ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「Dell Technologies」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Dell Technologies」に関する情報が集まったページです。

Dell、EMC買収で獲得したセキュリティ企業RSAを21億ドルで売却
Dellが2016年にEMC買収で獲得したセキュリティ企業RSAを約21億ドルで売却する。EMCが2006年にRSAを買収したのとほぼ同額だ。(2020/2/19)

パブリッククラウドへの一本化は正しいのか?:
PR:クラウドからオンプレミスへ──最新のITプラットフォームの選び方
企業が目指すべきITインフラの姿はパブリッククラウドに収束するのか? オンプレミスとクラウドの関係は? これらを支えるサーバには何が求められているのか? ニュータニックス・ジャパンが2020年1月に東京で開催した「インビジブルプラットフォームの実現 それはEnterprise Cloudの実現への近道 One Platform. Any App. Any Location.」から、登壇者の講演内容を紹介する。(2020/2/20)

「フラッシュストレージ」に関するアンケート
アンケートに全問回答いただいた方の中から【抽選で1名様】Corkea 4Kモバイルモニター 14インチタッチパネル、【抽選で10名様】Amazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2020/2/17)

フル3DCG『聖闘士星矢』実データはどう運用? 東映アニメの場合
Dell Technologiesは2020年1月31日にストレージ製品に関する記者説明会を開催した。またゲストで東映アニメーションがストレージによってシステム管理者やアニメーターの働き方がどのように変わったか紹介した。(2020/2/13)

Dell Technologiesデータ保護調査結果レポート:
PR:データロスで顧客を失う? IoT時代に必要なデータ保護対策は
グローバルおよび国内でのユーザー調査から見たデータ保護の実態とは。また、そのための解決策とは。第三者機関による調査結果によってその実力とともに紹介する。(2020/1/21)

Dell、5G対応でバッテリー持続時間30時間の「Latitude 9510」を3月発売へ
DellがビジネスPCの最新モデル「Latitude 9510」を3月に発売すると発表。5G対応でバッテリー持続時間30時間をうたう。ディスプレイは15インチで重さは約1.5キロから。(2020/1/4)

Dell、iPhone版「Mobile Connect」でも画面ミラーリング可能に(今春から)
Dell Technologiesが同社製Windows PCとスマートフォンをBluetooth接続するアプリ「Dell Mobile Connect」のiPhone版で画面ミラーリングとファイル転送を今春のアップデートで可能にすると発表した。Android版では既に可能な機能だ。(2020/1/3)

Dell Technologies、次の10年の予測を発表 「自己修復するPC」「リサイクル可能な電子機器」など
Dell Technologiesは2020年を「Next Data Decade(データが導く次の10年)」が始まる最初の年と位置づけ、これからの10年で登場する新しいイノベーションや技術を予測した。(2019/12/26)

本格的なマルチクラウドの時代は到来するのか? 人気が出そうなSaaSは? 2020年のクラウド業界動向を占う
2019年は各ベンダーが、マルチクラウド向けのサービスを多くリリースした。20年はこの流れがさらに加速し、企業が複数のクラウドを使いこなすようになるのか。本記事では、19年にクラウド業界で起きたトピックを振り返りつつ、20年の業界動向を予測していきたい。(2019/12/26)

2020年のクラウド業界も予測:
2019年、AWS以外が「マルチクラウド」をあおった理由――相次いだ買収劇と勢力図の変化を解説しよう
競合同士による協業やクラウドベンダーによる他社の買収劇が相次いだ2019年。読者がよく耳にしたのが「マルチクラウド」「コンテナ」といった用語だったのではないか。その裏側には、これまでの競争の形を大きく変えた各ベンダーの思惑がある。(2019/12/25)

「DX時代のデータ活用基盤」に関するアンケート
アンケートにご回答いただいた方の中から【抽選で1名様】Fitbit Versa 2 Alexa搭載 スマートウォッチ、【抽選で10名様】Amazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2019/12/26)

「ワークロードとデータ保護」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様に「Amazonギフト券(3000円分)」をプレゼント。(2019/12/9)

「フラッシュストレージ」に関するアンケート
アンケートに全問回答いただいた方の中から【抽選で1名様】GoPro HERO7、【抽選で10名様】Amazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2019/12/13)

データ保護の進む未来
今求められるデータ保護の在り方とは、専門家が過去・現在・未来を見据えて解説
データの増大やデータ保護におけるクラウド活用、データ管理の効率化といった課題が企業を悩ませる。専門家が、過去から現在、未来を通じてデータ保護のニーズを俯瞰し、これからのデータ保護の在り方を明らかにした。(2019/12/19)

データサイロを解体した4社の事例【中編】
Dell、EMC、VMwareはデータ統合における「人的問題」をどう解決したのか
2016年に完了した大型買収に伴い、異なる企業の異なるシステムが同居することになったDell Technologies。システム間の連携をスムーズに進める上で鍵となるデータ統合を、同社はどう進めたのか。(2019/11/26)

クラウドとオンプレミスをシームレスに連携
「オンプレミスの改善」から始めるハイブリッドクラウド構築のヒント
デジタルトランスフォーメーション(DX)の実現には、クラウドの利用が欠かせない。オンプレミスとパブリッククラウドをどう組み合わせ、どう使い分ければよいのか。ハイブリッドクラウド構築の手掛かりを紹介する。(2019/12/11)

なぜハイパースケーラーのクラウドではないのか:
PR:「基幹システムのクラウド化」が進まない理由はここにあった――Virtustreamが提供する解決策とは
クラウドにはITインフラとしてのメリットがあるという理解が進む一方で、「基幹システムのクラウド化」については、思うように進んでいない企業が多いというのも現実だ。2019年10月23日に開催された「Dell Technologies Forum 2019 - Tokyo」では、基幹システム向けのマネージドクラウドサービスを展開する「Virtustream」の事業本部長である冨永健氏が、基幹システムのクラウド化が進まない理由と、Virtustreamが提案する解決策について紹介した。(2019/11/25)

コンテナ環境の立ち上げを迅速化するには
レガシーシステムのコンテナ移行、経験者が語る「成否を分けた要素」
オープンソースのKubernetesでクラウドネイティブなITインフラを構築・運用するのは、思うほど容易ではない。Kubernetes環境を構築して簡便に運用したいなら、商用ディストリビューションという選択肢もある。(2019/12/24)

コスト効率をどこまで上げられる? DellがPC、オンプレからクラウドまで使えるサブスク料金制度と自律型CIを発表
Dell Technologiesが新たな料金体系として、PCやソフトウェア、ハードウェア、仮想化製品などを含めた統合的なサブスクリプションモデル「Dell Technologies on Demand」を発表した。運用管理作業を自律化するコンバージドインフラ「PowerOne」と併せて発表に踏み切った背景には、今後10年間に向けた大々的な目標があるという。(2019/11/15)

インフラ自動化のメリットを最大限引き出す
良かれと思った部分最適が全体の効率を下げる 脱「タスク効率化だけの自動化」
現在の企業の中で「自動化」はビジネスの発展に影響する重要な要素だ。自動化をうまく進めれば属人化や人材不足に対して策が打てる上、サービス開発のスピードも向上できる。しかし、なかなか自動化が進まない現状がある。なぜなのか。(2019/11/14)

Dell Technologies Forum 2019 - Tokyo:
マイケル・デル氏が来日、サプライズ講演 「データこそが人類に力を与え、進化の源になる」
米Dell Technologiesのマイケル・デル会長が、デルとEMCジャパンが開いたカンファレンスにサプライズ登壇。「データこそが人類に力を与え、進化の源になる」と語った。同社のサポートの下でDXを進める三越伊勢丹のデジタル事業部長も登壇し、取り組みを紹介した。(2019/11/8)

「2025年の崖」の真意と、“正しい危機感”の抱き方:
PR:経産省「DXリポート」の読み解き方
2019年7月17日に「Dell technologies Cloud Executive Summit 2019」が開催された。本セミナーでは、デジタルトランスフォーメーション(DX)をテーマに、テクノロジーを活用してビジネス変革を行うための指針として、基調講演および特別講演ではエンドユーザーによる取り組み事例の紹介、そして協賛のクラウドサービスプロバイダー各社より、ITアウトソーシングサービスによる人材活用の最適化、アジャイル開発支援サービス、またマルチクラウドソリューションについて具体的なソリューションを案内した。メインとなるパネルディスカッションでは、アイティメディア編集長の内野氏をモデレーターに、経済産業省 商務情報政 策局 和泉氏と、Dell Technologies システムズエンジニアリング統括本部長の飯塚が意見を交わした。(2019/11/1)

Dell Technologiesデータ保護調査結果レポート
データロスで顧客を失う? IoT時代に必要なデータ保護対策は
グローバルおよび国内でのユーザー調査から見たデータ保護の実態とは。また、そのための解決策とは。第三者機関による調査結果によってその実力とともに紹介する。(2019/11/1)

導入時点で将来的な増設計画も視野に:
PR:200台の仮想マシンが稼働する仮想化基盤をHCI移行、運用面の大きな変化とは?
メディアフォースは3層構造の仮想化基盤を活用していたが、占有スペースや電源、パフォーマンスといった問題が顕在化し、「Azure Stack HCI」にリプレースした。導入に当たって直面した運用面の課題を、同社はどう解決したか。(2019/10/21)

OpenShiftを搭載しエッジでのKubernetesなどの動作を最適化:
NVIDIA「EGX Edge Supercomputing Platform」を発表――5Gのネットワーク仮想化がエンタープライズITにもたらすものとは
NVIDIAが発表した「EGX Edge Supercomputing Platform」や5G関連技術はエンタープライズITに何をもたらすのか。活用事例とともに解説する。(2019/10/28)

物理サーバ300台を15台に集約:
PR:日本テレネットが「事業ニーズの変化対応」と「IT基盤の刷新」を両立できたワケ
将来を見据え、オンプレミス中心だったインフラ基盤をクラウドに移行しようとする企業は少なくない。日本テレネットもそんな企業の中の一つだ。しかし一度の移行で全ての基盤をクラウドに移すことは現実的ではない。同社が選んだ方法とは。(2019/10/29)

「サービス無停止での拡張も極めて効率的だった」:
PR:鉄道業界老舗の電業が「十分なパフォーマンス」と感動した2ノードvSANの実力とは
最小構成である2ノードでvSANを構成する「2ノードvSAN」は小規模企業からの関心が高い。約100人の従業員が利用するシステムを2ノードvSANで刷新した電業はその実力をどう評価しているのか。(2019/10/23)

デルの「vSAN Ready」でVDIを実現:
PR:24時間365日稼働するコールセンターにHCIを導入――ロココが語る舞台裏
大阪でコールセンター業務を担うロココは事業の成長に伴って不足するシステムリソースの対応に頭を悩ませていた。コールセンターという事業の特性上、メンテナンスのためにサービス停止はできない。同社が新しいシステム基盤にデルのHCIを選んだ理由とは。(2019/10/29)

身の丈に合った「一人働き方改革」のすすめ:
まだそのPC使っているの?――時間をかけず始める「一人働き方改革」
「一人働き方改革」といわれても取り組めることは限られる。時間をかけずに、取り組めることとは何なのだろうか。(2019/10/25)

既存の課題も同時に解決:
PR:ほぼ初心者の“ひとり情シス”はストレージのリプレースをどう乗り越えたのか
サボハニの“ひとり情シス”に、サーバとストレージのリプレースという大仕事が降ってきた。既存のさまざまな問題も解決しなければいけない中、インフラの“初心者”がいかにしてこのピンチを乗り越えたのかを本人が語る。(2019/10/18)

HCI製品選定の過程と決め手は:
PR:省スペース、強力、シンプルな仮想化環境をコムテックはどうやって手に入れたか
コムテックはオンプレミスのハードウェアの老朽化という課題に直面。クラウド移行を含むさまざまなリプレース策を検討した結果、Dell TechnologiesのHCIアプライアンス「Dell EMC VxRail」の導入に至った。製品選定の流れや選定理由、導入後の効果は。(2019/10/23)

企業のAI活用を加速するサーバ選びのポイント:
PR:機械学習専用サーバは何が違う? “データ”を価値に変えるインフラの選び方
多くの企業が、AI導入やデータ活用に苦戦している。データを有効活用するには、優れた分析基盤が必要だ。そこで注目したいのが、AIの学習/推論スピードを加速させる「機械学習専用サーバ」の存在。AIで成功する“必勝のサーバ選び”のポイントは――。(2019/10/16)

ベンチマークで世界記録を更新:
PR:AMDの新サーバCPU「第2世代EPYC」の凄さとは、企業はどこまで生かせるか
AMDの新サーバCPU、「第2世代EPYC(エピック)」が、ユーザーからの熱い注目を集めている。CPU性能、コア密度、I/O性能、価格性能比など、分かりやすいメリットをもたらすからだ。だが、新CPUの恩恵をどこまで享受できるかどうかは、「何に載せるか」に大きく依存するという。具体的にはどういうことなのだろうか。日本AMDの中村正澄氏とDell Technologiesの岡野家和氏に話を聞いた。(2019/10/10)

台数微増も売上額微減:
クラウドベンダーは「もうサーバはいらない」のか 国内サーバ市場動向をIDCが調査
IDC Japanが発表した2019年第2四半期の国内サーバ市場動向によると、売上額は、対前年同期比6.0ポイント減。x86サーバは微減にとどまったものの、メインフレームとその他のサーバが2桁のマイナス成長で足を引っ張った。出荷台数は同2.5ポイント増だった。(2019/10/2)

「エッジコンピューティング」事例集【中編】
垂直農法の企業は「エッジコンピューティング」で植物栽培をどう改善したのか
AeroFarmsはエッジコンピューティングを園芸に取り入れることで、室内環境を細かに監視し、植物栽培の生産性を飛躍的に高めた。どう実現したのか。(2019/10/2)

エッジコンピューティングとクラウドの「切っても切れない関係」
エッジコンピューティングとは何なのか。その意味の変遷を織り交ぜつつ解説する。(2019/9/30)

Dell Technologies「製造業デジタル変革セミナー」:
PR:デジタル変革に役立つ講演を披露――製造業のDXはどう実現すべきか
IoTやAIのテクノロジー最新動向や、最新IoT関連ソリューションを紹介する「Dell Technologies 製造業デジタル変革セミナー 〜5G・IoT・AIにより加速するデジタル変革と適用業務の探求〜」が2019年7月と8月に開催。デジタル変革を加速させる取り組みの講演が披露され、DXで悩みを抱える製造業各社が熱心に耳を傾けた。(2019/9/30)

PR:IT管理者の負荷を軽減 働き方改革を支援するDell Technologies ユニファイド ワークスペース
働き方改革が声高に叫ばれるなか、企業は生産性向上や業務効率化に向けた投資を加速させている。こうした変化に対して、デルはどのようなソリューションを提供しているのだろうか。同社クライアント・ソリューションズ統括本部の各担当者に話を聞いた。(2019/9/19)

「Chrome OS」や「Wyse ThinOS」で「Win 10」に対抗:
複雑化する社用デバイス管理から企業を解放? デルがシンクライアント向け新製品で目指す理想
デルおよびEMCジャパンが、ここ最近次々とシンクライアントデバイスの新製品を発表している。デバイスだけでなく、裏側のソリューションも含めた強化を図るという同社の狙いを聞いた。(2019/9/10)

夏休みの学生らが体験、RSAの実践的なインシデント対応演習:
データ不正利用、サイバー攻撃が世界的なリスクTop5の今、人材育成の在り方は
2019年8月8日、9日にかけて大阪でRSAが「サイバーインシデント シミュレーション チャレンジ」を開催。奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)でセキュリティ関連の研究に取り組む学生10人が「セキュリティに関する知識やスキルを身に付けたい」と参加した。(2019/9/6)

横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」(15):
複雑化する「Windows 10」の更新リリースに、出口はあるのか
「19H2の前に20H1が来た」「1803の次は必ず1903。それから19H2」――以前のWindows OSユーザーには耳慣れないこれらの数字は、情シスを悩ませ、社内中のPCに関る“大問題”。複雑化するWindows 10の更新について解説します。(2019/8/30)

Dell、Googleとの提携で企業向けChromebookを2モデル発売 699ドルから
Dell TechnologiesがGoogleとの提携で世界初の「Chrome Enterprise」端末を発売する。13インチの「Latitude 5300 2-in-1 Chromebook Enterprise」(819ドルから)と14インチの「Latitude 5400 Chromebook Enterprise」(699ドルから)の2モデルだ。(2019/8/27)

Kubernetesへの取り組みに関連:
VMware、「Pivotal買収につながる可能性のある協議」を開始と発表
VMwareは2019年8月14日(米国時間)、「Pivotalの買収につながる可能性のある協議」を2社が始めたことを、明らかにした。あくまでも「買収につながる可能性のある協議」であり、何らかの決定がなされたわけではない。(2019/8/15)

Google Cloud Next '19 Tokyo:
Googleが“激戦”クラウド業界に投じた切り札 「Anthos」とは何か
AWSやAzure、IBM Cloudなどの競合がひしめくクラウド業界に、Googleが新たな一石を投じている。それまでの自社製品一択の戦略からマルチクラウド戦略への転換を支える新製品の流れを追った。(2019/8/7)

Weekly Memo:
ハイブリッド、マルチクラウド化に本腰を入れ始めたGoogle Cloudの思惑
ハイブリッド、マルチクラウド化へのニーズが高まる企業のIT利用に対し、これまでクラウドサービスしかなかったGoogleがその対応に本腰を入れ始めた。果たして同社の思惑とは――。(2019/8/5)

PR:機械学習専用サーバは何が違う? ”データ”を価値に変えるインフラの選び方
(2019/7/18)

ベテラン記者が裏側を読み解く:
AWS、MS、Google――群雄割拠の“クラウド戦国時代”を制するのは誰だ?
企業向けのクラウドは、ここ数年で圧倒的に充実し、IaaSやPaaSなどその機能や運用の選択肢も増えた。顧客やニーズの変化を受け、大手ベンダーはときに競い合い、ときに手を組む。その裏側に見える各社の狙いや、未来への展望を探った。(2019/7/16)

転換期のハイブリッドクラウド【第2回】
AWS、Azure、IBM、国産 「VMware」ベースのハイブリッドクラウド製品の違いは
ハイブリッドクラウドの運用を実現する手段として、オンプレミスで幅広く利用されているVMware製品ベースの仮想環境を、クラウドにも構築する製品がある。ベンダーによる製品特性の違いを考察する。(2019/7/23)

オンプレミスに拡張するクラウド【後編】
「Anthos」と「Azure Stack」を比較 2大ハイブリッドクラウド製品の違いは?
主要クラウドベンダーが新たな製品やサービスを発表することで、ハイブリッドクラウドの選択肢が広がっている。本編ではGoogleとMicrosoftが提供するハイブリッドクラウド製品を紹介する。(2019/7/9)

de:code 2019:
WSL 2、GitHub、Visual Studio Online、Azure DevOps――クラウドネイティブな機能の充実が進むMicrosoftの開発ツールまとめ
日本マイクロソフトが2019年5月末に開催した「de:code 2019」では、5月上旬に米国で開催された「Build 2019」に合わせて発表された、WindowsやAzureに関する多くの新機能、新サービスを国内で初披露した。この記事では、基調講演で触れられたものの中から、特に開発者やITエンジニアにとって関わりの深いものをまとめる。(2019/7/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。