ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「名誉毀損」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「名誉毀損」に関する情報が集まったページです。

ジョニー・デップ「グロテスク」vs元妻アンバー「大人がすることじゃない」 泥沼裁判中“ベッドで大便”事件巡って対立
こんなちっちゃいわんちゃんが……。(2022/5/17)

身近なネタから法律相談:
ドラマ『正直不動産』、上司の叱責やライバル企業の嫌がらせは違法じゃないの? 弁護士に聞いてみた
NHKで放送中の『正直不動産』は、“ウソだらけ”で“売り上げ第一主義”な不動産業界の裏側をコミカルに描くドラマだ。作中には数々の“売り上げ第一主義”な言動が登場するが、どこまで現実に許されるのだろうか? 上司の叱責やライバル企業の嫌がらせなど、気になる言動について弁護士に質問してみた。(2022/5/10)

イーロン・マスク氏のTwitter買収で何が変わるのか? 問われる“自由”の意義
イーロン・マスク氏がTwitterを買収することが承認されました。マスク氏はTwitterを買収する理由について、言論の自由が危ういことを挙げています。マスク氏は「法律をはるかに超えた検閲に反対する」とも述べています。(2022/5/2)

ジョニー・デップ、元妻アンバー・ハードとの泥沼裁判で証言 “DV被害”強調し「女性に手を上げたことない」と譲らず
2016年に離婚。(2022/4/21)

アレックス・ジョーンズ氏の極右サイトInfoWarsが破産保護申請
様々なフェイクニュースで知られるアレックス・ジョーンズ氏が畝井する極右サイトInfoWarsが米連邦破産法第11条の適用を申請した。同氏はサンディフック小学校の銃撃事件の犠牲者に提訴されており、近く巨額の賠償金を請求される可能性がある。(2022/4/19)

ANYCOLOR、所属ライバーへの誹謗中傷は「お止めください」と注意 悪質な場合は警察に告訴
誹謗中傷にどのように対応しているか説明しています。(2022/4/18)

【なんて読む?】今日の難読漢字「躑躅」
ヒント:足へんだけど、別に足っぽくない(2022/3/21)

【なんて読む?】今日の難読漢字「疎か」
ヒント:○○か(2022/3/20)

【なんて読む?】今日の難読漢字「気触れ」
ヒント:わりとよくある“トラブル”(2022/3/19)

【なんて読む?】今日の難読漢字「蜷局」
ヒント:巻くやつ(2022/3/18)

【なんて読む?】今日の難読漢字「御強」
昔は「強飯」という言葉があったらしい。(2022/3/17)

【なんて読む?】今日の難読漢字「鬮」
知識と視力が試される漢字。(2022/3/16)

【なんて読む?】今日の難読漢字「瘡蓋」
「蓋」は読めたぜ!(2022/3/15)

【なんて読む?】今日の難読漢字「襤褸」
ひらがな、カタカナでよく見る言葉。(2022/3/14)

【なんて読む?】今日の難読漢字「認める」
知っている人はよ「める」。(2022/3/13)

【なんて読む?】今日の難読漢字「毀れる」
「毀誉褒貶」(読めない)の字の訓読み。(2022/3/12)

TikTok、ロシアでのライブ配信動画と新規投稿を停止 新フェイクニュース法制定を受け
ByteDance傘下のTikTokは、ロシアでのライブ配信と新規投稿を一時的に停止すると発表した。ロシア連邦院が制定した虚偽情報にかんする新法に照らしての決定。メッセージング機能の提供は続ける。(2022/3/7)

ネットの誹謗中傷 はびこる「凶器」、厳罰化やむなし
社会問題化するインターネット上の誹謗中傷対策として、侮辱罪の厳罰化を盛り込んだ刑法改正案が今国会に提出される見通しだ。可決されれば一定の抑止効果が期待されるが、なお抜本的解決には程遠い。ネット空間に自浄作用は期待できるだろうか。(2022/3/1)

小寺信良のIT大作戦:
Twitterのスクショ投稿が違法?  判決で示された学びと悟り
Twitter上での論争に関わる裁判で判決が出た。そこで特に重要なのは、「ツイートのスクショ」の著作権問題である。(2022/1/25)

コロナ禍で犯罪大幅減 ネット利用詐欺は増加傾向 犯罪白書
法務省が21年版犯罪白書を公表した。2020年1年間の刑法犯認知件数は、前年比で約18%減少。直近5年平均の約2倍の減少率で、新型コロナウイルスが広がる中、犯罪は例年以上に減っていたことが明らかになった。(2021/12/27)

Yahoo!ニュースコメント欄の健全化対策を強化 違反コメント数などによってコメント欄を非表示に
違反コメントを複数回投稿しているユーザーへの注意喚起メッセージも厳しく。(2021/10/19)

「中傷で全て壊されました」元AKBのラーメン店主、“デマ情報”流した男性を提訴 新店舗がオープン見送りに
反社会的勢力とつながりがあると吹聴されたそうです。(2021/9/7)

働き方の「今」を知る:
「ツイートを理由に退職処分」は適切だった? ホビージャパン問題から考える、社員の不適切SNS問題
転売を肯定するツイートが炎上した社員を退職処分としたホビージャパン。果たしてその処分は適切だったのか。また、社員のSNSを、企業はどのように管理すればよいのか。(2021/8/18)

サイバーセキュリティ保険導入ガイド【第1回】
「サイバーセキュリティ保険」は何を補償するのか? 範囲と内容
セキュリティインシデントによる被害を抑えるためにはサイバーセキュリティ保険が有効だ。何が可能で何が不可能なのかを理解しよう。(2021/7/14)

掲載中止にできる?:
社長のスキャンダルが週刊誌ネタに──企業が事前に対応すべきこととは?
当社の代表がスキャンダルを起こし、週刊誌に取り上げられることになりました。週刊誌から、掲載前に取材を受けることになりましたが、事実とは異なる内容まで報じられてしまうようです。どのような対応を取るべきでしょうか?(2021/6/23)

カラー、「シン・エヴァ」制作関係者への脅迫・誹謗中傷について声明 悪質な場合は法的措置も
ネットでは「負けないで」とカラーを応援する声も。(2021/5/13)

弁護士に聞く:
従業員の不正が発覚、どう対応? 調査の進め方、社内処分、刑事告発……気になるポイントを解説
不正に手を染めてしまった従業員を処分することは当然のことですが、解雇や降格など、社内処分が重くなるほど不正当事者との法的紛争に発展するケースが多くなります。本記事では、不正を行った従業員に対する正しい対応について考えます。(2021/3/12)

半径300メートルのIT:
2020年のセキュリティニュースを振り返る 標的型ランサムウェアはまだまだ健在か
2020年は、多くのセキュリティインシデントが発生しました。この中でも筆者が特に注目するのは、標的型ランサムウェア攻撃です。2021年に向けてこのサイバー攻撃にどう対処するかを考えます。(2020/12/22)

2020年の10大セキュリティ事件、1位はドコモ口座の不正出金 マカフィー調べ
マカフィーが2020年に発生したセキュリティに関わる重大事件の認知度ランキングを発表した。1位はドコモ口座の不正出金だった。(2020/12/16)

ネットで誹謗中傷を受けたらどうしたらいい? 法務省が相談窓口選びのフローチャートを公開
法務省が、ネットで誹謗中傷や名誉毀損などの行為が増えているとして、被害を受けた際の相談窓口の選び方をフローチャートにして公開した。(2020/12/14)

小説版ドラクエ著者、新たにスクエニ・東宝などを提訴 「主人公の名前を盗用された」
ゲーム「ドラゴンクエスト」のノベライズを担当した小説家、久美沙織さんが、小説に登場する主人公の名前と称号が無断で使われたとして、映画スクウェア・エニックスや東宝などを提訴した。(2020/11/26)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
嫌いな人にも読んでもらえるコンプライアンス教材
法とかルールとかが大嫌いな人にも、楽しんでもらいながらコンプライアンスの基本を学んでほしい。(2020/11/12)

告発された「パワハラ」の実態:
【独自】ワタミ「ブラック企業に逆戻り」騒動 内部取材で明らかになった、衝撃のウラ話を暴露する
「ワタミの宅食」で起こった残業代未払い問題。それだけでなく資料改ざんやパワハラなど、「やっぱりワタミはまだブラックだったのか?」と思わせるような実情が告発された。本当にワタミはブラック企業へ回帰したのか。内部取材を敢行すると、思わぬ事情が見えてきた。(2020/11/5)

川上未映子さん、殺害予告した人物の地裁提訴を報告 「ぜったいに許されないのだという前例に」と信念つづる
世の中が変わる一歩に。(2020/10/27)

アミューズ、ネット上の誹謗中傷・デマ情報の流布を警察に通告 法務部Twitterアカウントも開設
すでに事実無根のデマ情報を警察に相談したとのこと。(2020/10/20)

Facebook、「ホロコーストはなかった」投稿を削除するポリシー更新
Facebookがヘイトスピーチのポリシーを更新し、ホロコーストを否定または歪曲するコンテンツを禁止する。ユダヤ人団体などが約10年前から求めてきたことだ。(2020/10/13)

いしだ壱成、『週刊文春』の“生活保護不正受給”記事を否定 「名誉毀損にあたる為……」と法的措置を示唆
いしださん「ジャーナリズムのカケラもない嘘記事、10%の真実に90%の嘘」(2020/10/10)

“ディープフェイクポルノ”初摘発 AIで演者と芸能人の顔を差し替え公開した疑い 千葉県警
警視庁と千葉県警が、“ディープフェイクポルノ動画”を公開したとして、男性2人を名誉毀損と著作権法違反の疑いで逮捕した。ディープフェイクによるポルノ動画を巡る逮捕は初。(2020/10/2)

前澤友作が成り済ましアカウントに法的措置を検討 「合わせて30万人以上のフォロワーがいる」
ツイート内容などは証拠保全済みとのこと。(2020/9/15)

「にじさんじ」所属VTuberを誹謗中傷から守る対策チーム設立 ファンからの通報を受け付ける窓口も
ファンが通報できる受付窓口も新たに設置されました。(2020/9/1)

VTuber「にじさんじ」事務所、タレントを誹謗中傷から守るチーム設置 通報も受け付け
VTuber集団「にじさんじ」のいちからが、所属VTuberやタレントをストーカー行為やネット上での誹謗中傷から守るための「攻撃的行為及び誹謗中傷行為対策チーム」を設置。ファンからの通報も受け付ける。(2020/9/1)

noteユーザーのIPアドレスが漏えい、運営会社が謝罪 有名人のIPアドレスと一致する5ちゃんねる投稿が検索される事態に
コンテンツ配信サービス「note」を運営するnote社は、記事投稿者のIPアドレスが第三者から確認できてしまう不具合があったとして謝罪した。(2020/8/14)

スピン経済の歩き方:
「しゃぶしゃぶ温野菜」爆発 なぜ報ステは「運営会社」を伏せたのか
「しゃぶしゃぶ温野菜 郡山新さくら通り店」でガス爆発が起きた。多くのメディアは謝罪会見を取り上げたが、なぜか報道ステーションは運営会社の社名すら報じなかった。その背景になにがあるのか。(2020/8/11)

働き方の「今」を知る:
「パワハラ防止法の施行で『陰湿なパワハラ』が増える」という批判は正しいのか
6月1日、いわゆるパワハラ防止法が施行された。これにより、大企業にはさまざまな対策が義務付けられるようになった(中小企業は22年4月から)。これまで統一されていなかったパワハラの定義が示される一方で「陰湿なパワハラ」が増えるのでは、といった懸念もある。ブラック企業に詳しい新田龍氏の見解は?(2020/6/19)

otsuneの「燃える前に水をかぶれ」:
“繋がりすぎる”ネット時代の誹謗中傷問題、解決策はあるのか
リアリティーショー番組でのSNS中傷を発端として、インターネット上の悪質な投稿に関する議論が盛り上がっている。その内容を整理してみた。(2020/6/11)

伊藤詩織さん支援ハッシュタグ「わたしは伊藤詩織氏を支持します」がトレンドに およそ1日弱で10万投稿超える勢い
「どうして被害者が声をあげたら酷い侮辱をされなくてはならないんでしょう」などの声も。(2020/6/10)

星暁雄「21世紀のイノベーションのジレンマ」:
木村花さん事件とトランプ対Twitterと「遅いSNS」
(1) 世界の国々はSNS(ソーシャルネットワーク)規制で悩んでいる。(2) SNS規制には副作用があり、複数の視点から考える必要がある。(3) 英国の提言の中で「SNSで議論を遅くする仕組みを作れ」という意表を突く指摘がある。複雑だが、重要な話だ。今こそSNS規制を考える時だ。(2020/6/3)

フランスで有害コンテンツを1時間以内に削除するよう企業に求める法律可決 「表現の自由が死んだ」「独裁」と批判続出
世界各所でソーシャルメディア事業者の規制に関連する動きが起こっています。(2020/6/1)

『100日後に死ぬワニ』きくちゆうき、誹謗中傷に法的手段を検討 「自分の今後の為、世の中の為」
『100日後に死ぬワニ』の更新終了後から中傷が相次いでいます。(2020/5/28)

SNS事業者団体が緊急声明発表 侮辱などを意図する投稿への対処を強化へ
禁止事項に抵触した場合はサービスの利用停止を含め、適切な措置を徹底。(2020/5/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。