ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「人材採用」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「人材採用」に関する情報が集まったページです。

45歳定年制は、なぜ「45歳」なのか 日本企業の慣習と働かないおじさんの関連性
サントリー新浪社長の発言をきっかけに話題となった「45歳定年制」はなぜ、「45歳」なのだろうか。人事コンサルタントである筆者は、日本企業が行ってきた“人事制度の慣習”が背景にあると考えている。それはつまり、どういうことかというと──。(2021/10/25)

早すぎる役職定年:
硬直した金融業界を改革する、異色の“シニア専門家集団”とは
「早すぎる役職定年」「専門人材の不足」「過度な内製主義」といった課題を抱える金融業界。シニアを中心とした専門家集団を組織することで、それらの解決を目指すユニークな企業がある。日本資産運用基盤グループ(JAMP)だ。代表の大原氏に、金融業界の人材や組織の課題と、その解決策を聞いた。(2021/10/25)

オンラインシフトへの対応は:
転換期の採用領域 HRテックを活用すべき2つのポイントと、求められる4つのスキル
コロナ禍で激変する採用領域。HRテックの活用機運も高まるが、テクノロジーは決して「魔法の杖」ではないことに注意が必要だ。その特質を踏まえ、採用領域においてテクノロジーを活用すべきポイントはどこにあるのか。人事領域に詳しい筆者が、「2つのポイント」と、これから求められる「4つのスキル」を解説する。(2021/10/22)

約9000社に調査:
大企業の約2割が「早期退職」制度を導入または検討、対象年齢は
東京商工リサーチの調査によると、上場企業を含む大企業の約2割が今後の検討を含め「早期退職・セカンドキャリア」制度を「導入する」と回答した。全体では約9割が「導入しておらず、今後も検討予定はない」としている。(2021/10/21)

Facebook、メタバース人材を欧州で1万人雇用する計画
メタバース構築に注力するFacebookは、欧州でメタバース関連の人材を1万人採用する計画を発表した。メタバース構築計画の中心を欧州に置くとしている。(2021/10/18)

日報作成を苦痛から成長の糧へ:
ベネッセはDXを「丁寧に」推進する
どんなに素晴らしい技術を用いても、現場の実情に合わなければ活用されない。ベネッセのDXは、若きリーダーたちの旗振りの下、地道に、丁寧に進められてきた。(2021/10/18)

本当に必要な施策は何か?:
「中途採用で営業力強化」はなぜ失敗? 良かれと思った組織作りの落し穴
多くの営業組織が、営業担当者のスキル向上や育成に課題を抱えている。その解決策として最も多く選ばれるのが「中途採用で営業力を強化する」という手法だが、中途採用に依存しすぎると、取り返しのつかない失敗を招いてしまうケースもある。筆者が見てきた実際の失敗例をもとに、何が求められているのかを考える。(2021/10/15)

対局に勝てば最終面接、AIベンチャーで「将棋採用」 「強い人はプログラミングに向いている」
AIベンチャーのトリプルアイズは、人材採用の選考フローに将棋を組み込んだ「将棋採用」を始めると発表した。同社の将棋部所属で、アマチュア有段者の社員と対局し、勝てば最終面接へと進める。(2021/10/13)

新卒採用向けゲーム実況動画シリーズ「モンハン保険」公開
 ワンメディア(東京都目黒区)は10月11日、東京海上日動火災保険の新卒採用施策の一環として、ゲーム実況動画シリーズ「モンハン保険」をプロデュースしたと発表した。(2021/10/12)

日米でDXの進捗に大きな差 技術導入以外の部分でも課題か――IPA「DX白書2021」
IPAは「DX白書2021」発刊に当たって実施した調査では、日本企業は米国企業に比べてDXの取り組みが遅れていることが分かった。具体的にどのようなポイントで“差”がついたのか。(2021/10/12)

「テレワークと給与」に関する調査:
「月収25万円で出社勤務」と「月収18万円でテレワーク勤務」 新卒の84.9%が選んだのは?
学情は、2023年3月卒業、修了予定の大学生・大学院生を対象に「テレワークと給与」に関する調査を実施した。コロナ禍で浸透してきたテレワークだが、緊急事態宣言が解除されたことをきっかけに出社する人も増えてきている。23年新卒はどのように考えているのだろうか?(2021/10/11)

DX専門チーム責任者のための社内組織の組み立て方
DX専門組織を立ち上げた際に、マネジャーは「どこからデータサインティストを集めれば良いのか」「どうやって育成すれば良いのか」といった悩みを抱えることがあるだろう。3000人のデータサイエンティストを育てたスペシャリストが、よくある5つの疑問に答える。(2021/10/15)

視点:
建設DX有力スタートアップ破綻からの示唆――旧来型産業DXのワナとカギ
ゼネコンなど旧来型の建設プレイヤーだけでなく、新たなビジネスモデルを打ち立てる異業種企業やスタートアップも、この領域で活発な動きを示している。まさに建設業は大変革期に突入し始めているといえよう。(2021/10/11)

たった一人の熱意が会社を変えた!:
“時代錯誤”から残業ゼロ、週休3日に! 鳥取の不動産会社がレガシー企業からDX先進企業になれたワケ
スケジュールをホワイトボードで管理し、書類は紙に記入してファイルにとじる。そんなアナログな環境から見事DXを果たしたウチダレック(鳥取県米子市)。地方企業としては珍しいDXノウハウ書籍『超効率DXのコツ』まで出版した、その極意とは? 書籍の著者でもあり、同社専務でもある内田光治氏に話を聞いた。(2021/10/8)

新卒採用の現在:
オンラインでも学生の心をがっちり掴む! 成功例に学ぶ、コロナ禍のインターンシップ必勝法
採用のオンライン化が完璧には成功しなくても、「コロナ禍のせいで間に合わせだったので、仕方ない」──そう言える時代はもう過ぎました。各社の22卒オンラインインターンシップ事例から分かってきた、メリット・デメリットや企画・設計時のポイント、実際の成功手法について紹介します。(2021/10/8)

米国で進む「同一労働同一賃金」【前編】
「賃金データの報告」義務化で新たに生じた「HR Tech」のニーズとは
「同一労働同一賃金」は米国企業にとって、人材を集める手段として考えられていた。だが同一労働同一賃金の法制化が一部の州で進みつつあることで、この考えは変わる可能性がある。どのように変化するのか。(2021/10/7)

PR:レガシーな開発チームがクラウドネイティブ開発環境にたどりつくまでの道のり 内田洋行ITソリューションズ金沢氏に聞く「はじめの一歩」を踏み出すヒントと IT 中間管理職の戦い方
(2021/10/7)

どのようなスキルの需要が高いのか:
オープンソース人材の需要はパンデミック後も増加、Linux Foundationが報告
Linux Foundationはオープンソース人材の採用やトレーニングの動向に関する年次報告書の最新版「The 2021 Open Source Jobs Report」を公開した。採用担当者がどのような人材の採用を増やそうとしているのかが分かる。(2021/10/6)

毎年起きている:
10月1日 内定辞退したい学生と阻止したい人事の攻防
10月1日の内定式といえばもはや伝統季節行事。各社の内定式はニュースの定番として今年も放映されましたが、実は毎年、その陰で攻防戦があります。内定学生と採用企業の戦いです。(2021/10/6)

デジタル庁、民間人材の通年採用開始 任期1年の非常勤職員、兼業OK
デジタル庁が民間人材の通年採用を始めた。10月4日時点では17の職種を募集中で、募集職種は順次増加する方針。(2021/10/4)

興隆するHRテック市場で、採用テックがなぜ今注目なのか?(後編)
海外では採用テックは採用のバリューチェーン(流れ)に沿って、CRM、ATS、オンボーディングという区分でさらに細分化されており、そこで製品もすみ分けがなされている。(2021/10/4)

成功する人の共通点:
年収1000万円以上の求人が多い業種 2位「コンサルティング」、1位は?
人材採用のエン・ジャパンは、転職コンサルタントを対象に「年収1000万円以上の転職」についてアンケート調査を実施。求人が増えている業界や業種が明らかとなった。(2021/10/1)

興隆するHRテック市場で、採用テックがなぜ今注目なのか?(前編)
市場が急成長している採用テック。テクノロジーをてこに、採用の世界が効率化・高度化が進む「採用テック」が、今求められる理由は主に2つあるという。(2021/10/1)

学情調べ:
社員や内定者とリアルで話す機会が、内定承諾の後押し 学生の意見は?
社員や内定者とリアルで話す機会があると、内定承諾を決断する際のプラスになると考えている学生はどの程度いるのか。学情が2022年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生を対象に調査を実施した。(2021/9/30)

オープンでフラットな風土:
新卒と中途、両方で満足度が高い企業ランキング! 1位は?
オープンワークは、「新卒入社VS中途入社:どちらも満足度が高い企業ランキング」を発表。口コミを見ると、上位の企業は「オープンでフラットな風土」への満足度が高いようだ。(2021/9/30)

学情が調査:
2社以上の内定を獲得した学生は62.4% 内定獲得後も就活を続ける理由は?
就職活動で学生はどの程度内定を獲得したのか。新卒採用サイトなどを運営する学情が調査を行った。(2021/9/29)

製造マネジメント インタビュー:
超複雑な歯ブラシ開発をAIで効率化、ライオンの進化を加速する「DX推進部」
私たちが普段何げなく使う歯ブラシやハミガキなどのオーラルケア製品。これらの製品開発には膨大な時間と試行錯誤を要する。こうした現状を変えようと、AIやデータ分析を用いて変革に向けたDXを推進するのがライオンだ。担当者にDXの取り組みの詳細を聞いた。(2021/10/6)

“真実”を見抜く人事戦略(9):
あなたは大丈夫? 「嫌われ採用人事」の3つの特徴
採用には、人事の努力だけでなく現場社員の協力が欠かせない。その一方で、人事の業務や立場の特性上、気を付けないと嫌われてしまいやすい一面がある。「嫌われ採用人事」の3つの特徴とは?(2021/9/28)

ものづくり白書2021を読み解く(3):
製造業DX推進のコツは、経営トップと現場に精通するリーダー社員の2段階で
日本のモノづくりの現状を示す「2021年版ものづくり白書」が2021年5月に公開された。本連載では3回にわたって「2021年版ものづくり白書」の内容を掘り下げる。第2回では「製造業のニューノーマル」の主軸として紹介されている「レジリエンス」「グリーン」「デジタル」という3つの視点について掘り下げる。(2021/9/27)

総合1位の企業は?:
就活中の学生が選んだ「採用力」の高い企業ランキング 評価されるポイントは?
2022年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生を対象に「新卒採用力ランキング調査」を実施。就職活動中の学生が選んだ“採用力”の高い企業は?(2021/9/24)

オンプレ、クラウドで増え続けるデータを一元管理:
PR:6分かかった検索が1秒に――データの一元管理と素早い分析を実現するクラウドネイティブ時代のデータ分析基盤
デジタル時代において「データ」は収益の源泉として欠かせない。ユーザーがどの段階でどのような行動を取ったかログを収集し、さまざまな角度から分析する。それをサービスや製品の改善につなげる。工場の生産ラインでセンサーデータを収集し、品質や生産性の向上に役立てることもできる。データという宝の山を生かさない手はない。ではどのような方法で、データ活用を実現できるのだろうか。(2021/9/22)

戦略的リーダーが取り組む「タレントアクイジション」【後編】
「タレントアクイジション」をスムーズに進めるための7つのヒント
長期的な視野で人材獲得経路を構築する「タレントアクイジション」は、人事戦略において重要な要素になる可能性がある。スムーズに進めるためのヒントを紹介する。(2021/9/21)

最低賃金の引き上げに関する実態調査 66.2%が賃金の引き上げに「反対」
アルバイト・パート採用を行う企業を対象に実施した「最低賃金の引き上げに関する実態調査」。その結果、最低賃金の引き上げについて賛成か反対かを尋ねたところ「反対」が66.2%、「賛成」が33.8%だった。(2021/9/18)

エンジニアの育て方:
PR:グローバルワンプロダクトで急成長したスマートニュース 世界のエンジニアの力を引き出すマネジメントとは
(2021/9/16)

Go AbekawaのGo Global!〜崔 国編(後):
カインズのCTOに、俺はなる!
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回もカインズの崔国(サイ・コク)氏にお話を伺う。英語も覚えたいし、MBAも取りたい。やりたいことが止まらない崔氏は次に何を望むのか。(2021/9/29)

減らす理由は:
10月に「地域別最低賃金引き上げ」が実施、人件費はどうなる?
総合人材情報サービスのアイデムは、「令和3年度地域別最低賃金」の引き上げに伴い、取引企業243社にアンケートを実施、その結果を発表した。「最低賃金の引き上げに伴い、人件費の対応策として検討していること」を尋ねたところ……。(2021/9/15)

スピン経済の歩き方:
サントリー新浪社長を叩いても、「45歳定年制」が遅かれ早かれ普及するワケ
サントリーホールディングスの新浪剛史社長による、「45歳定年制」の提言が波紋を呼んでいる。「サントリー不買」を呼びかける人も出ているが、ボコボコに叩くのは“正しい”ことなのか。筆者の窪田氏は……。(2021/9/15)

PR:日立ソリューションズ×澤円氏対談 テレワークに求められるエンドポイントセキュリティとは
(2021/9/15)

戦略的リーダーが取り組む「タレントアクイジション」【中編】
「人材採用」と「タレントアクイジション」はいつやる必要があるのか
長期的な視野で人材獲得経路を構築する「タレントアクイジション」。「人材採用」はその一要素だ。それぞれが必要になるタイミングを整理する。(2021/9/14)

学生の声は?:
企業がDXを推進していることを知ると、志望度が上がる学生は約5割 学情調べ
DXを推進していると学生の志望度が上がる――そんな結果が就活情報サイトを運営する学情(東京都千代田区)の調査で分かった。学生は何を考えているのか。(2021/9/9)

満足度や使用実態は?:
コロナ収束後「デジタルツールでの採用が定着する」86%が予測
求人情報サイト「バイトル」などを運営するディップは、「コロナ禍の採用活動とコロナ収束後のDX」について、人事部門と直近1年以内に転職をした969人を対象に調査を実施した。その結果……。(2021/9/9)

「地に足の着いた」DX推進の人材育成を:
PR:“DXの本質”から考える ワークフローと人材育成のベストプラクティスとは?
DX推進を主導する「DX人材」の獲得や育成に多くの企業が取り組んでいるが、そもそもDX人材とはどのような人物を指すのだろうか。国内企業が抱くDXに関する“誤解”を正し、その本質と適切な人材育成方針を探る。(2021/9/9)

企業のハイブリッドワーク拡大へ ただし気になるセキュリティ――エントラスト調査
エントラストの調査によると、日本では約9割の従業員が「ハイブリッドワークプレース」の利用に積極的な一方、4割強が「セキュリティや生産性の面で課題がある」と回答した。(2021/9/7)

人事施策のよくある誤解と失敗例(6):
「マイクロマネジメントは悪!」「リモートで生産性UP!」──とは、言い切れないワケ
なぜ、リモートワークで生産性が高くなる部署と低くなる部署があるのか? なぜ、同じマネジメント手法でも、うまく行く場合とそうでない場合があるのか? 適切な勤務形態やマネジメント方法を考えるための情報を紹介する。(2021/9/7)

戦略的リーダーが取り組む「タレントアクイジション」【前編】
「人材採用」と「人材獲得」の違いとは? ビジネスリーダーの基礎知識
「人材採用」と「タレントアクイジション」(人材獲得)は、一見同じ言葉のように見える。だが取り組み内容や利用する技術が異なる。それぞれの違いを説明する。(2021/9/7)

産業動向:
コロナ禍前後の技術者と技能工の需給動向「建設技能工の人材需要は逼迫化」
建設HRは、国内における建設業の人材市場動向をまとめた2021年8月分のマンスリーレポートを公表した。今月のトピックスでは、2021年上半期の建設技術者と建設技能工の需給動向を採り上げている。(2021/9/6)

新卒採用の現在:
「やみくもインターンシップ」はもう終わり インターンを採用につなげる3つのステップ
インターンシップ設計の際、多くの企業は「どのようなプログラム・進め方が良いか?」を先に考えがちです。しかし、目的なく、やみくもにインターンシップを企画・設計しても、効果は低く、またプログラムの効果測定ができないため、検証・改善ができません。(2021/9/6)

メンバーシップ型と比較:
ジョブ型雇用に「向かない」企業とは? 変革すべき3つのポイント
どういった企業がジョブ型雇用に「向かない」のか、そうした企業がジョブ型雇用を志向したとき、どのような変革がどれくらい必要になるのかについて解説します。(2021/9/3)

コロナと自動化がもたらす雇用問題【後編】
コロナ禍による失業増で成長する“注目の人事職”とは?
自動化技術の普及や失業者への給付金終了を背景に、米国では労働者の就業支援の必要性が高まっている。こうした状況は、人事担当者にとって成長の機会になる可能性があるという。どういうことなのか。(2021/9/3)

今日のリサーチ:
デジタルマーケティングに携わる役職者の約60%がノウハウ・人材の不足に悩み――Repro調査
デジタルマーケティングツールの導入は進んでいるものの、期待通りの成果を得られているのは50%未満。課題は人材にあるようです。(2021/9/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。