ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「iPhone 2.0」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「iPhone 2.0」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

iPhoneを振り返る:日本上陸を果たした「iPhone 3G」 ケータイが“インターネットマシン”に
2代目のiPhoneとなる「iPhone 3G」は、3Gのデータ通信規格HSDPAに対応し、日本上陸を果たした。7月11日の発売当日はお祭りのような騒ぎに。先行販売が行われた「ソフトバンク表参道」には、1400人以上が並んだ。(2017/8/10)

「ピザーラ」や「マツキヨ」の海賊版iPhoneアプリに注意 非公認アプリがApp Storeに
「ピザーラ」や「マツモトキヨシ」などの非公認アプリがApp Storeで配信されており、それぞれの運営元が注意を呼びかけている。(2014/1/16)

“負の遺産”を断ち切る:
「Mac App Store」はソフトウェア産業を21世紀へと誘う
iPhone/iPadで大きな成功を収めたApp StoreがMacでも利用できるようになった。このMac App Storeはソフトウェア流通に革命を起こすかもしれない。(2011/1/14)

賢者の意志決定:
誰も教えてくれないiPhoneの秘密とiPhoneアプリ販売の現実
今日、iPhoneが巨大なエコシステムを構築していることに異論がある方は少ないでしょう。iPhoneがここまで急速に成長した背景、そして、エコシステムの知られざる現実、さらにAndroidとの最終戦争の行方について、ユビキタスエンターテインメントの“鬼才”清水亮が解説します。(2009/12/10)

「使ってもらえる」UIが生産性を向上する――iPhone法人利用のメリットとは(前編)
企業がiPhoneを導入することで得られるメリットは何か――。「外出先でメールや添付資料が見られる」端末はiPhoneだけではないが、iPhoneのUIは、メール1つとっても「圧倒的な速さ」を実現するという。(2009/10/27)

WWDC 2009基調講演を振り返る:
未来のiPhoneアプリと開発者の物語
いよいよ日本でもiPhone 3GSが発売される。この新しいiPhone 3GSとiPhone OS 3.0の新APIによって、今後どのようなアプリケーションが出てくるのか。WWDC 2009を改めて振り返ってみよう。(2009/6/24)

神尾寿のMobile+Views:
iPhone 3G Sが猛烈に欲しくなる――iPhone OS 3.0がもたらす新たな世界
6月18日、「iPhone 3G S」の発売にさきがけて、iPhone OS 3.0の配信が始まった。既存のiPhoneユーザーでも端末を買い替えることなく多くの新機能を利用できるが、新機能を使えば使うほど新モデルの3G Sが欲しくなってくるのだ。(2009/6/19)

Apple、WWDC 2009を6月8日から開催
米Appleは3月26日、開発者向けの年次イベント「Worldwide Developers Conference(WWDC)」の開催日を明らかにした。今年の会期は6月8日から12日の5日間。(2009/3/27)

iPhoneアプリ向けクラッシュリポート機能「Plausible CrashReporter」登場
iPhoneアプリ開発者に福音だ。これまで、バックトレースやスレッドの状態などの情報を含むクラッシュログにアクセスできなかったが、それらをフックしてリポートしてくれるプログラムが登場したからだ。(2009/2/3)

iPhoneをシャカシャカ振って地図を利用――iPhone3G/iPod touch向け「シャカ地図」
iPhone3GやiPod touchを振ることで利用可能になるエンターテインメント地図アプリ「シャカ地図」が配信された。(2008/11/10)

なぜiPhoneはFlashをサポートしないのか?
Androidについては、Adobeさえ望めばFlashは確実にサポートされるだろう。だがiPhoneについては、もしそうなるとしても、その時期を決めるのはAppleだ。(2008/10/21)

ゲームプラットフォームとしてのiPhone:
目指すは米国App Storeナンバー1──ハドソン 柴田氏が語る「iPhoneアプリにかける思い」
国内の大手ゲームベンダーの中でも、特に積極的にiPhoneアプリをリリースしているハドソン。同社はiPhoneをどうとらえ、どのような可能性を見いだしているのだろうか。発売当初から「めちゃめちゃおもしろいデバイスとして注目していた」というハドソンの柴田真人氏に聞いた。(2008/10/20)

松村太郎のiPhone生活:旅行:
第8回 地下鉄でも快適、乗り換え案内──「駅探エクスプレス(乗り換え案内)」
今回ご紹介するアプリは「駅探エクスプレス(乗り換え案内)」。無料版もあるが、ここで取り上げるのはApp Storeで350円で販売されている有料版。アプリを閉じても検索結果を呼び出せるため、iPod touchユーザーにもオススメの1本だ。(2008/10/7)

サン電子、iPhone/iPod touch用「上海」に無料版
サン電子がiPhone向けゲーム「上海」の無料版「上海 Free version」を提供開始。(2008/9/9)

MS、携帯アプリ市場「Skymarket」でAppleとGoogleを追撃か
Microsoftが、iPhoneのApp StoreやGoogleのAndroid MarketのようなモバイルアプリケーションストアをWindows Mobile向けに開設しようとしている。(2008/9/4)

Zimbra、iPhoneに特化したグループウェアZimbra Mobileリリース
米Yahoo!傘下のZimbraが「Zimbra Mobile for iPhone 2.0」をリリースした。(2008/8/29)

海外ダイジェスト(8月12日)
iPhone 2.0.1のJailBreakツール登場、Napster赤字決算、など。(2008/8/12)

ROA Group、App Storeのビジネスモデルに関する無料リポートを発表
(2008/8/7)

オンラインサービスの可能性は:
MSのホスティング型Exchangeサービスを試す
「ソフトウェア+サービス」モデルを具現化したMicrosoftのExchange Onlineは、今のところ果たすべきことを果たしている。(2008/8/6)

新世紀情報社会の春秋:
iPod touchで楽しむiPhone 2.0の魅力
お祭り騒ぎは予想はされていたが、iPhone上陸の騒ぎは少々オーバーなものに映った。いくつもの「魅力」とされている部分にも疑問を感じた。(2008/7/24)

iPhoneはWindows 95を継ぐもの
Windows 95は業界を変える製品だった。その次に業界を変えるのはiPhoneだ。(2008/7/18)

ソフトウェアに注目:
エンタープライズ機能が充実した「iPhone 2.0」
eWEEKラボのテストの結果、新しい「iPhone 2.0」はワイヤレス同期化機能とセキュリティが改善されていることが分かった。果たしてiPhoneは、企業ニーズに対応できる製品へと進化したのだろうか。(2008/7/16)

MSがiPhone 3Gから学ぶべきこと
iPhone 2.0ソフトウェアの配布遅れやアクティベーション問題など、新型iPhoneのスタートは決してスムーズとは言えなかった。(2008/7/15)

海外ダイジェスト(7月15日)
Palm Treo 800w発売、Last.fmのiPhoneアプリ登場、ほか。(2008/7/15)

Safariの脆弱性に対処:
Apple、iPhoneなどのソフトウェアを更新
iPhone 2.0とiPod touch 2.0では13件の脆弱性に対処。コード実行やXSS攻撃などの危険を招くSafariの脆弱性も修正された。(2008/7/14)

App Storeオープン、無料ソフトも多く用意
iPhone 3G(iPhone)ならびにiPod touch向けのアプリを販売する「App Store」がオープンした。(2008/7/10)

話題のiPhone 3G、発表前に検索した人の数は?
米国では、4月に130万人がiPhone関連の検索を行ったという。(2008/6/28)

iPhone 3G、「電話」としてはどうなのか?
初代iPhoneの「公称」通話時間は8時間だったが、実際には5時間程度だった。となると、Appleが5時間と称しているiPhone 3Gの通話時間はわずか3時間なのだろうか?(2008/6/23)

WWDC'08基調講演まとめ(後編):
「iPhoneは電話のあるべき姿を永遠に変えた」
WWDC 2008の総括として、3部構成の基調講演を前編、中編で詳しく紹介してきたが、最後は最大の目玉である「iPhone 3G」を取り上げる。(2008/6/18)

新世紀情報社会の春秋:
iPhone 3GはNewtonの夢を再び実現する
現在、いたるところで話題に上がっているiPhone 3G。大幅な価格の引き下げの背景を考えると、アップルがしかける大勝負の内容が見えてくる。(2008/6/18)

WWDC'08基調講演まとめ(中編):
Macで、Windowsで、iPhoneで、いつでもどこでも「MobileMe」
WWDC 2008基調講演の詳報として、ここではアップルの新しいインターネットサービス「MobileMe」を見ていく。(2008/6/17)

WWDC'08基調講演まとめ(前編):
「iPhone 2.0」で何が変わるのか?
WWDCの詳報として基調講演の内容をもう一度振り返る。まずは「iPhone 2.0」の詳細から見ていこう。(2008/6/13)

iPhone 3G講演詳報――ジョブズと仲間たちが伝えた「iPhoneプラットフォーム」
アプリを作りやすいiPhone SDKと、その配信インフラとしてのApp Store。サードパーティーによる多彩なデモで、PCの次代を担うプラットフォームとして強力にプッシュした。(2008/6/10)

「iPhone 3G」発表 ソフトバンクから7月発売
「iPhone 3G」が、ソフトバンクから7月11日に発売される。HSDPAに対応し、WebブラウザやiPodの機能、GPSなどを搭載した。(2008/6/10)

愛着を抱かせる不思議な魅力:
iPhoneの秘伝のソースは“あなた”
iPhone 2.0への期待が異常に高まっている理由は、ほとんどの競合デバイスがiPhoneに追いつけない理由と同じだ。(2008/6/10)

WWDC'08基調講演速報:
携帯電話からコンテンツプレーヤーへ脱皮した「iPhone」
スティーブ・ジョブズ氏らによるWWDC基調講演は、全編iPhoneにフォーカスした内容となった。ライバルはニンテンドーDS? PSP!?(2008/6/10)

HSDPA対応の「iPhone 3G」、7月11日発売
ついに発表された「iPhone 3G」。3.5インチのタッチパネルディスプレイや無線LAN、Bluetooth、200万画素カメラはそのままに、HSDPA、A-GPSといった新機能に対応して登場する。日本でも7月11日に発売予定だ。(2008/6/10)

WWDC'08いよいよ開幕:
9時42分に、未来が呼んでいる――「WWDC 2008」直前リポート
2008年のWWDCがいよいよ幕を開ける。史上初のチケット完売、そして会場に掲げられたiPhoneのバナーには「The Future Calling」の文字。iPhoneを主役に据えた今回のWWDCでは、何が発表されるのか。(2008/6/9)

「マルチタッチUIは有望」:
Windows 7がD6でデビュー
Microsoftは5月27日、iPhoneの大嵐の前の静けさに乗じて「Windows 7」を紹介した。(2008/5/29)

「iPhone SDK」の検討を始めたエンタープライズアプリ開発者
Apple iPhone向けのビジネスアプリの開発に取り組んでいる開発者たちは、「iPhone SDK」で何ができるか検討を開始した。(2008/4/15)

「iPhoneはビジネスに十分対応」米Gartnerのお墨付き
発売当時はiPhoneはビジネス向けではないとしていたGartnerが、その評価を変更した。(2008/3/22)

Adobe FlashのiPhone進出計画、阻むのはジョブズ氏?
AdobeはiPhone SDKを使ってiPhone向けFlashを開発できると主張しているが、それだけでは不十分なようだ。(2008/3/21)

「iPhone 2.0」で充実する企業ユーザー向け機能
発表会場ではAOLやSalesforce.comの開発者が「2週間で作った」iPhone用AIMや販売ツールのデモを行った。(2008/3/7)

Apple、SDKを含む「iPhone 2.0」β版を発表
AppleはiPhone向けSDKと開発者プログラム、アプリケーションを安全にオンライン販売するための「App Store」を発表した。(2008/3/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。