ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「人材採用」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「人材採用」に関する情報が集まったページです。

「Apple Vision Pro」でオフィスは不要になる?【後編】
「オフィスに戻りたくない」が本音 今こそ出社よりVR/AR?
テレワークが企業において当たり前になった現代では、テレワーカーのコラボレーションを支援し、新たな働き方における生産性を向上させることが鍵となる。活躍が期待されるVR/AR技術とは。(2024/2/24)

CIO Dive:
IT部門の「パンク寸前」問題 さらに拍車を掛ける“あのブーム”
従業員のスキル格差やコンプライアンス問題、データのサイロ化問題が企業のモダナイゼーションを遅らせている。さらに最近起きたあるブームによって、IT部門の悩みはさらに深刻化している。(2024/2/22)

医療サイバーセキュリティ最新動向(3):
間近に迫る国内医療セキュリティ規制対応の期限、デッドラインは2024年3月末にも
医療分野におけるサイバーセキュリティの最新動向を紹介するとともに、今後の医療機器開発の進め方などについて説明する本連載。第3回は、2024年3月末にも期限を迎える国内医療関連サイバーセキュリティの規制に対して、医療情報システムや医療機器のメーカーが今すぐに取るべき対応について解説する。(2024/2/22)

車載ソフトウェア:
PR:仮想ECUから人材育成まで、日本の自動車産業のソフトウェア開発を総合的に支援
自動車の機能や性能でソフトウェアが果たす役割が増している。SDVやソフトウェア定義車両という言葉が注目を集めているが、それらを実現するための課題は多い。一社単独では開発リソースの確保も難しい。SDVを実現するにはどのようなパートナーと協力すべきなのか。(2024/2/22)

アルペン、データ経営シフトの内製化 「Excel熟練者が頑張る」レガシーなデータ分析と決別
(2024/2/20)

キャリアニュース:
サーベイ後にアクションを起こした企業の約77%が「生産性が向上した」
中途採用サービス「ミイダス」が「エンゲージメントサーベイ」に関する比較調査の結果を発表した。サーベイ後に判明した課題に対してアクションを起こした企業の76.9%が、社員の生産性が向上したと回答した。(2024/2/20)

未経験のIT人材、「本気度」はここで見極める 採用担当者の本音を聞いた
人材獲得競争の激化に伴い、IT人材において「未経験」の採用ニーズ、転職ニーズが増大している。企業側はどこを見極めているのか。(2024/2/20)

AIで危険物判別、自動化ゲート、スマートレーン……関空、保安検査要員不足にあの手この手
保安検査員や乗客の案内スタッフらの人手不足が大きな要因で、関空は人工知能(AI)を活用した手荷物検査や、検査場への自動化ゲート導入など機械化で対応を急いでいる。(2024/2/19)

製造マネジメントニュース:
マツダが六本木に新拠点、異業種との共創や採用活動に注力
マツダは東京都港区六本木に新たな価値創造に取り組む仲間づくりの場「マツダイノベーションスペース東京」を開設した。(2024/2/19)

夢の「週休3日制」実現への道【前編】
“週休3日制”の導入に積極的な米国の州議会 その“切実な理由”
米国の複数の州議会で企業の週休3日制(週4日勤務制)勤務を導入する法案が提出された。米国の各州議会議員が、週4日勤務制の導入に期待するのはなぜか。(2024/2/19)

セキュリティニュースアラート:
ISC2とIBMがセキュリティ専門家育成に向けたトレーニングコースを提供
ISC2とIBMがサイバーセキュリティスペシャリスト・プロフェッショナル認定コースを開始した。4カ月間の初級レベルトレーニングコースを提供し、サイバーセキュリティのキャリア構築を目指す人に教育を提供する。(2024/2/16)

一方、IT人材確保が難しい状況は続く:
SIer企業からの案件数が増加、発注単価も上昇傾向 ギークスが「ITフリーランス案件倍率レポート」を発表
ギークスは「ITフリーランス案件倍率レポート」を発表した。2023年10〜12月の「案件倍率」は10.67倍。フルリモートワークやハイブリッドワークを受け入れる企業は、ITフリーランスからの人気が集まりやすい傾向があるという。(2024/2/16)

「オヤカク」5割が経験 Z世代と親の就職観ギャップは?
「オヤカク」とは、内定学生の保護者に対して同意の確認を行うことを言う。「内定確認の連絡」いわゆる「オヤカク」を受けたという人は52.4%と半数以上を占めたことが、マイナビによる調査で明らかとなった。(2024/2/16)

老舗自動車メーカーのデータ活用術【中編】
英自動車メーカーのDXを支える人材育成制度「アプレンティスシップ」とは
Bentley Motors初の最高データ責任者を務めるアンディ・ムーア氏は、同社のデータ戦略において「データサイエンティストの育成と確保」を重視した。その施策の一つ「アプレンティスシップ制度」とは何か。(2024/2/16)

7割が女性:
社員16人→200人超に “知名度ゼロ”で新潟に進出したネット広告会社「5年間の成果」
ネット広告事業を手掛けるデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)が新潟市に進出してから5年。新潟オフィスの現在の社員数は200人を超え、うち約7割が女性である。進出の成果を読み解いた。(2024/2/14)

間違いだらけの製造業デジタルマーケティング(12):
マーケターにも技術的知識が必須に マーケティング成功の鍵は「相互理解」
コロナ禍で製造業のマーケティング手法もデジタルシフトが加速した。だが、業界の事情に合わせたデジタルマーケティングを実践できている企業はそう多くない。本連載では「製造業のための正しいデジタルマーケティング知識」を伝えていく。第12回のテーマは「マーケターが技術を理解することの重要性」だ。(2024/2/14)

「離職防止や採用力強化のために給与を見直す企業が増えた」:
転職で最も年収が増えたのは「セキュリティエンジニア」 パーソルキャリアが調査
パーソルキャリアは「IT職種の転職前後の平均年収レポート」を発表した。2023年1〜6月の期間に転職した人で、転職前後の平均年収増加幅が最も大きいポジションは「セキュリティエンジニア」だった。(2024/2/13)

スタートアップシティーつくばの可能性(5):
FPGAを革新する「ナノブリッジ」はディープテックの街つくばで育まれる
筑波研究学園都市としての歴史を背景に持つ茨城県つくば市のスタートアップシティーとしての可能性を探る本連載。第5回は、FPGAの電力性能を大幅に向上させる技術を持つナノブリッジ・セミコンダクターの杉林直彦氏へのインタビューを通して、ディープテックスタートアップとつくばの相性の良さについて見ていこう。(2024/2/13)

初音ミク、セガ……札幌市のITコンテンツ企業誘致 市長が明かす「大札新」の狙い
札幌市が企業誘致を進めている。東京のIT企業やコールセンターが、札幌市での人材確保を狙って進出するケースが多く、企業からの注目が集まっている。(2024/2/10)

転職で年収が上がるIT職種 「データサイエンティスト」など上位に トップは? doda調査
転職によって年収が上がるIT職種は──パーソルキャリアがこんな調査結果を発表した。最も上がり幅が大きいのは?(2024/2/8)

採用業務は“社内ChatGPT”で効率化できるか? SIerが実証実験 「年間400時間の工数削減となる試算」
SIerのトランスコスモス・デジタル・テクノロジーは、大規模言語モデル「GPT-3.5 Turbo」を利用した採用業務に関する実証実験の結果を発表した。約1カ月半の間運用したところ、年間で約400時間の工数削減ができる試算と結論付けた。(2024/2/8)

マルチクラウド時代になぜOSSが重要なのか【第3回】
「OSS」は企業に何をもたらすのか? プロプライエタリとは違う4つの特性
OSSは企業にとって、認識しているか認識していないかにかかわらず、極めて“身近な存在”になった。OSSは企業に何をもたらすのか。その存在意義を、4つの視点で改めて考えてみよう。(2024/2/14)

ブーメラン社員は人材不足の救世主になるか【後編】
「こんなはずじゃなかった」 ブーメラン社員を安易に受け入れた企業の末路
退職後に再雇用される「ブーメラン社員」は、即戦力が期待できる人材だ。ただし、採用する際にはさまざまな点から情報を整理し、他の従業員に配慮する必要がある。管理職が留意すべきポイントは。(2024/2/8)

会社の「古臭いロゴ」を変えたら、何が起きたのか あるSaaS企業の事例
うちの会社のロゴって正直、ダサいんだよなあ──そんなふうに感じたことはないだろうか。あるSaaS企業では“古臭いロゴ”の変更とリブランディングを合わせて進めた結果、思いがけない結果につながったという。(2024/2/7)

東急不動産、渋谷の複合施設に「スタートアップ区画」 敷金0円、電気代など無料
東急不動産が、渋谷の複合施設「渋谷サクラステージ セントラルビル」にスタートアップ向け区画を開設する。床面積は約60坪。什器・家具付きで、電気代や清掃費、引っ越し費用などの諸費用は東急不動産が負担。敷金も0円という。賃料も同社が補助する。(2024/2/6)

未来の商機は地方にあり:
「シラコンバレー」の異名も 和歌山にIT企業が続々進出、なぜ?
和歌山県に近年、IT企業が相次ぎ進出している。直近の約5年で20社が拠点を設置。企業誘致を本格的に始めた2001年当初は、誘致に成功しても長続きしないケースもあったという。県は過去の反省を生かし、どのように改善を進めていったのか。(2024/2/5)

パーソルクロステクノロジー株式会社提供ホワイトペーパー:
PR:即戦力エンジニアを案件に応じて活用、技術領域に特化した派遣サービスとは?
エンジニア不足が深刻化する昨今。必要なスキルを持つ人材を必要な期間に応じて確保する「エンジニア派遣」の活用が広がっている。数ある派遣サービスの中から技術領域に特化したサービスを取り上げ、その特徴を解説する。(2024/2/5)

今日のリサーチ:
「今の日本は男女平等?」に「そう思う」と回答した大学生は男性42%、女性22%――RECCOO調査
Z世代に特化したクイックリサーチサービス「サークルアップ」が実施した調査の結果です。(2024/2/4)

パーソルクロステクノロジー株式会社提供ホワイトペーパー:
PR:DX推進やものづくりの柱となる、エンジニア人材確保のポイント
DX推進やものづくりの柱となるエンジニアの確保に向けて、多くの企業が取り組んでいるが苦戦しているのが実情だ。採用にはさまざまな方法があるが、現状で成果が出ていないのであれば、見直しを検討すべきだろう。その見極め方を解説する。(2024/2/2)

増加する、60歳超えの労働者:
定年後の嘱託社員、最低賃金での雇用はアリなのか?
60歳の定年後に社員を再雇用する場合、給与はどれくらい支給すべきでしょうか? 6割程度が一般的と聞きましたが、最低賃金での雇用もアリなのでしょうか?(2024/2/2)

CIO Dive:
IT人材不足解消の切り札になるか? CompTIAがトレーニングや認定資格を刷新
CompTIAは技術トレーニングのラインアップを拡大し、サイバーセキュリティやデータサイエンス、フルスタックの資格を追加して既存の5つの認定プログラムを刷新する。(2024/2/2)

株式会社ジンジブ提供ホワイトペーパー:
PR:3社の事例に学ぶ高卒採用の魅力、採用活動や定着率など多角的な視点で読み解く
社員の高齢化や若手人材の不足に危機感を抱いている中小企業を中心に、高卒採用への注目度が高まっている。その魅力がどこにあるのか、3社の事例から明らかにしつつ、中小企業が高卒採用に注力する理由を探った。(2024/2/2)

株式会社ジンジブ提供ホワイトペーパー:
PR:中途・大卒ではなく高卒採用に注力するあの企業、その採用戦略の理由は?
高卒人材に注目する企業は近年、急速に増えてきた。コロナ禍の直前までの7年間では、求人件数が約2倍になったほどだ。このように高卒採用が大きく注目されている理由はどこにあるのか、大卒や中途の人材採用と比較しつつ、その利点を解説する。(2024/2/2)

AIは論文発表を変える? 民間企業が“学会で発表する意義” サイバーエージェントなどが議論
企業において、研究開発組織はどのような役割を果たすべきなのか。AIは、研究開発をどう変えていくのか。サイバーエージェントとCygames、パナソニックホールディングスの3社で研究組織を率いる3人が議論を交わした。(2024/2/5)

楽天、「みん就」を譲渡 約22億円で
楽天グループは、就活クチコミサイト「楽天みん就」を22億5000万円で譲渡する。(2024/2/1)

物流2024年問題、ドライバー職の求人件数増加 重要課題は「人材確保」
リクルートは「2024年問題」を抱える物流業界における求人件数と賃金の推移を発表した。2019年と比較するとドライバー職の求人件数は伸長しており、賃金も上昇傾向がみられた。(2024/2/1)

株式会社ジンジブ提供ホワイトペーパー:
PR:自社の魅力をどう伝える? 高校生の新卒採用で取り組むべき施策とその実践法
高卒採用を成功に導くには、最新の高校情報を入手し、根拠のある採用戦略を立てるのは当然のこと、高卒採用ならではの特性を理解し自社の魅力を伝えていくことが不可欠だ。効果的な施策やその実践をサポートするサービスを紹介する。(2024/2/1)

株式会社ジンジブ提供ホワイトペーパー:
PR:基礎から分かる高卒採用、知っておくべきルールや成果を挙げるためのコツとは?
大卒採用とは異なり、高卒採用には細かいルールやスケジュールが厳格に定められており、それらの決まり事に沿って採用活動を進める必要がある。そこで高卒採用の戦略/計画を立てるうえで押さえておくべき、基本的なポイントを解説する。(2024/2/1)

国土は広いが人材は少ない:
「規模を追うべきか否か」 半導体政策で悩むカナダ
大規模な半導体工場の投資に沸く米国に対し、隣国のカナダは半導体サプライチェーンの強化策に悩んでいる。広大な国土を持つカナダだが、人口は少なく、工場での人材確保という点では懸念もある。カナダの業界関係者は「カナダは、スモールスケールの利点を生かすべきだ」と主張する。(2024/1/31)

大学生の採用も急増:
年6.6万時間削減 ジャパネット「コールセンター大改造」で得た数々のメリットとは?
(2024/1/30)

正社員「初年度の平均年収」はいくら?
マイナビは、2023年の「正社員の平均初年度年収推移レポート」と「正社員求人件数・応募数推移レポート」について総評を発表した。正社員の平均初年度年収は456.6万円で、2022年平均と比べ2.4万円増加した。(2024/1/30)

「就活に生成AI」7割の企業が肯定 学生にどんな使い方を期待している?
学生が就活で生成AIを利用することについて、約7割の企業が肯定的であることが、ベネッセホールディングスとパーソルキャリアの合弁会社、ベネッセ i-キャリア(東京都新宿区)が運営する「doda新卒エージェント」「dodaキャンパス」による調査で明らかとなった。企業はどのような使い方を望んでいるのか。(2024/1/30)

一方、採用側での利用は11.4%にとどまる:
約7割の企業が「学生の生成AI利用」に肯定的 ベネッセ i-キャリアが新卒採用の実態調査結果を発表
ベネッセ i-キャリアは、新卒採用における生成AIの利用実態に関する調査の結果を発表した。新卒採用業務に「ChatGPT」などの生成AIを利用している企業の割合は11.4%。約7割の企業が学生の生成AI利用について肯定的だった。(2024/1/29)

製造業DXプロセス別解説(7):
「改善」と「イノベーション」の両輪で推進するディスクリート系製造DX
製造業のバリューチェーンを10のプロセスに分け、DXを進める上で起こりがちな課題と解決へのアプローチを紹介する本連載。第7回は、実際にモノづくりを行う「生産」の「ディスクリート系製造」を取り上げる。(2024/1/29)

東京エレクトロン宮城との連携強化:
トルンプ、仙台市に技術拠点を新設 従来の3倍規模に
トルンプは、仙台市に新たな技術拠点として「宮城テクニカルセンター」を開設した。同社製品の修理や点検を担う施設で、将来的にはエンジニア20人程度を含む約30人が就業する予定だ。(2024/1/26)

仮設住宅建設、協会として実施 積水ハウスの仲井嘉浩社長
能登半島地震の復興支援や、残業規制が強化される「2024年問題」への対応などについて語った。(2024/1/26)

世界的に長期化する採用活動
だから良い人材を雇えない――採用活動が終わらない企業の特徴は?
企業が求人募集を開始してから候補者が入職するまでの期間が、世界的に長期化の傾向を示している。その原因は何か。採用プロセスにおいて改善すべき点はあるのか。(2024/1/26)

もう令和なのに「飲み会セクハラおじさん」が減らないワケ
(2024/1/26)

株式会社LabBase提供ホワイトペーパー:
PR:職種の確約は必須? 調査から見えた理系学生の獲得競争を勝ち抜くヒント
さまざまな業界で人材不足が叫ばれる中、理系学生の獲得競争が特に激化している。企業が理系学生を求める中、どのように採用活動を進めていけばよいか。2024年卒・25年卒の理系学生を対象に行った就活動向調査を基に考えていく。(2024/1/25)

就活の情報収集いつから始めた? 25年卒730人に聞いた
学生は就職活動の準備やインターンシップについて、どのように考えているのか。学情(東京都千代田区)が調査を実施した。(2024/1/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。