ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

「iPhone for everybody」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「iPhone for everybody」に関する情報が集まったページです。

iPhoneを振り返る:マニア向けから一般ユーザー向けに変貌を遂げた「iPhone 3GS」
2009年に発売された3代目「iPhone 3GS」の見た目は「3G」と変わらないが、中身は大きく進化している。「iPhone OS 3.0」に対応したことで、コピー&ペーストやMMSにも対応。今までのメールアドレスを使えることから、比較的抵抗なくiPhoneに乗り換えられるようになった。(2017/8/15)

石野純也のMobile Eye:
政策やiPhoneの影響で変わったケータイの形 今こそ「au Design project」や「iida」が必要と思う理由
「INFOBAR」をはじめ、「talby」や「MEDIA SKIN」などの名機を生み出してきたau Design project。スマートフォン時代では「iida」がそのコンセプトを受け継いだが、新モデルはここしばらく登場していない。au Design projectやiidaは役割を終えてしまったのだろうか?(2017/7/22)

iPhone 4のMNP新規契約で最大2万円のキャッシュバックキャンペーン
ソフトバンクモバイルは、iPhone 4をMNPで新規契約すると、もれなく最大2万円のキャッシュバックが受けられる「のりかえキャンペーン for iPhone 4」を6月11日から9月30日まで実施する。(2011/6/10)

アプリ界の“ジャパネットたかた” 「AppBank」が語るブログビジネス、春にリアル店舗も
iPhone/iPadアプリを紹介するブログ「AppBank」の存在感が増している。無名アプリがAppBankで紹介された途端に人気になることも。春には原宿に、iPhoneアクセサリーなどを販売する店も出す。(2011/2/14)

XperiaがiPhoneの対抗馬に 携帯市場でスマートフォン率急上昇
「Xperia」が発売された週、携帯電話販売台数に占めるスマートフォンの構成比が急上昇した。Xperia発売で「iPhoneの対抗馬ができた」とBCNの森英二さんは話す。(2010/4/9)

携帯販売ランキング(3月1日〜3月7日):
iPhone人気に異変? 新料金プラン導入でどうなるか
「iPhone for everybody」キャンペーン終了後から“常勝”だったiPhoneの順位が徐々に降下している。これは一時的な下落なのだろうか。(2010/3/12)

ドコモが純増1位、KDDI、ソフトバンクも好調――2010年2月契約数
電気通信事業者協会(TCA)が3月5日、2010年2月末時点での携帯・PHS契約数を発表した。総計約数は1億1568万6400件。今月は春商戦を迎え、ドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの3社がそろって10万以上の純増を記録している。(2010/3/5)

ソフトバンク、iPhone向け「標準プライスプラン」発表――パケ代が月額1029円からに
ソフトバンクモバイルがiPhoneの新規契約者向けに「標準プライスプラン」を3月6日から提供する。同プランに申し込むことで、月額1029円から4410円でiPhoneのパケット通信が利用可能になる。(2010/3/5)

携帯販売ランキング(2月15日〜2月21日):
PROシリーズの新モデルが好調 iPhoneは3位転落
キャリア総合ランキングに、NTTドコモのPROシリーズ端末「SH-03B」が登場。見事なスタートダッシュを決めた。2月から「Wi-Fiバリュープラン(i)」を導入したiPhone 3GSは徐々に順位を落としているが、この傾向は今後も続くのだろうか。(2010/2/26)

ソフトバンク、iPhone向け「ハートフレンド割引」を発表
ソフトバンクモバイルが、iPhoneの「ホワイトプラン(i)」に適用できる「ハートフレンド割引」を発表。6月1日から提供する。(2010/2/12)

Mobile Weekly Top10:
あらためて、iPhoneは「安い」と感じた
iPhoneは端末代金はもちろんだが、月々のランニングコストも安い。特に大きいのが……。(2010/2/10)

iPhone駆け込み需要でMNPに大きな動き――2010年1月契約数
電気通信事業者協会が2月5日に発表した2010年1月末時点での携帯・PHS契約数は1億1526万7400。1月はiPhone for everybodyキャンペーンの駆け込み需要でMNPが非常に多かった。(2010/2/5)

携帯販売ランキング(1月18日〜1月24日):
「iPhone 3GS」の好調は「Wi-Fiバリュープラン(i)」の導入でどうなる?
キャリア総合では今回も「iPhone 3GS」が首位を獲得したが、人気を後押ししている「iPhone for everybodyキャンペーン」が1月末に終了し、2月からは新たに「Wi-Fiバリュープラン(i)」が用意される。この動きは2月以降のランキングに影響を与えるのだろうか。(2010/1/29)

iPhone割引はまだ続く:
ソフトバンク、ケータイWi-Fi対応機とiPhone向けに「Wi-Fiバリュープラン」を提供
ソフトバンクモバイルは、2月1日からケータイWi-Fi対応機種とiPhone向けに「Wi-Fiバリュープラン」を提供する。月額4410円のパケット定額サービスを利用できるほか、端末の本体価格が最大4800〜1万1520円割り引かれる。(2010/1/29)

ドコモ、スマートフォンに本腰 Android端末「Xperia」の狙い
Android端末「Xperia」でドコモは、スマートフォン拡販に本腰を入れる。これまでスマートフォンに興味のなかったユーザーも取り込み、パケットARPUの向上を狙う。iPhoneとの競争にも自信を見せる。(2010/1/21)

Mobile Weekly Top10:
“スカートめくり”にやられた
1月第2週目のアクセスランキングでは、並み居る人気記事を差し置いて、例の記事がトップを獲得した。もっと積極的にやるべき?(2010/1/18)

今すぐ使えるケータイレシピ:
第37回 iPhone活用Tips(1)――バッテリーの寿命を延ばす12の方法
ケータイの「何となく知っていたけど使っていない」機能や、「実はこんな使い方もある」という活用法を取り上げる本コーナー。今回から数回に渡り、iPhoneの活用術を解説していく。(2010/1/12)

“iPhone for everybody効果”でソフトバンクが16万5300の純増――12月契約数
電気通信事業者協会(TCA)が2009年12月の携帯電話とPHS契約数を発表。12月は冬モデルが出そろったことで、全体的に純増数が伸びた。特にソフトバンクモバイルが好調で、16万5300の純増を記録した。(2010/1/8)

月間ランキングで振り返る+D Mobile 2009年下半期
モバイル業界のニュースを月間ランキングで振り返る。アクセスランキングという性格上、端末発表会の記事がほとんどを占めるが、下半期はiPhone 3GSや話題の拡張現実アプリ「セカイカメラ」、「XPERIA X10」の話題なども関心を集めている。(2009/12/31)

月間ランキングで振り返る+D Mobile 2009年上半期
2009年に+D Mobileをにぎわせたニュースを月間ランキングで振り返る。アクセスランキングという性格上、端末発表会の記事がほとんどを占めるが、料金プランや新販売方式に関する記事もランクインした。(2009/12/28)

ITmediaスタッフが選ぶ、2009年の“注目ケータイ&トピック”(編集部田中編):
日本市場へ攻め入る海外メーカーたち――そのとき、国産ケータイは
2009年は、個人的にはiPhoneデビューしたことが大きなトピックだった。携帯市場に目を向けると、海外メーカーが日本で勢力を拡大する転機を迎えたと感じている。一方、国産ケータイは大きな話題は乏しかったものの、着実に進化、そして深化を果たした。(2009/12/28)

ITmediaスタッフが選ぶ、2009年の“注目ケータイ&トピック”(ライター松村編):
iPhoneヒットの陰で“電話機じゃないケータイ”も増加
正常進化した「iPhone 3GS」の登場で話題が絶えなかったiPhoneは、2009年を代表する1台として外せなかった。その一方で、「モバイル」というキーワードの変質も感じられた1年だった。(2009/12/25)

CMジャック第2弾:
ソフトバンクモバイル、SMAP×COLOR LIFE 840PでCMジャック
ソフトバンクモバイルが、12月19日の18時50分台から、「COLOR LIFE 840P」をフィーチャーした特別なテレビCMを放映する。ニューヨークでロケをしたカラフルな映像に、SMAPの5人が登場する。(2009/12/18)

携帯販売ランキング(11月30日〜12月6日):
増えてきた冬モデル “お得”になった「iPhone 3GS」も上昇
大きなインパクトこそないが、トップ10に冬モデルが着々とランクインしてきた。また、キャンペーン価格がさらに“お得”になった「iPhone 3GS」の順位が再び上昇。首位「SH-01B」の座を狙っている。(2009/12/11)

Mobile Weekly Top10:
iPhone 3GSを抑えたHYBRID W-ZERO3
11月最後のアクセスランキングでは、「HYBRID W-ZERO3」に関する記事が人気を博した。(2009/12/7)

携帯販売ランキング(11月23日〜11月29日):
“au比率”が増加、冬モデルはシャープが健闘
auは旧モデルに加えミドルクラスの冬モデルが好調だ。今回はキャリア総合トップ10に5つのモデルがランクインし、存在感が高まった。一方、NTTドコモ端末はシャープと富士通の冬モデルがランクインしている。(2009/12/4)

「iPhone 3GS」の値下げを記念したミニライブ、ソフトバンク表参道で開催
ソフトバンクモバイルが、iPhone 3GSの値下げを記念して、ソフトバンク表参道で「Spontania」のミニライブを開催する。(2009/12/3)

16GバイトiPhone 3GSが実質0円 1月31日まで
16Gバイトの「iPhone 3GS」を実質0円で購入できるキャンペーンを、ソフトバンクが12月4日から来年1月31日まで行う。(2009/12/2)

iPhone 3GS(16Gバイト)の実質負担額が0円に――「iPhone for everybodyキャンペーン」
「iPhone for everybodyキャンペーン」で、iPhone 3GS(16Gバイト)の実質負担額が0円になる。(2009/12/1)

8GバイトiPhoneが実質0円 「everybody」キャンペーン、再び延長 1月31日まで
iPhoneの本体価格やパケット通信料金を割り引く「iPhone for everybodyキャンペーン」は、9月末までの予定を再び延長し、来年1月31日まで続ける。(2009/9/16)

ソフトバンク、「iPhone for everybodyキャンペーン」を2010年1月31日まで延長
iPhone購入者向けの「iPhone for everybodyキャンペーン」の申し込み受付期間が、2010年1月31日まで延長される。(2009/9/16)

「iPhone 3GS」が月間1位を記録したという事実
7月に最も売れた携帯電話は「iPhone 3GS 32GB」だった──。GfK Japanの集計による月間販売ランキングのトップを、海外メーカー製のスマートフォンが初めて獲得したことの意味は大きい。(2009/8/31)

Mobile Weekly Top10:
ドコモがiPhoneを諦めないなら、気になるのは「価格」
先週のアクセスランキングでは、ドコモとソフトバンクの決算発表会見の記事や、草間彌生氏とコラボレートした「Art Editions YAYOI KUSAMA」の発売リポートが人気を集めた。(2009/8/11)

携帯販売ランキング(6月29日〜7月5日):
好調をキープした「iPhone 3GS」
夏モデルの発売ラッシュが一段落した感のある今回のランキング。「iPhone 3GS」は前回に引き続き好調をキープしている。(2009/7/10)

ふぉーんなハナシ:
iPhone 3Gのパケット代を節約しようとして分かったこと
経済状況も厳しくなる中、複数の回線契約を持つ身としては、月々の通信料を少しでも抑えられないかとあれこれ考えてみたのですが、結局出した結論は……。(2009/7/3)

携帯販売ランキング(6月22日〜6月28日):
この勢いは続くのか――「iPhone 3GS」が“スピード”ランクイン
キャリア総合ランキングでドコモ端末の比率が多くなったと思いきや、今度はソフトバンクモバイルの「iPhone 3GS」旋風が到来した。(2009/7/3)

携帯販売ランキング(6月15日〜6月21日):
「biblio」ランクインなるか? 「iPhone 3G」は2モデルで顕著な“明暗”
“去年と違う夏”を打ち出すau夏モデルの中でも個性的な端末「biblio」――読者からの注目度も高い同モデルだが、ランキング結果は果たして……?(2009/6/26)

携帯販売ランキング(6月8日〜6月14日):
ドコモ夏モデルが続々と上位に――首位を獲得した端末は?
前回の結果とは打って変わって、今回のキャリア総合ランキングはドコモ夏モデルが一気に上位を獲得。1位に輝いた端末は果たして……?(2009/6/19)

3分LifeHacking:
【改訂版】旧iPhone分割払いユーザー向け――どう買えば新iPhoneはお安くなるの?
iPhone 3G Sの予約が始まったので、早速予約しに行ってきた。新規価格のほか機種変更価格なども分かったので、前回記事を改訂したいと思う。(2009/6/19)

iPhone OS 3.0ソフトウェアアップデート、配信開始
初代iPhoneやiPhone 3G、iPod touchで利用できるiPhone OSの最新バージョン、iPhone 3.0の配信が6月18日の午前2時過ぎから始まった。(2009/6/18)

予約できるよ!:
「混乱の少ない方向でiPhone 3G Sを提供したい」――ソフトバンクモバイル宮内氏
新型「iPhone 3G S」が発表されたWWDC 2009。その基調講演の直後、会場にいたソフトバンクモバイル代表取締役副社長兼COOの宮内謙氏に話を聞いた。(2009/6/16)

5分で分かる、先週のモバイル事情――6月6日〜6月12日
Appleが「iPhone 3G S」を発表。日本でも6月26日に発売が決まった。総務省は4キャリアに3.9Gの周波数帯を割り当てると発表。イー・モバイルは、8月上旬から上り最大21MbpsのHSPA+を提供することを明らかにした。(2009/6/16)

ふぉーんなハナシ:
「iPhone 3G S」を待つか、安くなった「iPhone 3G」か
「iPhone 3G S」の発売を前に、量販店では「iPhone 3G」の16Gバイトモデルが“緊急値下げ”されていました。(2009/6/15)

3分LifeHacking:
旧iPhone分割払いユーザー向け――いったいどう買えば新iPhoneはお安くなるの?
先日発表されたiPhone 3G Sは非常に魅力的だ。iPhone 3Gユーザーでもある筆者はあの発表以来ずーっとiPhone 3G Sのことを考え続けている。もう買うことは決まっているのだが、前のiPhone 3Gの分割支払金をまだ支払い終えていないことが問題。どうしたらお得に買えるのだろうか。(2009/6/11)

16Gバイト版は月々480円:
「iPhone 3G S」新規価格、キャンペーン利用で実質負担1万1520円から
ソフトバンクモバイルは「iPhone 3G S」を6月26日に発売すると発表した。iPhone for everybodyキャンペーンを利用し、新規契約で新スーパーボーナスを利用した場合の実質負担額は1万1520円から。(2009/6/9)

今度のアップル、まとめてチェック:
アルミユニボディの新型MacBook Proファミリー、気になるお値段は?
アップルがMacBook Proファミリーを一新。MacBook Proは13インチ“Pro”の追加や進化版バッテリー、SDスロット搭載など、15インチ・17インチ含めて仕様の底上げと値下げが行われた。(2009/6/9)

ソフトバンク、「iPhone for everybodyキャンペーン」を9月30日まで延長
ソフトバンクは、「iPhone 3G」を実質0円か480円で購入できる「iPhone for everybodyキャンペーン」を9月30日まで延長すると発表した。(2009/5/26)

ソフトバンクとイー・モバイルが10万強の純増、ウィルコムは純減――4月契約数
電気通信事業者協会(TCA)が2009年4月の携帯電話・PHSの契約数を発表した。ソフトバンクとイー・モバイルが10万強の純増数を記録した一方で、ウィルコムは1万強の純減に転じた。また、3Gの契約数が1億を突破した。(2009/5/12)

2008年携帯販売ランキング:
2008年、最も売れたケータイは?――ソフトバンクモバイル編
20色のカラバリが話題を呼んだ「812SH」をはじめ、魅力的な“格安”端末が多く販売されたソフトバンクモバイル。その中で「iPhone 3G」や“AQUOSケータイ”などの多機能・高機能モデルがどの順位にランクインするか注目だ。(2009/5/3)

ふぉーんなハナシ:
“ドコモ版iPhone”は出るのだろうか
記者が取材を通して感じたちょっとした疑問や、記事にできないくらい小さなネタ、小耳に挟んだうわさなど、携帯電話にまつわるよしなしごとをつれづれなるままに公開してしまうコラム「ふぉ〜んなハナシ」。今回は、いろいろなうわさが立っている次期iPhoneについてのおハナシ。(2009/5/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。