ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「楽天銀行」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

2010年5月4日、行名をイーバンク銀行から楽天銀行に変更

auじぶん銀行、預金残高2兆円突破
auじぶん銀行は8月31日時点での預金残高が2兆円を突破したと発表した。1兆円から2兆円到達までは2年8カ月。開業から1兆円に到達するまでは10年6カ月かかっていた。(2021/9/1)

石野純也のMobile Eye:
手数料だけでは成り立たないスマホ決済 それでも各社が注力する理由とは?
スマホ決済が転換期を迎えている。PayPayは2022年10月から決済手数料の有料化に踏み切る。対する楽天グループの楽天ペイは、PayPayの有料化に乗じた形で中小店舗に対する手数料を1年間無料化する。KDDIはグループの金融事業との連携を強化する方針を示した。(2021/8/28)

楽天ペイ、中小店舗の決済手数料を1年間無料に 楽天ポイントが集客の強みに
楽天ペイメントは、年商10億円以下の新規加盟店を対象に、「楽天ペイ」のコード決済の手数料を、2021年10月1日から2022年9月末まで実質0円とする。楽天の決済サービスで同社が強みに挙げるのが「楽天ポイント」だ。加盟店になることで購買意欲の高いユーザーが来店し、売り上げのアップが期待される。(2021/8/25)

楽天ペイアプリ、楽天カードや楽天銀行の機能を追加
スマホ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」で、8月26日から「楽天カード」の利用明細と「楽天銀行」の預金残高を確認可能に。ゴルフ場予約サイト「楽天GORA」のサインレスチェックイン機能なども利用できるようになる。(2021/8/24)

楽天ペイ、アプリが楽天カード、楽天銀行、ポイント運用などと連携
楽天ペイメントは8月26日から、スマホ決済サービス「楽天ペイ」にて、楽天グループの各サービスとの連携機能を追加する。連携するのは、楽天カード、楽天銀行、ポイント運用 by 楽天PoincClub、楽天チェック。(2021/8/24)

住信SBIネット銀行、振込手数料を88円に 現時点で最安か
住信SBIネット銀行は10月1日から、他行宛ての振込手数料を一律88円に引き下げると発表した。従来は157円だった。また、利用に応じて振込手数料を無料とする「スマートプログラム」も引き続き提供する。(2021/8/24)

楽天銀行、預金残高6兆円突破 半年で1兆円増加 口座数も1100万突破
楽天銀行は、2021年6月末に預金残高が6兆円を突破したと発表した。併せてインターネット銀行として初めて口座数が1100万を突破するなど、順調に口座数を伸ばしている。(2021/7/6)

Ansible活用でIP払い出し作業時間をほぼ自動化:
楽天のインフラエンジニアが明かす、AWSを用いた大規模ネットワーク運用の効率化
2021年5月11〜12日に開催された「AWS Summit Online 2021」で、楽天グループ グローバルテクノロジー統括部 Vice Group Managerの藤井博貴氏が登壇。「楽天の大規模AWSネットワークインフラの運用方法」と題して、「AWS Transit Gateway」導入の効果や、Ansibleを用いた業務自動化の取り組みを紹介した。(2021/6/16)

楽天カード、1人で2枚目の発行が可能に 用途別使い分けなど想定
楽天カードは6月1日、すでに楽天カードを持っている人が2枚目のカードを発行できるようにした。顧客からの「用途に合わせて使い分けたい」「好みのデザインカードを追加で持ちたい」といった要望に応えた。(2021/6/1)

ココス&エルトリート約540店舗で「au PAY」「楽天ペイ」が利用可能に
ゼンショーホールディングスのファミリーレストラン「ココス」「エルトリート」約540店舗で、スマホ決済「au PAY」「楽天ペイ(アプリ決済)」が5月25日から利用可能となる。(2021/5/24)

手数料を無料化して証券会社はどうやって利益を出すのか?
ネット証券を中心に、国内で株式売買手数料の無料化の流れが進んでいる。現在も、SBI証券と楽天証券では1日100万円まで手数料はゼロだが、さらにSBI証券と松井証券では25歳以下の完全無料に踏み切った。しかし、売買手数料を無料化して、いったいどこで利益を出すのだろうか? 利用者の中には、「どこかに落とし穴があるのではないか」と不安視する声もある。(2021/5/7)

楽天銀行と楽天証券の口座連携「マネーブリッジ」3兆円突破
楽天銀行と楽天証券は4月12日、両社の口座連携サービス「マネーブリッジ」利用者の預金残高が3兆円を突破したと発表した。2020年8月に2兆円に到達してから、8カ月で1兆円を積み増した。(2021/4/12)

楽天証券のマネーブリッジ、米国株対応
楽天証券は4月4日注文分から、「マネーブリッジ」の自動入出金機能が米国株式にも対応したと発表した。円貨決済の米国株購入時に、自動的に楽天銀行から資金を移動して買い付けを行える。(2021/4/5)

楽天銀行、LGBT向け住宅ローンで三好不動産と提携
楽天銀行は4月2日、福岡県を中心に不動産事業を展開する三好不動産と提携し、LGBT向けに「楽天銀行LGBT住宅ローン」の提供を開始した。(2021/4/2)

磯山友幸の「滅びる企業 生き残る企業」:
楽天グループ、2423億円増資に潜む「見過ごせない問題点」
楽天グループと日本郵政グループが3月12日、資本業務提携に合意したと発表した。だが、この提携、手放しに評価してよいのかどうか。2423億円増資に潜む「見過ごせない問題点」を指摘する。(2021/3/18)

ジャパンネット銀行、500万口座達成
ジャパンネット銀行は2月5日に、普通預金口座数が500万口座を超えた。400万口座突破は2018年。約2年で100万口座増加した。口座数に比例して決済件数も増加しており、20年は2万3000件超の決済が行われた。(2021/2/8)

楽天ペイ、楽天銀行口座からの即時払いが可能に
スマホ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」が、楽天銀行口座の預金残高から即時支払いに対応。楽天銀行の口座を支払い元として設定すると、アプリで決済した金額が口座の預金残高から即時に引き落とされる。(2021/1/25)

楽天ペイ、楽天銀行からの即時払い可能に
楽天ペイメントと楽天銀行は、1月25日から楽天ペイにおいて、楽天銀行口座からの即時払いが選択可能になったと発表した。(2021/1/25)

楽天銀行1000万口座突破 楽天証券連携のマネーブリッジも200万口座に
楽天銀行は1月19日に、口座数が1000万口座を突破したと発表した。900万口座突破から7カ月間で100万上乗せした。楽天証券連携のマネーブリッジも200万口座に到達した。(2021/1/19)

楽天証券、預かり資産残高10兆円突破 前年から45%増
楽天証券は1月8日に、預かり資産残高が10兆円を突破したと発表した。2カ月間で1兆円増加し、前年同月比では45%の急速な伸びを見せた。(2021/1/12)

楽天銀行、ネット銀行初のリバースモーゲージ提供
 楽天銀行は1月5日、不動産事業を展開するハウスドゥの子会社フィナンシャルドゥと提携し、リバースモーゲージ「楽天銀行リバースモーゲージ」の提供を開始した。(2021/1/5)

楽天銀行、預金残高5兆円突破
楽天銀行は、2020年12月末に預金残高が5兆円を突破したと発表した。20年6月に4兆円を超えており、6カ月で1兆円増加した。(2021/1/5)

PR:使い切れない「楽天ポイント」は「楽天ペイのSuica」にチャージすべし! 2人に1人、必ず当たる! 1000ポイントゲットのチャンスも見逃すな
「楽天ペイのSuica」は、「楽天ペイアプリ」から簡単に発行でき、楽天カードからチャージをするたびに楽天ポイントが貯まるサービス。12月9日から、貯まった楽天ポイントからSuicaにチャージをすることが可能になった。その便利さや、どんな人にピッタリなのかを解説しよう。(2020/12/18)

ジャパンネット銀行が「つばめ支店」など新設 4つの鳥の名前を一般公募で
ジャパンネット銀行は、開業20周年企画として新支店名となる「鳥の名前」と「ニックネーム」を一般公募した。7747件、469種類におよぶ応募の中から、4つの鳥の名前を選定し、2021年4月5日のPayPay銀行スタートとともに新たな支店として開設する。(2020/12/17)

住信SBI銀、預金残高6兆円突破
住信SBIネット銀行は、預金総残高が11月25日に6兆円を突破したと発表した。(2020/12/1)

auじぶん銀行、au携帯とセットで住宅ローン金利を最大年0.1%引き下げ
KDDIとauじぶん銀行が2021年3月1日から、住宅ローンの金利を最大年0.1%引き下げる「住宅ローンau金利優遇割」を提供する。変動金利は年0.310%、固定金利(10年)は年0.44%となる。例えば、借入金額が3000万円で35年ローンを組む場合、ローン完済までの総返済額が約55.4万円減るという。(2020/11/30)

楽天モバイルの申込数が160万を突破 三木谷氏は“携帯料金値下げ”の動きを歓迎
楽天モバイルの累計契約申込数が、2020年11月時点で160万を突破した。MVNOからの乗り換えはまだ進んでいないが、2021年夏に人口カバー率96%を達成することで、移行も進むと三木谷氏はみている。月額2980円で使い放題という料金プランは、他社にはマネできないだろうと自信を見せる。(2020/11/12)

auじぶん銀行、住宅ローン融資総額が1兆円突破
auじぶん銀行は9月18日、住宅ローン融資の実行額が累計で1兆円を超えたと発表した。(2020/9/18)

預金残高2兆円を突破した、楽天銀行と楽天証券の口座連携「マネーブリッジ」 1年で倍増
楽天銀行と楽天証券は9月1日、両社の口座を連携させるサービス「マネーブリッジ」利用者の預金残高が8月末に2兆円を突破したと発表した。2019年7月に1兆円に到達してから約1年で倍増した。(2020/9/1)

クレカ払い時のみ利用可:
楽天モバイルが「キャリア決済」を開始 Google Playストアに対応 10%還元キャンペーンも実施
楽天モバイルがキャリア決済サービスを開始した。ただし、クレジットカードで利用代金を支払っているユーザーが対象となる。(2020/9/1)

米国株、若者に人気 楽天証券では投資家が数倍以上に
日本人の投資といえば日本株が当たり前だった。ところが若者を中心に、米国株取引が急増している。楽天証券によると、同社で米国株を取引する人の数は、前年比で数倍以上に増加した。その背景には何があったのだろうか。(2020/6/19)

楽天銀行900万口座突破 ネット銀行初
楽天銀行は6月16日に、口座数が900万を突破したと発表した。国内インターネット銀行としては初となる。また、直近約8カ月で100万口座を増加させており、増加ペースが加速している。(2020/6/17)

Rakuten Linkアプリに「ニュース」と「ウォレット」機能が追加
楽天モバイルの「Rakuten Link」アプリが、アップデートで機能を拡充。新たに「ニュース」と「ウォレット」の機能が追加された。ニュースでは、新聞社やIT系メディアが配信するニュースを閲覧できる。ウォレットでは、楽天の決済・金融サービスにアクセスできる。(2020/6/16)

預金金利0.10% auカブコムとauじぶん銀行が口座連携を強化
auカブコム証券とauじぶん銀行は、6月1日から、双方の口座を連携するサービスを「auマネーコネクト優遇プログラム」にリニューアルした。連携によってauじぶん銀行の円普通預金口座の金利を通常の100となる、0.10%に引き上げる。(2020/5/29)

楽天銀行と楽天証券の口座連携「マネーブリッジ」が150万口座突破
約1年で連携を50万口座積み上げ。銀行と証券間で、自動で入出金が行われ、楽天銀行の普通預金金利が0.10%となる特典がある。(2020/5/25)

コード決済の統一規格「JPQR」、店舗提示型が全国で本格運用
キャッシュレス推進協議会は、4月27日にコード決済の統一規格「JPQR」(店舗提示型コード決済)の本格運用を開始。あわせて、JPQRの一方式として「請求書払い」を新たに規定した。(2020/4/28)

1つで13事業者のコード決済に対応できる統一QRコード「JPQR」全国でスタート 請求書払いも統一
経済産業省は、JPQRに準拠した店舗掲示型決済コードの本格運用を始めた。QRコード決済を導入する店舗は、JPQR準拠のコードをレジ置くだけで、13種のQRコード決済に対応できる。(2020/4/27)

教えて! キラキラお兄さん:
やりがいって何ですか?
有名ECサイトのプロダクトマネジャーが見失った「やりがい」とは。そして、どうやってそのやりがいを取り戻していったのか。これは、一人の男の再生の物語。(2020/4/20)

楽天・三木谷浩史会長兼社長の「年頭挨拶」――「これまでにないようなモバイルサービスを消費者に届けたい」
帯電話キャリア各社の社長が恒例の「年頭あいさつ」を公表した。子会社がキャリアデビューした楽天の三木谷浩史社長は、念頭所感でどのようなことを述べたのだろうか。(2020/1/17)

じぶん銀行が「totoを地銀にOEM提供」 地銀3行に金融サービスをプラットフォームとして
ネット系金融機関各社の地銀との提携が加速している。KDDIグループのじぶん銀行は12月19日、金融サービスをプラットフォームとして地方銀行などに提供する「じぶん銀行アライアンス」の取り組みを開始した。(2019/12/19)

PR:キャッシュレスも使いこなせる! 「arrows RX」でおトクにスマホデビューしよう!
「キャッシュレス」が話題の昨今ですが、「難しい」「面倒」「不安」と思っている人もいると思います。しかし一度使い始めれば、「便利さ」と「おトクさ」で手放せないものになるはずです。楽天モバイルの「arrows RX」で、キャッシュレスデビューしてみませんか?(2019/11/26)

大垣共立銀行と楽天銀行、銀行APIを使って提携
東海地方を拠点とする大垣共立銀行と、ネット銀行の楽天銀行は業務提携を行い、11月18日から新サービスを提供する。大垣共立銀行の利用者に、楽天銀行の専用口座を通じて、くじの購入や公営競技への入金をやりやすくする。(2019/11/14)

楽天、仮想通貨取引サービスを開始 ビットコインやイーサリアムなど取り扱い
楽天ウォレットが仮想通貨の現物取引サービスを開始。専用アプリを使って仮想通貨の取引ができる。Android版は先行配信、iOS版は9月上旬にリリース予定。(2019/8/19)

今さら聞けない「認証」のハナシ:
マイナンバーカードはどうやって認証してる? 意外と知らない「所有物認証」のハナシ
専門用語が飛び交いがちなセキュリティの知識・話題について、「認証」関連分野を中心にできるだけ分かりやすく紹介する連載。今回は「所有物認証」について。(2019/5/17)

ITりてらしぃのすゝめ:
改元でシステム不具合よりも深刻だった“人間の脆弱性”
改元に伴い、心配されていたITシステム関連のトラブルはどうだったのか。何が起こったのかをあらためて振り返ってみる。(2019/5/15)

楽天銀行、サービス障害復旧 10時間以上ログインできない状態
(2019/5/8)

楽天銀行にログインできない不具合が発生
(2019/5/7)

楽天銀行、接続しにくい状態に 連休明けでアクセス集中か
インターネット銀行「楽天銀行」のWebサイトが5月7日、アクセスしづらい状態になっている。(2019/5/7)

「公取委がGAFAにメスを入れる!」→国内大手企業も問題ではないかという調査結果が出てしまう
“やぶ蛇”?(2019/4/18)

仮想通貨取引サービス「楽天ウォレット」が新規口座受付開始
楽天IDおよび楽天銀行と連携。Web上で新規口座開設が可能。(2019/4/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。