なデータ分析サービス NTTコミュニケーションズが提供
NTTコミュニケーションズは、専門的なスキルがなくても利用できる「データ分析・可視化サービス」を提供する。(2020/10/14)

「Microsoft 365」と「G Suite」を比較する【中編】
SharePointとDrive Enterpriseの違いは? Microsoft 365とG SuiteのECM比較
社内のデータを共有する手段として「Microsoft 365」と「G Suite」のどちらが適しているのか。両者のコンプライアンス支援の取り組みと、エンタープライズコンテンツ管理(ECM)ツールを比較する。(2020/8/19)

明日はどっちだ!?:
アフターコロナのSIerサバイバルストラテジー
ポストコロナのIT業界とエンジニアの生き残り術を模索する特集「ポストコロナのIT業界サバイバル術」。第2弾は、アフターコロナでSI業界が取るべき方向性を技術カットで解説します。(2020/8/3)

製造マネジメント インタビュー:
帝人は日立との「情報武装化」でマテリアルズインフォマティクスを加速する
帝人が、新素材の研究開発におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に向けて、日立製作所との協創を始める。帝人と日立は今回の協創をどのように進めていこうとしているのか。両社の担当者に聞いた。(2020/7/30)

AI・機械学習の無料電子書籍:
無料で読める「機械学習/ディープラーニング」の有名書籍! 厳選4冊
「Goodfellow本」「PRML本」「カステラ本/ESL本」「ISL本」といった通称で愛される、超有名な書籍が無料で読める。厳選したこの4冊のリンク先と概要を紹介する。(2022/7/7)

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
データサイエンティストが「鬼滅の刃」を読むべき理由
鬼滅の刃の主人公・竈門炭治郎とデータサイエンティストには意外な共通点が──? 自称“AI(人工知能)ベンチャーでの経験を基に情報発信するマスクマン”こと、マスクド・アナライズさんが解説する。(2020/7/21)

高次元データの特徴を正確に獲得:
教師データなしでもAI技術の判断精度を向上
富士通研究所は、教師データなしでも入力データの特徴量を正確に捉えることができるAI技術「DeepTwin(ディープツイン)」を開発した。2021年度中の実用化を目指す。(2020/7/15)

AIエンジニアの年収はどれくらい? 求人情報を分析した結果は……
専門的なスキルを持つAIエンジニアの給料はどれくらい? 理系人材向け求人サービスを運営するアスタミューゼが調査結果を発表。年収レンジは下限が平均495.6万円、上限が平均914.3万円だった。(2020/7/3)

FAニュース:
異常検知性能を約7%向上、時系列波形異常検知AI技術を開発
東芝は、異常検知性能が従来比約7%向上した、時系列波形異常検知AI技術「LTSpAUC」を開発した。これまでの技術では困難だった、異常の見逃しと誤検出の抑制と、異常判断の高度な説明性を両立させることに成功した。(2020/6/29)

FAニュース:
製造現場でのデータ活用を容易に、複数センサーの時間ずれを自動補正するAI技術
東芝は、複数センサーの時系列データの間に生じる時間のずれを自動で補正するAI技術「LAMTSS」を開発した。異常発生などデータに変化が起きた時刻を、従来方式に比べて10分の1以下の誤差で検出できる。(2020/6/23)

製造IT導入事例:
トーヨータイヤ、ゴム材料開発に機械学習とデータマイニングソリューションを採用
TOYO TIREは、SAS Institute Japanのデータマイニングおよび機械学習ソリューション「SAS Visual Data Mining and Machine Learning」「SAS Optimization」を採用した。(2020/5/27)

IT革命2.0〜DX動向調査からのインサイトを探る:
日本にCDO設置企業はどのくらいあるか? 設置の有無とDX推進力の相関を調べる
国内企業における「CDO」の設置率はどのくらいでしょうか。大規模調査でCDO設置の有無とDX推進の状況の関係を考察しました。(2020/6/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。