ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

「mylo」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「mylo」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「エバーノート株式会社」設立 連携サービス・製品も続々
Evernoteが日本法人を設立し、連携サービスや製品も続々と登場。今後は日本向けサービスも強化する。「有料会員率が高ければいいというわけではない」という「フリーミアム」らしい戦略も。(2010/6/23)

素顔のデジタルネイティブ:
原上ソラ――勉強会の再構築を図る気鋭の中学生
1990年代以降に生まれ、その才能を芽生えさせつつある若い人材――原上ソラもそんな一人に数えられる。「勉強会の空気を新たにネット上にも構築してみたい。今度はオフが苦手な人たちも巻き込む規模で」と話す彼の素顔に迫る。(2009/8/1)

新型PSPに期待高まる ネットはうわさで持ちきり
ソニーの新型PSPの「流出画像」「リーク情報」「流出ビデオ」などがネットをにぎわしている。(2009/6/1)

myloシステムアップデート、動画撮影やニコ動に対応
ソニーが“mylo”「COM-2」の機能を向上させるシステムソフトウェアの提供を開始。動画撮影のほか、未サポートながらニコ動の閲覧も可能に。(2008/7/2)

ドコモ、Mzone無線LAN接続手順を簡略化──自動接続も可能に
ドコモは、Mzone/mopera U公衆無線LANサービスユーザー向けの「かんたんログイン機能」「自動ログイン機能」を新設。対応するPCやスマートフォンなどから、無線LANサービスエリアに入ると自動ログインできるようになる。(2008/6/23)

ソニー、mylo「COM-2」用無料ゲームを配布
ソニーは“mylo”「COM-2」用のFLASHゲームの配布を開始した。料金は無料。(2008/5/9)

ソニーの「mylo」に脆弱性、フィッシング詐欺の危険も
ソニーの携帯端末「mylo COM-2」にサーバ証明書を検証しないという脆弱性が見つかった。(2008/4/23)

ペガシス、11種類のハードに対応した動画変換ソフト「TMPGEnc MovieStyle」
ペガシスは、動画変換ソフトウェア「TMPGEnc MovieStyle」を発表した。PSPやiPodだけでなく、PS3やXbox 360といった家庭用ゲーム機向けの動画変換にも対応している。(2008/3/21)

インテルの携帯デバイス市場進出に最高の武器──それがAtom
ISSCCでその概要が紹介された「Silverthorne」は、3月のCeBITで正式名称「Atom」が公表された。Atomでインテルは携帯デバイス市場に橋頭堡を築けるのか。(2008/3/12)

レビュー:
手のひらにGyaO――東芝「gigabeat T802」
iPod touchやmyloなど無線LANに対応したポータブル機器が次々登場する中、東芝の「gigabeat」にGyaOの動画が楽しめるモデルが追加された。(2008/2/21)

レビュー:
“くすぐる”仕掛け満載、mylo「COM-2」
無線LANでコミュニーションを楽しめるネット端末「mylo」が第2世代へと進化した。機能とコンセプトは踏襲するが、多くの改良が加えられ、いろいろと“くすぐられる”楽しい端末になっている。(2008/2/20)

つながる幸せ第2弾:
フルキーボード付きネット端末、“mylo”第2世代機「COM-2」発売
パーソナルコミュニケーター“mylo(マイロ)”の第2世代機「COM-2」が発売。コンセプトと機能を引き継ぎ、液晶画面を大型化。YouTube視聴も可能となった。(2008/2/19)

“もう一度作り直した”ソニー「mylo」新作 YouTube・mixiに一発接続
ソニーの携帯型ネット端末「mylo」新作は、「もう1度作り直したと言っていいぐらい」の機能強化が。YouTube再生に対応し、mixiにも一発接続できる。ディスプレイはVGA表示のタッチパネル化した。(2008/2/19)

山田祥平の「こんなノートを使ってみたい」:
ホームユースのトレンドを作るVAIO
「仕事ができるノートPC」が、このところ多くなっている国内のPCメーカー。そうなると「遊び上手なノートPC」を大事にするVAIOがやっぱり気になるのだ。(2008/2/5)

2008 International CES
新myloでニコ動に挑んでみた
ソニーの発表した新型「mylo」(COM-2)は液晶画面の大型化が目を引くが、Flash Lite3のサポートにも注目。YouTubeが見られるならば……と“ニコ動”に挑んでみた。(2008/1/10)

2008 International CES:
“飛ばさない”高速無線技術、ソニーが開発
米Sonyが1月から春にかけて北米市場に投入する新製品を紹介した。同社の説明会はブース内で行われるため、展示品の内覧会といったテイストを併せ持つ。今回も一足先に展示物を見ることができた。(2008/1/7)

2008 International CES:
ソニーのmyloに新モデル、YouTubeにも対応
新型myloはYouTubeなどのFlashサイトのコンテンツを視聴でき、Google検索ウィジェットも搭載する。(2008/1/7)

「無線LANはどこだ……」――「mylo」手に「FON」を求めてスペインへ
ソニーの「mylo」を手に、IT戦士はスペインに旅立った。スペインは、無線LAN共有プロジェクト「FON」のお膝元。myloからFONにつないでmixiやTwitterを更新し、Skypeで電話もかけてウハウハするつもりだったのだが……。(2007/5/18)

小寺信良:
「非ケータイ」ネットワークの未来
いわゆる「モバイル」を語る際、携帯電話の進化を抜きにすることはできない。ケータイとは別方面からのアプローチも行われており実用性も増しているが、「ケータイでは提供できない何か」を模索する必要はまだ残されている。(2007/5/14)

Palm、LinuxベースのOSで巻き返しへ
長い間待たれていたことが、ようやく実現するかもしれない。Palm, Inc.の社長兼CEOであるエド・コリガン氏が、先だって、年内にLinuxベースのモバイル機器を発売するという同社の計画を投資アナリストに明らかにしたのだ。(2007/4/19)

「FON」はもう「日本最大の公衆無線LAN」 伊藤忠とエキサイト出資
ユーザー同士でAPを共有するプロジェクト「FON」は、本格展開から4カ月で1万8000ユーザーを獲得。都内中心に9500のAPが設置された。新たに伊藤忠とエキサイトの出資も受け、国内展開を加速する。(2007/3/29)

インタビュー:
スライドボディの“ネットワーク電子辞書”「DB-J990」の狙い
特徴的なスライドボディを備えるセイコーインスツルの「DB-J990」は、ネット上のコンテンツを扱えるユニークな“ネットワーク電子辞書”。製品の狙いについて同社に尋ねた。(2007/2/7)

Interview:
既存キャリアとの違いを打ち出し、新たなビジネスをする──アイピーモバイルの戦略
他の携帯電話事業者とは一線を画し、“データ通信特化型”の3Gサービスを展開しようとしているアイピーモバイル。同社はどのような思いでサービス立ち上げを目指しているのか。執行役員常務の小林政彦氏に聞く。(2006/12/12)

ソニーの「mylo」ホワイト、mixiユーザーに先行販売
ソニーの携帯端末「mylo」のホワイトモデルとオリジナルポーチをセットにした「mixiプレミアムセット」を、mixiユーザー限定で先行販売する。(2006/11/29)

「つながる幸せ」プライスダウン:
フルキーボードネット端末「mylo」、12月12日より予約販売
ソニースタイル・ジャパンは“パーソナルコミュニケーター”「mylo」の予約受け付けを12月12日より開始すると発表した。価格も発表時より5000円以上安く改定された。(2006/11/29)

LifeStyle Weekly Access Top10:
myloの死角
先週の注目は“IM+音楽”のコミュニケーションツールとして国内販売が決定した「mylo」(マイロ)。コンセプトや価格は受け入れられるかも知れないが、筆者にはひとつ大きな不安がある。(2006/10/23)

myloを見てきたのだ
ワイヤレスLANを利用した、“IM+音楽”のコミュニケーションツール“mylo”(マイロ)をさっそく見てきたのだ。(2006/10/18)

ソニー、QWERTYキーボード搭載「mylo」を国内発売
スライド式QWERTYキーボード搭載、Google TalkとSkypeを内蔵したソニーの携帯デバイス「mylo」が日本でも発売決定。(2006/10/18)

ソニー新提案、フルキーボード搭載ネット端末「mylo(マイロ)」
ソニーが、ワイヤレスLANでインターネットコミュニケーションが楽しめる新提案のネット端末“mylo(マイロ)”「COM-1」を発表。フルキーボード搭載で、Webサイト閲覧/チャット/ブログ書き込み/SNS/インターネット電話が楽々。4万5000円。(2006/10/18)

神尾寿の時事日想:
ソニー「mylo」に、携帯IMの可能性を感じた
インスタントメッセージング(IM)に特化し、音楽再生機能を追加した新しいデバイス「mylo」。この魅力的なデバイスを見ていると、音声通話、メールの次のモバイル向けコミュニケーションは、IMかもしれないと思えてくる。(2006/8/9)

米Sony、ポケットサイズの“IM+音楽”デバイスを発表
Sony Electronicsの携帯デバイス「mylo」はQWERTYキーボードと無線LAN機能を搭載、IMヘビーユーザー向けに作られている。(2006/8/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。