ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  3

「3D酔い」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「3D酔い」に関する情報が集まったページです。

Steamオータムセールで「傑作『Portal』60円」の衝撃再び 続編とセットなら90円でとうとう実質45円に
Twitterで話題となり、「100円落としたと思って買え」と激しく推されています。(2019/11/27)

組み込み開発ニュース:
VRの3D酔いを解消、最新のディスプレイプロセッサIPを発表
Armは、ヘッドマウントディスプレイのVR性能を向上させたディスプレイプロセッサIP「Arm Mali-D77」を発表。3D酔いの解消、3K120への最適化とともに、システムの帯域幅と消費電力の低減により、没入感の高いVR体験を提供する。(2019/6/12)

VR:
Web上で不動産物件の“ウォークスルー”体験を可能にするVR内覧、LIRが全支店に導入
不動産仲介・販売企業のリストインターナショナルリアルティ(LIR)は、VR内覧システム「マーターポート3Dリアリティーキャプチャープラットフォーム」を2019年1月から全支店で導入した。現在は扱う物件のうち、60件でVRシステムを導入。Webブラウザ上やスマートグラスなどで、部屋の隅々までリアリティーある仮想空間上で確認することができる。(2019/1/30)

「カメラを止めるな!」の手ブレ酔いを止めろ!
人気急上昇中の映画「カメラを止めるな!」だが、「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」や「クローバーフィールド」の手ブレが苦手だった人は対策を用意しておいたほうがいいかもしれない。(2018/8/13)

月刊乗り鉄話題(2018年7月版):
「NOSTALGIC TRAIN」でバーチャルな乗り鉄を楽しもう これ、涙が出るほど懐かしい……
なぜこんなにも「懐かしい」のか……作者さんにインタビュー。こんな乗り鉄の楽しみ方もいかがでしょう。(2018/7/20)

VRを悪用すれば「相手を洗脳できる」「数千人を嘔吐させられる」 「サマーレッスン」開発者がリスク指摘
「サマーレッスン」開発者の原田勝弘さんが、政府のサイバーセキュリティ啓発イベントでVR技術に潜むリスクを説明。ユーザーを嘔吐させたり、洗脳したりできる可能性があるという。(2017/3/6)

建設×VR:
いまさら聞けないVRの基礎ーー2D/3Dとの関係性
建築土木分野での活用が広がっているVR(バーチャルリアリティ)技術。一方、そもそものVRのやHMD(ヘッドマウントディスプレイ)の仕組み、これらを活用してくいく上での注意点などについては、意外と知られていないのではないだろうか。本稿ではこうしたVRの基礎的な部分について解説する。(2016/11/10)

低年齢層がVRをプレイすると斜視になる危険性? PS VRのソニーと生理学の権威に見解を聞いた
PS VRの対象年齢は12歳以上に設定されています。(2016/10/22)

製造業VR開発最前線(前編):
「VR=仮想現実感」は誤訳!? VRの定義、「製造業VR」の現状と課題
製造業VR開発最前線 前編では、VRやAR、MRの概要、製造業向けVRの他の分野のVRとは異なる特徴、これまでの状況などを説明する。(2016/8/30)

VRでトレーニングする「電動車いす」 “公共の場”を再現した練習も可能に
(2016/8/2)

石井英男の「週刊Gear VR」(第2回):
無料とは思えない完成度! “スペハリ”と“Rez”を足して2で割ったようなVRシューティングゲーム「Smash Hit」
GALAXYスマートフォンと組み合わせて気軽に本格VRが楽しめる「Gear VR」。本連載では、Gear VRでどんなアプリが楽しめるのかを毎週紹介していく。第2回目は、シューティングゲームの「Smash Hit」を紹介する。(2016/5/15)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
四国に8Kの未来を見た――完全固定カメラの舞台映像がすごい
「スーパーハイビジョン」として着々と開発が進む8K。今年のリオデジャネイロオリンピックでは各地で8K方式のパブリックビューイングも予定されているが、一方で麻倉怜士氏は「8Kと舞台映像は相性が抜群」という。愛媛県にある「坊っちゃん劇場」が示した8Kの可能性とは?(2016/5/11)

常に考えているのは「いかに気持ちよく悔しがらせるか」―― 打越鋼太郎×加藤隆生「脱出ゲーム」極限対談【PR】
「ZERO ESCAPE 刻のジレンマ」発売記念、打越鋼太郎 × 加藤隆生 極限対談 「脱出×リアル脱出」編。(2016/5/19)

医療技術ニュース:
映像に酔うと右脳と左脳の活動の相関が低下
京都大学は、映像に酔うと、映像の動きを検出する脳部位(MT+野)の活動が右脳と左脳で乖離(かいり)するという現象を、脳機能イメージングを用いて発見した。車酔いや船酔いなどの動揺病が生じる仕組みの理解につながることが期待できるという。(2015/6/11)

“3D酔い”なぜ起きる? 脳活動の「左右差」、京大など解明
3D映像などを見て“映像酔い”が起きる際、映像の動きを検出する脳の活動が、右脳と左脳の間で乖離する現象を、京大などの研究グループが発見した。(2015/5/26)

世代交代でスコア2倍に:
AMD、DirectX 12時代に威力を発揮する「Async Shaders」を日本でアピール
「Mantle」に「OMEGA」、「FreeSync」、そして「Async Shaders」とソフトウェアによる性能強化を図るAMDが、その概要を解説した。(2015/4/1)

2つのデバイスで新しい世界を体感:
PR:「Leap Motion」が「Oculus Rift」の“目”になる! 新体験を生み出すVRアプリケーション開発
「Oculus Rift」をかぶると、目の前に仮想空間が広がり、よりコンテンツに入り込んだ体験ができます。これに入力装置としての「Leap Motion」を組み合わせることで、リアリティある仮想空間を作ることが可能です。(2015/3/2)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(3):
老舗が生んだ革新、“全天球カメラ”誕生の舞台裏
“360度の空間を撮影するカメラ”として新たな市場を切り開くリコーの全天球カメラ「RICOH THETA」。そのアイデアはどこから生まれ、そしてそれを形にするにはどんな苦労があったのだろうか。革新製品の生まれた舞台裏を小寺信良氏が伝える。(2015/2/24)

ゲーム嫌いも知っておきたい3D CG/VRのエンタープライズ活用事例〜Unity Solution Conference 2014まとめ
ゲーム開発で有名なUnity。医療や建築、ヘルスケア、観光などゲーム以外の活用事例をイベントリポートでお届けする。(2014/12/25)

錯覚とインターフェースの可能性(1):
目をだます方法――触覚と認知の広がりを考える
 ユーザー参加型の学会として発足し、毎回数万人規模の視聴者を集める。2013年12月21日ニコファーレで行われた「ニコニコ学会β」第5回シンポジウム。本稿では全体のハイライトとなった人間の感覚に注目したセッションを紹介する。(2014/2/14)

ミクさんが実在する世界:
観測せよ、世界はそこにある! Oculus Riftで人の作りし「世界」へ
現実を忘れるOculus Riftの魅力。あざといなさすがLat式あざとい。(2014/1/23)

PR:デジカメ動画の撮りっぱなしに No!―― 「PowerDirector」でデジカメ120%活用
最近のデジカメならばフルHD動画の撮影は当たり前。しかし、せっかく撮影した動画がPCの中で死蔵されていないだろうか? そんな動画を簡単に編集して、活用するための最適なソフトがある。それがサイバーリンクの「PowerDirector」だ。(2012/11/22)

日々是遊戯:
ゲームの「3D酔い」はなぜ起こる? 症状軽減には「酔い止め薬」が有効と専門家
ゲームは好き、でも3Dゲームで遊ぶとすぐに酔ってしまう――。ゲームの「3D酔い」に果たして治療法はあるのでしょうか。(2011/12/22)

デジモノ家電を読み解くキーワード:
専用メガネ不要の3Dテレビの技術「インテグラルイメージング」
「映画館で味わった興奮を自宅でも」と思うけれど、どうもあのメガネが……と、専用メガネ不要の裸眼式3Dテレビを待っていた消費者は多いはず。今回は、先日発表された東芝グラスレス3Dレグザに採用されている技術「インテグラルイメージング」について解説する。(2010/10/7)

スマホやタブレットに搭載:
“3D酔い”を防ぐ高品質な3Dコンテンツを作成――Movidiusの「Myriad 3D」
Movidiusが発表した携帯端末向けのビデオプラットフォーム「Myriad 3D」を採用すると、高品質な3D画像や映像を作成できるようになる。Myriad 3Dはモバイルの世界に何をもたらすのか。同社CEOのショーン・ミッチェル氏が説明した。(2010/9/30)

Display 2010:
グーグルアースも3Dディスプレイで見る時代に?
最新のディスプレイ技術を集めた「国際フラットパネルディスプレイ展」(Display 2010)が開幕した。今話題の3Dディスプレイでは、大手テレビメーカー製品の弱点を克服する技術に注目が集まった。(2010/4/14)

「ラブプラス」とどっちが大事?
それはそれ、これはこれ! どっちも大事!(2009/9/16)

日々是遊戯:
酔わない人には分からない「3D酔い」のツラさ――克服する方法は?
「3Dのゲームで遊ぶと酔ってしまう」という人、いませんか? そんな「3D酔い」の克服方法、教えます。(2009/9/10)

カジュアル系フライトシューティング「G2 -Guns Gunner-」入隊リポート
7月1日からの正式サービスを予定しているNHN Japanがのカジュアル系フライトシューティング「G2 -Guns Gunner-」を体験してみた。(2009/5/15)

再スタートを切る「ペーパーマン」にゲーム性を高める3つの新要素を導入
サービス再開が発表されたオンラインカジュアルFPS「ペーパーマン」。運営がサイカンゲームズからゲームポットに移る伴い、新たに実装される3つの要素を紹介していく。(2008/12/1)

東京ゲームショウ2008:
子どもから大人まで楽しめるぬりえアクションゲームの魅力を聞く――「ブロブ:カラフルなきぼう」インタビュー
11月13日にWiiで発売される「ブロブ:カラフルなきぼう」は絵の具やペンキをぶちまけるように真っ白な街をカラフルに染め上げる感覚が楽しいぬりえアクションゲーム。開発会社のBlue Tongueプロデューサーであるニック・ハガー氏に聞いてきた。(2008/10/15)

本山由樹子の新作劇場:
主観映像によるゾンビ系映画――「REC/レック」
何かに感染し、凶暴化した人が人を襲う。続編とハリウッド・リメイクも決定したスペイン産のパニック・ホラー。(2008/10/14)

「アンリアル トーナメント 3」レビュー:
FPSの対戦プレイを堪能してみたい人にオススメのスタンダードタイトル
世界最高水準のスポーツ系FPS、ついに日本登場。PS3とXbox 360で同時発売された「アンリアル トーナメント 3」のインプレッションをお届け。(2008/9/25)

EIZOのゲーム画質に酔いしれる:
PR:ゲイムマンの「FlexScan HD2452W」が大好きだ!?
ITmedia +D Gamesの人気連載「レトロゲームが大好きだ」でおなじみのゲイムマンがEIZOチャンネルに初参戦。ゲームに最適なワイド液晶ディスプレイが発売されたとの情報を入手し、その実力を試すために乗り込んできた!(2008/6/30)

新米兵士のためのFPS・TPS上達マニュアル:
戦場で生き延びるために――「コールオブデューティ4」編
日本でもさまざまなタイトルが発売されるようになってきたFPSやTPS。1人プレイではヒーローになれるけれど、オンラインではただの的……。そんな状況から抜け出したい! というあなたへ贈る、FPS・TPS未経験者、初心者のための上達マニュアル、連載スタート。(2008/6/12)

「オレンジボックス」レビュー:
FPSファンはこれを遊ばなきゃモグリ!――傑作FPSが5本も遊べてお得
FPSに多大な影響を与えた「ハーフライフ2」をはじめ、FPS作品が5本パックになった作品が登場。どの作品もボリュームたっぷり、これだけで相当長時間遊べることは間違いナシだ。(2008/5/30)

「Halo 3」レビュー:
Xbox 360の真打ちタイトル「Halo 3」ついに登場、そしてシリーズ完結へ
全世界が待ちわびた、FPS(一人称視点のシューティングゲーム)最高傑作「Halo 3」がついにリリース。その魅力とは? 特にネットワークプレイを重点的に紹介する。(2007/10/17)

「任天堂カンファレンス 2007.秋」:
“ゲーム人口の拡大”戦略は第3のステップへ――任天堂岩田社長
「Wii Ware」や「WiiFit」の発売、新「Wiiチャンネル」の追加や、初心者と熟練者の壁を取り払う施策など……。任天堂が取る“ゲーム人口の拡大”戦略は次のステップへ進む。(2007/10/10)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その14):
ステレオタイプな欧米ユーザー嗜好
国やエリアによってユーザーの好みは違うもの。あくまでも今回のキーワードは「ステレオタイプ」。現在の市場ではどんなものがウケてるのか? 北米との比較で日本のゲーム市場が見えてくるかもしれないのでよろしこ。(2007/8/20)

Nintendo roundtable:
今回の「マリオ」では長年の研究成果が結実している――宮本茂氏編
青沼氏に引き続き行われた任天堂のラウンドテーブルにおいて、「スーパーマリオギャラクシー」について宮本茂氏がその魅力を説く。デモンストレーションも行われたのだが、その腕前は……?(2007/7/13)

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:
「F-ZERO」のスピードと浮遊感を体感しよう!
新しいゲーム機の登場初期にはたいてい、そのゲーム機の性能を分かりやすく示す、レースゲームが発売されます。「F-ZERO」(任天堂)もスーパーファミコンの拡大・縮小・回転機能を、分かりやすくアピールするゲームとなりました。(2007/5/7)

「Gears of War」レビュー:
世界が驚愕した「その日」が日本にやってきた
全世界で280万本を売り上げたモンスタータイトルがついに日本でも発売となった。濃厚な「洋ゲー」の香り漂うZレーティングの世界へ、あなたは踏み込めるか?(2007/1/26)

東京ゲームショウ2006:
人間撃っちゃダメです! 敵を撃って、敵を!――「RESISTANCE 〜人類没落の日〜」
プレイステーション 3とともに11月11日に発売を予定している「RESISTANCE 〜人類没落の日〜」をプレイしてきた。今回試したのはシングルプレイのみだったが、オンラインプレイも楽しみで、見た目にも美麗な本格的FPSだ。(2006/9/25)

PR:応答速度2msを実現した“Gaming”液晶ディスプレイ――BenQ「FP93GX」
3Dゲームや動画再生時の残像は液晶ディスプレイの避けて通れない宿命だ。BenQの19インチ液晶ディスプレイ「FP93GX」は、2msという応答速度を武器にその常識に挑戦する。(2006/9/13)

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:
ムームー星人の悲哀「ジャンピングフラッシュ!」
初期のプレイステーションには、次世代ゲーム機競争を勝ち抜いたあととは違った、独特の雰囲気が漂っていたように思います。今回はそんな時代のヒット作「ジャンピングフラッシュ!」を取り上げてみました。(2006/2/7)

CEDEC 2005リポート:
“ゲームは有害だ”と言うだけでは社会的にも停滞感が生まれてしまう
開催中の「CEDEC 2005」にて、シリアスゲームジャパンコーディネーターの藤本徹氏によるセッション「シリアスゲーム研究・開発の最新動向」が行われた。「ゲームと犯罪」の関係性が深く追求される昨今、“社会利用できるゲームだってある”ということを声を大にして叫びたい。(2005/8/29)

「グランディアIII」 〜グランディアという名の躍動感〜
スクウェア・エニックスが贈るこの夏イチバンの大冒険活劇「グランディアIII」が満を持してPS2に登場です。この夏何をやり込もうかと迷っているRPG好きな貴方や貴女! 主人公ユウキとともに大陸を目指して空を駆けてみませんか?(2005/8/4)

子供心に夢見た「スカウター」――大人になっても夢見た「モノクル」
マンガを見ていたりゲームをプレイしていると、心惹かれるアイテムを目にすることがたびたびある。そんななかでも今回は、誰もが注目してしまう近未来機器を紹介しよう。(2005/4/20)

ダダダダダダ、ドドドドドド、うわぁぁぁぁ――「Halo 2」プレス先行体験会に行ってきました
全世界で約500万本を売り上げたという「Halo」の続編、「Halo 2」が11月11日に発売される。それに先駆けて「プレス先行体験会」がパイオニア本社で開催された。大画面5.1chサラウンドでのHalo 2、少し酔いました。(2004/11/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。