ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「人材採用」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「人材採用」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Web面接の苦労も:
「人事部に まずは人材 入れてくれ」 採用あるある川柳、受賞作品を発表
採用プラットフォームを運営するThinkings(東京都中央区)は、「採用あるある川柳」の受賞作品を発表した。(2021/6/24)

「ウマ娘」シナリオライター募集 現場スタッフによる採用セミナーも
「ウマ娘 プリティーダービー」がシナリオライター募集中。現場スタッフが仕事を語る採用セミナーも。(2021/6/23)

『「何者」かになりたい 自分のストーリーを生きる』【前編】:
広告業界の風雲児、GO三浦崇宏さんに聞く「若手社員と信頼を築くためのマネジメント術」
コロナ以前から新卒の離職率3割は問題となっていて、リモートワークの普及によりさらにマネジメントが難しい時代となった。創業5年目ながら業界にインパクトを与えている広告・事業会社がThe Breakthrough Company GOだ。同社の代表取締役で PR・クリエイティブディレクターの三浦崇宏さんに若者のモチベートやマネジメント方法について聞いた。(2021/6/24)

安心安全が第一でもクラウドネイティブを目指す理由:
「AWSのコスト管理は大変」――視聴率を調査するビデオリサーチのクラウド活用裏話
テレビ番組の視聴度合いの指標となる「視聴率」を算出するシステムにクラウドを活用するビデオリサーチは現在、クラウドネイティブに向けた取り組みを進めているという。2021年5月11〜12日に開催された「AWS Summit Online 2021」でシニアフェローの豊島潤一氏が紹介した。(2021/6/22)

コロナ収束後の採用市場はどう変わるか【前編】
「テレワーク許可」の企業が「完全オフィス出社」に戻すと離職率が上がる?
新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、テレワークの導入が拡大した。パンデミックの収束後、企業がテレワークを廃止したらどうなるのだろうか。(2021/6/21)

日本で次にバズる動画は?:
サンリオ公式YouTuberを生んだ「YouTube作家」が指南 動画マーケの勝ち筋
YouTube作家という仕事を知っているだろうか?YouTubeやTikTokなどの動画コンテンツを中心にクライアントの要望に合わせて企画立案、動画撮影や制作、データ分析などを担う。データ分析を強みとするYoutube作家が、企業が動画マーケティングを始めるときに意識すべき点や次に日本でバズる動画を先取りする方法を解説する。(2021/6/18)

「慢性的人手不足」の原因を探る【前編】
深刻な人材不足を招いた“真犯人”は「手厚い失業手当」だった?
McDonald'sやAmazonが、人材採用の促進のために従業員の賃金を上げる取り組みを実施した。人材不足は時給制の仕事だけでなく、専門職の採用にも影響している。慢性的な人材不足の背景にあるものとは。(2021/6/18)

迫られる脱炭素対応、IT人材も強化 トヨタ株主総会
 トヨタ自動車は16日、愛知県豊田市の本社で定時株主総会を開いた。世界的な半導体不足の影響が自動車業界に広がる中、強固な調達網を生かして影響を最小限にとどめたトヨタ。豊田章男社長は「意志と情熱を持って行動する」と株主に宣言した。(2021/6/17)

360度評価は廃止、成果主義を徹底:
なぜ? ジョブ型とメンバーシップ型を「併用」──スタートアップだからこそ“時代を見据えた”制度設計
ジョブ型雇用と、メンバーシップ型雇用は、対立構造で語られることが多い。しかし、これらを併用している企業がある。「くらしのマーケット」を運営する、みんなのマーケット(東京都渋谷区)だ。その理由とは?(2021/6/16)

NEC、りそな、パーソル──“息切れしない”企業改革、大手3社に共通する「ヒト投資」
働き方改革、リモートワーク、DX化、インクルージョン&ダイバーシティ――変化の速い事業環境の中で、企業が取り組むべき課題は山積状態。疲弊して歩みを止めることなく、会社の活力を生み出すためにはどうすればいいのか。少なくない企業が、「ヒト投資」という答えに活路を見い出している。大手3社に、その施策を聞いた。(2021/6/16)

産業動向:
古河電工のエネルギーインフラ事業、2020年度はコロナの影響で営業利益は19億円の損失
古河電気工業が展開するエネルギーインフラ事業の2020年度実績は、新型コロナウイルス感染症の影響や新規材料の強化費用といった特殊要因が作用し、売上高は前年度割れの1009億円にとどまり、営業利益は19億円の損失となった。(2021/6/10)

注目の言葉:
「リスキリング」とは何か 有能な人材が欲しいなら、必要不可欠
新しいスキル・能力・知識を身につけていくことを指す「リスキリング」。これまでも「学び・学習(学び直し)」や「人材教育・人材育成」などがあったが、このタイミングでリスキリングに注目が集まるのはなぜか。(2021/6/9)

シニア層は外、若手層は内:
「シニア=無能」なのか? 多くの企業が導入する早期退職・シニア活用施策に潜む違和感の正体
多くの企業でシニア活用の機運が高まってきている。希望退職・早期退職のニュースも増えてきたが、そこには「年齢差別」が隠れていないだろうか。(2021/6/9)

“真実”を見抜く人事戦略(6):
「オンライン面接元年」対応できた企業は何が違った? 今後気を付けるべきことは?
“オンライン面接元年”であった2020年度を振り返りながら、オンライン面接ならではの問題点や、採用人事が今後工夫すべき点を解説します。(2021/6/10)

ブラックじゃないけどつらい:
“グレー職場”って何だ!?  社員の声から見る“あるある”風土とは?
働き方改革や法的な残業上限規制、コロナ禍によるリモートワークの導入など労働時間マネジメントが推進されていますが、ブラックと言われるほどひどくなくても、なんらかの問題を抱えている“グレーなもの”は職場単位では数多く存在しているのではないでしょうか。ここでは、ブラックではないけどホワイトになり切れない、グレー職場について迫ります。(2021/6/8)

半径300メートルのIT:
「テレワークあるある」を網羅 コロナ禍を経て改定された「テレワークセキュリティガイドライン」の最新版を読んでみた
総務省は「テレワークセキュリティガイドライン」の最新版である第5版を公開しました。コロナ禍を経てテレワークはもはや当たり前のものになりつつありますが、一部導入に踏み切れない企業があることも事実です。本稿は、同ガイドラインのポイントを解説します。(2021/6/8)

全部オンラインの企業に聞く:
新卒採用のオンライン化、デメリットも明らかに どう解決したのか
デジタルマーケティングを展開するメンバーズが、採用活動をフルオンライン化。どんなメリットとデメリットが分かったのか。(2021/6/4)

ショーケースが挑む:
チームで内定目指す「ワンチーム採用」とは? 昨年は“全員辞退”でも再チャレンジする理由
ショーケースが実施する「ワンチーム採用」では、プレゼンテーションに取り組むチーム全員に内定のオファーを出す。21卒では内定者全員から辞退されてしまったというが、なおもこの採用法を続けていくのはなぜなのか。(2021/6/4)

コロナ禍、就活生“明暗” デジタル人材は引く手あまた
2022年卒業予定の大学生らの就職活動は、6月1日に解禁される。学生に有利な「売り手市場」は陰るものの、人手不足に備えたい企業側の採用意欲は底堅い。一方で、コロナ禍で打撃を受けた業界は採用を絞る動きが目立ち、就活生の明暗が分かれそうだ。(2021/6/1)

隠れホワイト企業ランキング上位50社 3位「freee」、2位「日置電機」、1位は?
隠れホワイト企業ランキング上位50社。3位「freee」、2位「日置電機」。1位は?(2021/5/31)

コロナ禍、就活生“明暗” デジタル人材は引く手あまた
デジタル人材の採用が広がる一方、打撃を受けた観光、運輸などは採用を絞る動きが目立ち、就活生の明暗が分かれそうだ。(2021/5/31)

真実を見抜く人事戦略(5):
なぜあなたの会社は「内定辞退」が減らないのか? 効率の良い防止策、悪い防止策
内定辞退が多い会社の特徴はどこにあるのでしょうか。また、どうすれば解決できるのでしょうか。本記事では、内定辞退を防ぐための考え方を説明します。(2021/6/2)

ビジョナリーなのは? 1000万プレイヤーがいるのは?:
エンジニアが幸せになれるのはうちだ! 自社開発企業 vs. SIer ガチンコバトル
複雑怪奇なIT“業界”を解説する本連載。今回は、IT業界の2大勢力「自社開発企業」と「SIer」の中の人に、どちらのエンジニアがより幸せなのか、バチバチのバチバチで戦ってもらった。(2021/5/31)

りそなHD南昌宏社長インタビュー【後編】:
りそなHD南昌宏社長が語る「銀行の枠を超えるための組織改革」 異業種から人財を積極採用
りそなホールディングスがDXを積極的に導入して銀行改革を大胆に進めている。南昌宏りそなHD社長のインタビューをもとに、りそながデジタル時代を先導してどこに向かおうとしているのかをお届けする。後編では、5年後、10年後のりそな銀行の姿を探っていく。(2021/5/28)

平和酒造4代目が考える「個が立つ組織」【後編】:
マニュアル化で1年目から全員酒造り 日本酒「紀土」の平和酒蔵に大卒しかいない理由
日本酒を巡る時代の変化に対応し、ここ15年間で売り上げを2倍強に増やしたのが和歌山県海南市に本社を置く平和酒蔵だ。そんな平和酒蔵も実は先代まで、地元を中心に安酒を販売する酒蔵にすぎなかった。一体いかにして社内を改革し、世界的ブランドを得る企業へと押し上げたのか。その手法と戦略を山本典正社長に聞いた。(2021/5/27)

定年延長のリアル:
定年延長に向けた人事制度改革(4) シニア活用を推進しながら、組織の“若返り”も図る方法
シニア層の勤務時間が長くなると、組織の新陳代謝が悪くなる懸念もあります。シニア活用を推進しながら、組織の若返りを図るにはどうすればよいのでしょうか。企業の事例を紹介します。(2021/5/27)

コロナ禍における採用活動の実態調査 採用担当者1000人のホンネとは
採用担当者1094人に実施した「コロナ禍を含む直近3年程度における採用活動の実態に関する調査」。結果は?(2021/5/26)

コロナ禍で変化:
ヘッドハンターへの相談内容 2位「業界の将来が不安」、1位は?
先行き不透明なコロナ禍において、中途採用市場のヘッドハンター達にはどのような相談が寄せられているのか。転職サイトを運営するビズリーチが調査した。(2021/5/27)

宣言通り:
男性育休「皆無」→100%に 「休めば、給与が増える」中小企業の“逆転発想”
男性の育児休暇取得が「皆無」だったが、「男子育休100%宣言」を打ち出し、見事達成した会社がある。一体どんな工夫を凝らしたのか。(2021/5/26)

平和酒造4代目が考える「個が立つ組織」【前編】:
15年で売り上げ2倍 日本酒「紀土」の平和酒造社長が明かす「100円のパック酒から10万円の銘酒への転換」
日本酒を巡る時代の変化に対応し、ここ15年間で売り上げを2倍強に増やしたのが和歌山県海南市に本社を置く平和酒蔵だ。そんな平和酒蔵も実は先代まで、地元を中心に安酒を販売する酒蔵にすぎなかった。一体いかにして社内を改革し、世界的ブランドを得る企業へと押し上げたのか。その手法と戦略を山本典正社長に聞いた。(2021/5/26)

年代によって違い:
やはり「給与アップ」か? 35歳以上の転職軸
転職を考えている人は、軸をどこに置いているのだろうか。35歳以上のビジネスパーソンに聞いたところ……。(2021/5/24)

応募した企業数も調査:
「転職が決まらなかった理由」ランキング 3位「面接で失敗した」、2位「年齢が高い」、1位は?
転職経験がある人を対象に「転職が決まらない理由に関する意識調査」を実施。転職先が決まるまでに応募した企業数や、転職エージェントを使ったかどうかも質問した。(2021/5/21)

“真実”を見抜く人事戦略(4):
非モテ企業の“痛い勘違い” 採用人事はどう変わるべきか?
採用力が低く、候補者があまり集まらない「非モテ企業」は少なくありません。しかし、非モテ企業でありながらも、しっかりした採用を行い、業績を上げることは可能です。どのようなことに気を付け、採用に臨むべきでしょうか。(2021/5/21)

悪い例:
リモート上司が絶対にやってはいけない、“五月病”新入社員の対処法
いわゆる“五月病”になる新人が出てくるタイミングです。リモートワークを実施している職場では、メンバーの異変を察知する機会、時間が限定されてしまいます。どのように察知すればいいのでしょうか。(2021/5/20)

3年で2.4倍の売上高 ラクスのSaaS最強決算
国内SaaS領域で最高益を叩き出した企業がある。経費精算システム「楽楽精算」や電子請求書発行システム「楽楽明細」などのSaaSプロダクトを提供するラクスだ。5月13日に公表した2021年3月期決算発表では、売上高153億円(前年同期比32.6%増)、営業利益38億円(前年同期比232%増)と他社を圧倒する利益水準となった。(2021/5/18)

日本のAIビジネスは新局面へ向かうか、SOMPOとABEJAの資本提携が持つ意味
AI系のTechベンチャーとして注目を集めるABEJAが、損害保険大手SOMPOホールディングスと資本業務提携を発表した。両者の関係は日本のAIビジネスの新局面と見ることができる。(2021/5/19)

資生堂がDX推進の専門組織を設立、7月からアクセンチュアと合弁で
データ活用、クラウドシフト、DX人材獲得。日本企業のDX推進で必要となる3つの要素について、資生堂はアクセンチュアとの合弁会社を立ち上げて機動的に獲得する計画だ。専門の子会社を立ち上げてDX戦略実行を急ぐ。(2021/5/17)

新卒1万7000人が殺到する会社の心得:
入社後3カ月以内の超スピード退職、会社・人事は受け入れるしかないのか?
ゴールデンウイーク明けに「辞めたい」と言ってきた新入社員に、どう対処すべきか。引き留めてもいいのか、対応方法をお伝えします。(2021/5/15)

「doda」のデータ100万件を活用:
「評価は高いのに、マーケットより低給の社員」可視化で離職を防ぐ パーソル新サービス
パーソルキャリアとパーソル総合研究所は5月14日、自社とマーケットの報酬をグラフ化し比較する新サービス「サラリーズ」正式版の提供を発表した。業種、職種ごとに報酬レンジを可視化し、離職防止や組織の見直しにつなげるねらい。(2021/5/14)

2022年卒の大学生が“就職したいIT企業ランキング”発表 3位「富士通」、2位「楽天」 1位は?
就職活動情報サイト「楽天みん就」が、2022年卒業予定の学生を対象に調査した。(2021/5/13)

内閣官房IT総合戦略室が公式noteアカウント開設 民間人材やデジタル庁の事業を紹介
内閣官房IT総合戦略室(IT室)がコンテンツ配信サービス「note」で公式アカウントを立ち上げると発表した。デジタル庁の方針である透明性の一環。今後は事業紹介や民間人から採用された職員のインタビューなどを投稿予定。(2021/5/13)

製造マネジメントニュース:
NECは“特需”追い風に想定より減収幅縮小、2025年の中期経営計画も発表
NECは2021年5月12日、2020年度の決算と2025年度に向けた中期経営計画を発表した。「GIGAスクール構想」やリモートワークの推進が追い風となり想定より減収幅は縮小した。(2021/5/13)

スピン経済の歩き方:
市場は伸びていないのに、なぜ日本企業は「ムチャな数値目標」を掲げるのか
仕事の目標を設定する際、「ムチャな数値だなあ」と感じたことがある人も多いのでは。そんな「ブラック企業カルチャー」が広がりつつあるのではないか、と感じさせられる動きがある。どういうことかというと……。(2021/5/11)

新卒1万7000人が殺到する会社の心得:
約4人に1人が経験する「5月病」 新入社員の明暗を分ける、上司の対応とは?
この時期に増える5月病の対策とともに、新入社員のモチベーションの変化に気付く方法、上司の対応方法をお伝えします。(2021/5/11)

このままでは「落ちこぼれメガバンク」に?:
なぜ? トラブル続出のみずほ 「ワンみずほ」どころじゃない三竦みの権力構造
同じメガバンクの三菱UFJや三井住友と比較すると、トラブルの絶えないみずほ。筆者はその背景を、リーダーシップのなさだと指摘する。元をたどれば、合併時の権力争いに理由がありそうだ。(2021/5/11)

総務のための「オフィス」再考:
シェアオフィス、コワーケーション……「第3の働く場」賢い選び方
今回はオフィスから離れて、在宅でもない、サードプレース(第3の働く場)について、昨今の市場も考慮した、自社に適した賢い選び方、契約の仕方をご紹介します。(2021/5/11)

内定ブルーを解消せよ:
人事は近づきがたい存在? 内定承諾率が1年で25%アップした企業に聞く、コミュニケーションの極意
21年卒の内定受諾率を例年より約25%も上げた企業がある。ファッション系EC「SHOPLIST」を運営するCROOZ SHOPLISTだ。コロナ禍の社会不安により、複数の内定先を保持する学生が増えている中で、「選ばれる企業」になるための秘訣とは?(2021/5/10)

インターンに関する調査:
学生が興味のある仕事・職種 3位「総務・人事」、2位「営業・営業企画」、1位は?
学生にインターンシップに関する調査を行った。また、現時点で興味のある仕事・職種を聞いた。どんな傾向が見えてきたのか?(2021/5/8)

ファシリティマネジメント フォーラム 2021:
三菱地所のニューノーマル時代ワークプレース戦略、組織をつなぐハブ機能
三菱地所は、2018年1月に本社を東京都千代田区のオフィスビル「大手町ビルヂング」から同区内にあるオフィスビル「大手町パークビル」内の4フロアへ移転した。新オフィスは、フリーアドレスを採用しABW(Activity Based Working)に対応している他、コミュニケーションを取りやすい環境を構築し、組織をつなぐハブとしての機能を高めている。新本社で、現在も続いているワークプレース戦略は、オフィス勤務とリモートのハイブリッドスタイルなど、afterコロナ後の働く場所の在り方をも例示している。(2021/5/10)

21年3月期:
ワールド、最終赤字171億円 家ナカ需要への対応遅れ「大きく舵を切れず」苦戦
アパレル大手のワールドが2021年3月期通期の連結業績を発表。純損益は171億円の赤字(前期は80億円の黒字)に転落。コロナ禍での店舗休業、外出着需要の減少が影響した。(2021/5/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。