ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「Dell Technologies」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Dell Technologies」に関する情報が集まったページです。

変わるHCIとベンダーの考え【後編】
「HCI」に迫る2つの流れ Dell、Nutanix、HPE、Ciscoもたどる同じ道
ITベンダーが注力しているのが製品をサービス化することだ。その点は特にHCIの分野で分かりやすい。その他にも昨今の動きとして注目すべき点がある。HCIを軸にしてポイントをまとめる。(2021/11/22)

一覧表で分かる:
【続報】故障しにくいHDDはどれか? SSDとも比較
クラウドストレージを提供するBackblazeは、自社のデータセンターにおけるHDDとSSDの使用統計レポートを発表した。故障しにくいHDDがどれか、故障しやすいHDDがどれかが分かる。SSDについてもHDDと比較した。(2021/11/18)

DELL、VMwareの分離を正式発表 CEOと会長は続投 経営の柔軟性向上へ
米Dell TechnologiesがVMwareのスピンオフを正式発表した。VMwareのCEOはラグー・ラグラム氏が続投。経営の自由度・柔軟性向上を目指す(2021/11/2)

Google Cloud Next '21で発表:
Googleのエッジ/オンプレミスはAWS Outposts型に移行? 「Google Distributed Cloud」発表の狙い
Google Cloudが、オンプレミス/エッジで「AWS Outposts」のような製品を発表した。 これまではソフトウェアオンリーの製品を展開してきた同社。 ハードウェア/ソフトウェア一体型の製品で、方向転換をするのだろうか。(2021/10/13)

日本企業の7割以上が「サイバー攻撃から復旧できる自信なし」 データ保護の現状に警鐘
デル・テクノロジーズの調査によると、世界の67%、日本の78%のIT意思決定者がサイバー攻撃で業務データが損失した場合に「自社の重要な基幹業務データを復旧できる自信がない」と回答していることが分かった。(2021/9/24)

TechTarget発 世界のITニュース
テレワークで消えた“ちょっとした雑談”は復活するか 「Slack」新機能は音声通話
「Slack」が従業員同士の簡単な会話を促す音声機能を搭載した。Dellやクックパッドが先行利用する同機能は、テレワークでは難しいすれ違いざまの突発的な会話や雑談の代わりになるか。(2021/9/7)

NVIDIAが「AI Enterprise」の一般提供を開始 高速AI処理を仮想化
NVIDIAは、「NVIDIA AI Enterprise」の一般提供を開始する。NVIDIA-Certified Systems(NVIDIA認証システム)でVMware vSphereを稼働させ、仮想マシン上でも物理サーバで稼働させたときに近い速度まで引き上げる。(2021/8/26)

メカ設計ニュース:
「NVIDIA Omniverse」が大規模拡張、BlenderやAdobeとの統合を実施
NVIDIAは、メタバースの基盤となるシミュレーション、コラボレーションプラットフォーム「NVIDIA Omniverse」の大規模拡張を発表した。BlenderやAdobeとの統合が実施され、数百万人のユーザーに同プラットフォームが開かれる。(2021/8/26)

人工知能ニュース:
AIの“民主化”に向け「NVIDIA AI Enterprise」を正式リリース、VMwareに対応
NVIDIAが、企業のデータセンター上でNVIDIA製GPUを用いたAIの開発環境を容易に運用できるようにするソフトウェアスイート「NVIDIA AI Enterprise」を正式リリース。VMwareの仮想化ソフトウェア「VMware vSphere」に対応することで実現した。(2021/8/25)

膨大なデータ処理を変える技術【前編】
GPUのデータ処理を高速化 「GPUDirect Storage」はなぜ必要なのか?
GPUとストレージが直接データをやりとりできるNVIDIAの「GPUDirect Storage」が一般に利用可能になった。まずはどのような仕組みなのか、ざっくりと理解しておこう。(2021/8/24)

PR:今こそオンプレミスの利点を見直すとき 触って分かった新型サーバ「PowerEdge R750」の“心遣い”
(2021/7/30)

Dell PCのBIOSに脆弱性の報告、確実なアップデートの適用を
129モデルのDell PCに脆弱性が存在することが明らかになった。BIOSConnectというBIOSレベルのベンダーアップデートツールの脆弱性で、BIOSレベルで任意コードが実行される危険性がある。アップデートの提供が始まったことから、迅速に適用することが望まれる。(2021/7/1)

NVIDIAのデータセンター向けGPU「NVIDIA A100」PCI Express 4.0モデルに80GB構成登場 メモリ帯域幅は毎秒2TBに拡張
NVIDIAのデータセンター向けGPU「NVIDIA A100」のPCI Expressカードモデルに、グラフィックスメモリを80GBに倍増した構成が登場する。従来の40GB構成と比べてメモリ帯域幅が拡張されており、メモリ容量増加以上のパフォーマンスアップを期待できる。(2021/6/28)

インフラ市場はCOVID-19の影響で低迷:
トップ3は富士通、NEC、Dell Technologies IDCが国内エンタープライズインフラ市場のシェアを分析
IDC Japanは、「国内エンタープライズインフラ市場シェア、2020年:SoR、SoE/SoI市場の競合分析」を発表した。2020年の市場規模は対前年比5.4%減の6701億300万円だった。(2021/6/23)

Weekly Memo:
DellとHPEが挑む「ハードからソフトまでサブスク」戦略は奏功するか クラウドビジネスの視点から読み解く
Dellが全ての製品をサブスクリプション型のサービスとして提供するビジネスモデルの転換に力を入れ始めた。同様の動きはHPEも既に進めている。サーバやPCなどのハードウェア市場の2大ベンダーともいえる両社の相次ぐこうした動きは何を意味しているのか。(2021/6/14)

「ゲームきっかけにPCに触れて」 ひろゆき氏、児童養護施設に無償配布するPCのスペック公開 いずれもメモリ16GB・グラボ搭載
匿名掲示板「2ちゃんねる」の開設者として知られる西村博之さんが、児童養護施設にPCを無償配布するプレゼントを立ち上げ。配布予定のPCのスペックを公開した。「ゲームをきっかけにPCに触り出すことで、PCスキルを身につけてほしい」といい、「Apex Legends」などのPCゲームが動作するPCを選んだという。(2021/5/24)

VMware、ゲルシンガーCEOの後任にCOOのラグー・ラグラム氏を指名
1月にIntelにパット・ゲルシンガーCEOを引き抜かれたVMwareが、次期CEOにクラウド関連担当COO(最高執行責任者)のラグ・ラグラム氏を指名した。同社は第4四半期にDellからスピンアウトする計画だ。(2021/5/13)

DellがAPEXのラインアップを発表 グローバルでのサービス立ち上げ速度は変わるか
Dellは「Dell Technologies World 2021」において自社製品を「as a Service」で提供するAPEXの具体的なサービスポートフォリオを発表した。同時に、グローバルで拠点を持つEquinixのコロケーションサービスとの連携も発表し、グローバルでのサービス提供スピード向上を目指す企業ニーズにも対応した。(2021/5/7)

PR:今こそAIへの投資を再開すべきとき ニューノーマル時代を見据え最新の高性能サーバで開発力強化を
(2021/4/28)

コロナ禍でも成長し続ける秘訣とは:
PR:デジタルシフトを阻む「3つの課題」を一気に解決する方法
ビジネスのデジタル化では、データを有効活用できる仕組み作りが要だ。だが、データがオンプレミスとパブリッククラウドに散在しているため、必要なデータを検索できず、データ自体にアクセスできない場合がある。その現実的な解決策とは。(2021/4/26)

傘下のVMwareが独立 DELLの狙いとは
Dell TechnologiesとVMwareは、VMwareをデル傘下からスピンオフし、独立した公開会社にすることを発表。その狙いを考察する。(2021/4/20)

Dell、傘下のVMwareのスピンオフで93億ドル以上の収益を見込む
Dellが2016年のEMC買収で獲得した傘下のVMwareをスピンオフする。これによって獲得する93億〜97億ドルを負債の返済に充てる計画。両社は独立起業として提携を続ける。(2021/4/15)

NVIDIA、BlueField-3 DPU活用のAIフレームワーク「NVIDIA Morpheus」を発表
NVIDIAは、サイバーセキュリティプロバイダー向けのAIフレームワーク「NVIDIA Morpheusアプリケーションフレームワーク」を発表。機械学習などのAI機能と高性能DPU「BlueField-3」を活用し、サイバー侵害を即座に検知するAIソリューションを開発できる。(2021/4/15)

Dellが「Inspiron」ノートPCの新モデルを発表 「XPS 13」には有機ELディスプレイモデルを追加
Dellが、InspironブランドのノートPCの新モデルを発表した。発売時期は国や地域によって異なるが、日本を含むアジア太平洋地域では4月13日から順次販売が始まる。合わせて、既に販売を開始しているXPS 13には、有機ELディスプレイ構成が追加される。(2021/4/13)

Dellが「Alienware m15」と「Dell G15」のRyzenモデルを発表 可変リフレッシュレート対応ディスプレイも順次発売
Dell Technologiesが、AMDのモバイル向けRyzen 5000プロセッサを搭載するゲーミングノートPCとVRR(可変リフレッシュレート)対応のゲーミングディスプレイを発表した。Alienwareブランドでは、実に約14年ぶりのAMDプロセッサ搭載ノートPCとなる。(2021/4/7)

コンテナネットワークの基礎知識【第7回】
Red Hat、VMware、Ciscoの「商用Kubernetes」とは? それぞれの違いは
オンプレミスインフラ向け製品を手掛けてきた主要ベンダー各社は、さまざまなアプローチで「Kubernetes」を自社製品に取り込んでいます。Red Hat、VMware、Cisco Systemsの取り組みを紹介します。(2021/4/21)

「HCI」×「Kubernetes」の主要製品【第2回】
「HCI」を「Kubernetes」でクラウドネイティブ化 VMwareとCiscoの動きは?
コンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」をHCI(ハイパーコンバージドインフラ)に組み合わせる動きが広がっている。まずはVMwareとCisco Systemsの取り組みを紹介する。(2021/4/1)

「HDD」の需要と技術進化【中編】
クラウドベンダーは「SMR」HDDを積極採用か オンプレミスのHDD導入傾向は?
クラウドベンダーは、今後も大量のHDDをデータセンターに導入する見込みだ。一方、ユーザー企業の間ではオンプレミスのインフラをサービスとして利用する動きが広がり、これがHDDの需要を押し上げる可能性がある。(2021/3/18)

「HCI」×「Kubernetes」の主要製品【第1回】
「コンテナ」の良さとは? 「HCI」で「Kubernetes」を動かす意味は?
ベンダーは「HCI」(ハイパーコンバージドインフラ)でコンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」を利用しやすくする取り組みを活発化させている。HCIとKubernetesにどのような可能性を見込んでいるのか。(2021/3/12)

サイバーセキュリティマネジメント海外放浪記:
米国 世界最古のCSIRTで学んだこと 情報共有はゴールではない、共有すべきは……(前編)
カーネギーメロン大学のCERTコーディネーションセンターで20年。多数の企業や大学、NGO、政府機関などと仕事をし、毎日、多くのことを学んでいた。(2021/3/8)

TechTarget発 世界のITニュース
「Teams」一発起動ボタンを備えたDellのWeb会議ディスプレイ 気になる価格は?
Dell Technologiesは「Microsoft Teams」起動用ボタンを備えるWeb会議用ディスプレイを発表した。34型曲面ディスプレイモデルなど3モデルをそろえた。それぞれの主な特徴と価格は。(2021/1/29)

TechTarget発 世界のITニュース
LTO準拠テープへのデータ退避でディスク容量削減 XenDataの新アプライアンス
XenDataがLTO準拠のテープライブラリ管理アプライアンス「X20」「X40」を発表した。ディスクストレージのファイルの退避先としてテープドライブを利用可能にすることで、ディスクストレージの容量削減を支援する。(2021/1/12)

Weekly Memo:
HPEの戦略にみる「新たなDXプラットフォーム競争」とは
日本ヒューレット・パッカードが2021年度の事業戦略を明らかにした。そこから、新たなDXプラットフォーム競争の構図が浮かび上がってきた。(2020/12/21)

国内でもいよいよProject APEXサービス本格化へ、デル サーバ部門は選択肢の多様化と利便性の両立を目指す
as a Service型の製品提供を推進すと表明したデル。日本でも選択肢の多様化や顧客の財務モデルの変化に対応した販売体制を強化する。(2020/12/21)

TechTarget発 世界のITニュース
Dell、2021年度第3四半期ストレージ売上高は7%減 「PowerStore」好調も新規が不調
2021年度第3四半期決算を発表したDell Technologies。ストレージ関連の減収が目立った理由として、同社幹部はミッドレンジストレージアレイの売り上げ伸び悩みを挙げる。(2020/12/15)

法人PCのサプライチェーンをワンストップで保護 デルが新たなセキュリティサービス
Dell Technologiesは、法人向けPCやサーバのサプライチェーンをワンストップで保護するセキュリティソリューションを提供する。サーバ用の埋め込み証明書や輸送中のPCに改ざん防止シールを貼るなどしてセキュリティリスクから保護する。(2020/12/14)

減らないバージョン管理や診断ログ収集の手間
「HCIを入れたのに楽にならない」はなぜ起こる? 運用負荷削減に必要な機能は
運用管理負担の軽減を見込んでHCIを採用する動きが広がっているが、導入後に思ったほどの効果が出ないケースはよくある。ハードウェアの交換や追加など、オンプレミスならではの運用工程を省力化するためには、どんな製品が最適か。(2021/1/7)

Dell Boomiが提供するiPaaSはなぜいま日本に必要なのか
IPaaSを掲げるDell傘下のBoomiが日本企業向けのアプローチを本格化する。APIマネジメントでありローコード開発ツールであり、EAIでもあるBoomiはDXを急ぐ日本企業にどんなメリットをもたらすか。(2020/11/30)

「as a Service企業」にトランスフォームするDell「Project APEX」で何が変わるか
Dellはサーバやストレージなどのハードウェアを売る企業ではなくなるのかもしれない。「as a Service企業」にトランスフォームするDellが推進するProject APEXとは。(2020/11/24)

世界定点観測で見た日本の現在:
世界は「セキュリティ」と「データ」に関心、日本は? 世界のDX推進状況から見た日本の現状
日本もようやくDXが本格化の兆しか。デルが実施した調査は日本の大きな変化が目立つものの、グローバルとの差も目についた。日本の現状を数字から見ていく。(2020/11/24)

NVIDIA、データセンター向け“Ampere”GPUを強化 メモリ容量倍増し高帯域に
最新の「Ampere」アーキテクチャチップを使用した改良版。(2020/11/19)

ビジネス用「Windows 10」のシステム要件【後編】
Windows 10を“危ないOS”にしない「Sモード」のすすめ
「Windows 10」を安全に利用するには、通常のシステム要件以外の点も考慮する必要がある。Microsoftが推奨する「Windows 10」の「Sモード」を使った、PCの安全性を高める方法とは。(2020/10/29)

「Power Systems」の変化に潜むIBMの狙い【前編】
IBMは今なぜ「従量課金型Power Systems」を売るのか
IBMはサーバ製品群「IBM Power Systems」に従量課金型の料金体系を導入した。ユーザー企業にとって、どのようなメリットがあるのか。(2020/10/7)

VMworld 2020:
VMwareがSaltStackを買収、マルチクラウドではKubernetes、マーケットプレイス、統合管理に注力
VMwareはVMworld 2020でSaltStackの買収、Kubernetes製品群の展開、統合管理サービス、統合マーケットプレイスなど、マルチクラウドに関するさまざまな発表を行った。VMwareにおけるマルチクラウドは、サーバ仮想化基盤だけの話ではなくなっている。(2020/9/30)

VMworld 2020:
VMware、ESXi(の一部)をSmartNICに載せる「Project Monterey」を発表
VMwareが、同社のサーバ仮想化技術ESXiで、「SmartNIC」と呼ばれるネットワークアダプタとの統合を進めるプロジェクトを、SmartNICやサーバのベンダーと開始したと発表した、I/O高速化を超えた機能を実現する。(2020/9/30)

Ignite 2020:
Microsoftが構築したVMware環境「Azure VMware Solution」、正式サービス開始
米Microsoftが「Ignite 2020」で、「Azure VMware Solution」の正式サービス開始を発表。Microsoftが設計、構築、運用、サポートを行い、VMwareによる認定と推奨を受けた、Microsoft Azure上のVMware環境。顧客は、既存のオンプレミスやデータセンター上に構築されたVMware環境のシステムなどを容易にMicrosoft Azureへ移行できる。(2020/9/23)

「OPEX」での導入に合理性
ストレージの「サブスクリプション」「従量課金」がオンプレミスでも広がる理由
クラウドストレージの魅力の一つは、従量課金型の継続課金で導入できることだ。この料金体系は、いまやオンプレミス製品でも当たり前の選択肢になりつつある。(2020/9/18)

ファイルストレージはActive Directory対応:
VMwareがvSANをKubernetes向けに拡張、CloudianやDataStaxなどと連携
VMwareは2020年9月15日(米国時間)、「VMware vSAN」とサードパーティーの永続ストレージを連携し、Kubernetes対応させるフレームワークである「VMware vSAN Data Persistence」を発表した。また、ファイルストレージ機能ではActive Directory対応などを実現した。(2020/9/16)

デルとEMCジャパンが融合 新生デル・テクノロジーズは2021年にどう「変身」するのか?
デルとEMCジャパンが2020年8月に統合してできたデル・テクノロジーズは、事業方針説明会を開催した。部門の統合から営業戦略の変化まで、新生企業として同社が掲げる事業変革や強化のポイントとは。(2020/9/14)

オールフラッシュの高速処理基盤を気軽に導入:
PR:AI開発や金融機関をはじめニーズが拡大している中小規模のオールフラッシュとは?
「大容量で高速、ハイエンド向けで高価」だったオールフラッシュ。新たに登場した中小規模向けのオールフラッシュは、高処理性能はそのままに低価格を実現する。その詳細とは。(2020/7/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。