ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「技術経営(MOT)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「技術経営(MOT)」に関する情報が集まったページです。

科学技術立国・日本崩壊の真相:
「フラッシュメモリー産みの親」東芝が敗北した真の理由
「チャレンジ」問題や債務超過、事業売却が相次いだ東芝。フラッシュメモリー「産みの親」でありながら敗北した過去が。日本屈指の技術力を誇った企業が衰退した原因を追う。(2019/12/24)

世の中の写し鏡か?:
嵐の活動休止で考える「中年の発達課題」とSMAPとの違い
2020年をもって活動を休止する嵐。彼らはちょうど初期成年期から成年期に差し掛かる年代であり、20年にはリーダーの大野さんも40歳になる。彼らは自分たちの発達課題を自覚したのかもしれない。ライフサイクル理論を用いて嵐の解散について考えてみたい。(2019/2/21)

「上層部に理解されない」 ブロックチェーンで新事業、エンジニアがぶつかる壁
「社内でブロックチェーンを使った新規事業の提案をしても、上層部の理解を得られなかった」――中部電力の戸本さんが、社内でのブロックチェーン活用の難しさについて語った。(2018/6/7)

イノベーションのレシピ:
立石電機のDNAを引き継ぐオムロンの新会社、近未来の社会とビジネスを描く
オムロンは社会変革のためのイノベーションの研究や創出を目的とした子会社「オムロン サイニックエックス株式会社」の設立を発表。拠点は東京都文京区本郷の角川本郷ビル。オムロンの中期経営計画となる「VG2.0」達成のためにけん引する技術や製品を生み出すべく立ち上がった。(2018/4/27)

オムロン サイニックエックス:
未来ではなく「近未来」をデザインするオムロン新会社、FAなど4領域に注力
オムロンが「近未来デザイン」を創出する新会社を設立した。AIやロボットなどに高い能力を持った人材を集め「ロボットを利用したFAの自動化」など、新規事業創出のけん引役としての役割を期待する。(2018/4/26)

自分たちが決断できないことをユーザーに委ねるのはやめろ:
えふしん×シバタナオキ対談 伸びるエンジニアが持つ「哲学と数字感覚」
これからの時代は、エンジニアも数字を意識しないとダメ?――モバツイで経営を経験したえふしんこと藤川真一氏と、ベストセラー『MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣』の著者シバタナオキ氏が、なぜエンジニアは数字を味方に付けなければならないのかを探った。(2018/2/7)

シリコンバレー流「早く帰るIT」:
アメリカのIT企業にじわり広がる「持ち帰りサービス残業」 “定時あがり”の光と闇
米国のビジネスパーソンというと、定時で帰宅して家族との時間を過ごしているイメージがあるが、実は「持ち帰り残業」が増えているという調査結果も? 米国で働く著者が分析する。(2017/12/26)

シリコンバレー流「早く帰るIT」:
職場コミュニケーション不足は「数千万円の損」? 米IT企業が取り組む“意識改革”
社内コミュニケーションの弊害による損失は1人当たり年間約300万円――。米国の有名IT企業では、どのように“社員のつながり強化”に取り組んでいるのだろうか。(2017/10/11)

短距離通信市場を狙う:
ミリ波技術をコネクターの世界に 米Keyssa
米国のKeyssaは、ミリ波帯を利用してデバイス間を超高速に接続する技術を開発するメーカーだ。同社が注力するのは、「無線技術」ではなく、「コネクター技術」である。(2017/9/4)

特集:「人工知能」入門(6):
人間を超えた人工知能と共生し、日本が主導権を握るための最終戦略とは
NECが2016年11月1〜2日、東京国際フォーラムで「C&Cユーザーフォーラム&iEXSPO 2016」を開催。多くの講演の中から将棋棋士 羽生善治氏、東京大学大学院 工学系研究科 技術経営戦略学専攻 特任准教授 松尾豊氏らが登壇した特別講演「人工知能は人を超えるか?」の内容を紹介する。(2016/11/15)

特集:「人工知能」入門(5):
日本トップクラスのAI研究者が語る、人工知能の歴史と産業との関係
2016年6月14日に開催された金融庁の「フィンテック・ベンチャーに関する有識者会議」第2回では、人工知能(AI)研究の第一人者である松尾豊 東京大学大学院 准教授がプレゼンテーションを行った。(2016/7/13)

今どきの人工知能:
人工知能の本質は? 「近さ」の判断が不得意
人間の脳は、少ないデータから、いかに人より早くパターンを見つけるかという競争をやっています。似たものを見つけた際に「近いかどうか」の判断は知能において非常に重要な処理です。(2014/11/12)

エネルギー管理:
太陽光と電力系統、間を取り持つデジタル技術
大規模太陽光発電所や風力発電所を手掛ける自然電力グループは、2014年11月、東京大学、デジタルグリッドと共同で、電力系統に与える太陽光などの影響を抑制する共同研究を開始した。「デジタルグリッドルーター」を用いた電力の融通などが対象だ。(2014/11/11)

今どきの人工知能:
クリエイティブなコンピュータは出現するか?
気付きや仮説を設定するという“クリエイティブ”な行為は、人間の大きな能力です。人工知能に膨大なデータを蓄積させることによって、いつの日か、人間のように「気付く」ようになるのでしょうか?(2014/11/10)

今どきの人工知能:
人工知能の得意・不得意が見えてきた
人工知能が得意とする大規模なデータ解析――十分なデータがなかった時代はプロダクションシステムなどのルールをいくつも作っていましたが副作用もありました。データが増えてきた現在は、ルールの作り方も変わってきているようです。(2014/11/7)

今どきの人工知能:
人工知能は、人間と同じ「思考」ではない
最近では、人工知能が入った家電が珍しくありません。掃除をしてくれたり健康的なメニューを推薦してくれたり――いかにも人間のような動作をしますが、少し怖いと思うことも。なぜなら、人工知能の中には人間は入っていないからです。(2014/10/31)

教育ITニュースフラッシュ
日本大学が「Google Apps」に満足できなかった理由
近畿大学附属高等学校が生徒に聞いたオンライン授業の効果から、米Appleが発表した「iTunes U」の機能強化まで、注目の教育IT関連ニュースをお届けします。(2014/7/4)

三重工場分離は難航中だが:
富士通とパナソニックのLSI事業統合、政策投資銀の200億円出資を得て年内実施で合意
富士通とパナソニックは2014年4月23日、既に基本合意しているシステムLSI事業の統合に関して、日本政策投資銀行からの出資を得て、同年10〜12月に新会社を設立することで基本合意したと発表した。新会社への出資比率(議決権ベース)は、富士通40%、パナソニック20%、日本政策投資銀行40%を予定する。(2014/4/23)

アナリストビュー:
ビッグデータ活用とソフトウェア投資は売上増のカギとなるか?
日米のIT投資の比較から、国内企業のビジネス活性化に貢献できるIT環境を構築するには何が必要となるのかを探ってみたい。(2012/5/31)

井上久男の「ある視点」(12):
脱下請けに成功した二代目社長の「超マーケットイン戦略」
過去の健全な否定、世代交代、技術経営。新規事業開拓に成功し、自社を変身させた二代目社長に聞く「変身する組織」の作り方とは。(2012/2/23)

モノづくりIT EXPO2012開幕直前レポート(1):
個別最適では生き残れない――自動車メーカーが乗り出した設計・製造プロセス改革
効率と収益性を考慮した開発体制に向かう自動車メーカーの動向から、設計・製造を貫くエンジニアリングチェーン改革について考える。(2012/2/6)

ホワイトペーパー:
中堅企業がBI導入を成功させる近道。リアルタイム・パブリッシャーズ発行
多くの中堅企業では正しい経営判断を行うデータ分析のためのBIソリューションは大企業向けと思われがちである。その誤解を解くとともにBI用語解説など中堅企業がBI導入する上で必要な情報が網羅されている(提供:日本アイ・ビー・エム)。(2011/2/4)

モノづくり最前線レポート(21):
日本のモノづくりは「残り5%」で勝負せよ
iPhoneはガラパゴスケータイと大差ない!? コモディティ化速度の速い市場でも強い企業は何が違う? 日本が目指すべき価値づくりの指針とは(2010/7/23)

モノづくり最前線レポート(16):
「動的」知財マネジメントが円盤型市場を切り開く
21世紀的“円盤型”市場と事業デザイン、知財戦略の関係とは? サントリーが取り組む知財マネジメント戦略と過去の苦い経験も披露(2010/1/27)

企業とともに成長する情報セキュリティ対策講座【第3回】
ライセンス管理と情報漏えいの密接な関係――従業員20人の場合
企業を取り巻くさまざまな脅威に対抗するウイルス対策ソフト。あなたの企業はそれをきちんと管理できているだろうか? 従業員数20人の事例から見えてくる課題、その対策を明らかにする。(2009/12/10)

企業とともに成長する情報セキュリティ対策講座【第2回】
変化する脅威への備えは「今のウイルス対策を疑え」
企業を取り巻くウイルスの脅威は、「情報や金銭の詐取」へと変化してきた。この見えざる脅威は、単にウイルス対策を導入しただけでは防げない。今、取り組むべきセキュリティとは?(2009/11/13)

企業とともに成長する情報セキュリティ対策講座【第1回】
セキュリティリスクは大企業ほど大きい?――中小企業が陥る2つの勘違い
セキュリティリスクは大企業ほど高く、総じて中小企業は万一情報漏えいしても損害は少ない――こう考えていないだろうか。セキュリティ対策を検討する前に、そうした「勘違い」をなくさなければならない。(2009/10/30)

K.I.T.虎ノ門大学院 在校生インタビュー:
PR:日本の将来を守るために――知的財産マネジメントを学ぶ意義
特許権や著作権を扱う「知的財産」の分野は、年々重要性が高いものになっている。知的財産の知識を身につけたい、弁理士を目指したいと考える社会人が、法律+IT+実務&経営という三分野から学べるのが、K.I.T.虎ノ門大学院の知的創造システム専攻だ。(2009/10/1)

情報マネジメント用語辞典:
破壊的技術(はかいてきぎじゅつ)
disruptive technology(2009/5/12)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
“オレのカッコいい”を語れるデザイン経営
「大企業のクルマ作りでは創造性が加わる余地がない」。そんな不満を持って大手自動車メーカーを飛び出した林田浩一氏。そんな彼がデザインコンサルタントとして夢をかなえたクルマが、チューニングカーの「IDING F460GT」だ。(2008/12/11)

情報セキュリティ担当者の苦悩:
総合的なセキュリティ対策で企業課題を解決せよ
セキュリティ担当者がのんびりする時間はあまりなさそうである。「モバイルセキュリティ」や「アイデンティティ管理」といった2008年の企業の情報セキュリティにおける優先課題に対し、すべて同時に取り組む必要があるからだ。(2008/10/7)

英語で読むコラム“Global Perspectives”:
米国・中流層の受難――日本への影響は?
英語と日本語両方で読む“Global Perspectives”。月曜日は和訳版コラムをお届けします。米国が抱える中流層の問題は、日本にどのような影響を与えるのだろうか? 英語版と併せてお読みください。(2008/9/8)

英語で読むコラム“Global Perspectives”:
起業家精神のギャップ
英語と日本語両方で読む“Global Perspectives”。月曜日は和訳版コラムをお届けします。「ほかの国と比べ日本は、なぜ起業家精神が低いのだろうか?」「起業家志向は高まっているのだろうか?」――。英語版と併せてお読みください。(2008/6/16)

英語で読むコラム“Global Perspectives”(日本語版):
石油価格の上昇――日本は生き残れるか?
ビジネスに影響を与えうる国際的な話題を、英語&日本語両方で読む“Global Perspectives”。月曜日は和訳版コラムをお届けします。「少子化が進む日本は、石油価格上昇の嵐を乗り越えやすいはず」と見る根拠は……? 英語版と併せてお読みください。(2008/5/19)

CIO、もの申す(3):
「IT人材不足」をどう乗り越えるか?
かねてからIT人材の不足が語られてきたが、ここ最近のひっ迫感はかなり強烈なようだ。IT人材難の原因とは何か、それを乗り越える方法とは何かを考察していく。(2007/7/9)

CIO、もの申す(1):
情報システム部門はビッグチャンスをつかめ
「ITは経営に必須」「情報システム部門は戦略部門化せよ」などといわれて久しい。掛け声は勇ましいが、実践となると難しさが付きまとう。こうした状況に対して、現役CIOがもの申す。(2007/3/26)

マネジャーの教科書:
恐怖のIT屋敷へようこそ
亡霊、妖怪、幽霊屋敷、打ち砕かれたカボチャ――ぞっとするような恐怖が時として、あなたのオフィスのすぐ近く、あるいはあなたのデスクの脇に潜んでいることがある。(2006/11/1)

サービスに科学を導入する、サービス・サイエンス最前線
IBMアルマデン研究所のジェームズ・スポーラー氏が来日し、サービス・サイエンスに関する研究成果について語った。(2005/9/9)

情報システム用語事典:
CTO(しーてぃーおー)
chief technology officer / chief technical officer / チーフ・テクノロジ・オフィサー / 最高技術責任者 / 技術担当役員 (2005/6/23)

情報システム用語事典:
MOT(えむおーてぃ)
management of technology / 技術経営(2004/8/9)

@IT情報マネジメント読者調査:
第1回 読者調査結果発表 〜ビジネスとITをめぐる情報マネージャ/技術者の認識ギャップとは?〜
「@IT情報マネジメント」は、企業情報システムのマネージャ層(以下“情報マネージャ”)に焦点を当てたコンテンツ/サービスを提供するWebサイトとして、2003年11月に開設された。果たして現在の情報マネージャたちは、勤務先のビジネスや情報システム部門について、どのような問題意識を持っているのだろうか? 第1回となる読者調査の結果から、その状況をレポートしよう(2004/7/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。