ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「マイナビ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

2011年10月1日、「毎日コミュニケーションズ」から社名変更

「マイナビ」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

「もうじき溶けきる入浴剤」「バターをのばすほど深まる食パンの穴」 日常の“あるある”を再現する工作本『ヘンテコねんど教室』が登場
ほかにも、「トウモロコシのはじっこ」や、「雑に脱いで輪ゴムみたいになった水着」などの作り方が分かりやすく解説されています。(2020/10/20)

「待ち」ではない採用を:
内定者が採用活動を担当? コロナ禍で激変する新卒採用の形、リファラル採用の新潮流
人事業務の大きな負担である「採用」業務。特にコロナ禍によって、新卒採用にも変化の機運が高まっている。そんな中で、リファラル採用を活用するのも一つの手だ。内定者とともに、次年度の新卒採用をリファラル採用で行うケースも出てきている。(2020/10/20)

マイナビ調査:
既卒学生の内定率34.4%、現役生と格差拡大――コロナ禍で就活後ろ倒し影響
既卒者の内定率は34.4%、コロナ禍で前年より減少。特に現役生との格差が拡大。採用活動の後ろ倒しが響く。(2020/10/15)

マイナビ調査:
今年の新入社員の半数「10年以内に退職」――終身雇用志向の薄れ鮮明に
今年の新入社員の半数が「10年以内に退職したい」。終身雇用志向の薄れが鮮明に。会社のコロナ対応に不満感じる人は2割。(2020/9/24)

「コネ採用」との違いは?:
人事を「採用業務」から解放する? 一石二鳥のリファラル採用、成功のカギ
人事業務の大きな負担である「採用」業務。効率化するには、リファラル採用も一つの手だ。コネ採用と混同されがちだが、違いはどこにあるのか。そして、成功のカギは? リファラル採用サービスを提供するMyReferの鈴木貴史社長が解説する。(2020/9/17)

北九州市、オンラインシフトの挑戦:
PR:「V-CUBE」活用で地元就職を活性化 ノウハウがなかったオンライン企業説明会を地方自治体はどう成功させた?
(2020/9/18)

SHOWROOMとマイナビが資本業務提携 コロナ下の人材事業に動画活用
SHOWROOMとマイナビが資本業務提携。SHOWROOMのライブ配信技術とマイナビの採用ビジネスを結びつけ、コロナ下での新たなビジネスモデルを構築する。(2020/9/9)

これからのブランディングとSNS【後編】:
ブランディングとSNSは切り離せない――山口義宏氏×いいたかゆうた氏対談
ブランドとは、消費者の頭の中に形成される抽象的な価値と記号が結び付いたもの。ブランディングとはそれを実現するための行為全般を指す。ブランディングのためのコミュニケーションで重要度を増すのがSNSだ。(2020/9/8)

アンミカ、丸山桂里奈&本並健治との2019年の会食写真を公開 「付き合ったらええのに!」自身の“お節介お見合いオバちゃんトーク”を回顧
お似合いの2人。(2020/9/6)

「これからのブランディングとSNS」を語る【前編】:
山口義宏×いいたかゆうた コロナ後の世界でブランディングが重要性を増す理由
SNSが台頭し、消費者行動が変化し続ける今、ブランド設計の正攻法も変わりつつある。これからのブランディングはどうあるべきか。(2020/9/1)

キャリアニュース:
派遣社員の同一労働同一賃金、認知度は8割、内容まで理解は4割
マイナビは「2020年 派遣社員の意識・就労実態調査」の結果を発表した。2020年に開始した同一労働同一賃金について、認知度は約8割だったが、内容まで理解している人は4割程度にとどまった。(2020/8/17)

スピン経済の歩き方:
「新人は白シャツ」「ツーブロック禁止」 会社や学校で、“謎ルール”が存在している事情
会社で「新人は白シャツ強制」、学校で「ツーブロック禁止」――。日本の会社や学校で、意味不明な“謎ルール”が存在しているが、なぜ昭和的な発想がいまもはびこっているのか。筆者の窪田氏はこのように見ていて……。(2020/7/21)

非デザイナーも知っておきたいデザインの話(2):
デザインで迷ったときに知っておきたい「良いデザイン」と「悪いデザイン」の見分け方
今日から使えるデザインに関する知識をあれこれ紹介する本連載。第2回は、ロゴデザインの目的、レイアウトの基本原則、効果的な配色、書体選びの判断基準について。(2020/7/6)

ロスジェネ女子の就職サバイバル:
「早すぎたリケジョ」が氷河期に味わったジレンマ――“ダイバーシティー無き企業社会”は変われたか
ロスジェネ女子、中でも当時のある「早すぎたリケジョ」。「理系で有利」どころか就職、結婚などで強烈な不利に。「ダイバーシティー」が皆無だった時代とは。(2020/6/19)

就活は、収入は…コロナ禍がもたらした変化とは アンケートで見える不安と覚悟
新型コロナウイルス感染拡大で世の中はすっかり変わるらしい。さまざまな企業が、さまざまな分野でインターネットアンケートを実施し、結果を公表している。拾い読みするだけでも、世間の気分が少し見えてくる。(2020/5/20)

就活生がWeb面接で“ギガ不足”に? 約3割が通信量に「上限あり」の回線を使用 PC使わない人も
マイナビが、2021年卒業予定の学生の就職活動を調査した。新型コロナウイルスの影響でオンラインの説明会や面接が増える中、33.1%の学生が、月間の通信容量に上限のある環境で就職活動を行っているという。(2020/5/15)

“苦肉の策”だったオンライン就活、接触機会増や交通費削減など好評に
新型コロナウイルス感染症の影響で就職、採用活動もオンライン化が進んでいる。当初は苦肉の策として取り入れられていたが、学生との接触機会増や交通費の削減など利点を感じている企業も出てきている。(2020/5/8)

気付かないうちに就活失敗も Web面接は通信、目線、雑音に注意
新型コロナウイルス感染症の予防のため、Web面接を行う場面が増えている。就職活動解禁から2カ月たち、「通信が不安定でアピールができない」「目線が合わない」「雑音が入っている」などの理由で、気付かないうちに就活に失敗してしまうケースも出てきている。(2020/5/1)

2021年卒大学生就職企業人気ランキング 文系・理系の1位は?
マイナビは日本経済新聞社と共同で、2021年卒業の学生3万630人を対象とした「マイナビ・日経 2021年卒大学生就職企業人気ランキング」を実施し、文系と理系の各上位100社を発表した。(2020/4/15)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(64):
新社会人にささげる、超不安定時代の「安定」とは
4月になりました。新社会人の皆さんの中には「安定した気持ちで働きたい」と思っている人も多いと思います。でも本当に安定したいのなら、「安定とは何か?」を再定義してみませんか。(2020/4/15)

新型コロナで、出張に影響が出た人は7割弱
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、出張に影響が出ている人はどのくらいいるのだろうか。2020年2月以降に出張の予定があった、または予定がある人に聞いたところ……。(2020/4/3)

採用予定は「前年並み」:
21年の新卒採用は「Webセミナー」活用が増加 新型コロナ影響でスケジュールはどうなる?
マイナビが発表した「2021年卒企業新卒採用予定調査」の結果によると、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、面接や内々定を出す時期が後ろ倒しになる傾向があることが分かった。また、Webセミナーなどを活用する企業も増えている。(2020/3/30)

マイナビ調査:
男子学生の“イクメン”志向が超加速――「育児休業取る」「共働き」が初の半数超に
若い男性の就職後のイクメン志向が加速。男子学生の半数以上が「育児休業取る」「共働き」派に。マイナビが調査した。(2020/3/18)

コロナ内定切りに遭った学生と、内定切りをした企業はどうなるのか?
新型コロナの感染拡大を受けて、経済にも深刻なダメージを与え始めてる。企業の業績が悪化し、ついに「内定切り」勃発したのだ。(2020/3/18)

16年卒以来、公務員志望率は最低:
21年卒、「公務員は滑り止め」が約2割 併願する民間企業で人気の業界は?
マイナビが21年卒を対象に行った「公務員のイメージ」に関する調査結果を発表した。16年卒の調査以来、公務員の志望率は最低の結果となった。民間企業と併願する人の割合は8割超で、「民間企業の内々定をもらったら、そっちに行く」と答えた人もおよそ2割。公務員と併願する業界で、人気だったのは?(2020/3/18)

続報・Dr.ストレッチ:
Dr.ストレッチ加盟店「残業代なんて出すわけがない」は元従業員による改竄と発表 それでも残る3つの疑問
Dr.ストレッチのフランチャイズ加盟店が求人サイトで「残業代なんて出すわけがない」「有休消化は稼いでから言え」と記載して炎上した1件。運営元のフュービックが調査経過を発表した。加盟店運営会社元従業員による改ざんと結論付けたが、疑問が残る。事実確認をしようとしたが、運営会社に電話がつながらない状況。(2020/3/12)

新型コロナは「体調管理ができてない証拠」:
「残業代なんて出すわけがない」「有休消化は稼いでから言え」 Dr.ストレッチフランチャイズ加盟店、求人サイトが“大炎上”の真相
Dr.ストレッチのフランチャイズ加盟店を運営する「つながり」が求人サイトに掲載したメッセージで炎上している。執行役員のインタビューとして、「残業代なんて出すわけがない」「有休消化は稼いでから言え」などと掲載。新型コロナについては「体調管理ができてない証拠」と書いてあった。現在は削除されたが、なぜこうした文言が記載されたのか。(2020/3/10)

「選考期間を延ばしてほしい」「Web面接では熱意を伝えにくい」 新型コロナの影響と就活生の本音
マイナビが2021年卒業予定の大学生や大学院生を対象に、新型コロナが就活に与えた影響を調査。8割の学生が何らかの「影響がある」と答えた。(2020/3/6)

プレエントリー解禁待たず:
就活本格開始前でも学生のインターンシップ応募率過去最高 スタートダッシュ早まる
プレエントリー解禁前の学生インターンシップ応募率、過去最高に。マイナビが調査した。学生の就活スタートダッシュ早まる。(2020/3/5)

実はゆるゆるだった「Pマーク」:
プライバシーフリーク、リクナビ問題後初の個人情報保護法改正の問題点にかみつく!――プライバシーフリーク・カフェ(PFC)個人情報保護法改正編01 #イベントレポート #完全版
リクナビ問題の法的解釈の問題点は、個人情報保護法改正でクリアになるのか――鈴木正朝、高木浩光、板倉陽一郎、山本一郎のプライバシーフリークたちが、集結した。※本稿は、2019年12月2日時点の情報です(2020/3/6)

学生から意外な本音も:
新型コロナ対策で急拡大するWeb面接・説明会――就活は「会って話さなくても」良い?
新型コロナ対策で急展開するWeb面接・説明会。新卒就活の在り方を根本から変えるのか。データや学生・採用支援企業の声から探る。(2020/3/4)

「濃い可愛い」「髭の濃さは…」 山田孝之、“Matt加工”でおめめきゅるっきゅるになる
加工されても山田さんってすぐ分かる。(2020/3/2)

連載・「人材サービス」が滅ぶ日は来るのか?:
新卒向けサービスが多様化してもなぜ、「3年以内離職率」はずっと3割なのか
2019年、就活サイトの内定辞退率問題で注目を集めた「人材サービス」だが、今その公益性が問われている。しかしながら、ひとくちに「人材サービス」といっても、その実態はなかなか分かりづらいのが現状だ。「人材サービスの公益的発展を考える会」を主催し、「人材サービス」に詳しい川上敬太郎氏が新卒に関するサービスを解説する。(2020/3/2)

東京ガールズコレクション(TGC2020S/S)、新型コロナ影響で無観客開催に にこるんも「どう歩くか緊張するな」と反応
当日の様子はLINE LIVEで配信される予定。(2020/2/26)

よくわかる人工知能の基礎知識:
米軍の教育でもAIが活躍 「アダプティブ・ラーニング」の可能性
現在、教育現場ではどのようなAI活用がされているのか。国内外の事例を紹介する。(2020/2/20)

人材確保には「給与の増額」:
アルバイト「不足している」は7割 2020年に求人が増える業種は?
マイナビが発表した「アルバイト採用活動に関する企業調査」によると、7割の企業の採用担当者がアルバイト人材の不足を感じていることが分かった。特に、小売業などの接客業で人手不足感が強い。2020年は警備の求人が増えそうだ。(2020/1/31)

休日出勤や深夜労働時間を削減:
人材サービス業界の「休日の満足度が高い企業ランキング」 3位マイナビ、2位パーソルテンプスタッフ……1位は?
「休日の満足度」評価の平均値が高い順にランキングした「人材サービス業界の“休日の満足度が高い企業”ランキング」。2位「パーソルテンプスタッフ」、3位「マイナビ」、4位「スタッフサービス」、5位「パーソルキャリア」と続いた。1位は?(2020/1/23)

ボーナスの高さも魅力:
人材サービス業界の「給与の満足度が高い企業ランキング」 4位パソナ、2位マイナビ……1位は?
「給与の満足度」評価の平均値が高い順にランキングした「人材サービス業界の“給与の満足度が高い企業”ランキング」。2位「マイナビ」、3位「アデコ」、4位「パソナ」、5位「パーソルキャリア」と続いた。1位は?(2020/1/22)

「収入さえあればよい」「組織に縛られないスキルほしい」 今どき大学生のキャリア観は?
マイナビが大学1、2年生を対象にしたキャリア意識調査の結果を発表した。(2020/1/10)

サクラサク! “奇跡の13歳”サクラ・キルシュ、2020年に日本再降臨
日独ハーフの美少女モデル再び。(2019/12/9)

1万7000人の新卒が殺到する中小企業社長が語る、優秀な人材の集め方
社員20人の新興企業ながら、新卒採用に学生が殺到することで注目を集めるLegaseedの近藤代表に、人材採用のヒントや日本企業の課題を聞いた。(2019/12/6)

混ぜるな危険:
プライバシーフリーク、就活サイト「内定辞退予測」で揺れる“個人スコア社会”到来の法的問題に斬り込む!――プライバシーフリーク・カフェ(PFC)後編 #イベントレポート #完全版
求人企業は自分たちの問題とは思っていないのではないか――リクナビ事件の論点は、業務委託とコントローラーの視点へ。鈴木正朝、高木浩光、板倉陽一郎、山本一郎の咆哮を聞け! ※本稿は、2019年9月9日時点の情報です(2019/12/3)

お天道様は見ている:
リクナビだけじゃない――不正利用元年に理解すべき個人情報の概念と倫理
就活サイト「リクナビ」が就活生の「内定辞退率」を企業に販売し、影響を受けた(と思われる)学生の就職活動の妨げとなった。問題の根源は何か、リクナビが反省すれば問題は解決するのか――HR業界の闇を明らかにするために、あのフリークたちが集結した!(2019/11/8)

oricon ME調べ:
採用担当者向け新卒採用サイト満足度ランキング リクナビやマイナビを抑えて1位になったサイトは?
オリコンの子会社oricon MEが採用担当者向けに実施した、新卒採用サイトの2019年分満足度ランキングを発表。個人情報関連の問題で揺れたリクナビは18年調査では2位だったが、今回は3位だった。リクナビ、マイナビを抑えて1位になったサイトは?(2019/11/6)

10月以降も要注意:
経産省、2014年の増税以降に“買いたたき”した企業を発表 リクルート、大東建託ら 担当者は「安心して通報を」
経済産業省は10月23日、2019年9月末までの消費税転嫁対策に関する取り組みの状況を公式Webサイト上で発表した。14年4月に消費税が8%になってから、適切に増税分を転嫁して支払っていなかった企業もリスト化して公表された。(2019/10/24)

マイナビ調査:
派遣社員として働く理由、最多は「正社員として就職できなかったから」 一方で正社員希望はおよそ3割
マイナビが「派遣社員の意識・就労実態調査」を発表。20〜59歳の男女1431人を対象に6月に調査したもの。多くの人が正社員として就職できなかったために派遣労働者として働いている現状が浮き彫りに。また、正社員を希望する人のうちおよそ7割が雇用の安定や賞与の支給を求めていることが分かった。(2019/9/24)

リクナビ問題の本質を山本一郎氏・高木浩光氏らが斬る 内定辞退予測を始めた背景に「得意先からの頼み」「個人情報理解の甘さ」
情報法制研究所(JILIS)が、リクナビ問題が起きた要因などを議論するセミナーを開催。山本一郎氏、高木浩光氏ら有識者が登壇し、各自の専門分野に基づいた意見を述べた。今回の問題を招いた背景には、顧客企業からの要望と、個人情報に対する理解の甘さがあったという。(2019/9/10)

新木優子がまるで別人! 中条あやみらと“ギャル化”した姿に「全然違う!」「印象がガラリ」と反響
中条さん「ギャル達大好きよ」。(2019/9/9)

夏休みの学生らが体験、RSAの実践的なインシデント対応演習:
データ不正利用、サイバー攻撃が世界的なリスクTop5の今、人材育成の在り方は
2019年8月8日、9日にかけて大阪でRSAが「サイバーインシデント シミュレーション チャレンジ」を開催。奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)でセキュリティ関連の研究に取り組む学生10人が「セキュリティに関する知識やスキルを身に付けたい」と参加した。(2019/9/6)

1人当たりの採用費は平均53.4万円:
AIで従業員の退職傾向を察知する「HR Flow」 MatrixFlowが提供開始
MatrixFlowは、従業員の退職リスクなどを予測する人事領域向けサービス「HR Flow」を提供する。AIで退職者の傾向を事前に察知して退職の事前抑止を図り、人材教育などの損失を防ぐ。(2019/8/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。