ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「販売奨励金」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「販売奨励金」に関する情報が集まったページです。

「ITは自動化や生産性向上だけではない」
「景気失速するかしないかの瀬戸際」で崔 真淑が薦める“IT活用の在り方”とは
変化の激しい激動の時代に、中小企業が成長を続けていくためには何が必要なのか。エコノミストの崔 真淑氏は、「IT活用による生産性の向上、ガバナンスを効かせた経営の透明性の確保、インセンティブ設計の3つが必要になる」と語る。(2020/11/2)

ポイント代わりに仮想通貨プレゼント LINE Pay、クレカ発行で
クレジットカード新規発行時のインセンティブとなるキャンペーンでは、現金やポイントなどをもらえる場合が多かったが、暗号資産(仮想通貨)のプレゼントが登場した。(2020/10/16)

「ITは自動化や生産性向上だけではない」
「景気失速するかしないかの瀬戸際」で崔 真淑が薦める“IT活用の在り方”とは
変化の激しい激動の時代に、中小企業が成長を続けていくためには何が必要なのか。エコノミストの崔 真淑氏は、「IT活用による生産性の向上、ガバナンスを効かせた経営の透明性の確保、インセンティブ設計の3つが必要になる」と語る。(2020/8/3)

「ITは自動化や生産性向上だけではない」
「景気失速するかしないかの瀬戸際」で崔 真淑が薦める“IT活用の在り方”とは
変化の激しい激動の時代に、中小企業が成長を続けていくためには何が必要なのか。エコノミストの崔 真淑氏は、「IT活用による生産性の向上、ガバナンスを効かせた経営の透明性の確保、インセンティブ設計の3つが必要になる」と語る。(2020/5/20)

「ITは自動化や生産性向上だけではない」
エコノミスト 崔 真淑が「不透明な経済状況でのIT活用」を勧める理由
変化の激しい激動の時代に、中小企業が成長を続けていくためには何が必要なのか。エコノミストの崔 真淑氏は、「IT活用による生産性の向上、ガバナンスを効かせた経営の透明性の確保、インセンティブ設計の3つが必要になる」と語る。(2020/3/13)

フルスクリーンの動画広告視聴:
LINE広告ネットワークで「動画リワード広告」の提供を開始
新たな広告収益源の創出に加え、インセンティブ付与によるアプリ内の活性化も促進。(2020/2/28)

石川温のスマホ業界新聞:
端末割引の負担減り、KDDIとソフトバンクが増収――解約率も大幅に改善。法改正は「キャリアだけに恩恵」
携帯電話大手3キャリアの2019年度第3四半期決算が出そろった。KDDIとソフトバンクの決算の数値を見ると、解約率の低下や販売奨励金(インセンティブ)の出費削減などでむしろ“好調”さを増している。(2020/2/14)

自然エネルギー:
節電要請に応じるとインセンティブ、福島県でブロックチェーンを活用した模擬DR実証
日本エンタープライズのグループ会社の会津ラボは、再エネ普及を目的としたブロックチェーン技術を活用する模擬デマンドレスポンスの実証実験を福島県内で開始した。(2020/1/28)

後悔はしていない:
インセンティブを求めて異業種に転職した「辞めジニア」の告白
年の近い先輩が退職した日、彼女は静かに絶望した。(2019/12/9)

LINE Pay、インセンティブをLINEポイントに一本化 LINEポイントの外部サービスへの交換は終了 
外部交換を利用していた人は痛いかも。(2019/10/15)

LINEのインセンティブが「LINEポイント」に一本化、外部サービスへの交換は順次終了
LINE Payは、LINEから「LINEポイント」の発行業務を引き継いで発行主体となる。これに伴い、今後LINEの発行するインセンティブを「LINEポイント」に一本化する。(2019/10/15)

堀江貴文が語る「予防医療」:
ホリエモンが斬る! “予防”というインセンティブなき「国民皆保険の欠陥」
ホリエモンこと堀江貴文が「予防医療」の必要性と意義を語る――。今回は堀江氏の国民皆保険への見解についてお届けするとともに、糖尿病予防につながるインセンティブの可能性を探る。(2019/10/12)

PR:販促キャンペーンでユーザーが一番欲しいのは現金 現金の送金を簡単にする送金サービス「CASH POST」
販促キャンペーンでのインセンティブとして、金券やプレゼントなどを想定しがちだが、ユーザーが最もほしいのは実は「現金」だ。しかし、現金でのキャッシュバックは、実施しようとすると、社内での業務負荷が大きいだけでなく、個人情報を明かさなければならないユーザー側の不安も大きい。イーコンテクストの「CASH POST」(キャッシュポスト)を使えば、従来の送金方法と比較して業務負荷をほとんどかけずに送金が可能となる。(2019/9/25)

銀行口座を介さずに企業から個人へ送金 「LINE Pay かんたん送金サービス」開始
LINE Payが、金融機関の口座を登録せずに企業が直接ユーザーに送金できるサービスを開始。ユーザーが登録した「LINE Payナンバー」をもとに、企業は口座を介さずに直接LINE Payでインセンティブなどを支払える。(2019/7/22)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
完敗としか言いようがない日産の決算
ズタズタの決算内容だった日産。一つの要因は、北米で販売促進費用(インセンティブ)をつぎ込んで売り上げを伸ばそうとしたことにあるのではないか。対策として、22年にはモデルラインアップの半数を電動化車両にするというがバッテリー供給は大丈夫か。20車種の新型を出すというのも、短期間で作られる新車は大丈夫なのか?(2019/5/20)

試着写真のシェアアプリ、ユナイテッドアローズらが開発 画像投稿者にインセンティブを付与
通販サイトを見て気になった服の試着画像をリクエストすると、店舗で試着した人から画像をシェアしてもらえるスマホアプリを、ユナイテッドアローズら3社が立ち上げた新会社・fitomが開発する。(2019/3/1)

海外医療技術トレンド(44):
APIエコノミーが主導する米国の医療データ連携とAI
本連載ではこれまでにも何度か米国の医療データ相互運用性標準化動向を紹介してきた。これに関連して、新たな経済インセンティブの仕組みづくりが加速している。(2019/3/1)

事例で学ぶデジタルツイン(2):
デジタルツインによる生産準備「バーチャルコミッション」とは
製造業に大きな進歩をもたらすデジタルツインの姿について事例から学ぶ本連載。第2回は、生産準備工程におけるデジタルツインに着目する。(2019/1/17)

クリエイターにイラストを有償依頼できるサービス「Skeb」誕生 海外ファンも自動翻訳で依頼可能
個人がイラストを有償依頼する「コミッション」の文化を日本でも。(2018/12/1)

もらってやる気が出た1位は「現金」:
そのインセンティブ制度、本当に効果ある? 企業と従業員の間で課題認識の差あり
そのインセンティブ制度、本当に効果ある? JTBはこのほど企業が従業員のモチベーションを向上させるために実施するインセンティブ制度に関する調査を行った結果……(2018/11/30)

3年で31車種計画:
トヨタ、北米の収益改善急ぐ SUVなど新車投入で販売費抑制へ
トヨタ自動車は北米事業の収益改善を急ぐ。2019〜21年の3年間で31車種の新型車を投入するなど、販売奨励金の抑制を図る。(2018/11/6)

あなたの職場、停滞していませんか:
PR:「社内通貨」で職場のコミュニケーションはうまくいく
職場のコミュニケーションを向上させる「インセンティブ・ポイント」が脚光を浴びている。アイテムに変えられる社内ポイントを社員に渡してほめ、継続的なモチベーションアップにつなげる。(2018/8/27)

ストップ海賊版サイト! Jコミックテラス、出版社と連携し過去作品の素材提供・収益化の実証実験開始
権利者だけでなく、素材提供者もインセンティブを受け取ることができる仕組み。(2018/8/1)

メルカリにも浸透:
「同僚からのボーナス」があると、職場はどう変わるのか
従業員同士で感謝や称賛の気持ちを込めて成果給(インセンティブ)を贈り合う「ピアボーナス」が注目されている。2017年に開始されたサービス「Unipos」は、メルカリなど100社以上が導入。どんな仕組みなのか、開発企業に聞いた。(2018/7/12)

LINE Pay、インセンティブプログラム「マイカラー」制度を6月1日開始 段階的にポイント還元
LINE Payは、6月1日からインセンティブプログラム「マイカラー」制度を開始。サービスの利用度合いによって4色のカラーバッジが表示され、段階的に「LINEポイント」を還元する。(2018/5/30)

「シャドウバース」プロリーグが始動 選手には月給30万円を保証、総額2000万円の年間インセンティブも
au、おやつカンパニー、サッポロビール、吉本興業が参入チームのスポンサーに。(2018/3/9)

税制改革で見直し進む:
日本企業の役員、報酬額はどれくらい?
日本企業の役員は、どの程度の報酬を手にしているのか。また、どのようなインセンティブ制度が設けられているのか――デロイト トーマツ コンサルティング調べ。(2017/12/21)

電気自動車:
EVユーザーの充電行動、インセンティブで変化はあるか
東京電力と日産は、電気自動車(EV)を利用したバーチャルパワープラントの構築実証に着手。電力需要の少ない時間帯に充電したEVユーザーにインセンティブを付与するシステムを構築し、充電行動の変化を検証する。(2017/12/19)

壁に突き当たった「Windows 10」移行計画
「Windows 7」にしがみつく人は何を心配しているのか
Microsoftは2016年、無償アップグレードを通じて「Windows 10」の普及を加速させた。そのインセンティブがなくなった今、企業はできるだけ長い間「Windows 7」にしがみつこうとしている。(2017/3/23)

「WELQ」問題を受け:
「NAVERまとめ」、元記事に還元する仕組み導入へ
LINEがキュレーションプラットフォーム「NAVERまとめ」の運営方針を変更すると発表。まとめられた1次情報発信者にインセンティブが還元される仕組みを2017年中に導入する。(2016/12/5)

遠藤保仁選手の「フリーキックの壁」になるバイトが“アメとムチ” 体でボールを受けるたび500円のインセンティブ
プロのボールをなめちゃいけない。(2016/11/27)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
同じ価格なのに「欲しくない方のPC」を猛プッシュしてくる店員の謎
量販店でPCを買おうとした際、ほぼ同じ価格でありながら、A社とB社の選択肢のうち、店員がやたらとA社をプッシュしてくる……といったことがある。こうした場合、「インセンティブ」が絡んでいることが多い。(2016/11/22)

「SIMロック解除」「実質0円」の行方は――総務省「有識者」フォローアップ会合
総務省が2014年末から順次実施してきた携帯電話市場健全化に向けた措置。その実効性を検証する「フォローアップ会合」の取りまとめ会合が、11月7日に実施された。提示された「取りまとめ案」では、「SIMロック解除」「販売奨励金・割引施策」に重点が置かれた。(2016/11/8)

電力供給サービス:
ネガワット取引でデマンドレスポンスが拡大、市場規模は20倍以上に
需要家が節電した電力を事業者が買い取り、その電力を他の需要家に供給するネガワット取引。節電した電力を売買できるというこの新しい市場の設立に向けて、制度設計が進んでいる。それに伴い注目されているのがインセンティブの付与などと引き換えに、需要家側が電力の使用を抑制する「デマンドレスポンス」だ。調査会社の富士経済は、デマンドレスポンスの関連サービス市場の展望をまとめた。(2016/9/9)

トレンドキーワードを知る:
デジタルインセンティブ――費用対効果に優れたキャンペーンを実現、デジタルコンテンツが「顧客」と「利益」を呼ぶ
販売促進やアウェアネスを目的に実施するキャンペーンにおいて、顧客の参加を促すための手段によく用いられるのが「デジタルインセンティブ」である。モバイルとデジタルコンテンツ市場の発展に伴い、近年は多種多様な報奨が提供されている。(2016/8/19)

無駄な費用を掛けずにアクティブユーザー獲得を実現:
GMO TECH、スマートフォン向けに視聴インセンティブ型動画広告配信を開始
GMO TECHは2016年3月15日、スマートフォン向け広告配信サービス「GMO SmaAD」に視聴インセンティブ型動画広告配信機能「GMO SmaAD Video」を追加したことを発表した。(2016/3/16)

神尾寿が語るモバイル業界(3):
2016年、販売奨励金が抑えられてもiPhoneは売れると思う理由
キャッシュバックや販売奨励金を抑えられることで、2016年は特にiPhoneが売れなくなるといわれているが、神尾氏はむしろ「逆だと思う」という。また、Android勢が逆襲するために必要なこととは?(2016/1/30)

「過度な販売奨励金は是正すべきだが、ある程度は必要」――KDDI田中社長
「携帯料金を見直すべき」という安倍首相の発言を受けて、携帯電話料金の見直しの議論が進んでいる。KDDIの田中社長は、日本の携帯電話料金と、販売奨励金に対して、どのように考えているのだろうか。(2015/11/5)

人気に応じてインセンティブを還元、アルファポリスの「投稿インセンティブ」
人気に応じてスコアを付与、スコアは一定以上貯まると各種商品ギフトコードや現金などと交換できる。(2015/1/15)

Kobo、E Inkのパートナー企業向けにインセンティブプログラムの提供へ
Androidベースの電子ペーパー端末メーカーに対し、Koboのアプリをプリインストールさせる金銭的インセンティブプログラムは功を奏すか。(2014/12/10)

国内スマホ出荷、2四半期連続で減少 iPhoneも前年割れ
国内のスマホ出荷台数が2四半期連続で減少。iPhoneも前年割れした。総務省の指導で販売奨励金戦略が大幅に見直されたことが、減少の背景にあるという。(2014/9/2)

「いいね!」インセンティブ禁止で影響 「Crocosマーケティング」Facebook関連サービス終了
Facebookの「いいね!」インセンティブ禁止を受け、「Crocosマーケティング」のFacebook関連サービスを終了する。(2014/8/22)

Facebook、プラットフォームポリシー改定で「いいね!」インセンティブを禁止
Facebookがプラットフォームポリシーを改定し、ゲーム内課金の明示とページへの「いいね!」獲得のためのインセンティブの禁止を発表した。(2014/8/8)

NAVERまとめ作成の報奨金、最も多い人で1500万円以上 LINEが実績発表
インセンティブ額上位10人の平均額は約570万円という。(2014/7/29)

「NAVERまとめ」5周年 月間23億PV、インセンティブ総額4億円超
5周年を迎えた「NAVERまとめ」は月間20億PVを超える規模に成長。まとめ作成者へのインセンティブ総額は4億を突破している。(2014/7/29)

マイクロモノづくり概論(6):
マイクロモノづくりにおけるクラウドファンディング活用法(後編)
モノづくり系(ハードウェア系)のプロジェクトでは、クラウドファンディングで資金調達に成功しても、うまくいかないこともある。本記事では、クラウドファンディングにおける目標金額設定と、対価(インセンティブ)設定について説明する。(2014/2/6)

エネルギー管理:
インセンティブで電力需要を減らせるか、6種類のデマンドレスポンスで検証
地域単位で電力の需要を抑制する方法に「デマンドレスポンス」がある。東京電力は6組のアグリゲータと連携して、それぞれ違う方式によるデマンドレスポンスの実証事業を2014年度に実施する。合計1100カ所の事業所を対象にインセンティブを提供、最大9万kWの需要削減を試みる計画だ。(2013/11/26)

スマートシティ:
最大23%のピークカット、横浜市のビル14棟でデマンドレスポンス
横浜市が2010年度から取り組んでいる「横浜スマートシティプロジェクト」の中で、大規模なビルを連携させたデマンドレスポンスの成果が上がっている。7月〜9月に14棟のビルで実施した結果、最大23%のピークカットを達成した。インセンティブの価格差による効果も明らかになった。(2013/10/29)

Microsoft Worldwide Partner Conference 2013 Houston report:
パートナー奨励プログラムで「デバイス&サービス」戦略を加速
「Windows 8」搭載デバイスのパートナー販売にインセンティブを与えるなど、米Microsoftは昨年来掲げる「デバイス&サービス」を推し進めていく。(2013/7/9)

フジテレビ「ノイタミナ」の公式アプリが登場、「合い言葉機能」も搭載
フジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」の公式アプリが登場した。アプリを通じ、限定アイテムのプレゼントなど視聴者向けインセンティブも提供する。(2013/6/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。