ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ダイレクトプリント」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ダイレクトプリント」に関する情報が集まったページです。

音も記録する新しいチェキ発売 写真にQRコードを印刷してスマホでメッセージが聞けちゃう
デザインもかわゆす。(2019/6/12)

新型「チェキ」は“音”も写す QRコード化してプリント
インスタントカメラ“チェキ”の新作として、音声をQRコード化して写真とともにプリントできる機能を備えた「instax mini LiPlay」が21日発売。実売予想価格は1万7500円(税別)。(2019/6/12)

3Dプリンタニュース:
治具作成の内製化により、低コストで安定造形できる3Dプリンタ
ミマキエンジニアリングは、FFF方式の3Dプリンタ「3DFF-222」を2019年4月末に発売する。同プリンタを使用してプリント治具の作成を内製化できるため、低コストで安定した造形ができる。(2019/4/8)

IGAS 2018:
板材に直接印刷できる「HP Latex R2000 Plus プリンタ」日本初上陸、全容を探る
日本HPは、「紙、復活」をコンセプトに、ペーパーレス時代にある中、印刷のデジタル化により、必要な時に必要な分だけプリントできる「オンデマンド印刷」をPRするブース展開を行った。2018年はHP Latexプリンタが市場に登場して10年目、水性のHP DesignJetグラフィックモデルは20周年の節目の年。この機に両シリーズとも、国内初出展となる新機種を披露した。(2018/7/31)

データローミングに初対応 “海外でも使える全部入り”ケータイ「A5505SA」(懐かしのケータイ)
渡航先でもEZwebやEメールが利用できるデータローミングにau端末で初対応した「A5505SA」。三洋初の100万画素カメラに電子コンパス、FMラジオ、ダイレクトプリントなど様々な機能を備えた「全部入り」ケータイでした。(2017/10/9)

これは買い替えのタイミングだ:
PR:家族みんなで使うプリンタの決定版!! 使って分かった「PIXUS TS9030」の実力
キヤノンのインクジェット複合機「PIXUS」が5年ぶりにフルモデルチェンジ。しばらくプリンタを買い替えていない家庭で、最新モデルに置き換えてみるとどんなメリットがあるのか、実際に体験してみた。(2016/10/6)

四角い小顔にリニューアル:
キヤノン、「PIXUS」プリンタシリーズを刷新 プレミアムデザインモデルの「PIXUS TS9030」が登場
キヤノンは8月9日、家庭用インクジェットプリンタ「PIXUS」シリーズの新製品、「TS9030」「TS8030」「TS6030」「TS5030」の計4製品を発表した。2016年9月下旬から発売する。(2016/8/9)

仕事を変える帳票:
PR:見積書、請求書、発注書作りを簡単にするクラウドサービスとは?
企業では誰もが使う帳票だが、業務ルールなどに起因するフォーマット変更に手間取った経験をお持ちの方も多いはずだ。そうした煩わしい作業からビジネスパーソンが解放されるサービスが登場した。帳票ベンダー大手のウイングアーク1stが提供するクラウドサービス「SVF Cloud」だ。(2015/9/8)

競合最安値の新鋭プリンタ:
A3ノビ対応で2万円を切る「HP Officejet 7510」の“戦略的費用対効果”を検証する
世界市場トップのHP Inc.が日本市場における起死回生を目指して投入する新モデルは、コストを抑えつつ多彩な機能を導入した。その使い勝手を試してみた。(2015/9/1)

ブラザー、画質を向上したA4対応レーザー複合機など「JUSTIO」新モデル
カラー対応機は印刷画質を向上。モノクロ対応機は印刷速度を高速化した。(2014/9/18)

小さめ、A3、6色をアピール:
AKBまゆゆと「センター」を取っていく――エプソン、新カラリオのプリンタ戦略とは?
年末商戦に向けた家庭向けプリンタの発表が相次ぐ中、エプソンも「カラリオ」の新ラインアップを発表。人気モデルの使い勝手を向上しつつ、新コンセプトの小型プリンタでシェア1位を狙う。(2014/9/3)

A3ノビの最上位フォト機も:
エプソン、「カラリオ」プリンタ14年秋冬モデル――大画面化、印刷フローの自動化、女性向け小型プリンタ登場
10機種12モデルの個人向けインクジェットプリンタを秋冬に投入するエプソン。2014年の注目はA4複合機の使い勝手向上、新コンセプトの小型プリンタ、プロ仕様のA3ノビ対応フォト機だ。(2014/9/2)

モバイル、クラウド、女性向けで市場活性化:
「PIXUS」と「MAXIFY」――“2つのインクジェット”でシェア1位を狙うキヤノン
成熟市場と言われるプリンタだが、キヤノンは家庭向けでモバイル/クラウド連携および女性ユーザー層の新規獲得、ビジネス向けで新ブランド立ち上げによる拡販を図る。(2014/8/29)

A4モバイルプリンタは約6年半ぶりに新機種:
キヤノン、「PIXUS」プリンタ14年秋冬モデル――スマホ/タブレット/クラウド連携強化、女性向けの“Atelier”登場
今年も年賀状シーズンに先駆け、キヤノンが「PIXUS」シリーズのA4複合機4機種を投入。注目は初の女性向けモデル「PIXUS Atelier」だ。A4モバイルプリンタも久々に新機種が現れた。(2014/8/28)

ギネス級の毎分70枚:
世界最速“70ppm”ビジネスインクジェットで国内法人プリンタ市場を狙うHP
日本HPは、A4インクジェット複合機/プリンタ「HP Officejet Pro X」シリーズを11月28日に発売する。ギネス認定の圧倒的な印刷速度で、オフィスプリンタにインクジェットを訴求していく。(2013/11/19)

4年ぶりに新エンジン採用:
キヤノン、片面/両面で同速印刷を実現したA3対応モノクロレーザープリンタ「Satera LBP8730i」など6機種
キヤノンは、A3カラー/モノクロレーザープリンタ6機種を発表した。モノクロ機はエンジンを刷新し、片面/両面同速印刷を実現。(2013/11/18)

3大注目ポイント+αで仕事がはかどる:
PR:“プリンタの達人”はなぜA3インクジェット複合機「MFC-J6970CDW」を選んだか?
低コスト、省スペース、省電力でA3やB4の大きなサイズに対応できるため、昨今はビジネス向けのA3インクジェット複合機がSOHO/中小企業に受けている。各社のプリンタ/複合機を長年評価し続けているテクニカルライター(いわばプリンタの達人)の小川夏樹氏は、その中でもブラザーの最新モデルに注目しているというが、一体なぜだろうか?(2013/11/11)

印刷速度を2倍、A3同時両面スキャンも:
“SOHOに強いブラザー”でビジネス市場を攻略――「PRIVIO」「JUSTIO」新製品発表会
ブラザーがビジネス向け複合機のラインアップを大幅強化。インクジェット複合機「PRIVIO」とレーザー複合機「JUSTIO」で市場シェア拡大を目指す。(2013/9/26)

A4カラーレーザー複合機も刷新:
ブラザー、A3両面同時スキャンに対応したインクジェット複合機「MFC-J6970CDW」
ビジネス向けの低価格なA3インクジェット複合機を他社に先駆けて投入したブラザー。大幅にスペックアップを達成しながら、サイズダウンも果たした新機種を10月末から順次発売する。(2013/9/26)

省スペース化とスマホ連携に注力:
エプソン、小型のA3機を加えた「カラリオ」プリンタ13年秋冬モデル
10機種13モデルの個人向けインクジェットプリンタを9月19日に発売するエプソン。目玉は、2011年の主力A4複合機より省スペースでA3に対応した新フラッグシップモデルだ。(2013/9/3)

自動両面印刷対応:
日本HP、7980円のインクジェット複合機「HP ENVY4500」
日本HPがインクジェット複合機の新モデルを発表。新たに1万円を切る低価格モデル「HP ENVY4500」を追加し、ラインアップが4モデルとなった。(2013/8/30)

6色モデル拡充、スマホ&クラウド強化:
キヤノン、500台限定の“シャア専用機”も参戦する「PIXUS」プリンタ13年秋冬モデル
キヤノンは「PIXUS」シリーズの個人向けA4インクジェット複合機4機種を9月5日に発売する。500台限定の「ガンダム」コラボモデルにも注目だ。(2013/8/27)

無線LAN対応で低価格な「SIMPLE」シリーズ投入:
ブラザー、年賀状に注力したインクジェット複合機「PRIVIO」13年秋冬モデル
ブラザー販売は、インクジェット複合機「PRIVIO(プリビオ)」シリーズの新ラインアップを9月上旬より順次発売する。年賀状作成やビジネス向け機能を強化した。(2013/8/26)

日本HP、A3スキャンにも対応するビジネス向けインクジェット複合機「Officejet 7610」
日本ヒューレット・パッカードは、ビジネス向けとなるA3スキャン対応のインクジェット複合機「HP Officejet 7610」を発売する。(2013/7/19)

この発想はなかった:
“透ける”スキャナに興味津々のA4スリム複合機――「HP ENVY120」を試す
「最もスタイリッシュな家庭向けプリンタ」と語られることも多い「HP ENVY」ブランドの複合機から新モデルが登場した。見どころは唯一無二の「シースルースキャン」だ。(2013/3/27)

毎分45ページ、計60万枚印刷可能:
富士ゼロックス、高速出力/高耐久のA4モノクロレーザープリンタ4機種
富士ゼロックスは、A4印刷に対応するモノクロレーザープリンタ4機種を発売する。(2013/2/25)

2万円切りのADF/FAX付きモデルも:
キヤノン、特大インクで印刷コストを抑えたA4複合機「PIXUS MX923」
「PIXUS MX923」と「PIXUS MX523」は、キヤノンのビジネス向けA4インクジェット複合機。従来機からFAXやADFといった特徴を継承しつつ、スマートデバイスやクラウドサービスとの連携強化、印刷コストの低減を果たした。(2013/2/7)

こんなプリンタが欲しかった!?:
もはやA4複合機だってモバイルの時代――「HP Officejet 150 Mobile AiO」を攻略する
ありそうでなかったモバイル仕様のA4複合機が日本HPから登場。業務の効率改善はもちろん、個人で導入してもこれまでの据え置き型A4複合機にないメリットを生かせそうだ。今回はバッテリーでの利用も含め、その実力をガッツリ検証する。(2013/2/6)

毎分47ページ印刷可能なモデルも:
デル、高速出力/高耐久のA4モノクロページプリンタ3機種
デルはA4モノクロページプリンタ3機種を発売した。大量の印刷物を必要とするオフィスのほか、個人利用も可能なコンパクトなボディを採用した。2万4980円からという価格も魅力的だ。(2013/1/16)

“6色W黒”で文書も写真もOK:
5色展開のスリムボディで攻めるA4複合機――キヤノン「PIXUS MG6330」徹底検証
キヤノンの個人向けA4インクジェット複合機で主力となるのが「PIXUS MG6330」だ。インク交換がスマートに行える新しいスリムボディは、驚きの5色展開。その性能と機能に迫る。(2012/12/31)

スマホ/タブレット連携も大幅強化:
約40%体積カットで“これなら置ける”A4複合機へ――エプソン「EP-805A」徹底検証
2012年の年末商戦で高い人気を誇る個人向けA4インクジェット複合機「EP-805A」。驚きのコンパクトボディと大幅に強化されたスマートデバイス連携など、その実力をじっくりチェックしていこう。(2012/12/29)

スリープモードの改善でTEC値を約73%削減:
キヤノン、無線LAN搭載で5万円のA4カラーレーザー「Satera LBP7110C」など3機種
キヤノンはSOHO/SMB向けのA4レーザープリンタ3機種を発表した。カラー対応機種「Satera LBP7110C」と「Satera LBP7100C」、モノクロ対応機種「Satera LBP6710i」を12月13日より順次発売する。(2012/12/6)

ランニングコストも低減:
キヤノンが「PIXUS」2012年秋冬モデルを発表――ロースタイルの新デザイン、主力機は“5色”に
キヤノンは「PIXUS」シリーズの個人向けA4インクジェットプリンタ5機種9モデルを10月上旬から順次発売する。主力機は薄型化した新デザインのボディを採用。ボディカラーは5色から選択可能になった。(2012/9/26)

タッチパネルの使い勝手とワイヤレス印刷機能も強化:
A4複合機は驚きの“40%小型化”で、これなら置ける?――エプソン、「カラリオ」プリンタ12年秋冬モデル
エプソンは個人向けインクジェットプリンタの2012年秋冬モデルを発表した。設置面積の縮小、操作性向上、ワイヤレス印刷への対応に注力した10機種を用意する。(2012/8/29)

新ブランド「PRIVIO」始動、A4ヨコ送りで奥行き290ミリを実現:
ブラザー、インクジェットプリンタ12年秋冬モデルを発表
ブラザーが薄型インクジェットプリンタ10機種17モデルを9月上旬より順次発売する。新ブランド「PRIVIO(プリビオ)」を立ち上げ、A4ヨコ送り給紙機構により、奥行きを290ミリに抑え、A3印刷にも対応する複合機を投入した。(2012/8/23)

GIS 2012:
HPが上海で発表したUltrabook詳報、そして謎の“Sleekbook”とは?
米HPが明らかにした新製品は、13.3〜15.6型のUltrabookをはじめ、Sleekbook、バッテリー駆動の小型複合機、Linux内蔵ディスプレイなど多岐にわたる。ん、Sleekbookって何だ?(2012/5/10)

クラウド連携を強化した上位モデルも:
キヤノン、2万円切りでADF/自動両面印刷/FAX付きのA4複合機「PIXUS MX513」
キヤノンはA4インクジェット複合機「PIXUS MX513」と「PIXUS MX893」を4月上旬から順次発売する。いずれもADF、FAXを搭載したビジネス向けのモデルだ。(2012/3/22)

本田雅一のTV Style:
4Kテレビとデジタルカメラの相性
テレビを取り巻く技術の面では、デジタル写真への対応をさらに高めていく準備は整っている。先日開催された「CP+2012」では、いくつかの興味深い提案が見られた。(2012/2/20)

ADF+両面印刷で2万円台半ば:
日本HP、SOHO/中小企業向けのA4インクジェット複合機など3モデル
日本HPはSOHO/中小企業向けのA4インクジェット複合機2モデル、A4単機能プリンタ1モデルを3月1日に発売する。直販価格は複合機で2万4990円から、単機能機で1万9950円だ。(2012/2/15)

エプソン、1万円台で自動両面印刷&有線/無線LAN搭載のA4ビジネスインクジェットプリンタ2機種
エプソンはビジネス向けのA4インクジェット複合機「PX-504A」とA4インクジェットプリンタ「PX-204」を2月1日に発売する。(2012/1/18)

アート紙のA4サイズも追加:
エプソン、3万円台で無線LAN搭載のA3ノビ対応インクジェットプリンタ「EP-4004」
エプソンはA3ノビ対応インクジェットプリンタ「EP-4004」を2月1日に発売する。A3クラスではエントリークラスの製品で、6色染料インクを採用。無線LANも標準装備した。(2012/1/18)

A3フォトの最上位機:
キヤノン、顔料12色インク搭載のA3ノビプリンタ「PIXUS PRO-1」
キヤノンはA3ノビ対応インクジェットプリンタ「PIXUS PRO-1」を2012年6月に発売する。透明インクを含む新開発の12色インクにより、表現力を高めたハイエンドモデルだ。(2012/1/17)

2011年末プリンタ徹底検証:
日本HP「HP ENVY110」は、“ルックス至上派”を満足させるか?
何を選ぶにもデザインが最優先という人は少なくない。特にプリンタはその大きさと存在感から、家庭で置き場所に困るケースも多いはず。ならば、薄型スタイリッシュボディの「HP ENVY110」はどうだろうか。(2011/12/29)

2011年末プリンタ徹底検証:
ブラザー「MyMio DCP-J925N」は、本当に“第3の選択肢”なのか?
「MyMio DCP-J925N」は、ブラザーの家庭向けインクジェット複合機で主力となるモデルだ。コンパクトボディに自動両面印刷やADFを詰め込みつつ、お手ごろ価格を実現している。(2011/12/27)

2011年末プリンタ徹底検証:
キヤノン「PIXUS MG6230」は、“もう1つの本命”として浮上するか?
「PIXUS MG6230」はキヤノンが放つ家庭向けインクジェット複合機の大本命モデル。タイ洪水の影響を受けたが、生産拠点の切り替えによる復活を図る。もちろん、その実力は確かだ。(2011/12/22)

2011年末プリンタ徹底検証:
エプソン「EP-804AR」は、まさに“迷ったらコレ”の完成度か?
年末商戦で最も売れている個人向けインクジェット複合機が「EP-804A」だ。3色のカラバリから、色鮮やかなレッドモデル「EP-804AR」をじっくり使ってみた。(2011/12/18)

富士ゼロックス、SMB向けの省スペース型A4対応LED複合機など計5製品の国内販売を開始
富士ゼロックスは、中小規模事業所向きのA4対応LED複合機「DocuPrint CM200 fw」など5製品の販売を開始する。(2011/12/1)

カラーもモノクロもおまかせ:
PR:A4複合機の定番が“さらにできるようになった”――「Satera MF8380Cdw/MF6780dw」徹底解剖
SOHO/SMB向けのA4複合機市場をリードしてきたキヤノンが、約2年ぶりに人気のカラーモデルを刷新した。従来からの強みをそのままに、より多様なビジネスシーンで活躍できるよう性能と機能を強化している。同時発表された高速・高耐久のモノクロモデルにも注目だ。(2011/10/11)

HP個人向けプリンタ発表会:
“クラウドプリンティング”がさらに進化――「HP ENVY110」など3機種を投入
日本HPが個人向けインクジェット複合機3機種を発表した。デザインに注力した「HP ENVY110」や、インターネット経由で手軽にリモート印刷ができる機能を前面に押し出し、モバイル端末と連携した新規市場の開拓を目指す。(2011/9/21)

自動両面印刷とレーベル印刷も搭載:
ブラザーが「マイミーオ」プリンタ11年秋冬モデルを発表――従来比で3倍以上の高速印刷、クラウドサービスにも対応
ブラザーが薄型インクジェットプリンタ7機種11モデルを9月中旬より順次発売する。印刷速度が大幅に上昇し、自動両面印刷やCD/DVD/BDレーベル印刷に対応。モバイルクラウドサービス連携もこなす。(2011/9/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。