ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「GLOVIA」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「GLOVIA」に関する情報が集まったページです。

製造ITニュース:
太陽センサー付きビーコンでピッキング作業の効率化を実現
富士通フロンテックと富士通アドバンストエンジニアリングは、太陽電池センサー付きビーコンやセンサープラットフォームを活用して、工場内ピッキング作業者の動線を分析するソリューションの実証実験を実施した。(2019/1/4)

アナリストオピニオン:
AIで在庫の適正化を図れるか
製造業者にとって大きな課題の一つになっている“在庫の適正化”。近年、AIを用いた需要予測が注目を集め、今またその取り組みを始めようとする企業が増えつつある。本稿では、こうしたトレンドを踏まえつつ、在庫の適正化を支援する製品/サービスについて取り上げる。(2018/8/23)

製造ITニュース:
紙文書をクラウドに保管へ、クラウドサービスで提供する文書管理システム
富士通九州システムズは、文書管理システムをクラウドサービスで提供する「GLOVIA smart ECM SaaS」の販売を開始した。紙文書やファイルサーバに蓄積した資産をクラウド上で安全に保管し、活用できる。(2018/8/21)

富士通アドバンストエンジニアリング:
高速演算により製造業の生産計画業務を効率化する支援パッケージを発売
富士通アドバンストエンジニアリングは、高速演算によって製造業の生産計画業務を効率化する生産計画支援パッケージ「FUJITSU Enterprise Application GLOVIA smart MES PSI Accelerator」を発売した。(2018/1/26)

製造ITニュース:
高速演算で製造業の生産計画業務を効率化する支援システム
富士通アドバンストエンジニアリングは、高速演算によって製造業の生産計画業務を効率化する生産計画支援パッケージ「FUJITSU Enterprise Application GLOVIA smart MES PSI Accelerator」を発売した。(2018/1/15)

富士通マーケティング GLOVIA きらら 販売:
クラウド型の中小企業向け統合基幹業務アプリ、必要な機能だけ選択して導入可能
富士通マーケティングは、中小企業向けに提供している統合基幹業務アプリケーション「FUJITSU Enterprise Application GLOVIA きらら」シリーズに「GLOVIA きらら 販売」のクラウド版を追加した。(2017/9/12)

製造ITニュース:
中小企業向け統合基幹業務アプリをクラウドで提供、必要な機能だけ導入可能
富士通マーケティングは、統合基幹業務アプリケーション「GLOVIA きらら」シリーズに「GLOVIA きらら 販売」のクラウド版を追加した。これを既存の「GLOVIA きらら 会計/人事給与」と併せて、クラウドサービスとして本格展開する。(2017/8/24)

製造ITニュース:
食品ロスの削減に貢献する、食品製造業向け生産管理システム
富士通は、食品製造業向けの生産/販売管理支援ソリューション「FUJITSU Enterprise Application GLOVIA smart FoodCORE」の販売を開始した。生産管理機能、特に日配業の生産計画や食材加工時の副産物管理などの面が強化されている。(2017/3/28)

ボトルネックを探せ:
PR:なぜわが社の業務は非効率なままなのか? いつまでも消えないマネジメント層の悩み
「仕事の効率化」――。これは企業にとって永遠の課題だろう。その原因はさまざまだが、1つには、本来ならば効率化を図るために導入したはずのITシステムがボトルネックになってしまっているケースが散見されるのだ。(2017/3/13)

富士通/富士通マーケティング GLOVIA きらら 販売:
製造管理業務の精度向上を実現、製造も手掛ける卸売業に最適な販売管理パッケージ
富士通と富士通マーケティングは、「FUJITSU Enterprise Application GLOVIA きらら 販売」のラインアップを強化し、組立加工製造・卸売業向けに製造管理機能を実装した「GLOVIA きらら 販売 TypeIII」の提供を開始する。(2016/10/28)

目前に迫るマイナンバーの本格運用:
PR:今すぐ必要なセキュリティ対策を簡単・低価格に実現する「手のひら静脈認証」とは?
年末調整業務を控えたこの秋からマイナンバー制度への対応がいよいよ本格化する。制度が始まる直前に人事・給与システムなどの改修を終えていても、「実はセキュリティ対策がまだ……」というところが少なくないようだ。本格運用を前に必ず真っ先に講じておくべき対策を紹介する。(2016/9/12)

どうする、複数拠点のマイナンバー管理 四国運輸の解決策
複数拠点の多数の従業員やアルバイトスタッフのマイナンバー管理に悩んだ四国運輸が導入したソリューションは。(2016/3/3)

PR:スピード経営時代、企業が選ぶべきクラウドERPは?
 2016年は、ERP市場が大きく動く年になるかもしれない。これまでオンプレミスが当たり前だったERPのクラウド利用が、いよいよ本格化し始めているからだ。激しいシェア争いを繰り広げるグローバル対応ERPベンダー各社の最新動向を追った。(2016/1/12)

製造マネジメントニュース:
中堅・中小企業の生産管理システム導入は年商20億円が境界、実態調査から
ノークリサーチは、2015年の国内中堅・中小企業における、生産管理システムの利用実態とユーザー評価に関する調査・分析結果を発表した。組み立て製造業では、年商20億円以上で生産管理システムの導入率が過半数を占めることが分かった。(2015/10/30)

製造ITニュース:
適正在庫を可能にするクラウド型基幹系業務アプリケーションを発売
富士通は、クラウド型基幹系業務アプリケーション「FUJITSU Enterprise Application GLOVIA OM V10」を発売した。製造業や流通業、卸売業において、将来の需要と供給に基づく最適な在庫維持の手配業務が可能になる。(2015/10/28)

企業のトップが見据えるべきマイナンバーの「先」:
マイナンバー制度で問われているのは情報を守る価値観や新規事業の創造力
年金機構の情報流出事件でマイナンバー制度に対する国民の不信感も高まっているが、企業は粛々と制度対応を進めなければならないことに変わりはない。そこでは、企業として大切な利害関係者の情報をどう守るのか、その姿勢や価値観、さらには新たなビジネスを創造する力が問われていると言っていいだろう。(2015/9/3)

製造ITニュース:
マルチデバイスに対応した、組み立て製造業向け生産管理ERP
富士通は、組み立て製造業向けに、生産管理ERP「FUJITSU Enterprise Application GLOVIA G2」の新バージョン「GLOVIA G2 V3」を発売した。PCに加え、タブレット/スマートフォンなどのモバイルデバイスにも対応している。(2015/8/3)

製造ITニュース:
富士通の製造業向け生産管理ERP「GLOVIA G2」がクラウドサービスに対応
FUJITSU Enterprise Application GLOVIA G2がニフティクラウドに対応。ニフティクラウドのリソース管理機能を利用して、サーバの増強・縮退・バックアップなど、使用リソースをWebベースでコントロールできる。(2014/7/18)

モノづくり最前線レポート:
製造現場になだれ込む「モノのインターネット」と「ビッグデータ」
IoT(モノのインターネット)やビッグデータ解析の活用先としてにわかに「製造現場」への注目度が高まっている。製造業において、ICTの活用により生産性や柔軟性をもう一段高めようとするモノづくり革新の動きが活発化する一方で、これらの技術のビジネス活用を推進したいIT系企業が提案が加速。製造現場への熱気が高まっている。(2014/5/22)

製造ITニュース:
富士通、“予防保守型”アフターサービス業務支援システムを発売
M2M、スマートデバイスなどのICTを活用し、センシングによる稼働監視やビッグデータの統計分析による故障予測、現地保守支援などの製造業のアフターサービスを高度化する。(2014/4/4)

製造ITニュース:
富士通、製造業向け生産管理ERP簡易版を発売――中堅製造業の新拠点導入を狙う
富士通は、中堅組立製造業向けで、生産管理ERP「FUJITSU Enterprise Application glovia G2」の簡易導入版を発売した。(2014/1/10)

富士通、システム統合不要のグローバル経営管理ソリューションを発表
富士通が、日本企業のヘッドクォーター向けに迅速な意思決定を支援する「FUJITSU Enterprise Application GLOVIA SUMMIT グローバル経営管理ソリューション」を発売した。(2013/12/25)

富士通、クラウド型基幹系業務アプリ「glovia OM」の新バージョンを提供
富士通とグロービア インターナショナル インコーポレイテッドは、製造業・流通業向けに、保守業務を支援する新機能を追加したクラウド型基幹系業務アプリケーション「glovia OM」の新バージョンを提供する。(2013/12/3)

製造ITニュース:
「異常、現場からお伝えしました」――生産現場見える化はどこまで行くのか
「ものづくりNext↑2013」では、富士通やパナソニックシステムネットワークス社などが、“生産現場の見える化”について、ソリューションを提案した。(2013/11/5)

一般企業のためのセンサデータ、ログデータ活用促進:
10の要求別の実装モデルを用意、800人体制で普及を図る「Fujitsu Big Data Initiative」
富士通は2013年10月28日「Fujitsu Big Data Initiative」に、10種類のオファリング(課題解決メニュー)を体系化した。この10種は、富士通が持つデータ活用のモデル案件約200の中で、汎用性の高いものを実装モデルとしてパッケージングしたもの。データ活用案件において、初期のヒアリングや実装の検討プロセスを短縮できるとしている。(2013/10/28)

製造ITニュース:
中堅・中小企業の生産管理システム、シェア上位は富士通、NEC、大塚商会
調査会社のノークリサーチは、国内の中堅・中小市場における生産管理システムの導入・利用実態調査を行い、その分析結果を発表した。(2013/9/19)

5つのサービスを紹介
【徹底比較】中小企業向けクラウド会計サービスの帳票形式とコスト
低コストに加えて最新の法令に迅速に対応できるなどのメリットがあるクラウド会計サービス。その中で特に利用が広がっている中小企業向けサービスのコストや対応している帳票形式を比較する。(2013/1/29)

富士通、製造業向け経営管理ソリューション「GLOVIA ENTERPRISE GS」を発売
グローバルで展開する製造業向けの経営管理ソリューション「GLOVIA ENTERPRISE GS」を富士通が発売。(2012/12/19)

需給予測機能を強化へ
【製品動向】企業が投資を増やす「SCM製品」の今
製造業を中心に日本企業の間でサプライチェーンを強化する動きが見られる。自然災害などに負けない強固なサプライチェーンマネジメント(SCM)の構築が目的だ。主要なSCM製品、ベンダーの動向を探った。(2012/12/17)

PLMニュース:
食品業でも損益を日次で管理、富士通のソリューション
富士通のFoodCOREは、従来、月次でなければ計算できなかった管理損益を日次で表示できることが特徴。原料、材料から製品に至るモノの流れと同時に発生費用を一元管理でき、月末にしか確定できない各種経費などを概算で計上する考え方を取り入れることで、日々の損益を把握して支払管理と連動できる。(2012/12/11)

食品卸売・製造業向けソリューションを統合 富士通
富士通および富士通マーケティングは、既存の食品卸売・製造業向け販売管理ソリューションと、食品業向け業務ソリューションを統合した新サービスを発売した。(2012/12/11)

NEWS:
食品業でも損益を日次で管理、富士通のソリューション
富士通のFoodCOREは、従来、月次でなければ計算できなかった管理損益を日次で表示できることが特徴。原料、材料から製品に至るモノの流れと同時に発生費用を一元管理でき、月末にしか確定できない各種経費などを概算で計上する考え方を取り入れることで、日々の損益を把握して支払管理と連動できる。(2012/12/11)

資産を所有せずサービスとしてERPを利用する「クラウドERP」導入のコツ
「クラウドERP」導入完全ガイド
サーバなどのハードウェアが不要で運用管理の手間も少ないクラウドERPを検討する企業が増えている。その最新トレンドや製品の選び方、製品の比較などをお届けする。(2012/12/5)

Force.comと連携した基幹業務アプリケーションの最新版 富士通
基幹系業務アプリケーション「glovia OM」の最新版を富士通らが発表した。(2012/11/15)

導入事例:
アパレルのビームス、新業態でRFID活用の店舗運営システムを構築
ビームスは、9月に開店した新業態「B:MING LIFE STORE」で全ての商材をRFIDで管理できるシステムを富士通と構築した。(2012/10/15)

ホワイトペーパーレビュー
中堅・中小企業のERP選びが分かる3つのホワイトペーパー
中堅・中小企業がERPを導入する際に課題となるコストや業務要件、運用管理に関わる問題をどう解決するか。ERP選びの参考となるホワイトペーパーを紹介する。(2012/9/26)

富士通、リゾートホテル向け業務支援システム「GLOVIA smart ホテル・リゾートバージョン」を発売
ビジネスホテルやシティホテル向けのシステムをベースに、多彩な宿泊プランに対応するための機能を追加している。(2012/9/6)

クラウドERP製品カタログ
ERPの機能をクラウドサービスとして利用する――そんな使い方が広がっている。ライセンスや運用管理のコストを抑えることができ、データ保護も期待できる。主要製品を紹介する。(2012/8/8)

中堅・中小向け販売管理システムを発表 富士通
富士通および富士通マーケティングは、販売や在庫管理など18種類の機能を標準装備する販売管理システムを中堅・中小企業向けに提供する。(2012/6/21)

富士通、製造業向け生産管理ERPに分析機能の強化版を追加
富士通は、Microsoft SQL Server 2012に対応した「glovia G2」を発売した。(2012/5/16)

製造ITニュース:
glovia G2の新バージョンはビジュアルな分析も簡単に
glovia G2の新版が登場。複数拠点での製造やミックス生産などにも柔軟に対応、レポート機能やアラートにより海外拠点でも質の高い生産計画を構築できるとしている。(2012/5/16)

NEWS:
glovia G2の新バージョンはビジュアルな分析も簡単に
glovia G2の新版が登場。複数拠点での製造やミックス生産などにも柔軟に対応、レポート機能やアラートにより海外拠点でも質の高い生産計画を構築できるとしている。(2012/5/16)

富士通、プロセス産業向け基幹業務システムの最新版を発売
「GLOVIA/Process C1」の最新版では、クラウド環境への対応や多言語対応などを通じて導入企業のグローバル化を支援するという。(2012/5/14)

連結決算ソリューション製品紹介【第5回】
IFRS任意適用企業が評価する「SUPER COMPACT Pathfinder」の強みとは
幅広い企業規模で利用できることが特徴の「SUPER COMPACT Pathfinder」は富士通経理部門のノウハウが投入されている。IFRS任意適用企業も使っている連結ソリューションの強みとは。(2012/5/9)

製造マネジメントニュース:
FJPSとは? 富士通がモノづくりノウハウを丸ごと提供へ
富士通は、ラインの自動化や解析、生産性評価などのモノづくりのノウハウを丸ごと外販するサービスをスタートする。自動化とプロセス革新で日本のものづくりを支えるという。(2012/5/8)

NEWS:
FJPSとは? 富士通がモノづくりノウハウを丸ごと提供へ
富士通は、ラインの自動化や解析、生産性評価などのモノづくりのノウハウを丸ごと外販するサービスをスタートする。自動化とプロセス革新で日本のものづくりを支えるという。(2012/5/8)

富士通マーケと復旦大学、中国向けシステム研究で協業
FJMと上海の復旦大学は、モバイル端末の業務利用に関する共同プロジェクトを開始した。(2012/5/1)

富士通が連結会計ソフトの新版発売、IFRS対応を強化
連結会計業務を効率化する機能強化や国際会計基準(IFRS)への対応を図った。(2012/4/16)

ERP比較ガイド:クラウドERP(後編)
比較表で一覧可能、クラウドERPのコストを比較する
前編に続き、月額料金で会計や人事の機能を利用できるクラウドERPの機能を紹介し、コストを比較する。前後編の情報を統合した比較表もダウンロードできる。(2012/3/15)

中堅企業向け会計システムなどを機能強化 月額利用も可能に 富士通マーケティング
富士通と富士通マーケティングは、中堅企業向けの会計システム「GLOVIA smart 会計」および人事給与システム「GLOVIA smart 人事給与」の機能強化を発表した。(2012/3/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。