ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ホットスワップ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

VR:
高いグラフィック能力の新型ワークステーションと超軽量高解像度のHMD、日本HP
日本HPはバックパックタイプのワークステーション「HP VR Backpack G2」とヘッドマウントディスプレイ「HP Reverb Virtual Reality Headset」をリリースした。両機の携帯性と高いグラフィック能力を組み合わせ、没入感を向上させた新たなVR体験を提供する。(2019/6/17)

PR:最新のWindows Server IoT 2019搭載「LAN DISK Z」がエンタープライズクラスのNASを変える
Microsoftは2019年2月26日、サーバクラスのデバイス向け組み込みOSの最新バージョン「Windows Server IoT 2019」を発表した。Windows Server IoT 2019とはどんなサーバOSなのか、この新OSにいち早く対応したアイ・オー・データ機器の「LAN DISK Z(HDL-Z)」シリーズから見ていこう。(2019/5/23)

現場で使えるノートPC:
過酷な建設現場で採用が進むデルの高耐久ノートPC「Rugged」シリーズ、世界シェア27%を獲得
デルは、2018年11月に14型の高耐久クラムシェルノートPC「Latitude 5424 Rugged」「Latitude 5420 Rugged」「Latitude 7424 Rugged Extreme」を発売した。それまで販売展開していたRuggedノートブックのカテゴリーを刷新し、販売の比重が高かった5414を、5424と“薄型軽量”の5420に分割し、モビリティーを高めた。(2019/3/1)

ラック、ブレード、メインフレームにも留意
「サーバは8つの機能で比較すべし」 有識者が語る、その真意とは
サーバハードウェアを購入する場合、プロセッサ数、メモリ容量、ストレージ容量など検討する要素はたくさんある。主要ベンダーが提供するサーバを比較する際は、8つの重要な機能を綿密に評価すべきだ。(2019/2/26)

ASUS、Core i9+RTX 2080を搭載した水冷ゲーミングPC「ROG STRIX GL12CX」など2製品
ASUS JAPANは、水冷CPU機構とGeForce RTXシリーズを標準搭載したゲーミングデスクトップPC「ROG STRIX GL12CX」など計2製品を発表した。(2019/2/20)

最大2000mの長距離測定を実現した地上型3Dレーザースキャナーを発売へ、TIアサヒ
TIアサヒは、災害調査やインフラメンテナンスに最適化した地上型3Dレーザースキャナー「PENTAX S-3200V/S-3075V」を発売。S-3200Vの最大測定範囲は2000mと、地表面からでも1回のスキャンで広範囲にわたる計測を実現した。その精度にも優れ、1回のレーザー照射で4つのリターン信号を記録でき、植生と地表面のデータも分離可能とした。同社では今回を皮切りに、新製品を連続でリリースしていく。(2019/2/18)

ブレード、ラック、メインフレームなど
主要ベンダー14社のサーバ製品比較総まとめ
本稿では、利用可能なブレードサーバ、ラックサーバ、メインフレームコンピュータの全体像を詳しく示し、主要ベンダーについて紹介する。(2019/2/13)

サードウェーブ、Celeronモデルも用意したキューブ型コンパクトサーバ
サードウェーブは、キューブ筐体を採用したデスクトップ型サーバ「サードウェーブサーバー X2710」を発表した。(2019/2/1)

自社に適したハードウェアはどれか
サーバハードウェア比較 ラック、ブレード、メインフレーム、HCIの違いは?
本稿では、ラック、ブレード、メインフレーム、HCIといった各タイプのサーバの構造と、その長所と短所を解説する。どの種類のサーバが自社のデータセンターに適しているか、考えるヒントにしてほしい。(2019/1/21)

ASUS、SSDのホットスワップ拡張にも対応したGTX 1060搭載ゲーミングPC
ASUS JAPANは、ミドルタワー型筐体を採用したGeForce GTX 1060搭載ゲーミングデスクトップPC「ROG STRIX GL12CS」を発表した。(2018/12/12)

デル、砂漠や雪山でも動くタフネスノート計3製品を投入
デルは、過酷な環境での使用も想定した高耐久ノートPC計3製品の販売を開始する。(2018/11/27)

PR:ビデオ編集もゲーム配信もサクサクこなす超メニーコアのモンスターマシン「Lepton WS3600X399A」
16コア・32スレッドCPUのRyzen Threadripper 2950X搭載クリエイターモデルを徹底レビュー。その圧倒的な性能をビデオ編集やゲーム配信で確かめる。(2018/10/11)

ITとOTの融合を阻む現場課題とは:
シンプル・堅牢なエッジで日本のインダストリアルIoTを加速、日本ストラタステクノロジー
製造品質の管理、工場系システムの問題予兆検知、プロアクティブな対応などを狙い、日本の製造現場にも着実に浸透が進むIoT。だが“ITとOTの融合”には複数の課題が横たわっている。これをどう解決するか。日本ストラタステクノロジー 代表取締役社長 松本芳武氏に聞いた。(2018/10/11)

肝心なのは機能ではなく“どこで使うか”
いまさら聞けない「AHCI」 IT担当者が知っておくべきこととは
AHCI(Advanced Host Controller Interface)とRAID(Redundant Array of Independent Disks)は、データ管理とストレージインフラの効率的な運用のために理解しておくべき基本概念だ。(2018/9/18)

形だけではなく接続方法、通信方式にも注目
徹底解説:SSDで評判の4つのフォームファクター 最適な利用方法は?
SSDのフォームファクターは、移行の容易さからスループットの向上までさまざまなメリットをもたらす。本稿執筆時点では、評判の高い4つのフォームファクターが市場で主流になっている。(2018/8/9)

週末アキバ特価レポート:
悪天でも狙い目 8TB HDDが税込み1万7480円に
最近は大容量HDDやSSDのお買い得ぶりが加速しており、今週末も複数メーカーの8TB HDDが2万円切りで買える。悪天ゆえに「むしろ狙い目」との声も。(2018/7/28)

FC-R24W/FC-R16W:
NEC、IoTシステムの要件に適した産業用コンピュータを発売
NECは、5年間の長期供給と供給終了から最大10年間の長期保守に対応する2Uラックマウント型産業用コンピュータの新製品「FC-R24W」と「FC-R16W」を発表した。(2018/7/27)

メカニカルスイッチを自由に交換できるコンパクトキーボード「KUMO」、Kickstarterで出資受付中
米カリフォルニア州ロサンゼルスのTheVan Keyboardsが提案する「KUMO」は、4列44キーのコンパクトな有線キーボード。キーレイアウトの変更やキースイッチ付け替えも可能。(2018/7/19)

Vicor 2317 NBM:
48V、12V間の双方向非絶縁型バスコンバーター
Vicorは、双方向非絶縁型バスコンバーター「2317 NBM」を発表した。12Vから48Vまたは48Vから12Vの双方向変換が可能で、データセンターのバス電圧変換や車載アプリケーションの用途に適している。(2018/7/19)

ASUSTOR、10GbE接続対応エントリーNAS「AS4002T」など2製品
ユニスターは、ASUSTOR製の10GbE接続対応NAS「AS4002T」「AS4004T」の取り扱いを開始する。(2018/6/28)

ロジテック、堅牢Windowsタブレット「ZEROSHOCKタブレット」にSoftBank対応LTE内蔵モデルを追加
ロジテックINAソリューションズは、同社製の堅牢WindowsタブレットPC「ZEROSHOCKタブレット」シリーズにSoftBank回線対応のLTE通信モジュール内蔵モデルを追加した。(2018/6/14)

高効率データセンターを救う技術か
東芝がNVMe SSDで攻める新製品、ストレージ管理「KumoScale」とは?
東芝グループは、NVMeのラインアップに新しいSSDを追加し、NVMe SSDをストレージ本体にプールして共有できる新しいソフトウェア「KumoScale」を発表した。その狙いとは。(2018/3/29)

PR:今こそエンドポイントの電源対策が急務――その理由とは
さまざまなビジネス現場で活用されているPCやNASなどのエンドポイント機器。しかしこれらの機器は、災害や事故などの予期せぬ停電でいきなりダウンしてしまうリスクを抱えている。エンドポイントに保存されている重要なデータを守るためには……。(2018/3/14)

アナログ回路設計講座(16):
PR:バッテリ駆動システムにおける電子機器のスイッチングおよび保護
車載、医療、民生機器向けなどのさまざまなバッテリ・アプリケーションに最適な新しいマイクロパワー・バッテリ保護デバイスの特長およびメリットについて解説する。(2018/3/7)

FAニュース:
装置の状態がひと目で分かる液晶ディスプレイを搭載した無停電電源装置
オムロンは、無停電電源装置「BW-T」シリーズ4機種を2018年2月5日に発売する。PCやワークステーションで使用できる正弦波出力と、無停電電源装置の状態がひと目で分かる液晶ディスプレイを採用した。(2018/2/9)

日本NI PXIe-1095:
18スロット全てに58W電源と冷却機能を設けたPXIeシャシー
日本ナショナルインスツルメンツがPXI Expressシャシーの新製品「PXIe-1095」を発表した。58W出力に対応する電源と冷却機能を各スロットに搭載した18スロット製品で、冷却モードならば「最も静かな製品」として利用できる。(2018/1/17)

DJI、スマホ向けスタビライザー「Osmo Mobile 2」発売 1万6800円、バッテリーで15時間駆動
DJIがスマートフォン向け片手用スタビライザーの新モデルを発表した。(2018/1/9)

今どきのNASでWindowsファイルサーバは断捨離できるか!?:
第1回 今どきのNASでWindowsファイルサーバは置き換えられる?
古くなったWindowsファイルサーバを断捨離してNASにすることは可能か? 最近のNASはとても高機能で、ファイル共有だけではなく、運用を簡単にするさまざまな機能も持っている。(2017/12/28)

VRニュース:
カッコいいだけじゃない、バックパック型VRマシンの裏側にあったHPのビジネス戦略
HPは2017年9〜10月にかけてVR関連製品を相次いで発売した。VR製品のビジネス戦略について発表し、引き続きゲーミング向けにも注力するとともに、商用向けはさらに重要視して取り組んでいく方針を示した。背負えるワークステーションの裏にも、「カッコいい」だけではない戦略があった。(2017/11/10)

マウス、4ベイ搭載小型筐体を採用する法人向けデスクトップサーバ「MousePro SV230ES」
マウスコンピューターは、OSとしてWindows Server 2016 Essentialsを導入した法人向けの小型デスクトップサーバ「MousePro SV230ES」シリーズを発表した。(2017/10/31)

VRニュース:
VR対応のウェアラブルワークステーションなど、4機種を発表
日本HPは、VR対応のウェアラブルワークステーション「HP Z VR Backpack G1 Workstation」と、新デザインを採用したデスクトップワークステーション3機種を発表した。(2017/10/19)

CEATEC 2017:
スマートグラスでピッキング時間を半減、コニカミノルタが日立物流子会社と提案
コニカミノルタは、「CEATEC JAPAN 2017」、スマートグラス「WCc」の物流業界への適用事例を紹介した。日立物流の子会社である日立物流ソフトウェアと共同開発したソリューションにより、物流業界への提案活動を強化していく考え。(2017/10/13)

デル、過酷な環境下でも使える11.6型堅牢タブレット「Latitude 12 Rugged タブレット(7212)」
デルは、さまざまな環境下での利用を想定した耐衝撃筐体採用の11.6型堅牢タブレット「Latitude 12 Rugged タブレット(7212)」を発表した。(2017/8/29)

日本HP、ゲーミングPC「OMEN by HP」を刷新 重量4.5キロのバックパック型VR PC「P1000」も投入
日本HPは、同社製ゲーミングPC「OMEN by HP」シリーズのラインアップ刷新を発表、VR向けバックパック型PCなど4モデルを追加した。(2017/8/17)

ヒューレット・パッカード、背負えるウェアラブルPCを開発 ケーブルにとらわれない自由なVRを体験可能
工場や医療現場など、プロフェッショナル向けの教育システムとして開発。(2017/8/3)

古田雄介のアキバPickUp!:
4面ガラス張りケースのホワイトモデル登場でアキバが沸く理由
コルセアのガラス張りケース「Crystal 570X RGB」に赤と白モデルが登場した。なかでも注目を集めているのは白だ。そのほか、Ryzen 3やPCIe x16接続のM.2 RAIDカードもデビューしている。(2017/7/31)

M.3 SSD、Z-SSD、64層V-NANDなどSSDの最新動向
2017年中はNAND不足継続も、長いスパンで見ればGB単価はHDDに接近。2020年にSSDの販売台数はHDDを抜き、ストレージされるデータ総量は6.5ZB(ゼタバイト)に達するという。(2017/7/12)

製造現場向け機器:
凍らせても使える現場向け堅牢PC、タブレットとしての使用も可能
パナソニックは頑丈フィールドモバイルとして展開する「TOUGHBOOK」シリーズの新製品としてデタッチャブルPCタイプのフラグシップモデルを発売する。製造現場や警察、消防領域などでの普及拡大を進め2017年度は前年度比20%増を目指す。(2017/7/6)

Computer Weekly製品導入ガイド
投資を最大限に活用できるストレージ構成
現在使われているストレージメディアの主な特徴と、ITリーダーがそれを最大限に活用するための選択肢および基本的な調整手順を紹介する。(2017/6/29)

産業用ネットワーク技術解説:
いまさら聞けない MECHATROLINK入門
スマートファクトリーをはじめとする工場内IoTが注目を集める中、産業用オープンネットワークへの関心は高まってきています。その中でモーション制御領域に強みを持ち「モーションフィールドネットワーク」ともいわれ、アジアを中心に導入が進んでいるのがMECHATROLINKです。本稿ではMECHATROLINKとは何か、どう活用すべきかについて、分かりやすく紹介します。(2017/5/18)

ARMプロセッサを採用
オープンソースオブジェクトストレージとは? 注目の新興企業OpenIO
オープンソースソフトウェアをベースとするオブジェクトストレージへの注目が集まっている。ARMプロセッサを搭載するOpenIO「SLS-4U96」の特徴とは?(2017/4/3)

サードウェーブデジノス、3年修理保証を標準付属した法人向けサーバなど4製品
サードウェーブデジノスは、法人向け1Uラックマウントサーバ「RS3113-LAS」など計4製品を発表。いずれも3年修理保証が付属する。(2017/2/23)

スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2016:
審査員が選ぶ「2016年を代表するスマホ」は?(前編)
2015年12月から2016年11月に発売されたスマートフォン10機種の中から最優秀機種を選出する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2016」。選考委員は、何を基準にノミネート候補を挙げたのでしょうか。まずは、6人の選考委員の意見を見ていきます。(2016/12/28)

仮想化特有の課題を払拭
1人5万円台で手に入る、仮想化不要のリモートデスクトップとは
ハイパーバイザーを使用せず、1ユーザー当たり5万円台という低価格で高性能なリモートデスクトップを実現する技術が登場した。仮想化特有の課題を払拭できる。(2016/12/1)

最速実機レビュー:
この発想はなかった PC向けVRをケーブルから解き放つ「VR One」とは?
(2016/11/23)

MSI、背中に背負えるVRゲーミングPC「VR One」の法人向け販売を開始
エムエスアイコンピュータージャパンは、VR向けのバックパック型ゲーミングPC「VR One」の法人向け販売を発表した。(2016/11/18)

米国の軍用規格を満たす構造品質
徹底レビュー:「ThinkPad X260」、ビジネスPCの定番が万人にオススメの理由
「ThinkPad X260」は、耐久性やパフォーマンス、携帯性に優れたクライアントPCだ。どのようにして、これらの特性が盛り込まれているかその秘密を探る。(2016/10/8)

MSI、HTCと共同開発したVR向けリュック型PC「MSI VR One」 バッテリーのホットスワップに対応しケーブルの呪縛から解放
MSIが発表したリュック型PC「MSI VR One」は、3.6kgの重量にGeForce GTX 1070とCore i7、2つのバッテリーパックを搭載。バッテリーのホットスワップに対応し、バッテリーを換えることで駆動時間を延ばすことができる。(2016/9/12)

背負えるVR対応ゲーミングPC「MSI VR One」登場 「ケーブルの呪縛から解放」
背負えるVR対応のリュックサック型PC「MSI VR One」を台湾MSIが発表。2基のバッテリーを搭載し、1回の充電で90分間VRゲームを楽しめる。(2016/9/12)

Dev Basics/Keyword:
Erlang(関数型プログラミング言語)
Erlangは、並行処理/分散処理/耐障害性といった特徴を備えた関数型プログラミング言語およびその実行環境だ。(2016/8/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。