ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ダイレクトPC最前線」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ダイレクトPC最前線」に関する情報が集まったページです。

ダイレクトPC最前線:
やっぱりLatitudeはVostroと違うね──デル「Latitude D830」
Vostroブランドの登場で、デルのビジネス向けノートPCは2系統となった。ユーザーには分かりにくい「Latitude」「Vostro」の違いをハイエンドモデルで確かめてみた。(2007/8/30)

ダイレクトPC最前線:
日本解禁!「3GHz超え」XPS 720 H2C エディションのパフォーマンスを堪能する
「過激なデルっ!」を象徴するXPSデスクトップがついに国内でも“公認”オーバークロックバージョンになった。もう、日本人もPenrynまで待つ必要はない。(2007/8/3)

ダイレクトPC最前線:
生まれ変わったデルのスタンダードノートPCに迫る――「Inspiron 1520」
ラインアップを一新したデルのInspironシリーズの中で、パワフルなスタンダードノートPCに位置づけられるのがInspiron 1520だ。実力のほどはどうだろうか?(2007/7/5)

ダイレクトPC最前線:
いま、XPを選ぶ「通」も注目の省スペースPC──デル「Dimension 9200C」
デルのデスクトップPCで最も小型な「Dimension 9200C」。CPUはCore 2 DuoからPentium 4まで、OSはVistaからXPまで選択可能と、直販メーカーならではの柔軟な構成が魅力の1台だ。(2007/6/11)

ダイレクトPC最前線:
「“Penryn”なんてメじゃないぜ」──XPS 710 H2C Edition最強伝説(前編)
デルのXPS 710 H2C Editonは「学校ではいたって真面目な委員長がライブハウスで炸裂」というイメージがあるのだが、それって私だけでしょうかね。(2007/4/27)

ダイレクトPC最前線:
VistaかXPか、それが問題だ――デル「XPS M1210」
デルの個人向けPCで唯一のモバイル機「XPS M1210」は、OSにVistaとXPが選べる。実際のところ、どちらを買えばいいのだろうか……。教えて、ハムレット!(2007/4/24)

ダイレクトPC最前線:
“Vistaで始める新生活”向けの低価格PC――デル「Dimension E520」
デルの「Dimension E520」は、Vistaは4エディション、CPUもCore 2 Duo からPentium D/4も選べる多彩なBTOメニューがウリの最新デスクトップPCだ。(2007/4/5)

ダイレクトPC最前線:
Vistaノートはパッケージがお得!?――デル「Inspiron 1501」
Windows VistaになってPCの価格が上昇したという。そのような中、デルのInspiron 1501はノートPCながらオンライン限定パッケージで10万円以下のお買い得なモデルが用意されている。(2007/3/23)

ダイレクトPC最前線:
性能アップで価格はダウン!? のモバイルPC──デル「XPS M1210」
デルのハイエンドブランド「XPSシリーズ」で、最もコンパクトなノートPCがM1210だ。新たにCore 2 Duoを搭載することで、より高い性能の獲得に成功した。(2006/12/22)

ダイレクトPC最前線:
スイングもスライドもダブルOK!な液晶一体型PC――NEC「VALUESTAR G タイプS」
NECの液晶一体型PCで新たに投入されたのがVALUESTAR Sシリーズだ。新デザインの採用により、省スペース性と使いやすさを向上させたのが見どころだ。(2006/10/24)

ダイレクトPC最前線:
地上/BS/110度CS+BDドライブが選べる液晶一体型PC――NEC「VALUESTAR G タイプW」
NECの「VALUESTAR W」は、デジタル放送の録画機能に注力した液晶一体型PCだ。秋冬モデルはBDドライブを初採用した。(2006/10/10)

ダイレクトPC最前線:
Core 2 Duo+RAID O+WUXGAが可能なフラッグシップノートPC、復活――NEC「LaVie G タイプC」
NECのノートPC「LaVie」シリーズに、久々の“王道”を行くフラッグシップ機が登場した。その名はLaVie Cという。(2006/9/29)

ダイレクトPC最前線:
性能も画面もワイドに強化――NEC「LaVie G タイプL アドバンスト」
NECの主力ノートPC「LaVie L アドバンストタイプ」がフルモデルチェンジを果たした。ここでは直販のNEC Directモデルを中心にその概要を見ていこう。(2006/8/29)

ダイレクトPC最前線:
デュアルコアのライムグリーンはお好き?――NEC「LaVie G タイプL」
NECのスタンダードノートPC「LaVie L ベーシックタイプ」がラインアップを一新。ついにワイド液晶モデルが登場した。ここでは直販のNEC Direct専用モデル「LaVie G タイプL」を見ていこう。(2006/8/1)

ダイレクトPC最前線:
我が道をひた走る“唯我独尊”サブノート――松下「Let's note LIGHT CF-R5」
軽くて頑丈、しかも小さくて長時間駆動するノートPCがほしい……。そのような夢のようなPCを目指したのが、松下電器産業の「Let's note LIGHT CF-R5」だ。(2006/7/13)

ダイレクトPC最前線:
タフで軽量12時間。光学ドライブまで内蔵する“モバイルファンタジスタ”──松下「Let's note LIGHT CF-W5」
“軽量/長時間/タフ”が特徴の松下電器産業「Let's note LIGHT」シリーズ。その中で光学ドライブを内蔵しながら約1.2キロを実現した最軽量2スピンドルモバイルノートPCが「CF-W5」だ。(2006/6/22)

ダイレクトPC最前線:
1日15時間、“タフ”に戦えますか!?――松下「Let's note LIGHT CF-T5」
松下電器産業のモバイルPC「Let's note LIGHT」は「軽量・長時間・タフ」をコンセプトに掲げているが、その中でシリーズ最長のバッテリー駆動時間を誇るのがCF-T5だ。(2006/5/10)

ダイレクトPC最前線:
タダの“タフ”は卒業しました――松下の次世代Let's note「CF-Y5」
「軽量・長時間・タフ」をコンセプトにかかげた松下電器産業のモバイルPC「Let's note LIGHT」シリーズがラインアップを一新し、全モデルでNapaプラットフォームに移行した。ここでは、外観デザインを含め、フルモデルチェンジを行ったCF-Y5を見ていこう。(2006/4/26)

ダイレクトPC最前線
世界シェアNo.1のデルが考えるスタンダードノートPCとは!?――「Inspiron 630m」
デルの「Inspiron 630m」は、A4ファイルサイズのボディながら重量が約2.5キロと比較的軽めで、4時間以上のバッテリー動作が可能だ。デルが「スタンダードモバイル」と呼ぶ本機の詳細を見ていこう。(2006/3/30)

ダイレクトPC最前線
10万円以下で手に入る!? デル印のモバイルPC――「Inspiron 710m」
デルの個人向けノートPCブランド「Inspiron」シリーズで、唯一2キロを切る小型・軽量PCがInspiron 710mだ。構成次第では10万円以下で購入できる低価格も魅力だが、その実力のほどはどうなのだろうか。(2006/3/28)

ダイレクトPC最前線:
BTXでパワフル、しかも小型でスタイリッシュなデスクトップPC――デル「Dimension 5150C」
ダイレクトPCの製品といえば、どちらかというと武骨なイメージがある。そのような流れに一石を投じるのが、このDimension 5150Cだ。白と銀のツートーンボディは容積が約10.8リットルと、Dimensionシリーズでも最もコンパクト。それでいてPentium Dも搭載可能なパワフルPCの実力を見ていこう。(2006/3/13)

ダイレクトPC最前線:
ViivもOK!なBTX仕様のハイパフォーマンスPC――デル「Dimension 9150」
ダイレクトPCの最新モデルをウオッチする好評連載の第2回目は、デルのDimension 9150を取り上げる。BTXフォームファクタを導入したハイパフォ−マンスPCで、高い性能はもとより、ミドルタワーケースを採用することで拡張性も確保しているのが見どころだ。(2006/3/8)

ダイレクトPC最前線:
17インチワイド液晶を搭載した「究極」のノートPC――デル「Inspiron 9400」
直販PCで名をはせるデルのノートPCシリーズで、フラッグシップに位置するのがInspiron 9400だ。17インチワイドの大画面液晶を搭載した、デスクトップPCをもしのぐ性能を持った製品の実力を見ていきたい。(2006/2/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。