ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ホスピタリティ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ホスピタリティ」に関する情報が集まったページです。

大型フェリー「さんふらわあ ふらの」船内を360度VRでくまなく公開 わくわく船内探検気分が超キモチイイ〜
船旅もいいな♪(2022/8/12)

子鉄な2歳息子と、電車ウォッチしていると…… 車掌や駅員さんの神対応エピソード漫画にほっこり
優しさがあたたかい……。(2022/8/4)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
デジタル化の2周目対応に失敗すると撤退も、もっとも好ましい対応は創造型の両利き――早稲田大学 ビジネススクール 根来龍之教授
マクロ的には既存企業は強いが、常に少数の企業は破綻している。一方、急成長する少数の新興企業も存在する。2000年以後の破綻企業は、デジタル化への対応失敗企業が多く、全企業が切迫度は異なるがデジタル化対応を求められている。(2022/7/4)

最も自動化が進むのはIT部門ではない“あの部門”――Workatoが業務自動化の動向を調査
Workatoは、自動化の動向に関する年次レポートの2022年度日本語版を発表した。5部門以上で自動化を利用する企業の割合は全体の66%に達し、7部門以上で自動化を推進する企業の数は、2019年比で約3倍に増加した。(2022/6/29)

「こんなに絵が上手いなんて」 中川翔子、1時間で『SPY×FAMILY』アーニャを17体生み出してしまう
絵心ある芸人代表。(2022/6/28)

「総務」から会社を変える:
テクノロジーが人の仕事を奪う世界で、総務に仕事は残るのか?
テクノロジーが進化し、またBPO(専門業者への外部委託)が進められる中で、総務含む管理部門に求められる仕事は変化しています。総務の仕事は、どのように変わっていくのでしょうか。(2022/6/23)

SNSで賛否両論:
時給123円の労働力 配膳ロボットは、人から仕事を奪ってしまうのか? USENに聞いた
USEN-NEXT GROUPのUSENが展開する配膳ロボットが「時給は約123円」と紹介され話題になっている。同社のWebサイトによると、ホールスタッフ1人の人件費と比べると「単純計算で毎月29万500円お得」という。SNSでは「ロボットにできることは任せればいい」という意見がある一方、「人の仕事を奪うのでは」という声もあり、賛否両論が巻き起こった。近い将来、ロボットが人の仕事を奪うのだろうか? USENの成伯真紀子さん(ビジネスインテグレーション推進部部長)に見解を聞いた。(2022/6/22)

総務のための「オフィス」再考:
喫煙所に代わる社内コミュニティ「井戸端会議」の場をどう作るのか?
どうして喫煙所は繁栄しているのに、休憩コーナーは育たないのか? 総務として理由を考え、たどり着いたのは、2つのシンプルな答えでした。(2022/6/9)

日産が取り組んだメタバース新車発表会の舞台裏 「アバターワーク」が重要
日産自動車の軽EV「サクラ」は正式発表日にバーチャル発表会とバーチャル試乗体験会も開催された。その舞台裏を担当者への取材から探る。(2022/5/31)

プロジェクト:
広島市中心部の顔となる市民公園「NEW HIROSHIMA GATEPARK」が着工、大成建設ら
旧広島市民球場跡地整備等事業認定計画提出者は、旧広島市民球場跡地整備等事業の一環として、広島県広島市中区基町5 番地(中央公園の一部)で、商業施設とオープンスペースの工事に着手したことを2022年4月11日に発表した。なお、供用開始は、2023年3月末を予定している。(2022/5/2)

月会費5万5000円:
2000人が登録待ち! サブスク別荘「SANU」行って分かった人気のワケ
月会費5万5000円でセカンドホームを持てるサブスクが人気を集めている。サービス名は「SANU 2nd Home」。登録待ちは2000人を超えているそうだが、一体どんなサービスなのか。創業者を取材した。(2022/4/28)

1000人以上の集客イベントを年間90日以上:
「旧広島市民球場」跡地に新たなイベント広場 NTT都市開発らが整備
NTT都市開発や大成建設、広島電鉄などによる法人グループが、旧広島市民球場跡地に市民公園を整備すると発表した。(2022/4/18)

コロナ禍で閉店:
浅草で142年続く「すき焼き店」を事業承継 老舗が決断に至った背景とは?
外食事業会社WDI GROUPは、創業142年を誇る浅草のすき焼き店「ちんや」の暖簾(のれん)を承継した。新型コロナウイルスの余波が経営を直撃し、21年8月に閉店を余儀なくされた。しかし、伝統あるすき焼き文化を絶やしてはいけないとWDIが事業を受け継ぎ、場所を移転して再オープンすることとなったのだ。(2022/4/22)

業種・業界別ではどうか
「量子コンピューティングを理解しているか?」に対する驚きの回答
多くのビジネス意思決定者は、量子コンピューティングを誇大宣伝であると考える一方で利用方法の検討に入っている。彼らはどの程度量子コンピューティングを理解しているのか。(2022/3/29)

プロテインシェイカーあります?→「エレガントすぎw」 リッツカールトンの対応が斜め上すぎてすばらしい
サービス精神がすごい。(2022/3/20)

2040年までに何が起こる?
「自動化で4900万の雇用が喪失」に隠された本当の恐怖
Forresterは、仕事の自動化によって2040年までにヨーロッパで4900万の雇用が失われると予想する。深刻な事態に見えるが、労働市場への影響は軽微だという。予想される未来は明るいと言えるのか?(2022/3/14)

日本航空の行方【前編】:
「希望退職を募集することになったら、私はJALを辞めます」 日本航空・菊山英樹専務
コロナ禍による国際、国内の旅客数減少が長期化して日本航空(JAL)は苦しい経営が続いている。経営破綻後に当時の稲盛和夫会長(現在は名誉顧問)から経営のやり方を巡って叱責された経験がある菊山英樹専務にインタビューした。(2022/3/8)

ロボットの活用事例:
しゃぶ葉やガストが導入する「配膳ロボ」の実力は?  最先端、中国のロボット事情
2021年10月、すかいらーくグループは、全国2000店舗に中国製の配膳ロボットを導入すると発表。中国では、配膳ロボットのほか、レベル4の自動運転技術を備えた業務用掃除ロボットも導入が進む。中国ロボットの総合代理店を務める日本のテクトレ社と、すかいらーくグループにロボット活用事例を聞いた。(2022/2/23)

Restaurant Dive:
マイクロ物流から「ごはん as a Service」まで 注目スタートアップReefの事業買収の狙いは
コロナ禍で注目を集めるゴーストキッチン事業のパイオニアであるReefが、スタートアップの買収を発表した。競合がひしめき合う中、海外進出を積極的に進める同社の展望とは。(2022/2/18)

営業視点のカスタマーサクセス【第2回】:
日本のカスタマーサクセスが世界に後れを取る2つの理由
日本のカスタマーサクセスは米国と比べて3〜5年の後れを取っているとされる。「おもてなし」の文化を持つ日本人はカスタマーサクセスの重要性を肌で理解しているはずだ。それなのに具体的な取り組みが進まないのはなぜか。(2022/2/14)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
EV都市とEV離島ってどうなの? 走るガジェット「Tesla」とEVの未来を考えた
Teslaに関する連載を執筆している山崎潤一郎さんをゲストに、Teslaに限らずEV、移動手段の未来について語りました。(2022/2/10)

断る勇気:
患者は“神様”なのか カスハラから医療を守るために
埼玉県で発生した訪問診療医師射殺事件。コロナ禍でも在宅医療に取り組む貴重な医療人を、一方的で独善的なクレームを寄せるカスハラ(カスタマーハラスメント)が、殺人にまで至るという究極の終末を迎えてしまいました。(2022/2/6)

JFMA調査研究部会のFM探訪記(5):
FMフォーラム2022の“オードリー・タン氏”サプライズメッセージとBIMに関する講演
本連載では、日本ファシリティマネジメント協会(JFMA) 専務理事 成田一郎氏が「JFMA調査研究部会のFM探訪記」と題し、JFMA傘下で、マネジメントや施設事例、BIM×FMなどの固有技術をテーマにした合計18の研究部会から成る「調査研究部会」での研究内容を順に紹介していく。第5回は、毎年恒例の「日本ファシリティマネジメント大会(ファシリティマネジメントフォーラム)」のスペシャルメッセージとBIMに関する講演の数々について解説する。(2022/2/8)

「JALの子ども用機内食が神すぎた」 キリンさんのオムライスやワンコのプリンに「大人も食べたい」「さすがJAL」の声
ホスピタリティにあふれてる。(2022/2/3)

世界のCEO、4分の3が経済回復を期待しても警戒する「3つのリスク」とは
PwCの調査によると、世界のCEOの77%が2022年の世界経済の回復を予測しており、減速するとの予測はわずか15%だった。2022年以降の企業の成長に求められるリーダーシップと戦略とは?(2022/1/19)

総務のための「オフィス」再考:
海外では当たり前! 総務がサラッと身に付けたい“おもてなし精神”
“おもてなし大国”である日本。顧客への「おもてなし」は海外と比べても秀でているが、社員への「おもてなし」では物足りない点も。社員の生産性向上につながるように、総務が心得るべき“おもてなし精神”とは?(2022/1/12)

“推し活”は人間を幸せにする―― ある日、世界さんとFANTASTICSに出会って人生がすごい速さで変わった話
たった2秒で真っ逆さま。(2022/1/8)

この一杯が明日の作業効率を変える!?:
PR:全てのコーヒー党に送る! タリーズのブラックコーヒー、新作は何が“一味”違うのか?
「ブラックコーヒー」と聞くと、朝や残業時の「眠気覚まし」「気付け」としてビジネスパーソンが手にする機会も多いが、「ただカフェインが摂れて苦ければよい」という時代は既に過去。コロナ禍の影響で巣ごもり時間が増え、「リラックス時間のお供」としてカフェ顔負けの質が高いRTDコーヒーを選ぶ人が増加している。その影響で、嗜好性にも変化が出ているというが、その内容とは?(2021/11/18)

「バーだったら余裕」 元AKB48・大島麻衣、一般人による“芸能人の落とし方”を伝授
まずは「店員さんを介してしゃべる」。(2021/11/4)

高橋真麻、40歳の誕生日にホテルディナーを満喫 育児疲れを心配していたファンもホッと安堵
39歳の誕生日は育児に追われ特に何もしなかったそうです。(2021/10/10)

再利用や共有するIT担当者が5割に及ぶ:
IT担当者もパスワード管理がずさん
NordPassはPonemon Instituteの最近の調査レポートを引用し、一般のユーザーと同様に、IT担当者やITセキュリティ担当者の中にも、パスワードセキュリティ対策の甘い人が高い割合で存在することを指摘した。(2021/10/5)

プロジェクト:
渋谷・神山町にグエナエル・ニコラがデザインした別荘型マンション
三菱地所レジデンスは、東急とともに、東京都渋谷区神山町で、2023年11月中旬の竣工に向け、新築分譲マンション「ザ・パークハウス グラン 神山町」の開発を進めている。(2021/9/17)

フードビジネスの舞台裏:
「東京ラーメンストリート」担当者が明かす、コロナ禍の東京駅開発
全国のラーメンの名店を期間限定で東京ラーメンストリートに出店する「ご当地ラーメンチャレンジ by 東京ラーメンストリート」。どのような狙いでこのような事業を展開したのか。東京ステーション開発営業開発部の笠井俊亮さんに戦略を聞いた。(2021/9/9)

「何万円もとってその重みも考えない」 梅宮アンナ、“高飛車”な一部高級店を猛批判 ホスピタリティに欠け「感じ良くない」
「優しい大将」が好きだと梅宮さん。(2021/8/27)

新幹線「近すぎ〜」!! 大阪コロナホテルの攻めすぎ景色にファン歓喜 「寝るのがもったいなくなる」「鉄オタの聖地かな」の声
おぉぉぉ〜、これは見に行きたくなる!(2021/8/20)

目覚めたらそこは……! WEST EXPRESS 銀河で迎えた朝の車窓が最高だった
これぞ夜行列車の醍醐味! 大人気「WEST EXPRESS 銀河」の夜行・紀南コースに乗ってきました。(2021/8/19)

「レトロ自販機飯最高」 千原ジュニアが選んだバイク飯ツーリングに「マッハかっこいい」「ロマン詰まってる」の声、SLP号井戸田もびっくり感心
「ここホントに日本ですか!?!?」と井戸田さん。(2021/8/9)

ニコニコ大百科「羽田空港と成田空港を間違えた人」が“ネットの良心”に満ちた構成で称賛の声 記事作者に話を聞いた
インターネットの良心はここにあり。(2021/6/24)

導入事例:
無人ホテルの受付をアバターに、人件費を75%削減する実証実験がスタート
SQUEEZEは、運営する小規模無人スマートホテルの顧客満足度を高めるとともに、水光熱費を削減するため、パナソニックシステムデザイン製の遠隔コミュニケーションシステム「AttendStation」とパナソニック製の電力モニタリング兼遠隔コントロールシステム「AiSEG 2」を用いた実証実験を東京都大田区西蒲田の無人ホテル「Minn 蒲田」で開始した。(2021/6/11)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「グローイング・サイクル」を回すことで組織の全員が戦力になる
かつて日本マクドナルドの「ハンバーガー大学」で学長を務め、「ユニクロ大学」でも実績を残した有本均氏。現在はホスピタリティ&グローイング・ジャパン会長として、多くの企業の人財育成をサポートする。目指すのは「全員を戦力にする」こと。そのための方法について、一端を紹介してもらおう。(2021/5/13)

リピーター続々:
1泊20万円超も コロナ禍なのに高級ホテルが続々開業するワケ
宿泊業の経営破綻や開業延期・中止などのニュースが続いているが、新規開業が目立ち鼻息荒いのが“高級”といわれるホテルや旅館だ。(2021/4/28)

不動産市場で進むアナリティクスの活用【後編】
「不動産テック」がもたらす“脱・百貨店ビジネス”とコロナ時代のオフィス
コロナ禍やEコマースへのシフトで小売店舗の在り方が問われている。ピンチをチャンスに変えるための鍵となるのが、アナリティクスの活用だ。(2021/4/16)

「新型コロナワクチン接種デジタル証明書」にまつわる諸問題【中編】
QRコードを使った「新型コロナワクチン接種証明システム」とは?
新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を証明するシステムを開発するために、必ずしも新しい技術は必要ない。既存技術の転用でシステムをいち早く実現した企業の取り組みを見ていこう。(2021/4/16)

あらゆる手段を講じる:
コロナ禍で経営難のホテル業界 識者「あと1年をどう持ちこたえるかが正念場」
コロナ禍の長期化で最も厳しい状況に追い込まれているのがホテル業界だ。国内旅行者や出張者の大幅減少に加えて、2019年まで増加してきた外国人訪日客(インバウンド)が期待できないため、軒並み業績悪化に見舞われている。ホテル業界に詳しいPwCコンサルティング、リアルエステート&ホスピタリティの澤田竜次パートナーに、現状と今後の見通しを聞いた。(2021/3/30)

小売業や飲食業は苦戦か
地方への移住が加速、「STEM」が成長――McKinseyが示す“コロナ後の世界”
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック収束後、雇用市場はどう変化するのか。McKinsey & Companyの調査結果を基に考察する。(2021/3/25)

はたらくクルマと大人の皆さん「カックイ〜!」 乗りもの大好きキッズの日常に「こちらこそありがとう」「がんばるよ」の声あふれる
キッズのキラッキラなお目々を見たらもう。(2021/1/22)

パナソニックが考える「2020以降の街づくり」:
取り込んだ外気の湿度と温度調整が行える空調システム、将来的に除菌機能も搭載
パナソニック エコシステムズは、従来の空調システムに、独自開発した調湿ユニットを組み込み、外気の湿度と温度調整が行える空質システムの開発を進めている。同社は、将来的に、新たな空質システムに次亜塩素酸生成ユニットを組み合わせて、取り込んだ外気を除菌できるようにする。(2020/12/28)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
トレーラーハウスも登場、“働く場所”をどう選ぶ? シェアオフィスのカタチを探る三井不動産の戦略
三井不動産は法人向けシェアオフィス「ワークスタイリング」の新サービスとして、個室特化型の施設を展開する。コロナ禍によって、個室の利用が3倍に増えたからだ。新サービスの狙いと、トレンドの変化に対応し続けるワークスタイリングの戦略を聞いた。(2020/12/11)

欧州FM見聞録(7):
オランダのFM学科が行うインターンシップ、企業の課題を学生が解決
本連載では、ファシリティマネジメント(FM)で感動を与えることを意味する造語「ファシリテイメント」をモットーに掲げるファシリテイメント研究所 代表取締役マネージングダイレクターの熊谷比斗史氏が、ヨーロッパのFM先進国で行われている施策や教育方法などを体験記の形式で振り返る。最終回は、オランダの大学「University of Applied Science(UAS)」にあるFM学科のインターンシップ制度について解説する。(2020/11/30)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(73):
「知識」と「理屈」でデザインを学ぼう――非デザイナーも知っておきたいデザインの話
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第73弾は普段デザインとは関係ない仕事をしているけれど、デザインに関する知識を基礎から知りたい、という人のための連載『非デザイナーも知っておきたいデザインの話』4回分を、1冊のPDFとしてまとめました。(2020/11/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。