ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

  • 関連の記事

「FAST Search&Transfer」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「FAST Search&Transfer」に関する情報が集まったページです。

Microsoftが月例セキュリティ情報を公開、IEなどに深刻な脆弱性
12件のセキュリティ情報は「緊急」が5件、「重要」が7件。IEの脆弱性はIE 10も含めた全バージョンが極めて深刻な影響を受ける。(2013/2/13)

Microsoft、12件の月例セキュリティ情報公開を予告
Microsoftの月例セキュリティ情報は日本時間の2月13日に公開予定。内訳は「緊急」が5件、「重要」が7件となる。(2013/2/8)

Microsoft、7件の月例セキュリティ情報を公開 Officeに深刻な脆弱性
Officeの脆弱性に対処する更新プログラムが深刻度「緊急」、残る6件は「重要」レベル。強度の不十分な暗号鍵を無効化するプログラムはWindows Update経由で配信開始した。(2012/10/10)

Microsoft、7件のセキュリティ情報を日本時間10日に公開
深刻度「緊急」は7件のうち1件。また、強度の不十分な暗号鍵を無効化する更新プログラムを同日からWindows Updateの自動更新機能を通じて配信する。(2012/10/5)

Exchange ServerなどにOracleライブラリ起因の脆弱性、Microsoftがアドバイザリ公開
MicrosoftのExchange Serverなどに同梱されているOracleの「Outside In」に脆弱性があり、リモートで任意のコードを実行される恐れがある。(2012/7/26)

ビッグデータ処理の常識をJavaで身につける(1):
検索エンジンの常識をApache Solrで身につける
Hadoopをはじめ、Java言語を使って構築されることが多い「ビッグデータ」処理のためのフレームワーク/ライブラリを紹介しながら、大量データを活用するための技術の常識を身に付けていく連載(2011/11/18)

SharePoint 2010で高めるWebサイトの成熟度:
PR:広報型Webサイトからビジネスと利益を生み出す企業サイトに改革せよ
企業のWebサイトを、情報を一方的に伝える広報機能から、ユーザーとの対話によって利益を生み出す基盤に変革させようという動きが進んでいる。情報共有やコミュニケーションの基盤としての実績を持つMicrosoftの「SharePoint Server 2010 for Internet Sites」が、企業サイト改革の切り札として注目されている。(2011/3/1)

先取り突撃! DMS2010:
クラウド活用が製造業のグローバル競争力を強化する
2010年6月23〜25日の3日間、東京ビッグサイトで「第21回 設計・製造ソリューション展」が開催される。開催に先立ち、@IT MONOist編集部では、出展を予定しているマイクロソフトに展示の見どころを聞いた。(2010/6/7)

マイクロソフト、Office 2010などの価格を発表
パッケージ版やプレインストール版などを6月17日から一般向けに発売する。(2010/4/22)

「検索結果は0件です」を回避:
アクセラ、FAST対抗のECサイト向け検索エンジンの新版を発表
アクセラテクノロジは、検索ソフトウェア新版の販売を開始すると発表した。(2009/9/2)

Microsoft、FAST関連のエンタープライズ検索製品を発表
Microsoftが、昨年12億ドルで買収したFASTの技術をSharePointに統合したエンタープライズ検索の新製品「FAST Search for SharePoint」を発表した。(2009/2/12)

任意のコード実行の恐れ:
MSの企業向け検索製品にXSSの脆弱性
Microsoftの企業向け検索プラットフォーム「FAST ESP」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性が見つかった。(2009/2/10)

Weekly Memo:
Yahoo!に振り向かなかったMicrosoftの“秘密兵器”
Googleとの提携が破談したYahoo!に、Microsoftは再び振り向かなかった。そこには、検索エンジンで手応えをつかみつつあるMicrosoftの“秘密兵器”の影がちらついている。(2008/11/17)

MSとFASTが日本でも協業 企業向け検索強化へ
マイクロソフトはFAST日本法人と協業し、企業向け検索事業を強化する。SharePoint ServerにFASTの検索を組み合わせて提供する。(2008/11/12)

エンタープライズサーチで企業情報活用のパラダイムシフトを引き起こす:
PR:SMART/InSightが企業にもたらす「情報連鎖」
ウチダスペクトラムが企業向けに提供するエンタープライズサーチシステムである「SMART/InSight」は、単に適切な情報を見つけ出す、というだけにとどまらず、「情報連鎖」を引き起こすことで企業内で眠る情報に新たな価値を与え、事業の発展につなげることができるという。情報連鎖とは何か、なぜSMART/InSightでそれが可能になるのか、ITmedia エンタープライズの浅井英二編集長が、同社の町田潔社長に話を聞いた。(2008/7/7)

RSSフィードをマッシュアップしてメディアが作れる「MODIPHI APPS」が提供開始
Webページの情報をRSSフィード化し、再配信をしたりWebサイトに組み込んだりできる機能を持つアプリケーション製品群を、モディファイが提供し始めた。(2008/5/19)

「博愛主義者に」:
ビル・ゲイツ氏最後のMicrosoft CEO Summit
これはゲイツ氏が行ったキーノートをライブでブログ投稿された“生の”記事である。最初の投稿のタイムスタンプは5月14日11時31分であり、キーノートはそれから約55分後に終わった。(2008/5/15)

MS、企業向け検索FASTの買収を完了
1月に発表した買収を完了。FASTのCEOがMicrosoftの企業内検索部門を率いる。(2008/4/26)

日経テレコン21にファストの検索プラットフォームが採用
ファスト サーチ&トランスファは、日本経済新聞デジタルメディアが運営するビジネス情報サービス「日経テレコン21」に、同社の検索プラットフォームが導入されたと発表した。(2008/4/14)

エンタープライズサーチに必要な機能は?
e-Discoveryツール購入に際してのチェックポイント
米国の電子情報開示要求では、必要なデータを迅速に探し出すことが法的に義務付けられている。電子情報開示対策ツール購入のチェックポイントを紹介する。(2008/3/27)

CIOへの余震も
エンタープライズサーチ市場に激震を与えたMicrosoftによるFastの買収
MicrosoftはFastの買収により、自社のエンタープライズサーチ技術に箔(はく)を付けるだけでなく、IBMやOracleといった大手インフラベンダーを追い抜くことになる。(2008/3/21)

楽天・ファストの携帯検索がスタート
楽天とFASTの合弁会社による携帯検索サイト「楽天・ファスト・モバイルサーチ」がスタートした。(2008/3/4)

FASTfoward '08 Report:
MSが認めたFASTのサーチテクノロジーとビジョン
Fast Search & Transfer(FAST)は今週、米国フロリダ州オーランドで年次イベント「FASTfoward '08」を開催。同社およびMicrosoftが、買収の経緯や今後の製品について明らかにした。(2008/2/23)

カカクコム、価格比較サイト刷新で検索エンジンの導入規模を拡大
ファスト サーチ&トランスファは、価格.comのリニューアルに際して、同社が提供するエンタープライズサーチプラットフォームの導入規模を拡大したと発表した。(2008/2/7)

FAST買収でMicrosoftのGoogleとの戦いに新展開
MicrosoftはFast Searchの買収により、GoogleやIBMなどのライバルに新たな戦いを挑もうとしている。(2008/1/9)

MS、企業向け検索のFASTを12億ドルで買収へ
ハイエンドの企業内検索を提供するFASTの買収で、Microsoftはエンタープライズ検索事業の強化を図る。(2008/1/9)

ここから始めるエンタープライズサーチ:
第1回 エンタープライズサーチと6つの罠
エンタープライズサーチの導入を検討する段階でいくつかの課題(陥りやすい罠)が出てきます。これらの課題を解決しなければ、エンタープライズサーチを導入しても、効果的な情報検索の実現という最終目標は達成できないと考えていいでしょう。(2007/12/6)

次世代検索の行き先:
企業運用から見る検索の今後
今後どのような検索ツールがユーザーに支持されるのか。企業内検索には、今後ユーザーの検索をより簡単にするヒントがちりばめられている。(2007/12/5)

Symbianが企業向け検索システムを導入
ファスト サーチ&トランスファは、スマートフォンOSの英Symbianに企業向け検索システムを納入した。(2007/11/15)

次世代検索の行き先:
日本と検索が蜜月関係を築くために必要なこと
指数関数的に情報量が増える中、日本でも検索市場は盛り上がりを見せる。だが欧米諸国のまねをしていても検索をビジネスに生かすことはできない。日本企業は検索結果への責任と、技術力への信頼を持って検索と向き合う必要がある。(2007/11/6)

次世代検索の行き先:
検索行為を介さずに“未知”情報を集めるメカニズム
求める検索情報を100%得られるようになる――そんな検索が将来実現するかもしれない。キーワード検索では得られない“未知”の情報にたどりつくために必要となるものは何か。FASTのオルスタッドCTOは、その一端を示した。(2007/11/1)

“話題”や“感性”で企業内検索――「なずき サーチ」共同開発
NTTデータとFast Search & Transfer、ファスト サーチ&トランスファは、定量化した“話題”や“評判”などの指標から企業内の情報を検索する製品を共同開発する。(2007/10/25)

Web 2.0 Summit:
Fast、モバイル対応のソーシャル検索でライバル各社に先手
Fastはソーシャルネットワーク志向のレコメンデーションツールで携帯電話用の検索機能を強化した。(2007/10/22)

ロングテール収益化のカギは“検索”にあり――ファスト、サーチ製品新版
ファスト サーチ&トランスファは、レコメンデーション機能を搭載したeコマースサーチソリューションを日本市場に投入。ユーザーの“未知”のニーズを収益に結び付ける検索技術が取り入れられている。(2007/10/16)

ファスト サーチの絞り込み検索技術、JALのWebサイトに採用
日本航空は、Webサイトの強化にファスト サーチの検索技術を採用。検索キーワードに関連する情報をカテゴリー別に自動表示できるという。(2007/9/28)

「検索の第1世代は終わり」――FASTが見る“次の検索”とは
FAST Search&Transferは、次世代の検索の形を提案する。少ない検索語で適切な情報にたどり着ける「ゼロタームサーチ」で、携帯電話サイトの検索に特に向いているとしている。(2007/9/19)

FASTと楽天、モバイル検索で合弁会社
モバイル検索に強力な参入者。ノルウェーFASTと楽天が合弁会社を設立し、年内にサービスを開始する計画を発表した。モバイルリスティング広告も開発する計画だ。(2007/8/23)

NEWS
オーシャンブリッジとファストサーチ&トランスファがパートナー契約
セキュアな企業内情報活用のためのイントラネットを構築するソリューションを提供(2007/6/21)

揺れ動く感情を分析して分かったこれからのリスクマネジメント
新たなリスクに気付かせる――メールに込められた人間の「感情」
大量にやりとりされるメールは、企業にとってどのような意味を持つのか。メールの持つ「感情」を分析するという新しい切り口によって、今まで気付かなかったリスクにも気付くことのできるメール管理をファストサーチ&トランスファが提案する。(2007/5/23)

よく効くエンタープライズサーチの処方箋:
「あやふや地名」検索を実現したマピオンモバイル
ケータイ版「マピオン」に登場した新サービス「乗換&ナビ」は、出発地と目的地をフリーワードで入力するだけの手軽なインタフェースが特徴だという。実は、それをハイエンドのエンタープライズサーチエンジンが支えている。(2007/3/29)

よく効くエンタープライズサーチの処方箋:
エンタープライズ2.0で柔らかい知識共有が始まる
企業がWeb 2.0を取り込むようになると、ネット上でブログやSNSが普及したように、企業内でもボトムアップのコンテンツが急増していく。それを集合知として分析し、企業価値に結び付けるのがエンタープライズサーチの役割だ。(2007/3/20)

よく効くエンタープライズサーチの処方箋:
「検索で取り組むのは経営課題そのもの」、ウチダスペクトラム社長
エンタープライズサーチ元年で市場は活性化しているが、現在はまだ一部の先進ユーザーが試行している段階。ウチダスペクトラムの町田潔社長は、エンタープライズサーチこそが企業競争力の決め手になると話す。(2007/3/14)

よく効くエンタープライズサーチの処方箋:
エンタープライズサーチが必須となる理由【後編】
各ベンダーの動きが活発化した2006年は、「エンタープライズサーチ元年」とされる。仕事や経営の原点に立ち返ると、なぜ有効なツールとなり得るのかが理解できるだろう。(2007/3/12)

よく効くエンタープライズサーチの処方箋:
サーチの「条件」 企業の戦略、論理を結果に反映できるか
検索結果はベンダー任せにしない――。今後のエンタープライズサーチは、検索過程を可視化して、企業の論理を検索に反映させるソリューションが主流になるかもしれない。(2007/3/8)

「検索技術はGoogleより上」――FASTが日本市場に攻勢
「楽天市場」の商品検索システムなどを提供するFASTが、国内市場に攻勢をかける。検索の適用分野は広がると見ており、「Googleより上」という技術を売りに、多様な企業に検索技術導入を働きかける。(2007/2/21)

企業内情報の戦略的活用を実現する「SMART/InSight」
新時代のナレッジマネジメント「KM2.0」〜目的ではなく手段としての情報共有の実現
企業内に散在する情報を丸ごとナレッジとして活用するにはどうすればよいのか。誰もが適切な情報を簡単に取り出すための仕掛けを作るために、ウチダスペクトラムが協業先として選んだのは、最先端のサーチテクノロジを有するファストサーチ&トランスファだ。新しいナレッジマネジメント「KM2.0」の実現に必要なサーチテクノロジを考える。(2007/2/19)

MS、エンタープライズサーチ製品のリリース延期で戦略に影?
デスクトップとエンタープライズ、そしてWebの検索を一度に実現するクライアント製品のリリースが延期された。また、特定の知識を持った人物を検索するための機能として、SharePoint Server向けに予定されていた機能は、サポートなしのアドオンとして提供されることになった。(2007/2/15)

業務に必要な情報を即座に発見――ウチダスペクトラムがエンタープライズサーチシステムを発表
ウチダスペクトラムは、社内外の情報を横断的に検索できるエンタープライズサーチシステム「SMART/InSight」を発表した。業務時間の30%以上を情報収集に費やしているオフィスワーカーの生産性向上を促す。(2005/10/19)

AOLが検索エンジン刷新、デスクトップ検索も提供へ
AOLが検索エンジンの新バージョンを発表。検索結果の絞り込み機能やローカル検索機能が強化された。今後デスクトップ検索にも進出する予定。(2005/1/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。