ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「みんなの就職活動日記」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「みんなの就職活動日記」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

コンサル企業が好調:
インターンで人気の企業ランキング ANAやJALを押さえて1位になったのは?
楽天が運営する就職活動情報サイト「楽天みん就」が、2021年卒業予定の学生を対象にした「インターンシップ人気企業ランキング」を発表した。1位になったのは?(2019/7/29)

大学生がインターンに行きたいIT企業、LINEやNTTデータが上位に 1位は……?
「楽天みん就」が、大学生・大学院生(2021年卒)からのインターンシップの人気が高いIT企業を発表した。2位はLINE、3位はNTTデータ、4位は富士通、5位は楽天が入った。1位は……?(2019/7/26)

21年卒「インターンシップ人気企業ランキング」 楽天みん就が発表、プログラム充実の企業が上位に
1位のニトリは最大4つの仕事を体験できます。(2019/7/26)

「女子就活生の人気企業」ランキング、上位だったIT企業は……?
「楽天みん就」が、2020年に卒業予定の女子学生を対象にした人気企業ランキングを発表。1位は資生堂、2位は花王、3位はコーセーが入り、化粧品メーカーが上位を独占した。上位だったIT企業は……?(2019/6/7)

20年卒・女子学生の就職人気企業ランキング 上位4社は化粧品メーカー
女性が活躍できる会社かどうか。(2019/6/7)

20年卒「IT業界の就職人気ランキング」 コンサル系が順位下げる傾向
1位の企業は10年連続。(2019/5/19)

「就活生に人気のIT企業」調査、NTTデータが10連覇 Webサービス企業も上位、コンサルは人気低下か
就活口コミサイト「楽天みん就」が、就活生に人気のIT企業を調査。首位はNTTデータで、10年の調査開始以来“10連覇”を達成。楽天、富士通、Google日本法人、SCSKなども上位に入った。(2019/5/16)

Webサービス企業が好調:
就活生に人気のIT企業ランキング、NTTデータが10年連続トップ
楽天が運営する就職活動情報サイト「楽天みん就」が「IT業界新卒就職人気企業ランキング」を発表。Webサービス企業やシステムインテグレーターが好調で、1位はNTTデータだった。(2019/5/15)

食料品業界の「仕事にやりがいを感じる企業ランキング」 1位は「きのこたけのこ」でおなじみ
「キャリコネ」調べ。(2019/5/7)

20年卒就活人気企業トップは「味の素」 今年の傾向は
「安定志向」で人気とのこと。(2019/4/6)

人気の理由は福利厚生:
味の素が初の1位に 2020年卒就職人気ランキング
楽天が運営する就活情報サイト「みん就」が就職人気企業ランキングを発表。食品・飲料メーカーの人気が上がり、味の素が初の首位を獲得。理由は?(2019/4/5)

アクセンチュアが躍進:
NTTデータが9年連続でトップ 19年版就職人気IT企業ランキング
就職情報口コミサイト「楽天みん就」を運営する楽天は5月14日、2019年卒業予定の学生を対象に就職したいIT企業に関する調査結果を発表した。NTTデータが2010年の調査開始以来9年連続でトップだった。(2018/5/14)

メガバンクは大幅ランクダウン:
「電通」人気が復活か 19年卒就職人気ランキング
楽天が運営する就職活動情報サイト「楽天みん就」は4月6日、2019年卒予定の学生を対象に調査した就職人気企業ランキングを発表した。航空会社や食品・消費財メーカーが人気だった一方、メガバンクなどのランクダウンが目立った。(2018/4/6)

化粧品メーカー5社がランクイン:
女子就活生の人気企業ランキング、1位は……
楽天みん就が女子就活生の人気企業ランキングを発表。トップ20に化粧品メーカー5社がランクイン。1位となったのは……。(2018/3/20)

就活の「お祈りメール」っていつから存在してるの? 学生から人事担当者まで徹底調査してきた
「祈られすぎて神になりそう」(2017/12/17)

理想の面接官は桜井翔さんら:
就活生に聞く、面接官だったら怖い芸能人 1位は?
「面接で出てきたら手ごわそうな芸能人」「理想の面接官」は誰?――テクノプロコンストラクション調べ。(2017/6/15)

トラベル系が人気:
昨年1位の電通は23位に 18年卒就職人気ランキング
みん就の就職人気企業ランキングで、昨年1位だった電通が23位へと大幅ダウン。(2017/4/13)

一芸ならぬ「いちゲー採用」 ゲームのプラチナトロフィーで1次面接免除など、面白法人カヤックが2018年度採用に導入
おもしろそう。(2017/3/1)

ユーザーローカルがマザーズ上場へ
アクセス解析サービスやチャットボット開発などを手がけるユーザーローカルがマザーズ上場へ。(2017/2/23)

まだ君は間に合う! 現役エンジニアに聞く、学生のときにやっておくべきこと(12):
自然体のセキュリティ女子3人が語る「就活に王道なし」
大企業で活躍しているエンジニアは、学生時代から意識高く技術の研さんを積み、インターンでいろいろな経験をしてきた人ばかり……とも限らないようだ。仕事を、人生を楽しむセキュリティ女子の学生時代や就活の思い出とは?(2016/10/17)

まだ君は間に合う! 現役エンジニアに聞く、学生のときにやっておくべきこと(6):
IT以外の企業も含め多くの人と直接かかわろう――サイボウズのWebアクセシビリティ技術者
本連載では、IT企業の最前線で活躍するトップエンジニアに、学生時代に行った就職活動の内容や、これから就職活動を行う学生へのアドバイスを聞く。今回は、サイボウズで「kintone」の開発に携わる一方で、Webアクセシビリティの研究に取り組む小林大輔氏に伺った。(2016/3/31)

就活のトリセツ(5):
「3月1日 0時00分が勝負」って本当?――「就活ナビサイト」使い倒しマニュアル<後編>
IT業界への就職を考えている学生のために就活のイロハを伝授する連載「就活のトリセツ」。第5章は前回に引き続き「就活ナビサイト」を解説する。「解禁日の0時00分にサイトにアクセスしないと出遅れる」というウワサは本当なのか?(2016/2/25)

10年分の志望企業ランキングが映し出す、就活生たちの姿
毎年、就活に関するさまざまなデータが公開される中、注目されるのは「志望企業ランキング」。今回は、この10年を通して学生の志望度が安定していた業界、および経済指標などとの関連性が見られるかどうかについて考察する。(2015/4/9)

2015年問題の本質を探る:
Webビジネス企業の台頭による人材不足にどう対処するか
これまで2015年問題の原因としてユーザー企業側の原因を取り上げてきたが、今回は“Webビジネス企業の出現”が及ぼす影響について考えてみる。(2014/10/2)

15年卒の就職人気IT企業ランキング、1位はNTTデータ ヤフー、グーグル、日立などランクアップ
2015年卒業予定の学生の就職人気IT企業ランキングを楽天が発表した。1位は昨年に続きNTTデータ、2位は楽天、3位はNTTコミュニケーションズだった。(2014/3/17)

「“メイカー”ブームはまるでネット黎明期」 ハード開発の素人が“ストリートビュー自転車”で起業した理由
ハード開発素人ながら、“ストリートビューの中を走れる自転車”を開発・起業した伊藤将雄さんは、「今のメイカームーブメントはネット黎明期に似ている」と分析。だからこそ面白いと語る。(2013/7/1)

室内で世界中をサイクリング「Virtual Cycling」 ストリートビュー+フィットネスマシンで
室内で世界中をサイクリングできるというマシンが登場した。室内用のフィットネス自転車をこぐと、テレビに表示されたGoogleストリートビューの風景が流れ、扇風機の風を感じながら走れる仕組みだ。(2013/6/5)

14年卒の就職人気IT企業ランキング みん就が発表
「みんなの就職活動日記」が来春卒の学生による就職人気IT企業ランキングを発表。早い時期からアピールした企業が上位に入っている。(2013/3/18)

学生が選ぶ就職したい企業は?――みん就調べ
楽天が運営する就職情報サイト「みんなの就職活動日記」が、2013年度卒業予定の学生を対象にした「就職人気企業ランキング」を発表した。1位になった会社は……。(2012/2/8)

スマートフォンの就活活用法を紹介――「auでAndroid就活!」
(2011/9/9)

就職・転職時に参考、トップは2ちゃんねる――掲示板サイトを半数以上が信用
ネット上で企業の実情を知るのに役立つのが掲示板サイト。就職、転職の際に、最も注目する人が多い掲示板サイトは「2ちゃんねる」であるようだ。シエンプレとメディアインタラクティブ調べ。(2011/9/7)

「台風よ 君には進路が あるんだね」――就活川柳2011
(2011/9/1)

IT企業就職人気ランキング、1位・NTTデータ、2位・富士通 みん就調べ
「みんなの就職活動日記」がまとめた12年度新卒者のIT業界就職人気ランキングでは、NTTデータ、富士通が昨年と変わらず1、2位に。(2011/3/29)

学生が就職したい企業はココ――“リスク回避型”が増える
あなたはどの企業で働きたいですか? 2012年4月入社を目指す学生に聞いたところ、総合商社やメガバンクを中心に人気が集まった。みんなの就職活動日記調べ。(2011/1/31)

レコード会社はこんな学生を採用したい! 人事担当者が“緊急会議”
レコード会社の人事採用担当者が、レコード会社の仕事内容や求める人材像を討論する番組。日本コロムビア、キングレコード、テイチクエンタテインメント、ユニバーサル ミュージック、ポニーキャニオン、エイベックス・グループ・ホールディングスの担当者が参加する。「みんなの就職活動日記」主催。配信は12月21日20時0分〜。(2010/12/20)

楽天やNECの採用担当者が講演 就活イベント「ITjobフェスタ」
IT企業による大学生向け合同会社説明会「みん就フォーラム ITjobフェスタ」をライブ配信。主催者の楽天のほか、シスコシステムズやNECなどの採用担当者が代わる代わる登場し、新卒採用について講演する。Twitterから質問することも可能で、「遠方に住む就活生にライブ感をお届けする」としている。配信は11月3日10時0分〜。(2010/11/2)

仕事耕具:
能率手帳と「みん就」が就活手帳――2種類の週間予定でピークを乗り切れ
日本能率協会マネジメントセンターと楽天みんなの就活日記がコラボレーション。通常期とピーク期で2種類の週間予定がある就職活動向け手帳「みんなの就活ダイアリー」が発売。価格は1575円。(2010/10/20)

セガとみん就が夢のコラボ――就活生のためのタイピングソフト発売
定番タイピングソフト「ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド」がリニューアルし、新たに就活ワード・一般ワードを追加収録。「みんなの就職活動日記」とコラボしました。(2010/10/6)

無料タイピングゲーム「就活タイピング」βテスト開始
就活ワードの入力テクニックを、セガのロングセラーゲーム「ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド」を活用してマスターしてしまいましょう。しかも無料。(2010/8/4)

ゾンビを倒して内定を勝ち取れ――「就活タイピング」出題ワード募集
(2010/6/24)

生き残れない経営:
人材採用にはびこる勘違い
目下の不況において、企業はできる限り即戦力に近い人材を求め、学生は企業が必要とする人材に自らを合わせようとする。実はその土台となっている考え方に大きなギャップがあるのだ。(2009/10/14)

誠 Weekly Access Top10(2009年2月28日〜3月6日):
あなたのミクシィ日記、就活生も見てますよ
さまざまなWebサービスの登場で、筆者が学生の時から就職活動のやり方は変化している。就活先企業で勤める人の日記などを読んでいる学生も少なくない。あなたは日記に、”読まれては困ること”を書いていないだろうか?(2009/3/9)

学生が選ぶ人気企業ランキング――3年連続トップの企業は?
(2009/2/27)

楽天中間、増収増益 「市場」取扱高24.5%増
楽天の中間決算は増収増益。「楽天市場」の取扱高は前年同期比24.5%増、「楽天トラベル」は21.5%増と好調だった。(2008/8/11)

利用機種から訪問者の年齢・性別推定 携帯アクセス解析「うごくひと」
携帯サイトの無料アクセス解析ツール「うごくひと」は、訪問者が使っている機種情報から、年齢分布や男女比まで推定するのが特徴だ。(2008/8/6)

ねとらぼ:
iPhone人気は「10代・文系」?
iPhoneを欲しいと考えているのは20代以上よりも10代が多く、理系よりも文系が多い――こんな意外? な調査結果が出た。(2008/7/10)

社会の厳しさを痛感? 若手社会人の8割が勉強不足を後悔
(2008/5/12)

新卒は大手がお好み:
IT系は人気薄? 学生に人気の企業ランキング
(2008/4/16)

レジェンダ・コーポレーションが調査:
「理系女子は就職コミュニティ好き」、就職活動の最新トレンド
(2008/1/16)

就活経験者が後輩に薦める企業は?
学生が就職したい企業はトヨタ自動車や資生堂など、日本を代表する企業が並ぶ。しかし就活後の満足度では、結果が大きく違った。面接などを通じて「社員との触れ合い」を重視しているようだ。みんなの就職調べ。(2007/10/31)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。