ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ケーズデンキ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ケーズデンキ」に関する情報が集まったページです。

プロジェクト:
つくば市で総延べ10万m2超えのショッピングセンターが誕生、日本エスコン
日本エスコンが取得した商業施設「つくばQ't」「つくばMOG」「つくばCREO」の3施設は、改修を経て一体化し、地域密着型ショッピングセンター「tonarie つくばスクエア」として生まれ変わる。(2021/5/21)

PR:自宅のネットを速くしたいならこれ! 1.4万円台で買えるTP-Linkの良コスパWi-Fi 6ルーター「Archer AX73」の魅力に迫る
自宅での「オンライン授業」や「Web会議」の増加で、普段使っているインターネットが遅いと感じる人が増えているという。速度は「インターネット回線」「Wi-Fiルーター」両面での見直しで改善するが、Wi-Fiルーターを買うならTP-Linkの「Archer AX73」をお勧めしたい。(2021/4/30)

Amazon、新世代「Fire HD 10」と「Fire HD 10 Plus」を発表 1万5980円から購入可能な10インチタブレット
キーボードちょっといいな。(2021/4/28)

「Surface Laptop Go」の先行展示がスタート 全国42店舗で オンラインイベントも
日本マイクロソフトが10月13日に発売する「Surface Laptop Go」の先行展示がスタートした。北海道から福岡県まで、全国の42店舗で実機に触れられる。(2020/10/8)

新Chromecastも発売予定:
音楽機能を強化したスマートスピーカー「Google Nest Audio」登場 10月15日発売
Googleが「Google Home」の事実上の後継となるスマートスピーカーを発売する。音質を改善し、2台並べてステレオ再生したり他のデバイスと同時に音楽を再生したりする機能を備えている。(2020/10/1)

Google、音質重視スマスピ「Nest Audio」を1万1550円で発売
Googleが、2016年発売の初代スマートスピーカー「Google Home」の後継に当たる「Google Nest Audio」を発表した。日本では10月15日に1万1550円(税込)で発売する。色は明るいグレイと濃いグレイの2色。音量と低音が先代より大幅に改善された。(2020/10/1)

Amazonが「Fire TV Stick」の新モデルを発表 前モデルより50%パワフルになって動画再生がサクサクに 9月25日から予約開始
新モデルの「Fire TV Stick」は4980円(税込)です。(2020/9/25)

元ベテラン店員が教える「そこんとこ」:
「買った店」や「キャリアショップ」に行かないとダメ? 携帯電話の手続き窓口が限られる理由
携帯電話の契約(購入)で手続き上のミスがあった――その場合、原則として買った店舗に行かないとミスの訂正を行えない。筆者が遭遇した実例を見つつ、その理由を解説していく。(2020/8/31)

「アレクサ、暑いね」音声で家電のスイッチオン・オフが切り替えられるプラグ「Amazon Smart Plug」が販売開始
動きたくないときもアレクサが電気をつけてくれる。(2020/7/15)

Amazon、家電機器の電源制御を行えるスマートプラグ「Amazon Smart Plug」を販売開始
Amazonは、家電機器などの電源コントロールを行えるスマートプラグ「Amazon Smart Plug」の販売を開始した。(2020/7/15)

レジ袋有料化、対応割れた家電量販店 ビックカメラなどは無料継続
7月1日に始まったプラスチック製レジ袋の有料化で家電量販店は対応が割れた。業界最大手のヤマダ電機を始め、エディオン、ケーズデンキなどは有料化。ビックカメラグループなどは無料配布を継続。(2020/7/2)

プロジェクト:
延べ2万m2超えの商業施設「ブランチ博多パピヨンガーデン」が開業
大和リースは「つどう、つながる、ひろがる」を施設コンセプトにした複合商業施設ブランド「ブランチ」の開発を全国各地で進めている。ブランチブランドの複合商業施設は2020年3月5日時点で、兵庫県の神戸学園都市や神奈川県の茅ヶ崎、宮城県の仙台、北海道の札幌月寒などで開設されている。このほど、福岡市博多区に新規出店した。(2020/6/29)

顧客満足度が高い家電量販は? 「ヨドバシカメラ」が1位
oricon MEは6月1日、家電量販店の満足度調査を実施し、その結果を発表した。18歳以上の男女が9つの項目を評価したところ、トップは「ヨドバシカメラ」。2位以下は……。(2020/6/2)

「iPhone SE」、量販店での発売日は4月24日? 5月11日?
3キャリアが「iPhone SE(第2世代)」の発売日を5月11日に延期した。量販店も同様に、キャリアモデルは5月11日に発売する。ビックカメラとヨドバシカメラが扱っているSIMロックフリーモデルは、当初の予定通り4月24日に発売する。(2020/4/21)

鉄道部門11年連続で1位は? 顧客満足度指数
日本生産性本部 サービス産業生産性協議会は「2019年度JCSIの第6回調査」を実施し、7業種の顧客満足度を発表した。(2020/2/23)

第2週は2月17日から 「au PAY」の毎週10億円還元キャンペーンをおさらいする
KDDIが、コード決済「au PAY」を対象に、毎週10億円を還元するキャンペーンを2月10日から3月29日まで実施している。第2週のキャンペーンは2月17日にスタートする。改めて、このキャンペーンのポイントをおさらいしよう。(2020/2/14)

来た! au PAYが20%還元の大盤振る舞いキャンペーン 家電量販店など全店舗対象、最大7万円分ポイント付与
auユーザー以外でも利用できます。(2020/1/28)

スマホ決済1月のキャンペーンまとめ PayPay、d払い、au PAYで“20%還元”が続く
12月に続き、1月もコード決済を中心にキャンペーンが盛り上がっている。20%還元の大盤振る舞いをしているところも多い。PayPay、au PAY、d払い、じぶん銀行スマホデビットのキャンペーンをまとめた。(2020/1/11)

au PAY、家電量販店で20%還元キャンペーン 最大1万ポイントを付与
家電量販店の対象店舗で「au PAY」を使って支払うと、最大20%のau WALLET ポイントを還元するキャンペーンを実施中。期限は1月13日まで。最大1万ポイントを付与する。(2020/1/6)

年末はお得にキャッシュレス! スマホ決済12月のキャンペーンまとめ
12月はボーナス商戦や年末ということもあり、コード決済のキャンペーンが盛り上がっている。20%還元の大盤振る舞いをしているところも多い。PayPay、au PAY、d払い、LINE Pay、Origamiのキャンペーンをまとめた。(2019/12/13)

GoogleのメッシュWi-Fi「Google Nest Wifi」が日本上陸 11月29日発売
Googleのメッシュ型Wi-Fi(無線LAN)ネットワーク機器が日本に上陸する。先代の「Google Wifi」とは異なり、外部ネットワークに接続する「ルーター」と、Wi-Fiネットワークを拡張する「拡張ポイント」が別体化し、単品またはセットで販売される。(2019/11/28)

決済額の10%をPayPayボーナスで還元する「家電量販7Days」 ソフトバンクとY!mobileユーザー限定で12月16日から開催
PayPayが、家電量販店で決済額の10%を還元するキャンペーンを12月16日から実施する。今回のキャンペーンはソフトバンクまたはY!mobileユーザー限定となる。(2019/11/15)

PayPay、12月に10%還元の「家電量販7Days」 ソフトバンク、ワイモバユーザー限定
PayPayが年末に10%還元キャンペーン「家電量販7Days」を実施する。ソフトバンクとワイモバイルユーザー限定だ。(2019/11/15)

「Google Home Mini」改め「Nest Mini」、49ドルで発売
Googleの小型スマートスピーカー「Google Home Mini」の新モデルが、2年ぶりに登場した。名称が「Nest Mini」になり、新色「Sky」が追加された。米国での販売価格は49ドル、日本での販売価格は6050円(税込み)となる。【追記】(2019/10/16)

Origami、ビックカメラやヤマダ電機などの初回支払いが10%オフになるキャンペーン
Origamiは、6月12日から「オリガミで、家電。」キャンペーンを開催。エディオングループ、ケーズデンキ、ビックカメラグループ、ヤマダ電機グループの対象店舗での支払いが初回10%オフとなる。キャンペーンは各店舗での初回の支払いすべてが対象となり、最大割引金額は1回の支払いにつき3000円まで。(2019/6/10)

Googleのスマートディスプレイ「Nest Hub」が日本上陸 6月12日発売
Googleが5月7日(米国太平洋夏時間)に発表したスマートディスプレイの国内発売日が決定。同社の直販では1万5120円(税込)で販売される。【追記】(2019/6/5)

「HUAWEI P30/P30 lite」、一部量販店やAmazon.co.jpでも販売見合わせ
キャリアやMVNOが続々と販売を見合わせているHuaweiスマートフォンの新モデル。一部の量販店も、5月24日に発売されたSIMロックフリーの「HUAWEI P30」と「HUAWEI P30 lite」の販売を見合わせている。Amazon.co.jpも同様に販売を見合わせている。(2019/5/24)

ミッドレンジのSIMフリー「HUAWEI P30 lite」、5月24日発売 3万円台前半
ファーウェイ・ジャパンが、ミッドレンジスマホ「HUAWEI P30 lite」を5月24日に発売する。市場想定価格は3万2880円(税別)。約6.15型のフルHD+や、超広角カメラを含む3眼カメラを背面に備えている。(2019/5/21)

トリプルカメラ搭載のSIMフリー「HUAWEI P30」が5月24日発売 7万円台後半【写真追加】
ファーウェイ・ジャパンが、最新スマートフォン「HUAWEI P30」を5月24日に発売する。MVNO各社や家電量販店が取り扱う。価格は7万7880円(税別)で、ブリージングクリスタルとオーロラの2色。6.1型のフルHD+有機ELやLeicaと共同開発した3眼カメラを搭載する。(2019/5/21)

「ゆうちょPay」5月8日に開始 まずは量販店やドラッグストアなどが対応
ゆうちょ銀行が、コード決済サービス「ゆうちょPay」を5月8日に開始する。ゆうちょ銀行の口座を持っている人が、対応店舗でスマートフォンアプリからバーコードを使って決済できる。サービス開始を記念したキャンペーンも実施する。(2019/4/22)

「au PAY」で買い物をしてみた 新アプリの使い勝手や不満点は?
4月9日にスタートした「au PAY」は、au WALLETの残高を使う決済サービス。何ができて、何ができないのか? 競合他社にはない魅力は? 早速使ってみたので、アプリの使い勝手も含めてレビューしたい。(2019/4/12)

「au PAY」スタート ローソンや家電量販店でキャンペーンも
KDDIのコード決済「au PAY」が、4月9日にスタートした。auユーザーは、「au WALLET」アプリをアップデートすることで利用可能になる。利用できる店舗は、コンビニエンスストアや家電量販店が中心。(2019/4/9)

スマホ決済「au PAY」が4月9日に開始 最大26.5%還元のキャンペーンも
KDDIが、QRコード/バーコード決済サービス「au PAY」を4月9日に開始する。「au WALLET」アプリの画面に表示されたQRコードやバーコードから決済する。最大26.5%を還元するキャンペーンを4月15日以降、順次実施する。(2019/4/4)

小売・流通アナリストの視点:
都市部の無印を圧倒、ニトリはこのまま順風満帆か?
「無印良品」を運営する良品計画が業績予測を下方修正した。その要因の1つが、都市部で攻勢をかけるニトリとの競合の影響だという。いまや大都市圏にも出店を加速するニトリに死角はないのか?(2019/2/20)

ゲーミングスマホ「ROG Phone」日本上陸 12万円弱で11月23日発売
ASUSが「COMPUTEX TAIPEI 2018」で発表したゲーミングスマートフォンが日本に上陸する。オーバークロックしたプロセッサを始めとして、ゲームを楽しむ上で重要な機能をふんだんに詰め込み、純正オプション品も豊富に用意している。(2018/11/16)

3軸モーターで手ブレを軽減 スマホ向け多機能ジンバル「Smooth 4」
VANLINKSは、8月24日にZHIYUN製のスマホ向けジンバル(スタビライザー)「Smooth 4」を発売。グリップの先に3軸モーターを備え、リアルタイムにスマホカメラの手ブレや揺れを軽減して滑らかな動画撮影を可能とする。(2018/8/21)

Amazon Echo Spot、きょう発売 タッチ操作可能なスクリーン付きスマートスピーカー
Amazon.co.jpが、6月から先行予約を受け付けていた、Alexa搭載のスクリーン付きスマートスピーカー「Amazn Echo Spot」を発売。Amazonや全国の家電量販店で購入可能に。(2018/7/26)

8年連続顧客満足1位のワケ:
ヨドバシの接客力を支える「すごい教育」
社員の接客レベルや商品知識の深さが評判のヨドバシカメラ。高い接客力を支えているのは社内の教育体制にあった。いったい、どんなことをしているのか?(2018/5/31)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(43):
石川編:技術書がそろう書店もあるよ――金沢の気候、住宅、交通、補給庫事情
インターネットカフェで、アイスクリームを食べよう!――ご当地ライターがリアルな情報をつづる「UIターンの理想と現実:石川編」、第3回は金沢の気候やインターネットカフェの有無など、移住前に知っておきたい生活情報を、Iターン4年目のエンジニアがお伝えします。(2018/5/28)

ファーウェイの「nova lite 2」が販路拡大 量販店やWeb通販で購入可能に
MVNO限定販売だった「HUAWEI nova lite 2」が、6月1日から販路を拡大。家電量販店やWeb通販サイトでも購入できるようになる。(2018/5/25)

「5」「5Z」はDSDV対応:
ASUSの新しい「ZenFone 5」ファミリーが日本上陸 「5」「5Z」「5Q」を順次発売
「Mobile World Congress 2018」に合わせて台湾ASUSが発表した「ZenFone 5」「ZenFone 5Z」「ZenFone 5Q」が、日本でも販売されることになった。いずれもドコモ、au、Y!mobile(ソフトバンク)音声通話に対応し、5/5Zは「DSDV(Dual SIM Dual VoLTE Standby)」も可能だ。【写真追加】(2018/5/15)

「Amazon Echo」、招待なしで誰でも購入可能に きょうから予約受付
アマゾンジャパンは3月30日、スマートスピーカー「Amazon Echo」シリーズを一般発売した。これまでは招待制だったが、誰でも購入可能に。同日から予約を受け付け、4月3日から発送予定。エディオン、ケーズデンキ、ジョーシンなどの家電量販店1000店舗以上でも販売を始める。(2018/3/30)

小売・流通アナリストの視点:
郊外型家電量販店の“空回り”
昨年末、普段はあまり行かない郊外の家電量販店に足を運んでみた。そこで見た店内の風景は、郊外型家電量販店の苦境を改めて感じさせるものだった。(2018/1/17)

日本マイクロソフト、Windows Mixed RealityヘッドセットとPCがセットで最大4万円オフになるキャンペーン
日本マイクロソフトは、Windows 10搭載PCとWindows Mixed Realityヘッドセットの同時購入者を対象とした値引きキャンペーンを開始した。(2017/12/15)

UQ mobileの「iPhone 5s」は5万400円 マンスリー割適用で実質4800円から
UQ mobileが7月15日に発売する「iPhone 5s」(16GB)モデルの価格を公表。ぴったりプランで適用できる「マンスリー割」を適用すると実質4800円から購入できる。(2016/7/12)

日本マイクロソフト、アルカンターラ素材のSurface Pro 4/Pro 3用「Signature タイプ カバー」を実店舗でも販売開始
日本マイクロソフトは、Microsoft Store限定販売のSurface Pro 4/Pro 3用「Surface Pro 4 Signature タイプカバー (Alcantara) 」を、店頭でも販売すると発表した。(2016/5/16)

U-mobile、ユーザーサポートを強化――MNPセンター拡大&出張設定サポートを提供
U-mobileは、MNPの即日引き渡しが可能な「MNPセンター」を拡大。また、自宅に訪問して設定をサポートする「モバイル簡単セットアップサービス」も提供開始した。(2016/4/14)

「大洗女子学園」は招待対象外 サッカークラブ「水戸ホーリーホック」のお知らせにしれっと「ガルパン」が混ざるのは当然の成り行きだった
なるほど。(2016/2/15)

ブランドロゴもプチリニューアル:
大手キャリアを超える満足を――楽天モバイルが掲げる6つの「公約」
楽天の直接運営に移行した「楽天モバイル」。“新しい”楽天モバイルは、6つの「公約」を掲げて、満足度向上に取り組む。(2016/2/1)

学生や新社会人がターゲット:
ファーウェイ、指紋センサー付き大画面スマホ「Huawei GR5」を2月12日発売 想定価格は3万4800円
ファーウェイが新しいミドルレンジスマホを発売する。5.5型フルHD液晶、1300万画素アウトカメラと指紋センサーを搭載しながらも、想定価格を3万円台半ばに抑えたことが特徴だ。(2016/1/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。