ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「モバイルGmail」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「モバイルGmail」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

今すぐ使えるケータイレシピ:
第38回 iPhone活用Tips(2)――効率よく文字、絵文字、顔文字を入力する
ケータイの「何となく知っていたけど使っていない」機能や、「実はこんな使い方もある」という活用法を取り上げる本コーナー。今回はiPhoneの文字入力機能を取り上げる。(2010/1/28)

今すぐ使えるケータイレシピ:
第37回 iPhone活用Tips(1)――バッテリーの寿命を延ばす12の方法
ケータイの「何となく知っていたけど使っていない」機能や、「実はこんな使い方もある」という活用法を取り上げる本コーナー。今回から数回に渡り、iPhoneの活用術を解説していく。(2010/1/12)

今すぐ使えるケータイレシピ:
第36回 お手軽検索から情報収集まで――無料で使えるオンライン辞書
ケータイの「何となく知っていたけど使っていない」機能や、「実はこんな使い方もある」という活用法を取り上げる本コーナー。第36回では、ケータイ向けに提供されている、4つの無料オンライン辞書を紹介する。(2009/10/27)

今すぐ使えるケータイレシピ:
第35回 内蔵辞書で簡単に調べ物――本格的な辞書を備えたメーカーは?
ケータイの「何となく知っていたけど使っていない」機能や、「実はこんな使い方もある」という活用法を取り上げる本コーナー。第35回では、メーカーごとの違いも含めた「内蔵辞書」について解説する。(2009/10/14)

今すぐ使えるケータイレシピ:
第34回 NAVITIMEだけじゃない、ゼンリンの「いつもNAVI」もPC連携できる
ケータイの「何となく知っていたけど使っていない」機能や、「実はこんな使い方もある」という活用法を取り上げる本コーナー。第34回ではゼンリンのナビアプリを利用したPCとケータイの連携機能を取り上げる。(2009/9/30)

今すぐ使えるケータイレシピ:
第33回 PC連携で素早くルート案内――「EZナビウォーク」「NAVITIME」
ケータイの「何となく知っていたけど使っていない」機能や、「実はこんな使い方もある」という活用法を取り上げる本コーナー。第33回では、ナビアプリ(サービス)で調べた地点やルート情報を、ケータイとPCで共有する方法を紹介する。(2009/9/15)

今すぐ使えるケータイレシピ:
第32回 無料だけど高性能――ナビ+情報収集に「モバイルGoogleマップ」「iGoogle」を活用
ケータイの「何となく知っていたけど使っていない」機能や、「実はこんな使い方もある」という活用法を取り上げる本コーナー。第32回では、高性能な「モバイルGoogleマップ」アプリと、Googleのトップ画面をカスタマイズできる「iGoogle」の携帯版について解説する。(2009/9/1)

今すぐ使えるケータイレシピ:
第31回 絞っても広げても優秀――「Google モバイル」の検索機能
ケータイの「何となく知っていたけど使っていない」機能や、「実はこんな使い方もある」という活用法を取り上げる本コーナー。第31回では、Googleのケータイ向けサービス「Google モバイル」の中から検索機能を取り上げる。(2009/8/19)

今すぐ使えるケータイレシピ:
第30回 「はてブ」を使ってケータイとiPhoneで手軽に情報収集をする
ケータイの「何となく知っていたけど使っていない」機能や、「実はこんな使い方もある」という活用法を取り上げる本コーナー。第30回では、ソーシャルブックマーク「はてなブックマーク」を使ってケータイやiPhoneで情報収集する方法について取り上げる。(2009/8/4)

今すぐ使えるケータイレシピ:
第29回 PCとも簡単に連携――ケータイ向けRSSリーダー「ECReal Reader」を使う
ケータイの「何となく知っていたけど使っていない」機能や、「実はこんな使い方もある」という活用法を取り上げる本コーナー。第29回では、Webサイトの新着情報を手軽に収集できる「RSSリーダー」について取り上げる。(2009/7/21)

今すぐ使えるケータイレシピ:
第28回 「ウィジェット」や「ガジェット」を活用して素早くググる
ケータイの「何となく知っていたけど使っていない」機能や、「実はこんな使い方もある」という活用法を取り上げる本コーナー。第28回では、待受画面から簡単な操作で検索サービスを利用できる「ウィジェット」を取り上げる。(2009/7/8)

今すぐ使えるケータイレシピ:
第27回 Webサイトにアクセスせずに“ググる”方法
ケータイの「何となく知っていたけど使っていない」機能や、「実はこんな使い方もある」という活用法を取り上げる本コーナー。第27回では、ケータイで素早くWebサイトを検索する方法を解説する。(2009/6/24)

今すぐ使えるケータイレシピ:
第26回 “ブックマーク”ではなく“特定のサイト”をショートカットに設定する方法
ケータイの「何となく知っていたけど使っていない」機能や、「実はこんな使い方もある」という活用法を取り上げる本コーナー。第26回では、目当てのWebサイトに素早くアクセスする方法を取り上げる。(2009/6/10)

今すぐ使えるケータイレシピ:
第25回 時間指定メールを活用する――「アトdeメール」「タイマーメール」
ケータイの「何となく知っていたけど使っていない」機能や、「実はこんな使い方もある」という活用法を取り上げる本コーナー。第25回では、時間を指定してメールを送信するサービスを取り上げる。(2009/5/13)

今すぐ使えるケータイレシピ:
第24回 記号や絵文字、顔文字を素早く入力する――“読み”と“予測変換”を活用
ケータイの「何となく知っていたけど使っていない」機能や、「実はこんな使い方もある」という活用法を取り上げる本コーナー。第24回では、記号や絵文字、顔文字を簡単に入力する方法を紹介する。(2009/4/28)

今すぐ使えるケータイレシピ:
第23回 変換や消去を「なかったこと」にする――UNDO機能、履歴削除
ケータイの「何となく知っていたけど使っていない」機能や、「実はこんな使い方もある」という活用法を取り上げる本コーナー。第23回では、文字入力時の操作をやり直すUNDO機能や、変換履歴やクリップボードをリセットまたは個別に削除する方法を解説する。(2009/4/14)

今すぐ使えるケータイレシピ:
第22回 “引用”と“ショートカット”で英数入力やコピペを短縮する
ケータイの「何となく知っていたけど使っていない」機能や、「実はこんな使い方もある」という活用法を取り上げる本コーナー。第22回では、電話番号やメールアドレスを簡単に入力する方法や、文字入力時の操作を短縮するショートカットについて説明する。(2009/4/2)

今すぐ使えるケータイレシピ:
第21回 「ユーザー辞書」と「ダウンロード辞書」を活用して変換操作を短縮する
ケータイの「何となく知っていたけど使っていない」機能や、「実はこんな使い方もある」という活用法を取り上げる本コーナー。第21回では、一発変換できない固有名詞や専門用語を簡単に変換する方法を紹介する。(2009/3/25)

今すぐ使えるケータイレシピ:
第20回 Gmail専用アプリ「EViS」を使って“Webメールの弱点”を解消する
ケータイの「何となく知っていたけど使っていない」機能や、「実はこんな使い方もある」という活用法を取り上げる本コーナー。第20回では、ケータイで快適にGmailを利用できるアプリ「EViS(エビス)」を紹介する。(2009/3/18)

Mobile Weekly Top10:
“セブン”が3月18日で最終回
約1年にわたってテレビ東京で放送されてきた、“歩くケータイ”が主人公のドラマ「ケータイ捜査官7」が、いよいよ3月18日に最終回を迎える。(2009/3/17)

今すぐ使えるケータイレシピ:
第19回 「モバイルGmail」を使ってPCメールをケータイで利用する
ケータイの「何となく知っていたけど使っていない」機能や、「実はこんな使い方もある」という活用法を取り上げる本コーナー。第19回では、PCメールをケータイで確認する方法として「モバイルGmail」を紹介する。(2009/3/10)

今すぐ使えるケータイレシピ:
第18回 集合場所は“地図メール”で通知する
ケータイの「何となく知っていたけど使っていない」機能や、「実はこんな使い方もある」という活用法を取り上げる本コーナー。第18回では、集合場所や現在地を教えるのに便利な「地図メール」の活用方法を説明する。(2009/3/3)

携帯向けGmailがオフライン対応に
Googleの「Gmail for mobile 2.0」では、オフラインでメールの作成や受信メールの閲覧ができるようになった。(2008/10/24)

「Cyber-shotケータイ W61S」の“ここ”が知りたい(1):
内蔵フォントはどこまでキレイ?――「Cyber-shotケータイ W61S」
カメラ機能に目がいく「Cyber-shotケータイ W61S」だが、KCP+を採用したソニー・エリクソン製の“ほぼ全部入り”モデルという点でも注目が集まっている。まずは、どこまでVGAフォントに対応しているのかをチェックした。(2008/5/23)

Gmailで絵文字送信 モバイル版が対応
モバイルGmailが絵文字送信に対応した。ドコモ、au、ソフトバンクが提供する絵文字を入力し、携帯電話などに送信できる。(2008/1/28)

“想い出”でユーザーを囲い込む──「au one メール」の狙い
au one メールを使い始めて2〜3年もすると、auをやめられなくなってしまうかもしれない。(2007/8/2)

au one メールは「一生つきあえる100年メール」──KDDIの高橋氏
Googleとの提携により、Gmailをauのメールサービス「au one メール」として提供するKDDI。同社コンシューマ事業統括部長の高橋誠氏は、EZメールはリアルタイム用途で、au one メールはアーカイブ型の「一生つきあえる100年メール」として利用できると説明する。(2007/7/30)

読者から見たBiz.ID:
モバイルGmailでもできる「スレッドの全文表示」
グーグルは4月10日に、Gmailを携帯電話から閲覧できる「モバイルGmail」の提供を発表しました。早速使ってみた人たちはどんな感想を持ったのでしょうか。また、初心者がつまづきやすいポイントについて解説します。(2007/4/18)

4月7日〜4月13日:
5分で分かる、今週のモバイル事情
WILLCOM FORUM & EXPO 2007が開催された今週は、ウィルコムのトピックが目白押し。喜久川社長を始めとするキーパーソンが、PHSの強みをアピールした。(2007/4/13)

モバイルGmail“正式版”でできること、できないこと
Gmailを携帯電話から閲覧できる「モバイルGmail」では、PDFやWord、画像などメールに添付されたファイルも携帯から内容を確認できる。ただし、携帯から読めるファイル形式や画像のサイズには制限があるので気をつけよう。(2007/4/11)

モバイルGmail登場:
次のフェーズで“携帯からのみアクセス”するユーザーも視野に──グーグルの徳生氏
グーグルは4月10日、同社のメールサービス「Gmail」を携帯電話による閲覧に最適化した「モバイルGmail」を提供開始した。今後は、携帯ユーザーの約23%を占める“携帯のみのユーザー”にフォーカスしたサービスも提供したい考え。(2007/4/10)

携帯でも使えるGmail 「モバイルGmail」開始
グーグルは、無料Webメールサービス“Gmail”が携帯でも使える「モバイルGmail」を開始した。(2007/4/10)

読者から見たBiz.ID:
「メールでブログ更新」ができる日本語サービスはどこに?
メールでブログに投稿できるという「BlogMailr」は日本語が文字化けしてしまうようですが、同様の国産サービスがあることも分かりました。(2006/11/16)

携帯版Gmail、実は正式対応ではなかった!?
11月8日未明に伝えた「モバイルGmail」だが、実は正式対応ではなかった――。Googleによれば、「現時点ではNTTドコモやソフトバンクの端末で利用できないため、正式発表を保留していた」という。(2006/11/8)

Gmailが国内でもau携帯電話に対応、ドコモとソフトバンクは利用できず
Gmailが、国内でもau端末のWebブラウザで利用できるようになった。一度ログインすれば、アカウントとパスワードの入力が不要になるなど、携帯電話でも便利に利用できるのが特徴だ。(2006/11/8)

神尾寿の時事日想:
法人・個人両方に大きな可能性を持つ“携帯版Gmailアプリ”
高精度でスパムメールを排除し、メールデータベースとしても使えるGmailの携帯向けアプリが、米国で利用できるようになった。日本でもGmailを携帯から使えるようになれば、携帯メールの使い勝手や用途は、大きく変化するはずだ。(2006/11/6)

Google、携帯対応Gmailソフトをリリース
Googleが、Gmailの携帯対応版を提供開始した。これまでのブラウザ経由の閲覧に比べ、より速くGmailにアクセスでき、添付ファイル表示やPC版との同期など、機能も充実した。(2006/11/3)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。