ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「情報処理学会」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「情報処理学会」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Innovative Tech:
「双方にミスがなければオセロは“引き分け”になる」を証明した方法 オセロAI世界1位が解説
オセロで初期局面から双方のプレイヤーがミスをせずに打ち続ければ結果は引き分けになることを証明したと主張する論文が2024年1月にプレプリントとして発表された。この論文の日本語解説記事として学会誌「情報処理」に載った記事を紹介する。(2024/2/22)

Innovative Tech:
AIを使った“利益を出す馬券”の買い方とは? はこだて未来大の准教授がAIによる競馬予想法を指南
情報処理学会の学会誌「情報処理」の2019年1月発行分で「情報学者が競馬予想に踏み出すときに知っておくべきこと」と題した解説記事が掲載された。AIを活用して利益が出る馬券を買うために考慮しなければならない競馬予想に関することが記されている。(2024/2/13)

Innovative Tech:
「基本情報技術者試験」に最年少合格した小学3年生(8) どうやって勉強した? 学習法を紹介
2023年4月、東京の公立小学校に通う8歳の小学3年生(男子)が「基本情報技術者試験」(FE)と「情報セキュリティマネジメント試験」(SG)に最年少で合格した。合格者はどのような学習方法を行っていたのだろうか。(2024/1/18)

Innovative Tech:
小学校の「端末パスワード問題」どう考える? 児童が被害/加害者になる可能性も 指紋認証は代替え案になるか
広島市立大学大学院情報科学研究科に所属する研究者らは、小学校で普及している端末のパスワード問題を取り上げ、代替案として学校向けのパスワードを用いない指紋ベースのFIDO認証適用の可能生と課題について調査した研究報告を発表した。(2023/12/8)

Innovative Tech:
自動運転車が検知できない“ステルスカー”は作れるか? 横浜国大が検証 肝は赤外線カットフィルム
横浜国立大学に所属する研究者らは、自動運転車から検知されない車両が作れるのかを検証した研究報告を発表した。(2023/12/6)

Innovative Tech:
100m先からQRコードに“肉眼で見えない”レーザーを当て偽物にする攻撃 読み込むと悪性サイトへ
東海大学に所属する研究者らは、最大100m離れた場所からQRコードに不可視光レーザーを照射し、偽装QRコードに変更する手法を提案する研究報告を発表した。ユーザーが攻撃中のQRコードをスキャンすると、悪性サイトへ誘導されるリスクがある。(2023/12/4)

Innovative Tech:
GPT-4でコードを生成するなら“日本語”と“英語”どっちがいい? 日立製作所が検証
日立製作所に所属する研究者らは、大規模言語モデルが生成するコードの安全性に及ぼす、日本語と英語の入力の違いについて検証した研究報告を発表した。(2023/11/28)

Innovative Tech:
「本人の声とそっくりな合成音声」の悪用に対して法的権利はあるか? NTT社会情報研究所が調査
NTT社会情報研究所と慶應義塾大学の研究者らは、音声合成技術によって生成された、本人の声と酷似した合成音声が利用される場面において主張しうる権利について、著作権、パブリシティ権、個人情報の観点からの解釈を探求した研究報告を発表した。(2023/11/22)

IT業界で活躍する女性のロールモデル【第9回】
IT業界で活躍する女性はどの分野に存在する? その活躍と成果とは
IT業界で活躍する女性を毎年表彰している英Computer Weekly。表彰された中で殿堂入りを果たした人物はどのような活動をしてきたのか。研究機関や政府機関で働く女性を紹介する。(2023/9/28)

Innovative Tech:
スマホで動画視聴中に“目薬液”が飛んでくる自動点眼装置 津田塾大、「ぱちぱちドロップ」開発
津田塾大学に所属する研究者らは、スマートフォンで動画を視聴している最中に、自動で目薬を差すシステムを提案した研究報告を発表した。(2023/9/7)

“1那由他”通りの味を再現できる装置 ワインや梅干しの品種や産地も 生成AIで料理写真からも「きっとこんな味」
明治大学の宮下芳明研究室が10の60乗(1兆を5回かけた大きさ)通りの味を再現できる装置を開発したと発表した。基本となる5つの味(甘味、酸味、塩味、苦味、うま味)や辛味などの味を与える液体を組み合わせることで、さまざまな味を再現できる。(2023/8/31)

対話システムの歴史から見たChatGPT(2):
ChatGPTはこれまでの対話システムと何が違う? 対話システムの言語理解を探る
ChatGPTを対話システムと見なし、これまでの対話システムで用いられてきた技術との違いを整理しながら、どのようにして人間のような自然で流ちょうな対話が実現できているのかを解説する本連載。第2回は、第1回で取り上げた対話システムを中心に、用いられている言語理解の技術について解説する。(2023/11/6)

AI×セキュリティの関係を考える:
ディープフェイク悪用の実態 攻撃/防御側の研究成果をひもとく
近年、顔映像や音声を加工するディープフェイクを悪用する事例が注目を集めている。この分野は今どのような発展を遂げているのか。研究成果が明らかになった。(2023/7/21)

AI×セキュリティの関係を考える:
AIを狙ったサイバー攻撃の知られざる世界 専門知識なしでどう対処するか?
生成AIブームが訪れ、各企業がAI開発に乗り出しているが、AI開発プロセスには脆弱性が潜んでおり、これを悪用することでサイバー攻撃が可能になることは意外と知られていない。攻撃の詳細とそれを防御するための方法を解説する。(2023/6/30)

対話システムの歴史から見たChatGPT(1):
ChatGPTはこれまでの対話システムと何が違う? 対話システムの歴史を探る
ChatGPTを対話システムと見なし、これまでの対話システムで用いられてきた技術との違いを整理しながら、どのようにして人間のような自然で流ちょうな対話が実現できているのかを解説する本連載。第1回は、ChatGPTの対話例を示しながらその特徴を俯瞰(ふかん)し、対話システムの歴史の概観を探る。(2023/6/19)

Innovative Tech:
飲み口“だけ”が温かく・冷たくなるコップ 0度から65度で変化 味やのど越しの変化を実験
青山学院大学の伊藤研究室に所属する研究者らは、飲む際に飲み口だけを瞬時に冷温できるタンブラー型デバイスを提案した研究報告を発表した。(2023/3/29)

Innovative Tech:
QRコードにレーザーを当てて「偽装QRコード」に変える攻撃 悪性サイトに誘導 東海大が発表
東海大学に所属する研究者らは、QRコードへのレーザー照射により、任意のタイミングで悪性サイトへ誘導可能な偽装QRコードを生成する方法を提案した研究報告を発表した。(2023/3/27)

「VR温泉に入ったらバーチャル湯冷めで風邪ひいた」 メタバースで現実の感覚を覚える 「ファントムセンス」はなぜ生じるのか【バーチャル美少女ねむの寄稿】
この感覚は、あなたにも“生える”かもしれない。(2023/3/26)

Innovative Tech:
漫画の“コマ割り”のみから、どの作品か判別できるか? 北海道大などが100作品以上を分析、AIで検証
北海道大学、群馬大学、奈良先端科学技術大学院大学、千葉工業大学に所属する研究者らは、漫画の見開きページのコマ枠のみから、深層学習モデルで作品を分類できるか検証した研究報告を発表した。(2023/3/24)

Innovative Tech:
レトロRPGの世界で“アニメ聖地”を巡礼できる位置情報ゲーム 札幌市立大と大阪芸術大が開発
札幌市立大学と大阪芸術大学に所属する研究者らは、実世界の位置情報データをレトロRPGゲーム風に変換する手法を提案した研究報告を発表した。(2023/3/22)

Innovative Tech:
スマホで“ひそひそ声”を通常の声に変える技術 東大教授「WESPER」開発
ソニーコンピュータサイエンス研究所(CSL)フェロー・副所長であり東京大学大学院情報学環の暦本純一教授は、声をひそめる“ささやき声”や“かすれ声”を通常の音声にリアルタイムに変換する機械学習モデルを提案した研究報告を発表した。(2023/3/17)

Innovative Tech:
腕の血を止めて操作するゲーム、立命館大が開発 血管を圧迫するとキャラが動く
立命館大学の村尾研究室に所属する研究者らは、上腕を圧迫して血流を止めることでビデオゲーム制御を行う手法を提案した研究報告を発表した。(2023/3/15)

Innovative Tech:
それでも「PPAP」を使い続ける国内企業はどのくらい? 有害と知りつつ使う企業も、そのワケは
東京大学などの研究チームは「日本国内におけるメールセキュリティに関する実態把握」の研究報告を発表した。(2023/2/6)

Innovative Tech:
食品に金箔を貼って回路化、食べると電気で“塩味増強” お茶大などが技術開発
お茶の水女子大学、東京大学、ヤフー株式会社、東京工科大学に所属する研究者らは、食品表面に金箔を貼ることで回路の一部とし、食べた際に電気刺激により味が変わる技術を提案した研究報告を発表した。(2022/11/21)

Innovative Tech:
MacBook Proの“ノッチ”でマウス操作が遅くなる問題を改善、その方法は? 明治大が実証
明治大学宮下研究室に所属する研究者らは、MacBook Pro(2021)のノッチ部分(描画が行われない黒い領域)によってカーソルが隠れ、マウス操作が遅れることで作業効率が低下する問題を改善した研究報告を発表した。(2022/11/21)

一部国立大の共通テスト「情報」配点ゼロ予告に情報処理学会が反発 「不適切な入試を看過できず」
情報処理学会は、大学入学共通テストで「情報」科目の配点を0点にすると予告した一部国立大学に対して、抗議する声明文を発表した。情報処理学会はこのような事態を“不適切な入試”と表現し、全ての受験科目で適切な配点をするよう強く求めている。(2022/10/13)

Innovative Tech:
被害者の心拍から「いじめ」を検出できるのか? 福岡大が検証
福岡大学大橋研究室の研究チームは、被害者の心拍情報から主観的なストレスを検出してハラスメントを特定するシステムを提案した研究報告を発表した。(2022/8/30)

Innovative Tech:
MacBook Proの“ノッチ”でマウス操作が遅くなる? Windowsで再現、明治大が1万回以上テストし検証
明治大学宮下研究室の研究チームは、MacBook Pro(2021)に搭載するノッチがマウス操作に与える影響を検証した論文を発表した。ノッチによって、マウスの操作時間とエラー率に与える影響を調査した。(2022/8/29)

Innovative Tech:
漫画で見たくない“地雷シーン”を事前に警告する技術 明治大が開発
明治大学は、漫画の読書中に見たくないシーンを予告し事前警告してくれるシステムを提案した論文を発表した。途中で出てくる“グロテスクなシーン”を見たくないなどの個人的に遭遇を回避したい場面だけを避け、作品全体を読み進める読書体験を可能にする。(2022/9/5)

福田昭のストレージ通信(228) フラッシュメモリと不揮発性メモリの歴史年表(9):
小型フラッシュメモリカード「CompactFlash」の登場(1993年〜1995年)
今回は1993年〜1995年の主な出来事をご紹介する。(2022/8/22)

「SFプロトタイピング」で“未来のイノベーション”を起こせ!:
SFを使えば上司に異論を唱えやすい? 慶応大准教授に聞く「SFプロトタイピング」の活用法と課題
SFを使えば、社内の部署間コミュニケーションを促進できるといいます。「SFプロトタイピング」の活用方法とその課題について、慶應義塾大学の大澤博隆さん(准教授)に聞きました。(2022/7/27)

Innovative Tech:
食べ物をARで青色にしたら食欲は減る? 公立はこだて未来大が検証
公立はこだて未来大学平田竹川研究室の研究チームは、シースルー型HMD(ヘッドマウントディスプレイ)を用い、食事中の食べ物にARで青色フィルターをかけると食欲や空腹度はどうなるかを検証した論文を発表した。(2022/6/22)

海外企業に学ぶテスト自動化(終):
肥大化し続けるソフトウェアをどうテストする? アジャイル時代のソフトウェアテストに必要な考え方
海外の先進的企業の事例を基にテスト自動化に使われる手法を解説する本連載。最終回は、アジャイル開発におけるテスト自動化において重要な考え方とは何かを解説する。(2022/6/23)

海外企業に学ぶテスト自動化(2):
Netflix考案のテスト「カオスエンジニアリング」を探る――システムのあらゆる部分を“壊す”、そのメリットとは
海外の先進的企業の事例を基にテスト自動化に使われる手法を解説する本連載。第2回は、Netflixが考案したテスト手法「カオスエンジニアリング」について。(2022/5/9)

VRアバターはビデオチャットより“素の自分”さらけ出す 東京都市大など研究
VRアバターによるコミュニケーションは、ビデオチャットより“素の自分”をさらけ出す――こんな実験結果を、東京都市大学などが発表した。(2022/4/13)

Innovative Tech:
「止まっているはずなのに、動いている」と感じるヘルメット型装置、神戸大が開発
神戸大学塚本・寺田研究室の研究チームは、自分は静止しているにもかかわらず、あたかも運動しているように感じる視覚誘導性自己運動感覚(ベクション)を誘発させる頭部装着型ベクション提示デバイスを開発した。(2022/4/12)

海外企業に学ぶテスト自動化(1):
「GAFAM」から学ぶ、自動テスト手法――アジャイル開発で単体テストの“確からしさ”を検証する、ミューテーションテストとは
海外の先進的企業の事例を基にテスト自動化に使われる手法を解説する本連載。第1回は、アジャイル開発において単体テストを検証する「ミューテーションテスト」について。(2022/4/12)

減塩食を“しょっぱく”感じる箸型デバイス、明大とキリンが開発 電気で味覚を操作
明治大学とキリンホールディングスは、減塩食品の味わいを増強させる箸型デバイスを開発した。減塩食を食べたときに感じる塩味が1.5倍程度に増強されることを世界で初めて確認したという。(2022/4/11)

Innovative Tech:
「何かに集中していて、聞き取れなかった音声」を後から再生できるイヤフォン 京セラが開発
京セラ研究開発本部フューチャーデザインラボの研究チームが人間拡張研究の一環として、何かに集中していて聞き逃した音声を後から教えてくれるヒアラブルデバイスを開発した。(2022/3/28)

Innovative Tech:
スーパーの「パック肉」が自分好みか、AIが判定 カメラで撮影し、色味や脂身量を解析
明星大学情報学部丸山研究室の研究チームは、スーパーマーケットなどに陳列するパックに入った精肉が自分の好みかどうかの選定を支援する手法を開発した。色味や脂身量、脂身の入り方の3種類を指標に、自分好みを数値化し、判定する。(2022/3/22)

Innovative Tech:
キャラクターを逆光背景に溶け込むように合成できるシステム 中京大が開発
中京大学濱川研究室の研究チームは、逆光の背景画像と前景となるキャラクターを調和するように合成する自動システムを開発した。背景の光源に合わせて、陰影・輝度値・色を調整し背景画像に溶け込むようにキャラクターを加工する。(2022/3/22)

Innovative Tech:
「持ち上げて伸びるネコの骨や肉を感じる」――猫の体内をリアルに再現したロボット 大阪芸大などが開発
大阪芸術大学とATR(国際電気通信基礎研究所)の研究チームは、呼吸や身体に触れたときの動作などを忠実に再現する猫型ロボットを開発した。リラックスした猫を持ち上げた際の柔軟に伸びる特徴と呼吸の表現にこだわった。(2022/3/18)

車載情報機器:
医学的なアプローチによる感情モデルを構築、感情推定性能は80%
デンソーテンは2022年3月11日、脳波や心拍と感情の関わりから感情を推定する新技術を開発したと発表した。(2022/3/14)

Innovative Tech:
VRアバターが相手だと自分のことを多く話してしまう? 東京都市大などが検証
東京都市大学などの研究チームは、ビデオチャットよりも、VRアバターを介した場合の方が、対話相手に自分自身の事柄(思考、感情、体験など)をより多く話してしまうことを明らかにした論文を発表した。(2022/3/9)

Innovative Tech:
謝罪の秘訣は台数? 台数が増えることでロボットの謝罪の効果は高まるのか
ATR(国際電気通信基礎技術研究所)などの研究チームは、サービス中に失敗した人型ロボットが謝る際に、1台よりも2台の方が謝罪の効果が高くなることを実証した論文を発表した。(2022/3/8)

Innovative Tech:
猫の横で毎晩一緒に寝たらどのような影響が出る? 法政大学が検証
法政大学の研究チームは、寝床がいつも変わる猫の横で寝る睡眠手法を検証した論文を発表した。猫の横に寝袋を敷き24日間一緒に寝た際に、身体的・心理的にどう影響するかを従来のベッドや布団で寝る睡眠スタイルと比較し考察した。(2022/3/8)

Innovative Tech:
「他人とどれくらい関わりを持ったか」計測するデバイス、はこだて未来大が開発
公立はこだて未来大学角康之研究室の研究チームは、ウェアラブルデバイスで計測した運動量だけでなく、その際に人とどれくらい関わったかの社会的活動量を同時に計測し、両者の数値から行動を分類し考察した論文を発表した。(2022/2/14)

Innovative Tech:
コロナ禍にTwitter上で拡散したデマツイート、東大と和歌山大が調査 社会や個人への影響度を分析
東京大学と和歌山大学の研究チームは、新型コロナウイルス感染症で起こったパンデミック時にTwitterに投稿された流言を収集し分析した。(2022/2/8)

Innovative Tech:
無表情だと誤解されがちな人向け「人工眉毛付きメガネ型デバイス」 7種類の感情を眉毛で支援
公立はこだて未来大学などの研究チームは、人工眉毛の形状が多様に変化することで表情を拡張する眼鏡型ウェアラブルデバイスを開発した。(2021/12/24)

Innovative Tech:
装着者の作り笑いを見抜く眼鏡型デバイス、慶應大やNTTが開発
慶應義塾大学大学院理工学研究科杉本研究室とNTTコミュニケーション科学基礎研究所による研究チームは、反射型光センサーアレイを使った眼鏡型デバイスによる自然な笑顔と、作り笑顔の2種類の笑いを識別手法についての研究だ。(2021/12/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。