ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「永山昌克」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「永山昌克」に関する情報が集まったページです。

PR:新しいAQUOSスマートフォン、カメラの実力は?――スーパースロー映像と静止画を徹底レビュー
シャープの夏モデルで注目したい機能の1つが「カメラ」だ。ドコモ、au、ソフトバンクから発売される3機種が「GR certified」を取得したほか、スーパースロー映像の撮影も可能になった。その実力に、フォトグラファーの永山昌克が迫る。(2015/7/8)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/2/17)

デジカメスナップ虎の巻:
第2回 望遠レンズならではの「圧縮効果」で構図を引き締める
被写体をただ大きく写すためだけに望遠ズームを使っていないだろうか。図鑑のような説明写真から卒業し、望遠レンズならではの「圧縮効果」を生かした高密度なスナップ写真を撮ってみよう。(2013/5/30)

PR:13人のプロフェッショナルに聞いた――「HTC J One」の魅力と新しさ
HTCの最新スマートフォン「HTC J One」は、さまざまな“新しさ”を持つが、実際の使い勝手はどうか。スマートフォン、カメラ、オーディオに造詣の深い13人に感想を聞いた。(2013/5/27)

デジカメスナップ虎の巻:
第1回 「カメラアングル」を使い分けて写真に変化を与える
街で面白い写真を撮るにはただ何となくシャッターを切るのではなく、構図や撮り方にちょっとした工夫が欲しい。そんなスナップ撮影のコツを伝える連載の第1回はカメラアングルについて。(2013/2/5)

永山昌克がカラーマッチングを実践:
PR:プロカメラマンが「CP+2012」で見て聞いて触った、EIZOディスプレイの写真対応力
カメラと写真の総合イベント「CP+2012」では、ナナオがデジタルフォトに最適なEIZOディスプレイを展示し、ビギナーでも気軽に実践できるカラーマッチングを提案。写真好きの来場者から熱い視線が注がれた。それでは、デジカメレビューでおなじみのフォトグラファー永山昌克氏に、その実力はどう映ったのだろうか?(2012/2/27)

リコー、高速フォーカス機能を備えた光学10.7倍デジカメ「CX5」
リコーは、“ハイブリッドAFシステム”による高速フォーカスを実現した光学10.7倍ズーム搭載デジタルカメラ「CX5」を発売する。(2011/1/28)

2010年注目したカメラ&トピックス(カメラマン永山編):
ペンタックスのデザインとカシオのGPSカメラに注目
似たようなデジカメが多い中、ペンタックス製品はデザインの個性が際立っている。「K-x」に続いて展開された「K-r」のオーダーカラーサービスや、着せ替えデジカメ「Optio RS1000」に注目。(2010/12/27)

「GR LENS A12 28mm F2.5」でリコー「GXR」を味わう
リコー「GXR」は「本体」と任意の「カメラユニット」を組み合わせる独特の構造を持ったデジタルカメラ。最新のカメラユニット「GR LENS A12 28mm F2.5」との組み合わせを試用した。(2010/12/13)

長期試用リポート:
「NEX-3」第3回――動画機能はどこまで実用的か
HDDレコーダーとの連携などを考慮しないなら、NEX-3のMP4動画も十分に実用的といえるが、実際、どれほど実用的か。ビデオカメラとの比較も交えながら見てみよう。(2010/7/30)

長期試用リポート:
「NEX-3」第2回――夏の夜をそぞろ歩く
花火大会やお祭りなど、夜にカメラを構える機会の多くなるこの時期、NEXはどれほど夜のシーンをきれいに描き出してくれるか。NEX-3を持って夏の夜をそぞろ歩きしてみよう。(2010/7/16)

長期試用リポート:
「NEX-3」第1回――3か5か、それが問題だ
ソニー「NEX-3」と「NEX-5」は兄弟機の位置づけで、機能的にはフルHD撮影の有無を除けば大差ないが価格差は1万円以上ある。まずは「3か5か」を考えてみたい。(2010/7/14)

永山昌克インタビュー連載:
小型軽量と一眼クオリティを両立できた秘密――ソニー「NEX」開発者に聞く(後編)
「真っ黒なモックアップ」から始まった、ソニー「NEX-3」「NEX-5」。後編ではその小型軽量を実現するためにそぎ落としたものと得たもの、そして既存αシリーズとの住み分けについて尋ねる。(2010/6/23)

永山昌克インタビュー連載:
小型軽量と一眼クオリティを両立できた秘密――ソニー「NEX」開発者に聞く(前編)
圧倒的なコンパクトボディを実現した「NEX-5」と「NEX-3」。マニア心をくすぐる先進的なデザインとスペックを備えるが、ターゲットユーザーはそこではない。その狙いを開発者に聞いてみよう。(2010/6/22)

「GXRデビュー」したくなる、レンズユニット「P10」
金属塊のようなゴツっとした触感が何とも楽しいデジタルカメラ「GXR」。値段がちょっと……いう人へ朗報の「P10セット」が登場した。このセットで“GXRデビュー”するのも悪くない。(2010/6/7)

永山昌克インタビュー連載 :
空気感まで写せるコンパクトなカメラ――シグマ「DP1x/DP2s」開発者に聞く
ズームはなく、手ブレ補正もなく、顔認識もシーン認識もHD動画もない。トレンド的な機能はまったく搭載していないが、愛好家層からの熱い支持を受けるカメラ、シグマDPシリーズ。その魅力を探ってみよう。(2010/5/31)

デジタルだからできること:
デジタル処理は再現性から作品性へ――オリンパス
近年のデジタル一眼を語る際、注目すべきはミラーレス機の躍進。なかでもオリンパスの「PEN」シリーズは大きなヒットを記録した。そのオリンパスが考える「デジタルだからできること」とは何だろうか。(2010/5/20)

裏面照射CMOSとF2.0レンズ搭載で“攻める”IXY――「IXY 30S」
裏面照射型CMOSセンサーと「DiGiC 4」を組み合わせたノイズ低減/ダイナミックレンジ拡大システム「HS SYSTEM」とF2.0レンズを搭載した“攻め”のIXY、IXY 30Sが登場。(2010/5/11)

永山昌克インタビュー連載 :
フルHD対応の小さな10倍ズーム機――ソニー「Cyber-shot DSC-HX5V」開発者に聞く
必要なものは全部これ1台に入っています、と開発者が語るのはソニーのコンパクトデジカメ「DSC-HX5V」。フルHD動画にGPS機能、電子コンパス、高速連写、スイングパノラマなど最新技術を詰め込んだ10倍ズーム機だ。(2010/4/12)

長期試用リポート:
「DSC-HX5V」第1回――僕がHX5Vを買ったワケ
裏面照射CMOSに10倍ズーム、GPSと“てんこ盛り”なデジタルカメラ「DSC-HX5V」を購入した。そのいきさつとちょっと困ったこと。(2010/4/7)

高倍率と単焦点、GXR用カメラユニット2種類をリコーが発表
リコーがデジタルカメラ「GXR」用ユニット「RICOH LENS P10 28-300mm F3.5-5.6 VC」「GR LENS A12 28mm F2.5」の開発発表を行った。前者の高倍率ズームユニットは夏に販売される予定だ。(2010/2/23)

永山昌克インタビュー連載:
大都会にも大自然にも似合う“男のカメラ”――「EXILIM G EX-G1」開発者に聞く
女子向けカメラはもうたくさん。男子にこそ使って欲しい、と開発者が語るのはカシオの耐衝撃デジカメ「EXILIM G EX-G1」。G-SHOCKに通じる堅牢性と、アシンメトリーな個性派デザインが光るカメラだ。(2010/2/15)

永山昌克インタビュー連載:
ユニット交換デジカメは成功するか?――リコー「GXR」開発者に聞く
リコー「GXR」は、レンズと撮像素子、画像処理エンジンをまとめてユニット交換できるコンパクトデジカメだ。レンズ交換ではなくユニット交換を採用した狙いは何か。商品企画の担当者に話をうかがった。(2009/12/17)

永山昌克インタビュー連載:
デジカメの画素数競争は終わった?――キヤノン「PowerShot G11」開発者に聞く
キヤノンのコンパクトデジカメの最上位機「PowerShot G11」は、あえて従来製品よりも画素数を落とし、低ノイズの高感度画質「すっきりクリアフォト」を実現した。その狙いを開発者に聞いてみよう。(2009/11/24)

永山昌克インタビュー連載:
こだわりのカメラブランド――リコー「GR DIGITAL III」開発者に聞く
マニアに人気の高級コンパクトデジカメ「GR DIGITAL」シリーズには、ズーム機構も、手ブレ補正も顔認識もシーン認識もHD動画もない。そんなシンプルでストイックなデジカメの魅力を探ってみよう。(2009/9/8)

永山昌克インタビュー連載:
写真を楽しみ、腕を磨けるカメラ――ニコン「D5000」開発者に聞く
ニコンで初めてバリアングル液晶を採用した「D5000」。エントリー機ながらミドルクラス機に匹敵する多機能を誇るデジタル一眼レフ機だ。その狙いと魅力を6名の開発者に聞いてみた。(2009/7/1)

ビザ、北京オリンピック記念フォトコンの結果を発表
ビザ・インターナショナルが北京オリンピックを記念したフォトコンテスト「Visaムービング・イメージ」の受賞者と受賞作品を発表。(2008/5/26)

PR:プロカメラマンに聞くデジカメ時代のフォトコン必勝法
ウェブ上に数多くあるオンライン・フォトコンテストは、写真の腕を磨くのに絶好の場だ。他人が見て「うまい」、「面白い」、「美しい」と感じる写真は何が違うのか。フォトコンテストの審査員を務めるプロカメラマンに聞いてみた。(2007/11/12)

永山昌克インタビュー連載:
約2万カットの人生を持ち歩く――「Cyber-shot DSC-G1」の開発者に聞く
大容量の内蔵メモリに2万枚の写真を入れて、自分の人生を持ち歩く。そんなことができてしまうユニークなデジカメがソニー「Cyber-shot DSC-G1」だ。開発者たちの話を聞いてみよう。(2007/6/25)

永山昌克インタビュー連載:
こんなに小さく軽く薄くしました――オリンパス「E-410」の開発者に聞く
オリンパス「E-410」は世界最小・最薄・最軽量をうたうデジタル一眼レフ機だ。大きくて重いデジタル一眼レフ機のイメージを払拭し、気軽に持ち運べるコンパクトボディを実現。その開発者に話を聞いた。(2007/4/27)

PR:正確な色再現を実現するハードウェアキャリブレーション(後編)
日本サムスンの「SyncMaster XL20」は、実売16万円前後で購入できるAdobe RGB対応の液晶ディスプレイとして注目を集めている。価格を抑えていながら、専用のハードウェアキャリブレーションツールや遮光フードが付属しているのも魅力だ。今回は、SyncMaster XL20が持つ付加機能を紹介、プロカメラマンの永山昌克氏によるインプレッションもお届けする。(2007/4/2)

PR:正確な色再現を実現するハードウェアキャリブレーション(前編)
日本サムスンの「SyncMaster XL20」は、同社初となるAdobe RGB対応の液晶ディスプレイだ。専用のハードウェアキャリブレーションツールと遮光フードが付属したパッケージで、実売16万円前後という低価格を実現している。ここでは、SyncMaster XL20のキャリブレーション機能を紹介しよう。(2007/3/23)

永山昌克インタビュー連載:
美しい肌の色にこだわりました――「FinePix S5 Pro」開発者インタビュー
富士フイルム「FinePix S5 Pro」は、新開発のスーパーCCDハニカム「SR Pro」と新しい画像処理「リアルフォトエンジンPro」を搭載したデジタル一眼レフ機だ。その商品企画担当者に開発の狙いをうかがった。(2007/2/1)

PR:上海の街、美女、食をフォトビューワで堪能――プロ写真家がエプソン「P-5000」を徹底活用
エプソン「P-5000」は、4.0型の高精細液晶と80Gバイトの大容量HDDを搭載したマルチメディアストレージビューワだ。中国通のカメラマン永山昌克氏が上海旅行で実感したP-5000の魅力とは何か。(2007/1/9)

永山昌克インタビュー連載:
世界一の描写性能とは?――カールツァイス開発者に聞く
ソニーからα用のカールツァイスレンズ「Planar T* 85mm F1.4 ZA」と「Sonnar T* 135mm F1.8 ZA」の2本が発売された。ズームレンズ全盛の今、あえて大口径の単焦点レンズを出す狙いは何か。開発者にインタビューした。(2006/12/27)

永山昌克インタビュー連載:
ウェブ動画に最適なインプットデバイス――「EX-S770」開発者インタビュー
カシオ計算機「EXILIM CARD EX-S770」は、モード切り替えをせず、静止画と動画の両方を手軽に楽しめる薄型デジカメだ。カメラメーカーの製品とは違った同社ならではの工夫や試みについて聞いてみた。(2006/11/30)

永山昌克インタビュー連載:
躍進するペンタックスの意欲作――「K10D」の開発者に聞く(後編)
ペンタックス「K10D」の開発者インタビュー後編をお伝えしよう。防塵・防滴ボディや超音波モーターレンズへの対応、手ブレ補正を応用したゴミ除去機能、新しい露出モードなどについて聞いてみた。(2006/11/1)

永山昌克インタビュー連載:
躍進するペンタックスの意欲作――「K10D」の開発者に聞く(前編)
ペンタックス「K10D」は、1020万画素CCDを搭載したミドルクラスのデジタル一眼レフ機だ。開発の狙いは何か、新しい画像処理エンジンはどんなものか。商品企画の担当者にインタビューした。(2006/10/30)

永山昌克インタビュー連載:
使い心地にこだわった中級デジ一眼――「D80」の開発者に聞く
ニコン「D80」は、主に写真愛好家をターゲットにした中級のデジタル一眼レフ機である。開発の狙いや製品の見どころは何なのか。D80の商品企画および設計の担当者に話をうかがった。(2006/9/27)

永山昌克インタビュー連載:
磁力でCCDを動かす手ブレ補正――「K100D」の開発者に聞く
ペンタックス「K100D」は、同社としては初めて手ブレ補正に対応したデジタル一眼レフ機だ。補正はどんな仕組みか、なぜ610万画素CCDなのか、絵作りの狙いは何か。企画担当者に話を聞いた。(2006/7/18)

永山昌克インタビュー連載:
高感度によって失敗写真をなくす――「FinePix F30」の開発者に聞く
富士写真フイルム「FinePix F30」は、新世代のスーパーCCDハニカムと独自のノイズリダクションによって、高感度と高画質を両立したコンパクトデジカメだ。従来から進化したポイントは何か。開発者に話を聞いた。(2006/6/15)

永山昌克インタビュー連載:
進化した正統派スタイリッシュコンパクト――「IXY DIGITAL 800 IS」の開発者に聞く
キヤノン「IXY DIGITAL 800 IS」は、シリーズ初となる光学手ブレ補正を搭載した4倍ズーム機だ。4月の発売以来、好調な売れ行きを見せている。その強さの秘密は何なのか。商品企画、設計、デザインの各担当者に話をうかがった。(2006/5/11)

永山昌克インタビュー連載:
ワイドズームで他社との差別化を図る――「Caplio R4」の開発者に聞く
ワイドズーム、つまり広角ズーム機を数多く発売するリコーから、広角だけでなく望遠にも強いコンパクトデジカメ「Caplio R4」が発売された。その商品企画担当者と開発者にインタビューし製品の狙いをうかがった。(2006/4/14)

永山昌克インタビュー連載:
光学10倍なのにコンパクトな秘密――「LUMIX DMC-TZ1」の開発者に聞く
松下電器産業「LUMIX DMC-TZ1」は、屈曲ズームと沈胴ズームの2方式を組み合わせ、光学10倍ズーム機として世界最小を実現したコンパクトデジカメだ。その商品企画担当者と開発者に、開発の狙いと経緯をうかがった。(2006/3/20)

永山昌克インタビュー連載:
ライブビューって画期的なの?――「E-330」の商品企画担当者に聞く
オリンパス「E-330」は、世界で初めてライブビューを実現したデジタル一眼レフ機。その商品企画を担当したプロダクトマネージャー堀田康夫氏に、ライブビュー開発の経緯と狙いを話してもらった。(2006/2/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。