ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「健康食品」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「健康食品」に関する情報が集まったページです。

専門家に聞く、犬に絶対食べさせてはいけない「NG食材」とは?【漫画版】
家族の一員を守るために。(2019/6/14)

「IQサプリ」が伊東四朗、今田耕司と一緒に5年ぶりに帰ってくる! 今回は“チーム令和”と“平成軍団”の戦いに
“モヤッとボール”の箱ごとぶちまけもある?(2019/6/8)

旧友からLINEで「飲もう♪」……これってマルチ商法? 記者の“奇妙な体験”
近年、LINEなどのSNSを活用した「マルチ商法」の勧誘が増えている。筆者も、疎遠だった友人からLINEで飲み会に誘われ、参加した結果、もうけ話を持ちかけられた経験がある。本記事では、筆者の体験談を基に、あやしい勧誘の特徴を探る。(2019/5/27)

今日のリサーチ:
継続・解約の理由は? 電通ダイレクトマーケティングが健康食品とスキンケア化粧品の定期購入者の実態を調査
年間購入金額は「1万円〜2万円未満」が2割ほどで最も多く、高年齢ほど年間購入金額が大きいことが分かりました。(2019/5/21)

医療技術ニュース:
次世代抗膵がん剤を創成するための特殊ペプチドを開発
新潟大学は、膵がんへの薬物送達システムの輸送体となる特殊ペプチドを開発した。同ペプチドを応用した薬物送達システムを確立し、既存の実用抗がん剤と組み合わせることで、患者の体に優しく、かつ制がん効果を得られる抗膵がん剤が創成できる。(2019/5/20)

モズの「はやにえ」の機能が解明される エサを食べる→歌がうまくなる→メスにもてるというリア充ルートが待っていた
モズの世界も厳しかった。(2019/5/15)

山本モナ、臨月“ぽっこりお腹”の幸せショットを公開 43歳で第3子妊娠
2015年に妊活開始を報告していました。(2019/5/15)

マネーの達人:
ネットワークビジネスに勧誘されやすい人とは? 断るために知っておきたい「勧誘手口の4ステップ」
ネットワークビジネスに勧誘されやすい人には4つの特徴があります。間一髪で勧誘から逃げ切った筆者の経験から、勧誘方法の4ステップと断り方を解説します。(2019/5/14)

CXが拡張するD2Cの可能性(前編):
ベースフード橋本 舜氏×Minimal山下貴嗣氏×ハヤカワ五味氏がD2Cの可能性を語る
スタートアップ周辺で注目を集める3社の創業者による「CXが拡張するD2Cの可能性」についてのディスカッション。(2019/5/6)

専門家に聞く、猫に絶対食べさせてはいけない「NG食材」とは?【漫画版】
うっかりあげないように注意したいところ。(2019/5/2)

キャットフードには「主食」と「おかず」の2種類がある 猫ごはんに特化した解説マンガが面白くてためになる
ずっと一緒だニャ。(2019/4/29)

イノベーションのレシピ:
キリンの新規事業は乳酸菌で「医と食をつなぐ」、20億円投資して新工場も建設
キリンホールディングス(キリン)が、「プラズマ乳酸菌」を使用した食品や飲料を展開するブランド「iMUSE」を中核とするヘルスサイエンス事業の戦略について説明。同事業の売上高は2018年に55億円を達成しており、今後は2021年に約2.7倍の150億円、2027年に4倍超となる230億円を目指す。(2019/4/25)

まずは顧客のストレスをなくすことから:
ファンケルに学ぶ、チャットbot活用を残念事例で終わらせないための考え方
期待が大きい半面、失敗も多いチャットbot活用。投資を無駄にしないためにどうすればいいのか。ファンケルの実践例に学ぶ。(2019/4/18)

ゴーン報道の「第一人者」が語る【前編】:
ゴーンという「怪物」を生んだのは誰か 日産“権力闘争史”から斬る
ゴーンという人物は結局、日本の企業社会において何者だったのか――。長きにわたって日産とゴーンを追い続けてきた「第一人者」に、“怪物”が生まれた真因について直撃した。(2019/4/10)

これ1つで6大栄養素をまとめてチャージ! 「inゼリー ミックス」4月16日発売
ついに開発されたか……!(2019/4/8)

イノベーター列伝:
逆境を乗り越えた先にある“楽しみ”とは――ベルーナ安野 清氏
新市場の創造を目指す挑戦者を紹介します。(2019/3/28)

日清、完全栄養食「All-in」シリーズ始動 パスタ1食で1日に必要な栄養素の1/3が摂れる
麺とソースがセットのカップタイプで1食600円。3月27日に発売。(2019/3/26)

「意識変わった」「風邪が減った」 しっかり寝ると報酬がもらえる「睡眠報酬制度」を導入した企業の“その後”
「睡眠報酬制度」を導入したCRAZYの森山社長は「社会実験そのもの」と話す。前代未聞の取り組みがスタートして約5カ月、社員の反応は? その成果は? 現在の状況を聞いた。(2019/3/13)

新事業を選ぶ“2つの条件”:
「本業と無関係」「10年かかる」 キャビア養殖に挑む電線メーカーの生き残り術
ケーブル・電線メーカーの金子コードは、本業から懸け離れた、事業化に10年かかる「キャビア養殖」に参入した。なぜ畑違いの新事業に挑むのか。その背景には、10年かけて育てた新事業に救われた経験があった。金子智樹社長に、新事業の考え方を聞いた。(2019/3/11)

本当に痩せるサプリは「ほぼ毒」!? 専門家が語る「ダイエット商材の闇」とは
国内最大級のダイエット商品専門口コミサイト「ダイエットカフェ」を運営する福田尚広さんに聞きました。(2019/3/19)

えん下障害の人の選択肢広げる“とろみ”ボタンつき自販機が話題 開発元に話を聞いた
コーヒーやココア、お茶なども。(2019/3/2)

“不確実性”を技術で解決してこそ「エンジニア」――リクルートが挑む内製化への道
ビジネスの要件に対して柔軟なシステムを作るために「内製化」に舵を切る企業が増えてきている。5年ほど前から内製化に取り組んできたリクルートテクノロジーズは、時には失敗も経験しながら、そのメリットを見定めてきた。同社が考える内製化成功のポイントとは?(2019/2/21)

カード情報利用、どこまで? 決済通じて“吸収”される個人の情報
キャッシュレス決済を進めていくことが政策課題となっている。キャッシュを使わないことで、小売業などへのコスト負担が軽減される。スマートフォンやカード、指紋などの生体認証を利用して支払いをすますことが近未来の姿であるだろう。(2019/2/19)

月平均4.1時間:
契約社員の残業時間が最も短い企業は……?
契約社員が働く会社の中で残業時間が短いのはどこ? 企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」が調査結果を発表した。第1位は……。(2019/2/4)

市場規模は3年で3倍に:
いま韓国で納豆が人気 “日本食”は定着するのか?
韓国で韓国製納豆の人気が高まっている。納豆の市場規模は2014年から3年後には3倍に成長。健康ブームやそのままで食べられる簡単さ、日本への観光旅行増加などで日本食が一般化したことなどが、要因とみられ、中高年を中心に人気を集めている。日本メーカーの業界団体によると、納豆生産が海外でビジネスとなるケースは極めて珍しいという。韓国の大手メーカーは子供用の製品を開発するなど、さらに幅広い層への普及を目指している。韓国で日本食である納豆は定着するのか。(張英壽)(2019/2/1)

ブロックチェーンでヘルスケアデータを有効活用 沖縄県宮古島市で健康課題改善の実証実験――第一生命ら、富士通の技術を活用
第一生命らは、沖縄県宮古島市で、ヘルスケアデータを活用した地域の健康課題改善に関する実証実験を開始。スマホアプリで利用者が記録する歩数などのヘルスケアデータを、ブロックチェーン技術を活用したデータプラットフォームに収集。利用者の健康増進を支援する他、関連消費の活性化などを目指す。(2019/1/22)

並々ならぬ情熱:
たった8年で4万人を集める祭典に成長 神田カレーグランプリの舞台裏
2011年から開催されている「神田カレーグランプリ」はたった8年で4万人以上を集める祭典に成長した。イベントの“素人集団”はなぜここまで成功できたのか。(2019/1/5)

ねとらぼ編集部員の「2018年買ってよかったもの」30選
「マジで買ってよかった」やつを聞きました。(2018/12/30)

約3キロの毛をまとっていたワンちゃん 保護されスッキリ変身した姿を見せる
助かって本当によかった。(2018/12/22)

「りんご揚げ」など大人向けも:
禁煙化で「ファミリー狙い」進める串カツ田中、うどんなど“お子さまメニュー”拡充へ
串カツ田中HDが、こども向けメニューを拡充すると発表。お酒のような見た目を楽しめる「こどもサワー」、具なしの「お子様うどん」の2商品。健康に良いメニューの食べ合わせを解説するファミリー向けのビラも全席に配置する。(2018/12/4)

無料でコンサルティング:
売れるネット広告社、単品リピート通販会社限定で「LINEチャットコンサル」を無料提供
売れるネット広告社は、単品リピート通販会社限定で「LINEチャットコンサル」を無料で提供した。(2018/12/3)

PR:「脱PC」で働き方改革を――2万人が利用する販売支援システム開発、元SE情シスの挑戦
PCに依存しない販売支援システムを実現し、働き方改革を進めたい――化粧品販売を手掛けるAOB慧央グループの情シスは、国内では導入例が少ない「Heroku」に目を付けた。パートナーも決まり、いざ開発……という時に意外なポイントでカベにぶつかった。(2018/11/16)

消費者庁が通販で購入した製品の事故に注意喚起 傷病や死亡につながったケースは162件
リコール品が販売されていることも。(2018/11/15)

テレビショッピングの番組内容、AIが評価 電話数が27.6%増 NTTデータ
NTTデータは、AI(人工知能)技術を活用し、テレビショッピングの番組内容から視聴者の問い合わせ電話数を予測する技術を開発。従来と比べて電話数が平均27.6%増加したという。(2018/11/14)

今日できないことが明日できるようになるのがうれしい:
「勉強するのはアタリマエ」な市原睦美さんが考える「学生時代に身に付けておくべき技能」とは
リクルートテクノロジーズで社内共通基盤の開発などに携わる市原睦美さんは、日々新しい技術を勉強し、実際にプロジェクトに取り込んでいるという。勉強とは彼女にとって何なのか、どのような勉強方法を実践しているのか、@ITが聞いてみた。(2018/11/15)

スピン経済の歩き方:
世界一の印刷インキメーカーが、「食べられる藻」を40年以上前からつくり続ける理由
子どものころソーダ味のアイスを食べて、舌が青色になった人も多いのでは。鏡を見てびっくりした経験があるかもしれないが、いまのアイスを食べても同じように青くなるのだろうか。ならないのである。なぜ青くならないのか気になって調べたところ、意外な事実が判明して……。(2018/11/6)

パナソニックが描く未来の“カデン”:
ランチ難民を救い、健康経営を支援――パナソニックの後付けIoTサービス
パナソニックは、創業100年を記念したプライベートイベント「CROSS-VALUE INNOVATION FORUM 2018」(2018年10月30日〜11月3日、東京国際フォーラム)を開催中だ。その中で、家電事業を担当するアプライアンス社は未来の“カデン”を提案するユニークなコーナーを設けた。(2018/10/31)

ロボットを操縦できそうなマッサージチェア登場 公式コラボの「シャア専用」モデルも
3倍速いわけではないのでご安心を。(2018/10/26)

「飲むだけで視力回復」根拠なし 約6億円売り上げの酵素ドリンク、景品表示法違反で課徴金1800万円
飲むだけで視力が良くなったり「かすみ」「ぼやけ」などが改善したりするかのように宣伝。(2018/10/26)

男性も“妊活”を TENGAヘルスケアが精子育成サプリを発売
約5人に1人の日本人男性に不妊リスクがあるとして、妊活をサポート。医師監修のもとに、総精子数・精液量の増大効果が実証された成分を配合しています。(2018/10/24)

Twitterユーザーが作った「女子旅に忘れがちなもの一覧」がめちゃくちゃ便利 「参考にしたい」「活用する!」の声
完全保存版!(2018/10/4)

「独身の日」に向けて旗艦店オープン:
三越伊勢丹、中国小売業最大手の京東(ジンドン)と越境ECで戦略的業務提携
三越伊勢丹は中国小売業最大手の京東と越境ECで戦略的業務提携することに合意。京東が展開する中国越境ECサイト「京東全球講」に旗艦店「三越伊勢丹海外官方旗艦店」をオープンした。(2018/9/25)

引き上げ率3.1倍のテスト結果も:
売れるネット広告社、「フォローLINE(ステップLINE)」を月額3万円で利用可能に
売れるネット広告社は「売れるネット広告つくーる」において「フォローLINE(ステップLINE)」が月額3万円で利用可能になったと発表した。(2018/9/10)

「脂肪の消費を大幅UP」はNG:
痩せるサプリ「グラリスゴールド」に根拠なし キリン堂に措置命令
「グラリスゴールド」と称するサプリを摂取するだけで痩せられると店頭掲示物で宣伝していたとして、消費者庁がキリン堂に措置命令を出した。(2018/9/5)

SNS通じ中国人の信頼獲得:
45万人が中国に数千億円の日本製品を転売 謎の在日バイヤーを追う
中国市場に数千億円もの日本製品を売り込む中国系バイヤーに迫った。日本に居ながらSNSを駆使し美容用品などを販売。日本企業が今後活用できるかが鍵。(2018/9/4)

ヒット商品をリニューアル:
424回混ぜる「究極の納豆」製造機、タカラトミーアーツが発売
タカラトミーアーツは、納豆を究極においしく作るための商品「究極のNTO(なっとう)」を11月22日に発売。ヒット商品「魯山人納豆鉢」をリニューアルする。(2018/8/31)

PR:“子育て女性”のグループも“普通”に働き高実績。ファンケル流は何が違うのか?
ファンケルでは、子育てに追われる女性たちが、高いパフォーマンスを発揮するグループの中核メンバーとして活躍している。限られた働く時間の中で、なぜグループのパフォーマンスを高く保てるのか。秘訣を当事者たちに伺った。(2018/8/30)

サプリかと思ったら普通に刺し身 ありのままの食材で栄養を摂取できる 「ありのまんま」発売
パウチ入りの刺身で栄養補給。(2018/8/20)

武器はデータの「量」「質」「多様性」:
楽天の人工知能「Rakuten AIris」がマーケティング効率化にすごく有効である理由
楽天が、長年の事業展開で蓄積してきたビッグデータ資産を活用するために開発したAIエージェント「Rakuten AIris」。同社ならではのAI戦略とはどのようなものか。(2018/8/20)

市場の現状と課題:
EdTechで働き方は変わるのか?
「EdTech」とは「Education(教育)」と「Technology(技術)」を組み合わせた造語である。インターネットなどITの発展により、時間や場所の制約がなくなり、より双方向での学習や個々に合わせた学習が可能となったが、市場としては課題もある。EdTech市場の現状とこれからの発展に向けた課題について考察する。(2018/8/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。