ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「楽天銀行」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

2010年5月4日、行名をイーバンク銀行から楽天銀行に変更

ドコモが銀行業に参入へ 前田新社長「2024年度内にめどをつけたい」
NTTドコモが、銀行業への参入に向けた準備を進めていることが分かった。7月5日に実施したインタビューで、6月に社長に就任した前田義晃氏が語った。コンシューマーだけでなく、d払い加盟店にとってメリットがあることを示す。(2024/7/5)

楽天ペイと楽天ポイントのキャンペーンまとめ【7月4日最新版】 楽天ペイアプリでポイント最大10倍もらえる
7月となり、楽天ペイでもさまざまなキャンペーンが更新された。7月は楽天ペイアプリを初めて利用するユーザー全員、通常利用しているユーザーにも抽選で1万人に付与するポイントが10倍となるキャンペーンを実施している。(2024/7/4)

楽天ペイアプリで「楽天Edy」「楽天キャッシュ」の相互交換が可能に
楽天ペイメントと楽天Edyは「楽天ペイ」アプリで「楽天Edy」から「楽天キャッシュ」へチャージできる機能を提供開始。2つの電子マネーの相互交換を実現している。(2024/7/2)

満足度の高いネット銀行 「楽天銀行」「住信SBIネット銀行」を抑えた同率1位は?
oricon ME(東京都港区)が「ネット銀行」「インターネットバンキング」「外貨預金」についての満足度調査を実施した。満足度の高いネット銀行とは。(2024/6/19)

ふぉーんなハナシ:
駐禁の違反金を「PayPay/LINE Pay」で(残念ながら)支払ってみた かなり便利だが……
キャッシュレス法の施行で、2024年4月から駐禁の反則金がスマホ決済アプリで支払えるようになった。(残念ながら)実際に使ってみた。(2024/6/10)

楽天ペイと楽天ポイントのキャンペーンまとめ【6月5日最新版】 最大全額還元や10〜30%還元の施策が充実
6月となり、楽天ペイでもさまざまなキャンペーンが更新された。6月は楽天キャッシュを利用した決済で最大20%、1000ポイントが付与されるキャンペーンを実施している。(2024/6/5)

進まぬ日本企業のDX 米ITサポートCEOが明かす“構造的欠陥”とは
日本企業のITの課題を、リミニストリート米本社CEO兼会長のSeth Ravin(セス・ラヴィン)氏と、日本法人社長の脇阪順雄氏に聞いた。(2024/6/4)

「ポイント経済圏」定点観測:
王者楽天ポイントに迫れるか? 新生Vポイントの“勝算”
CCCマーケティングが運営するTポイントと、SMBCグループが運営するVポイントが統合し、新生Vポイントが誕生した。企業発行ポイントの市場規模は2.5兆円を超えているが、新生Vポイントの勝算はどこにあるのか。(2024/6/3)

楽天ペイ、6月4日から最大20%還元キャンペーン チャージも最大1.5%ポイント還元に
楽天ペイメントは、6月4日から「楽天キャッシュでのコード・QR払いで最大 20%還元!」キャンペーンを開催。同日からチャージした楽天キャッシュでコード決済に利用すると最大1.5%のポイント還元が受けられるようになる。(2024/5/31)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
日ハム、JAL……他業種の「銀行サービス」参入が加速 一方「証券サービス」は鈍化、なぜ?
日ハム、JAL、第一生命、ヤマダデンキ──銀行業界への異業種参入、いわゆるBaaS(Banking as a Service)が盛り上がっている。一方、証券業界への異業種参入は停滞している。なぜなのか?(2024/5/24)

楽天モバイルは単月黒字化目前に ローミング+プラチナバンドで通信品質向上にも尽力
楽天グループは2024年12月期第1四半期決算を発表した。売り上げは第1四半期としては過去最高を記録してグループ全体では好調。懸案の楽天モバイルも増収と損失改善が続いていて「黒字化目前」だと三木谷浩史会長はアピールする。(2024/5/14)

JRE BANK申し込み殺到で「メール届かない」 メアドのドメイン増やして対応
「JRE BANK」の申し込みが殺到し、口座開設を申し込んだユーザーに届くはずの案内メールが遅延している。(2024/5/14)

ヤマダデンキ、JR東、高島屋も……各社が急速に「銀行サービス」を開始したワケ
百貨店の高島屋や航空会社のJAL、プロ野球の北海道日本ハムファイターズなど、金融業界以外の企業が次々と銀行サービスに参入し話題を呼んでいる。さらにこの4月には、JR東日本も「JRE BANK」の名称で銀行サービスを開始すると発表した。なぜ今、銀行以外の企業が金融サービスに注目するのか。(2024/5/13)

JR東の金融サービス「JREバンク」が9日から開始 鉄道特典でスイカ経済圏拡大狙う
ネット上に専用口座を開設すれば預金や住宅ローンを使えるほか、利用状況に応じて鉄道や駅ビルなどの割引特典が利用できるという鉄道会社ならではのサービス内容が特徴だ。(2024/5/7)

楽天ペイと楽天ポイントのキャンペーンまとめ【5月4日最新版】 1万ポイント還元や最大20%還元などの施策が充実
5月となり、楽天ペイでもさまざまなキャンペーンが更新された。5月ははじめて楽天ペイ内ポイントカードを使用した場合ポイント付与額が10倍になる他、「はじめてシリーズ」も継続して実施している点に注目したい。(2024/5/4)

楽天カード、マックのモバイルオーダー&デリバリーキャンペーン 抽選で1万人に500ポイントプレゼント
楽天カード会員専用サービス「楽天カードポイントプラス」で「マクドナルドのモバイルオーダー」または「マックデリバリーサービス」を利用すると、抽選で1万人に500ポイントを進呈するキャンペーンを行う。(2024/5/2)

異業種の参入:
なぜ、JR東は「銀行化」するのか? 運賃4割引きなど、破格の特典も懐が痛まないワケ
JR東日本は5月から銀行事業、「JRE BANK」をスタートさせる。破格の特典が目立つが、銀行事業参入による狙いは何か。(2024/4/30)

Mobile Weekly Top10:
楽天系の支払い・ポイントサービスのスマホアプリが統合へ 「スマホ決済」が再び熱くなる?
(2024/4/27)

「ポイント経済圏」定点観測:
アプリ統合で反転攻勢 「楽天ペイ」の“現在地“は? ポイント経済圏の行方
楽天ポイントという最強のポイントを持つにもかかわらず、リアル店舗での決済ではいまひとつ出遅れ感もあった楽天ペイ。反転攻勢に出ようとしているが、どのように?(2024/4/23)

「楽天ペイ」「楽天ポイントカード」「楽天Edy」アプリを統合 “史上最大級のキャンペーン”も実施
楽天ペイメントは2024年4月18日、共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」アプリとキャッシュレス決済サービス「楽天ペイ」アプリを12月頃に結合すると発表した。楽天モバイルとの連携強化に向けた施作なども明らかにした。同日、今後の戦略について、代表取締役社長の小林重信氏と、執行役員CMOの諸伏勇人氏が説明した。(2024/4/18)

利用しているネットバンキング 「三菱UFJ」「住信SBI」を抑えた1位は
インターネットバンキングの利用経験者は約76%に上ったことが、マイボイスコム(東京都千代田区)の調査で分かった。最も利用されているインターネットバンキングは?(2024/4/18)

楽天、無料の家計簿アプリを突如リリース 1000以上の社外サービスとも連携可能
楽天は4月17日、家計簿アプリ「楽天家計簿」の提供を始めた。クレジットカードや銀行口座、証券口座と連携し、収入/資産から、ECや携帯料金といった支出まで一元管理。利用料は無料。(2024/4/17)

JR東日本のネットバンク「JRE BANK」5月開始 運賃4割引など特典用意
JR東日本とビューカード(東京都品川区)は、デジタル金融サービス「JRE BANK」を5月9日から開始すると発表した。JRE POINT生活圏を拡充し、利用者増加につなげる狙いだ。(2024/4/12)

JR東のネット銀行「JRE BANK」、5月9日スタート 片道運賃4割引やグリーン券付与などの特典も
JR東日本が、ネットバンクサービス「JRE BANK」を5月9日からスタートする。同サービスは、楽天銀行を所属銀行とし、JR東日本傘下のビューカードが銀行代理業者として展開するもの。通常の銀行として使えるだけでなく、JR東日本関連サービスの恩恵も受けられるとしている。(2024/4/10)

JR東日本がネット銀行「JRE BANK」を5月9日開始 運賃割引や無料のSuicaグリーン券など
JR東日本グループブランドのデジタル金融サービス「JRE BANK」が5月9日にスタート。口座を開設すると一般的な銀行サービスに加え、鉄道の運賃割引やSuicaグリーン券のプレゼント、JRE POINTがたまるなどの特典を提供する。(2024/4/10)

JR東日本、ネットバンクサービス「JRE BANK」を発表 JREポイントがたまるなどの特典も
支店は「JREはやぶさ支店」「JREとき支店」「JREこまち支店」。(2024/4/9)

楽天ペイと楽天ポイントのキャンペーンまとめ【4月4日最新版】 最大1万ポイントや10万ポイントを獲得するチャンス
4月となり、楽天ペイでもさまざまなキャンペーンが更新された。4月はの他、「はじめてシリーズ」も継続して実施している点に注目したい。(2024/4/4)

楽天グループ、金融事業再編に向け動く 携帯×金融の強化にもつながるか
楽天グループと楽天銀行は、2024年4月1日に楽天銀行を含む楽天グループのフィンテック事業の再編に向けて、協議を開始することに合意した。携帯×金融の強化にもつながるのだろうか……?(2024/4/1)

楽天グループ、金融子会社を統合へ 正式発表 楽天銀行は上場維持
楽天グループは4月1日、楽天銀行を含むグループのフィンテック事業の再編に向けて協議を始めることで基本合意したと正式に発表した。(2024/4/1)

楽天グループ「検討は事実」 金融子会社統合報道にコメント
楽天グループが金融子会社を統合する方針を固めたとする日経報道について、楽天グループは「再編について検討していることは事実」とコメントを出した。(2024/4/1)

楽天モバイルと楽天カード、合計最大3万ポイント還元の「楽天マジ得フェスティバル」開催
楽天モバイルと楽天カードは、楽天ポイントを合計最大3万ポイント還元する「楽天マジ得フェスティバル」を開催する。楽天カードへ新規入会して「Rakuten最強プラン」へ申し込んだユーザーが対象となる。(2024/3/22)

PR:楽天モバイルの通信品質や契約特典にどれだけ満足している? 読者調査から読み解く“推しのポイント”
サービス開始から4年を迎えようとしている楽天モバイルについて、ITmedia Mobileでは読者アンケートを実施。楽天モバイルの料金、ネットワーク、ポイント、各種サービスについての満足度を聞いた。ITmedia Mobile読者が感じている楽天モバイルの“推しのポイント”はどこにあるのか。(2024/3/13)

楽天ペイと楽天ポイントのキャンペーンまとめ【3月5日最新版】 最大全額・20%などの高額還元に注目
3月となり、楽天ペイでもさまざまなキャンペーンが更新された。3月は楽天市場と楽天ペイアプリとの連携キャンペーンの他、「はじめてシリーズ」も継続して実施している点に注目したい。(2024/3/5)

フリーランスになって初めての「確定申告」 やってみて分かった“意外”な落とし穴(後編)
2023年夏に、勤め先であったアイティメディア社を退職してフリーランスとなった筆者。面倒な確定申告を、いかに手間なく簡単に、かつお得になるようにやってみたという趣旨のもと、SaaSを存分に活用した実体験をお届けしたい(後編)(2024/2/28)

楽天ペイ、みずほや三菱UFJなど全国261の金融機関からチャージ可能に
キャッシュレス決済サービス「楽天ペイ」アプリの残高へ、全国の金融機関口座からオンライン電子マネー「楽天キャッシュ」へのチャージが可能に。全国261の金融機関から今後さらに追加していく。(2024/2/26)

コード決済はPayPay、非接触決済はモバイルSuicaが最多利用 MMDが調査
MMD研究所は、2月13日に「2024年1月決済・金融サービスの利用動向調査」の結果を発表。普段利用している支払い方法や利用しているクレジットカード、QRコード/非接触決済などを発表している。(2024/2/14)

楽天ペイと楽天ポイントのキャンペーンまとめ【2月4日最新版】 最大100%ポイント還元や楽天モバイル連携施策も
2月となり、楽天ペイでもさまざまなキャンペーンが更新された。2月は「新春おみくじ」で最大1000%のポイントがもらえる。「はじめてシリーズ」も継続して実施している点に注目したい。(2024/2/4)

石野純也のMobile Eye:
三木谷氏が語る「2024年の楽天モバイル」 プラチナバンドは5月開始、家族割引の構想も
楽天グループは、1月25日に楽天市場の出店者向けイベント「楽天新春カンファレンス2024」を開催した。同イベント後には、三木谷氏が一部報道陣からのグループインタビューに答え、楽天モバイルの今後の戦略や見通しについて語った。料金プラン、衛星通信、プラチナバンドなど、その話題は多岐にわたる。(2024/1/27)

モバイル決済の裏側を聞く:
スマホから“手数料無料”で口座のお金を移動 「エアウォレット」の仕組みと決済戦略に迫る
送金アプリ「エアウォレット」は、リクルートと三菱UFJ銀行のジョイントベンチャーである「リクルートMUFGビジネス」が提供している。手数料無料で金融機関のお金を移動できるのが特徴だ。ためたお金は決済ブランド「COIN+」による決済も可能だ。(2024/1/19)

どうなる「楽天経済圏」 モバイルの巨額赤字だけでない、深刻な懐事情
「第4の事業者」として携帯通信サービスへ鳴り物入りで参入した楽天だったが、苦境が続く。中でもオープンAI社の騒動には、相当なショックがあったのではないかと識者は分析する。(2024/1/19)

満足度が高いネット証券 「マネックス証券」を抑えた同率1位は?
oricon ME(東京都港区)が「ネット証券」についての満足度調査を実施した。満足度の高い「ネット証券」の1位とは。(2024/1/17)

楽天ペイと楽天ポイントのキャンペーンまとめ【1月11日最新版】 「新春おみくじ」で最大1000%ポイント付与
1月となり、楽天ペイでもさまざまなキャンペーンが更新された。1月は「新春おみくじ」で最大1000%のポイントがもらえる。「はじめてシリーズ」も継続して実施している点に注目したい。(2024/1/11)

ドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天、LINEヤフー、メルカリの募金情報まとめ Yahoo!基金では15億円を超える寄付も
2024年1月1日午後4時10分、石川県能登地方を震度7の地震が襲った。NTTドコモやメルカリなどは能登半島地震の被災者を支援するため、決済サービスやポイントを使った募金を呼びかけている。各社が案内する情報をまとめてお伝えする。(2024/1/10)

ドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天が2024年年頭所感を発表 ネットワーク品質やAI活用が注目される年に
ドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天が年頭所感を発表した。各社は2023年を振り返りつつ、2024年に成し遂げることも明らかにした。2024年はネットワーク品質やAI活用が注目される年になりそうだ。(2024/1/5)

後編:
小売のECやグローバル展開で考えるべきテーマとは? 2024年の重点課題総ざらい
テクノロジーの浸透が進む小売業界で、2024年に目を向けるべき課題、取るべき施策は何か。ECや出店、グローバル展開などのテーマに絞って、小売業界に精通する筆者がポイントを解説していく。(2023/12/29)

「楽天カード」の発行枚数が3000万枚を突破 抽選で3000人に1万ポイント当たるキャンペーンを開催
「楽天カード」のクレジットカード発行枚数が3000万枚を突破した。これを記念して、期間中にエントリーして合計1万円以上(税込み)のショッピングに利用したユーザーから、抽選で3000人に1万ポイントをプレゼントするキャンペーンを実施する。(2023/12/18)

楽天カード会員が楽天モバイルに初めて申しむと2万ポイント還元
楽天モバイルは、楽天カード会員が初めて楽天モバイルへ申し込むと楽天ポイントを2万ポイント還元するキャンペーンを開催。楽天モバイル公式サイト、楽天モバイルショップ、楽天モバイル公式 楽天市場店で行う。(2023/12/14)

freee、楽天銀行との連携を再開 約1年10カ月ぶり
freeeは、楽天銀行との連携を再開した。(2023/12/5)

楽天ペイと楽天ポイントのキャンペーンまとめ【12月4日最新版】 20%還元や全額還元のお得な施策多数
12月となり、楽天ペイでもさまざまなキャンペーンが更新された。12月は楽天カード、楽天キャッシュを利用したコード、QR支払いで最大500ポイントを獲得できるキャンペーンを実施している。(2023/12/4)

石川温のスマホ業界新聞:
楽天グループ「SPU」が「モバイルユーザー」優遇にシフト――ポイント付与上限見直しで、ヘビーユーザーはどこへいく?
楽天グループが、SPU(スーパーポイントアッププログラム)を12月から改定する。従来は「楽天プレミアムカード」ユーザーを優遇していたが、今後は「楽天モバイル」ユーザー重視に変わる他、同カードユーザーの特典が“弱体化”することから炎上気味となっている。しかし、サービス改定で悪い影響が出るユーザーはそれほど多くないのではないだろうか。(2023/11/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。