ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「軽自動車」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
誠Style:クルマ・バイク

提供する価値とは:
なぜ、住宅メーカーの“動く”ログハウスに注文が殺到するのか 盛り上がるキャンピングカー市場最前線
住宅メーカーの開発した“動く”ログハウスに注文が殺到している。コロナ禍でキャンプやアウトドアの需要が高まったことが背景にある。どのような点が注目されているのか。(2021/10/26)

クルマを買うならどのメーカーを選ぶ? 1位は「トヨタ」 しかし地域別、車種別では?
皆さんは何を重視しますか……?(2021/10/21)

地域別「人気の国産車メーカー」ランキング 圧倒的1位は?
クルマの選び方は、エリアによる違いがあるのか。あるとしたらどのような違いなのか。新車・中古車の販売のネクステージ(名古屋市)は、エリア別の人気車種に関するアンケート調査を実施した。(2021/10/21)

車載情報機器:
パナソニックが市販カーナビの新製品、「市販ならではの先進性」は模索続く
パナソニックは2021年10月14日、市販向けカーナビゲーションシステム「Strada(ストラーダ)」のスタンダードモデル4機種と大画面モデル3機種の新製品を発表した。(2021/10/15)

EV販売、3年ぶりに上昇 補助金増額後押し
電気自動車の販売が盛り返している。EVの販売台数は2019年から2年連続で減少していたが、21年に入ってから9月までの9カ月間で20年1年間を上回った。補助金の増額に加え、カーボンニュートラルを意識する消費者が増えた可能性がある。(2021/10/14)

電気自動車:
日立グループがEV向けインホイールモーター、小型軽量化でパワー密度2.5kW/kg達成
日立製作所と日立Astemo(アステモ)は2021年9月30日、ホイール内部にモーターとインバーター、ブレーキを収めたダイレクト駆動システム「Direct Electrified Wheel」を開発したと発表した。日立グループの鉄道やエレベーターなどモビリティ分野における技術開発や製品化の実績を生かし、小型軽量化を図った。(2021/10/1)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
危機に陥るとヘビメタ版バッハで威嚇するクルマ そんなTesla Model 3の暴力的加速を堪能した
暴力的ともいえるド・ドドンパ的加速力がすごい。(2021/9/24)

ドリキン土屋圭一、ついに生産終了「S660」ファイナルランで攻めまくる 「やっぱこれはサイコーに面白いマシンだ」
生産終了なんて残念すぎるぜ!(2021/9/11)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
答え合わせは2025年に、VWが披露した「260万円のEV」に思うこと
アピールするの、そこなの……?(2021/9/9)

今あらためて割高な高速バイク料金値下げを求める!!【五輪上乗せで判明=料金システム改修は実現可能だ】
東京オリンピックの実施期間中、首都高速でバイクを含む乗用車に通常から+1000円の値上げが行われた。さらに今後こうした「ロードプライシング」を普段から行う方針が明らかに。値上げは即実行するのに、一方で「システム改修が困難」として割高な2輪料金の値下げは後回しにされてきた…。怒りも込めつつ関係者を直撃した!(2021/9/5)

ソニー損保調べ:
次に買いたい車 ダイハツ「タント」を抑えて1位になったのは?
ソニー損害保険が実施した「全国カーライフ実態調査」。主に運転している車のボディータイプを聞いたところ「軽自動車」が41.3%で最多となった。次に買い替える時に購入したい車は?(2021/9/2)

首都高1000円上乗せで露呈! 高速料金は「柔軟で弾力的」に簡単に決められる!?
ならばバイク専用料金を!(2021/8/30)

自動車メーカー生産動向:
2021年上期の新車生産は2019年比13%減、変異株や半導体不足で回復半ば
2021年1〜6月(上期)の自動車産業は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大による世界的な市場低迷から着実に回復している様子が伺える結果となった。日系乗用車メーカー8社の2021年上期のグローバル生産は、全社が前年実績を上回り、8社合計では前年同期比30.0%増と2桁パーセント増となった。(2021/8/30)

自動車業界の1週間を振り返る:
自動運転車が選手村で接触事故、豊田社長が語ったことは
自動運転技術に関して気になるニュースもありました。オリンピック・パラリンピック選手村内で走行しているトヨタの自動運転車「e-Palette(イーパレット)」が、視覚障害のある選手と接触事故を起こしました。(2021/8/28)

軽自動車界のカリスマ、鈴木修語録(後編)
あるときはユーモラスに、あるときは人生訓を。43年間スズキのトップに君臨した軽自動車界のカリスマ、鈴木修氏の取材を通して得た修節・名言まとめ。後編です。(2021/8/27)

軽自動車界のカリスマ、鈴木修語録(前編)
あるときはユーモラスに、あるときは人生訓を。43年間スズキのトップに君臨した軽自動車界のカリスマ、鈴木修氏の取材を通して得た修節・名言まとめをどうぞ。まずは前編です。(2021/8/26)

維持費の平均は月1万1700円:
マイカー所有者が「負担だなぁ」と思う諸経費 「駐車場代」「燃料代」を抑えて1位になったのは?
ソニー損保が、自家用車を所有し月に1回以上車を運転する男女1000人を対象に「全国カーライフ実態調査」を実施した。(2021/8/26)

ノッチ、魅惑の怪物バイク「R18」をインプレ クルマよりデカいエンジンに「これは虜になっちゃう」「目立ってナンボよ」と絶賛
バイク歴40年のベテランが虜になるバイクでした。(2021/8/24)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
新型アクア ヤリスじゃダメなのか?
7月19日、トヨタ自動車は新型アクアを発売した。先代(初代)のアクアを振り返ってみれば、これはなかなかに酷(ひど)いものだった。そして、今回のアクアにはもうひとつ大きなトピックがある。それがバイポーラ型バッテリーの採用だ。(2021/8/23)

燃料電池車:
ローソンとファミマが燃料電池トラック導入、トヨタいすゞ日野が車両開発
ローソンとファミリーマートは2021年8月10日、小型トラックタイプの燃料電池車(FCV)による走行実証を開始すると発表した。(2021/8/11)

「ロードプライシング」が効果:
五輪期間中、首都高の渋滞はどのくらい減ったのか
東京五輪期間中(7月23日〜8月8日)に、首都高速道路の渋滞が68〜96%減少していたことが、警視庁のまとめで明らかになった。選手や大会関係者らの輸送を円滑に進めるため、一般車両の日中の料金を1千円上乗せする「ロードプライシング」が効果を発揮したとみられる。(2021/8/10)

わんこの肉球ぺたっ ホンダ純正カーアクセサリー「Honda Dog」がかわいいぞ
肉球シフトノブ、肉球だ肉球だ……!(2021/8/2)

高根英幸 「クルマのミライ」:
高速道路の最高速度が120キロなのに、それ以上にクルマのスピードが出る理由
国産車は取り決めで時速180キロでスピードリミッターが働くようになっている。しかし最近引き上げられたとはいえ、それでも日本の高速道路の最高速度は時速120キロが上限だ。どうしてスピードリミッターの作動は180キロなのだろうか? そう思うドライバーは少なくないようだ。(2021/8/2)

自動車メーカー生産動向:
新車グローバル生産、8社全てで前年増を継続するも半導体不足の影響は深刻
日系乗用車メーカー8社による2021年5月のグローバル生産実績は、COVID-19の感染拡大の影響で生産が停滞した前年同月と比べて8社全てが大幅な増加を示した。その一方で、世界的な半導体不足の影響は深刻で、コロナ禍前の2019年5月との比較では8社合計のグローバル生産は32%減にとどまっている。(2021/7/28)

小売・流通アナリストの視点:
マツキヨ・ココカラ不振の裏で、「肉・魚・野菜」の販売にドラッグストア各社が乗り出す納得の理由
コロナ禍の追い風が吹いたドラッグストア業界の中でも、売り上げ減だったマツキヨ・ココカラ。その背景には何があったのか。また、ドラッグストア各社でなぜ、「生鮮食品」の販売が広がっているのか。(2021/7/26)

モビリティサービス:
スズキダイハツは脱炭素時代も「ゲタを極める」、大型車と軽の商用車連合で
スズキとダイハツ工業、トヨタ自動車は2021年7月21日、オンラインで会見を開き、軽商用車のカーボンニュートラルに向けてコネクテッド技術や電動化技術などを協力して普及させると発表した。(2021/7/22)

マイカーは日中1000円上乗せ 東京オリンピック・パラリンピック期間中の「首都高料金」まとめ
一般道や外環道の混雑で混乱も……。(2021/7/21)

高根英幸 「クルマのミライ」:
電動キックボードは日本の交通に馴染むのか
電動キックボードの実証実験が、全国の何カ所かの都市で始まっている。電動キックボード自体は、保安部品を装備して登録しヘルメットを被れば、原付きバイクと同じように最高速度時速30キロで車道の左側を走行することができるものだ。(2021/7/19)

ランクル消防車、救急車、給食運搬車まで!? 珍しい乗り物いっぱい「官公庁オークション」参加申し込みがスタート
差し押さえと思わしき高級車も。(2021/7/16)

製造マネジメントニュース:
2021年1〜6月の国内新車販売、「N-BOX」を抑えて「ヤリス」がトップに
日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)は2021年7月6日、2021年1〜6月の新車販売ランキングを発表した。(2021/7/7)

自動車業界の1週間を振り返る:
EV時代も新たな雇用を創出、ルノーと日産が強調
さて、今週も自動車業界は電動化の話題が絶えませんでした。まずは、2030年までに電動車の販売比率90%としていたルノーが、同年までにEV(電気自動車)の販売比率を90%にすると発表しました。(2021/7/3)

大阪・寝屋川市、スマホなどのSMSで納税催促
大阪府寝屋川市は6月からSMSを使った納税の催促を始めた。納付期限を過ぎると発信され、督促状を送る前の自主納付を促す。「郵便物は目にするのが遅れる方もおり、気づきやすいSMSで納付をお願いしたい」という。(2021/6/24)

自動車メーカー生産動向:
4月の新車生産は2020年実績から大幅増、コロナ禍前には届かず
日系乗用車メーカー8社が発表した2021年4月のグローバル生産実績は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大で生産がストップした2020年4月に対する反動で、8社全ての国内および海外生産が前年実績を大幅に上回った。(2021/6/23)

Uber Japanを書類送検 当時の日本代表らも 「Uber Eats」で不法就労助長の疑い
日本に不法滞在中のベトナム人をフードデリバリーサービス「Uber Eats」の配達員として雇用し、不法就労を助長したとして、警視庁は運営元のUber Japan(東京都港区)と、同社の当時の日本代表ら2人を入管難民法違反の疑いで東京地検に書類送検した。(2021/6/22)

公道で走れる最大時速45kmの電動キックボード 乗って分かった魅力と課題
最大時速45kmのパワーを持つ電動キックボード「FreeMile plus」。交通安全上の懸念が注目される電動キックボードの中でも、最高速度が大きい本モデルを試乗し、乗り心地や危険性を確かめた。(2021/6/18)

迫りくるクルマに「死ぬかと思った」 とあるバイク乗りが公開した「無謀すぎる追い越し」ドラレコ映像が怖すぎる
あわや大惨事の映像です。(2021/6/16)

伊藤忠のネットワークを活用して日本人好みのスマホを厳選:
美品の“3つ星スマホ”のみを販売 中古スマホサービス「にこスマ」の戦略
伊藤忠商事の100%子会社として2019年2月に設立されたBelongは、独自の厳しい検査基準を設けて国内外から良品・美品の中古スマホを集めて提供している。その検査基準で得られた人気は高く、「2020年の売上は2019年と比べて4倍から5倍」だという。大きな売上を獲得する中古スマホ取扱企業に話を聞いた。(2021/6/16)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
使い勝手や過ごしやすさを無視して設計しても、都心の家は引く手あまた?
広い家に引っ越したいけど、今よりいい家が見つかるのかどうか。(2021/6/9)

年々増加:
キャンピングカーの販売総額は過去最高の582億円 保有台数は12万台を突破
日本RV協会が発行する「キャンピングカー白書2021」によると、国内のキャンピングカー保有台数は対前年比で106.7%となる約12万7400台にのぼることが分かった。(2021/6/7)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
三菱の厳しすぎる現実 国内乗用車メーカー7社の決算(後編)
5月初旬に各社から発表された通期決算の結果を比較してみる本企画、前半ではトヨタ、日産、ホンダの3社を分析した。後編ではスズキ、マツダ、スバル、三菱を分析してみよう。(2021/6/7)

電気自動車:
日産と三菱自のNMKVが10周年、軽EVで引き続き連携
日産自動車と三菱自動車は2021年6月1日、共同出資会社のNMKVが設立10周年を迎えたと発表した。両ブランドによる販売台数は10年間で累計152万台を達成。現在、NMKVと日産、三菱は電気自動車(EV)のプロジェクトを推進中で、三菱自動車はこれに合わせて新型軽EVの生産に向けて水島製作所に80億円を投資する。(2021/6/2)

カーボンニュートラルに向けた自動車政策検討会(4):
脱炭素に向けた日本の自動車政策はどう進む、「欧州に追従する必要はない」
国土交通省と経済産業省は2021年5月19日、「カーボンニュートラルに向けた自動車政策検討会」の第5回の会合を開き、業界団体などを対象としたヒアリングの結果をまとめた。(2021/5/31)

モビリティサービス:
国交省が“グリスロ”の手引きを公開、ゆっくり走る小さな移動サービスの普及目指す
国土交通省は2021年5月25日、地方公共団体や事業者向けに「グローンスローモビリティの導入と活用のための手引き」を公開した。(2021/5/28)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
EV販売世界トップ「宏光MINI EV」に政策変更の暗雲 〜上海市が優遇政策から除外
中国EV市場を盛り上げた立役者である米テスラを上回る勢いで、上汽通用五菱汽車の「宏光MINI EV」が売れている。カスタマイズバージョンの発表などさらなる快進撃を目指していたが、今月に入って上海市のEV普及政策の対象から除外され、販売が一時停止されるなど混乱が生じている。(2021/5/27)

高根英幸 「クルマのミライ」:
シリーズハイブリッド、LCAを考えると現時点でベストな選択
ハイブリッドの駆動方式は3種類に大別される。その中で、日本で主流にすべきはシリーズハイブリッドだと断言できる。トヨタのTHSは素晴らしいシステムだが、制御が複雑でノウハウの塊ともいえるだけに、トヨタ1社でスケールメリットがあるからビジネスモデルが成り立つ(といってもトヨタも利益を出すまでは相当な年月が掛かっているが)ものだからだ。(2021/5/24)

納税用QRコードを誤掲載 大阪・泉南市 自動車会社向け決済に
大阪府泉南市が、市民に送付したチラシに掲載していた軽自動車税などを納税するためのQRコードが誤っていたと発表。このQRコードを使って納税すると、兵庫県の自動車販売・修理業者に対して決済が行われるという。(2021/5/17)

減収減益の日産決算 21年度は440万台、黒字化目指す
日産自動車は5月11日、2020年度の決算を発表した。売上高は前年から2兆円減少し7兆8600億円、営業利益は1100億円減少し1507億円の赤字だった。(2021/5/11)

ビシッと四角いワイルド系 「タフト」「ウェイク」に“きらめく”アウトドアな特別仕様車
軽でも車内広ぇ〜。(2021/5/11)

自動車メーカー生産動向:
2020年度の新車生産、各社が受けた新型コロナのダメージは
2020年度の自動車産業は、通期で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響に左右される1年となった。日系乗用車メーカー8社の2020年度(2020年4月〜2021年3月)のグローバル生産は、全社が前年度実績を下回り、8社合計では前年度比12.1%減と2桁%減となった(2021/5/11)

「鬼滅の刃トミカ」に第2弾 義勇は「スープラ」、煉獄「GT-R」、しのぶはテントウ虫こと「スバル360」
タカラトミーは、「鬼滅の刃」に登場する5人の“柱”をイメージしたトミカを7月中旬に発売する。価格は各880円(税込)。(2021/5/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。