ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「なんちゃって」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「なんちゃって」に関する情報が集まったページです。

誇大広告も少なくないAIブームの功罪
“なんちゃってAI”にだまされない 「真のAIOpsツール」を見極める5つの特徴
運用管理市場では、AI技術を活用した「AIOps」が盛り上がりを見せている。ただし中には、採用している技術が本当にAI技術かどうか疑わしい製品もある。真のAIOps製品かどうかを見極める、5つの特徴を紹介する。(2019/9/18)

石川温のスマホ業界新聞:
CESで話題に事欠かなかった「5G」。実は「期待はずれ」――T-Mobileが600MHzで5Gエリア展開するのはアリなのか
主に3.5GHz以上の周波数帯と30GHz以上の「ミリ波」で実験や実用化が進んでいる「5G」しかし米国のT-Mobile USは“600MHz帯”という低い周波数帯で実証実験を進めている。米国の他2社と異なる方針は、「なんちゃって5G」につながる可能性も否定できない。(2019/1/18)

Tik Tokの影響大?:
18年版「インスタ流行語大賞20ワード」発表 「なんちゃってダンス」「アム活」などが入賞
2018年にインスタ上で流行ったワードは? 流行先取りメディア「Petrel」を運営するパスチャーはこのほど、Instagramで若者を中心に「#(ハッシュタグ)」と共に使用された流行語を発表。(2018/11/12)

ホワイトペーパー:
別冊Computer Weekly “なんちゃってOffice”よりもOffice 365
Microsoft Officeの代替製品は数あれど、やはりMicrosoft Office の地位は揺るがない。そして、Office 365はOffice 20xxの単なるクラウド版以上の価値を提供する。(2018/8/3)

「GWは海外旅行なの」「なんちゃって! 仕事なの」 可愛い嘘のカワウソがかわいすぎ
かわいそうなのに、かわいい。(2018/5/4)

石川温のスマホ業界新聞:
商用化に向けて、5G一色だったMWC――NTTドコモが頭を抱える「競合他社のなんちゃって5G」
先日閉幕した「Mobile World Congress 2018」は、5Gの話題で持ちきりだった。しかし、「5G」の定義について、悩ましい事態が既に進行しつつある。(2018/3/9)

セーラー服おじさんや犬面人が大爆走 英国製“なんちゃってジャパン”的ゲーム「Nippon Marathon」が不思議と魅力的
奇っ怪なビジュアルの割には作り込まれていて、アップデート次第で化けそうな予感。(2018/2/19)

無料から有償まで
“なんちゃってOffice”ではない、「Microsoft Office」代替製品の奥深い世界
「Microsoft Office」から代替製品への切り替えは、特注品から中古品への格下げのように思えるかもしれないが、必ずしもそうとは限らない。(2017/10/17)

どこで買ったのかな? 福原遥、ファッションセンスを否定され笑顔が消える「なんちゃって。笑」
ダサかわな感じは好きな人多そうだ。(2017/6/11)

中国市場の台風の目「なんちゃって4K」テレビを買って驚いた
55インチの「4K」スマートテレビが5万円台という低価格で登場する中国。だがその「4K」と「スマート」にはこんな裏があった──現地事情に詳しい山谷氏がリポート。(2015/11/10)

おあがりよ! 「食戟のソーマ」に触発されて「なんちゃってローストポーク」を作ってみる人続出
アニメ放送開始で飯テロ多発!(2015/4/7)

“お手軽”電子工作をビジネスへ:
自宅で噴水ショー! 親子で“シンクロ”ドライビング! 「ルネサスナイト」からヒット商品は生まれるか
Makers(メイカーズ)を支援するプロジェクト「がじぇっとるねさす(通称:がじぇるね)」を積極的に進めるルネサス エレクトロニクス。Makersが同社の手軽な電子工作ボードを使って開発した作品を発表するイベント「ルネサスナイト6」では、次世代の多機能ペンライト、メッセージを送れるLED懐中電灯、子どもでも“なんちゃってドライビング”が楽しめるシステムなど、オリジナリティにあふれる作品が続々登場した。(2014/12/17)

ミス・ユニバース日本代表・松尾幸実さんの描くイラストがガチだった
なんちゃってオタクがはびこる中、2013年ミス・ユニバース日本代表に選ばれた松尾幸実さんが描くイラストはかなりガチな感じだ。(2013/3/6)

夏休み集中連載:
「メガネ男子」その2・心にメガネがあれば
「メガネ」と「メガネ萌え」には誤解がつきまとう。世にはびこる“なんちゃってメガネ”に僕らは「違うよ、全然違うよ!」とため息をつく。「眼鏡を掛けただけでメガネ男子になれるわけではない」のです。あさみさんによるメガネ男子論ののその2。(2012/8/10)

Suica、PASMOを入れると便利:
iPhoneを“なんちゃっておサイフケータイ”に――「スマホ用ポケット」
上海問屋から、スマートフォン用の収納ポケットが発売された。価格は1299円。(2012/2/23)

iPhone 5、中国で既に販売中!?
Appleが発表もしていないうちから、中国でiPhone 5が登場。もちろん“なんちゃって”です。(2011/8/2)

せかにゅ:
中国の“Appleストア丸ごとコピー店”、当局が調査に乗り出す
Apple直営店を丸ごとまねた“なんちゃってAppleストア”の出現を受け、中国昆明市の当局が家電店の調査を始めた。(2011/7/25)

せかにゅ:
“なんちゃって”はiPhoneだけじゃない? 中国に偽Appleストア出現の報告
Appleが出店していないはずの場所に、Appleストアにそっくりの店があると中国のブロガーが報告している。(2011/7/20)

WiMAX 2は2011年7月に公開フィールドテスト実施:
「なんちゃって地下鉄対応でもない」──UQ野坂社長、“WiMAXのNEXTステージ”に自信
WiMAXサービスの2011年度展開、そして2012年予定の“次世代WiMAX”は? ワイヤレスジャパン2010基調講演でUQコミュニケーションズの野坂社長が事業計画を説明した。(2011/5/26)

日本の“seifuku”を世界に――「なんちゃって制服」の殿堂、CONOMi物語
日本のポップカルチャーを紹介するイベントでは、日本の学生の制服を思い思いにアレンジした「なんちゃって制服」に身を包む若者が増えている。なぜ、制服ファッションは海を越え、海外へと広まっているのだろうか。「なんちゃって制服」の殿堂、東京原宿の制服アイテム専門店「CONOMi」を取材して人気の秘密を探った。(2010/6/8)

日々是遊戯:
「DSそっくり」なiPhoneアプリ、そっくりすぎて配信停止に
「なんちゃってニンテンドーDS」として話題を集めていた、iPhone/iPod touch用アプリ「DS DoubleSys」が配信停止となった理由とは……。(2009/8/28)

イー・モバイルのHSPA+、「今までは“なんちゃって”、今回は違う」──WWANモジュール内蔵PCの登場も
イー・モバイルは、国内初のHSPA+データ通信サービスを2009年8月に開始。USBスティック型端末ともに、同社のワイヤレスWANモジュールを内蔵するノートPCも2009年夏に登場する。(2009/6/18)

モバイルWiMAXで“真のブロードバンドインターネット”を――UQの田中社長
下り10Mbps超の高速通信をモバイルで――。2月26日から始まるUQのWiMAXは、これまでの移動体通信とはひとケタ違う通信速度を実現するサービスだ。同社社長の田中氏は「なんちゃってブロードバンドではなく、外でも真のブロードバンドを楽しめるようにする」と話す。(2009/2/3)

“なんちゃってブロードバンド”ではない──WiMAX、月額4480円でスタート KDDI系のUQ
モバイルWiMAXサービス「UQ WiMAX」の無償トライアルが2月26日にスタート。本サービスは7月1日からで、月額4480円で使い放題になる。(2009/2/3)

先読み『アイデアパーソン入門』:
「ほる」――「たぐる」小技その4
最後の「たぐる」小技は「ほる」。もっとディープに、もっと深く踏み込んで、なんちゃって専門家を目指しましょう!(2009/1/3)

「なんちゃってshuffle」のメーカー、Appleを「市場独占」で提訴
iPod shuffle似のMP3プレーヤーで話題になった企業が、Appleが「不当な妨害」でMP3プレーヤー市場を独占しようとしたとして訴訟を起こした。(2008/10/17)

文具王の「B-Hacks!」:
iPod shuffleで、なんちゃってワイヤレスヘッドフォン
「iPod shuffle」の1Gバイトモデルがそれまでの9800円から5800円に安くなった。ということで購入したshuffleと愛用のヘッドフォン「QuietComfort 3」を組み合わせてみた。(2008/3/14)

古田雄介の週末アキバPickUP! 番外編:
“なんちゃってクアッドコア”ですが、何か?――インテルの“神様”がイベント
インテルが久々のアキバイベントを開催。“神様”こと天野氏がクアッドコアCPUをやさしく解説し、Bearlakeマザーの発売時期も明らかにした。(2007/5/27)

MS開発者、“なんちゃってVista SP1”に警告
ディスカッションサイトで「Windows Vista SP1プレビュー」と称するものがリリースされ、Microsoftの開発者が注意を促している。(2007/4/4)

田口元の「ひとりで作るネットサービス」探訪:
「やりたいことを見つけなくちゃ」――なんちゃって個人情報・kazinaさん
ダミーの個人情報を大量に生成できる「なんちゃって個人情報」の作者、kazinaさん。少年時代はゲームが大好きで「自分も作りたい」と思ったのをきっかけにプログラミングを始めた。「やりたいこと」を探してオーストラリアに渡って英語を学んだり、アクセサリーを作ったりと、PC関連以外の活動も好きだという。(2007/3/28)

プロフェッサー JOEの「Gadget・ガジェット・がじぇっと!」:
世界標準ケータイを「なんちゃって・おサイフケータイ」にする助っ人が現れた!?
“世界標準ケータイ”「Nokia E61」には満足している筆者だが、おサイフケータイ機能は搭載していない。Suicaカードと重ねてケースに入れ「なんちゃって・おサイフケータイ」では改札機でエラーが出てしまう。(2007/3/14)

リレー連載・今日から始める手帳選び(8):
長期プロジェクトの管理に、「超」整理手帳を使う
半年がかりのプロジェクトに携わることになり、数年ぶりに導入した紙の手帳。バーチカルタイプの「タイムデザイナー」と悩んだ末、選んだのは「超」整理手帳でした。目下実践中の“なんちゃってGTD”についてもご紹介します。(2007/1/23)

「iPod shuffle似」問題の台湾メーカー、Appleを提訴
「なんちゃってshuffle」ことSuper Tangentのメーカーは台湾の裁判でAppleに勝訴し、今度は1億ドルの損害賠償を請求する訴訟を起こす。(2007/1/5)

LifeStyle Weekly Access Top10
再度“なんちゃってShuffle”をイジる
先週のトップは、“なんちゃってShuffle”ことLUXPRO「Super Tangent」のレビュー。本当に発売されるのかも含めて注目されていた製品だけに関心が高かったようだ。国内でも少数ながら販売されたようなので、もうちょっとイジってみた。(2005/6/24)

“なんちゃってShuffle”、アキバに再入荷
なんちゃってShuffleこと「Super Tangent」がアキバのショップに入荷されている。1Gバイトモデルが1万3944円とのこと。(2005/6/22)

レビュー:やっぱり見た目も中身もアレだった
“なんちゃってShuffle”をイジる
話題の“なんちゃってShuffle”「Super Tangent」を入手したので、早速さわってみた。見た目もアレだったが、中身も負けず劣らずのようで……。(2005/6/20)

「なんちゃってiPod shuffle」にディスプレイ搭載?
CeBIT 2005で話題をさらった(?)あの「Super Tangent」のLuxproから、今度は有機EL画面付きのなんちゃってshuffleが2機種登場。(2005/5/9)

「なんちゃってiPod shuffle」、「Super Tangent」に改名
あの「なんちゃってiPod shuffle」が「Super Tangent」と改名、デザインも若干変更された。(2005/3/30)

“なんちゃってshuffle”は「おえ気ですか?」
iPod shuffleにそっくりな携帯音楽プレーヤー「Super shuffle」を紹介するWebサイトには、奇妙な日本語が……(2005/3/22)

シリコンオーディオ販売ランキング(2月28日〜3月6日)
高付加価値化のステージに入り始めたポータブルプレーヤー
本家より多機能な「なんちゃってiPod shuffle」が登場するなど、基本機能面では成熟の域に達しつつあるポータブルプレーヤー。高付加価値化という新しい局面を迎えつつあるだけに、国内メーカーに期待したい(2005/3/14)

CeBIT 2005:
「なんちゃってiPod shuffle」法的に問題ナシと台湾企業
「iPod shuffleに激似だ」「というか、まんまだ」と物議をかもしている音楽プレイヤーが登場。CeBIT会場で、同製品を実際に見てみた。(2005/3/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。