ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

  • 関連の記事

「Oak Trail」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Oak Trail」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Intel、学生向け7インチタブレットをローンチ
Intelは新たな7インチ学習用タブレット「Intel studybook」を発表した。AndroidとWindows 7のデュアルブートが可能なこのタブレットは教育市場に食い込むことができるだろうか。(2012/4/17)

2012 International CES:
Atomで動くAndroidスマートフォンをインテルブースで発見
米国も1月10日を迎えて、2012 CESが“ようやく”開幕。ブースもオープンして注目の展示が始まった。Intelブースの次世代Atomで動くOSは、え、Android?(2012/1/11)

はじめての“オフィスタブ”にいかが?:
スラスラ手書き、デジタイザーペンが心地よい──Windows 7搭載8.9型タブレット「HP Slate 2」を試す
日本HPより、8.9型サイズのWindowsタブレット「HP Slate 2」が登場する。主に法人向けだが、デジタイザー内蔵、そして8.9型サイズの“ちょっと小さめ/軽め”なボディを特徴とする。(2011/12/15)

Oak Trail採用:
ブルレー、世界最薄の10.1型Windowsタブレット「OCOSMOS OCS9」
ブルレーは、OCOSMOS社のWindows搭載タブレットPC「OCOSMOS OCS9」の取り扱いを発表した。11月18日までの発売記念キャンペーン中は16Gバイトモデルが5万9800円で購入できる。(2011/10/19)

Windowsタブレットは開花するか:
Windows 7搭載タブレットとしては上々、ただし──「LaVie Touch」実力検証
NECが2011年PC秋冬モデルとして、10.1型サイズの“Windowsタブレット”を発売した。タブレット/ノートPC、利用シーン別使い分けられる「2Wayスタイル」がどう使えるか、使い勝手とパフォーマンスをチェックする。(2011/10/7)

技術革新を生み出す果てなき闘争:
ARM vs. Intel:プロセッサアーキテクチャの覇権はどちらの手に?(前編)
現在、ARMとIntelによる、電子機器に用いられるアプリケーションプロセッサのアーキテクチャの覇権を賭けた争いが激化している。ARM陣営が、Intelのx86アーキテクチャが圧倒的シェアを占めるサーバー機器/PC市場への参入を果たそうとしている一方で、Intelをはじめとするx86陣営も、ARMの縄張りとも言える携帯電話機/タブレット端末市場への攻勢を強めている。前編では、ARMアーキテクチャを推進するARMと、x86アーキテクチャを中核とした製品開発を続けてきたIntel、それぞれの取り組みについてまとめる。また、ARMのライセンシー企業であるNVIDIAが開発した「Tegra 2」について紹介する。(2011/9/27)

普通のタブレットに飽き足らない人へ:
“ハイブリッドモーションPC”はアリなのか?――「FMV LIFEBOOK TH40/D」実力診断
キーボード付きのタブレット、といってもAndroidではありません。Windows 7のフル機能とキーボードを薄型軽量タブレットに詰め込んだ「TH40/D」、果たしてその実力は!?(2011/8/15)

富士通、延期していた「FMV LIFEBOOK TH40/D」の発売を7月22日に決定
発売延期となっていた富士通の10.1型ワイド液晶搭載タブレットPC、「FMV LIFEBOOK TH40/D」が2011年7月22日に発売される。(2011/7/14)

富士通、「FMV LIFEBOOK TH40/D」の発売を延期
富士通の10.1型ワイド液晶搭載タブレットPC「FMV LIFEBOOK TH40/D」が発売延期となった。発売時期は現時点で未定だ。(2011/6/22)

プロセッサ/マイコン:
IntelがAtomのロードマップを修正、消費電力でARMに匹敵すると主張
Intelは低消費電力プロセッサAtomのロードマップを一新した。処理性能はそのままに消費電力を大幅に引き下げることで新しい製品市場の獲得を狙う。15W級のAtomで極薄型のノートPCが設計できるようにする他、1Wを下回るSoC用コアでスマートフォンを狙う。競合はARMだ。(2011/6/2)

Oak Trail採用:
東芝、法人向けの11.6型Windowsタブレット「WT310/C」
東芝は、11.6型ワイド液晶を搭載するタブレット製品「WT310/C」を6月中旬より発売する。Oak Trail世代の基本システムと、企業の既存資産を生かせるWindowsの採用がポイントだ。(2011/5/31)

COMPUTEX TAIPEI 2011:
もうすぐ始まるよー!──COMPUTEX TAIPEI 2011“開幕前日”リポート
2011年もやってきました台北市。COMPUTEX TAIPEI 2011が5月31日から始まる。開幕前日の状況を「意外とさわやか」な現地から報告する。(2011/5/30)

キーボード搭載+Oak Trailで差別化:
写真と動画で見る“2Way”スレートPC「FMV LIFEBOOK TH」
キーボード搭載のタブレットPCはどうしてもゴツくなりがちだが、「FMV LIFEBOOK TH」は独特のボディデザインでスマートにまとめている。試作機を速攻でチェックした。(2011/5/17)

スマートフォン&モバイルEXPO:
マウスコンピューターが新型Androidタブレットを参考展示
東京ビッグサイトで開催中の「スマートフォン&モバイルEXPO」にマウスコンピューターの新型「LuvPad」が参考出品されている。早ければ6月下旬に登場する見込みだ。(2011/5/13)

みなさん、おひさしぶり:
インテル、“Oak Trail”と“その先”を訴求
インテルは、4月27日に2011年の1〜4月における主な活動に関する報告と、IDF 2011 北京で発表した“Oak Trail”世代のAtomプラットフォームの説明を行った。(2011/4/27)

“Ceder Trail”も2011年後半に登場:
インテル、“Oak Trail”を正式に発表
インテルは、開発コード名“Oak Trail”新プラットフォームを4月12日に発表した。富士通、Lenovoなどから搭載製品が2011年5月より出荷する予定だ。(2011/4/12)

ムーアの法則を上回るペースでの製品化を計画:
タブレット機器向けAtomプロセッサ「Z670」を発表、インテル
インテルは、新しいAtomプロセッサ「Z670」と「SM35 Express」チップセットで構成されるタブレット機器向けAtomプラットフォーム製品を発表した。(2011/4/12)

Intel、タブレット向けAtom「OakTrail」発表 富士通など搭載製品発売へ
Intelが新Atomベースのタブレット向けプラットフォーム「OakTrail」を発表。搭載製品は富士通、Lenovoなどが5月以降発売する予定。(2011/4/12)

CeBIT 2011:
「Netbookに満足していないのは日本だけ!」というIntel
Intelは、CeBIT3日目となる3月3日に“第2回目”のプレスカンファレンスを行い、Oak TrailやNetbookの展望について説明した。(2011/3/4)

CeBIT 2011:
「動く!触れる!」Oak Trailタブレットデバイスでデバイスマネージャーを見ちゃう
ARM攻勢に反撃を挑むIntelの主力兵器が“Oak Trail”だ。製品投入直前のタイミングに、CeBITブースにあった機材で、スペックと性能の一端をチェックした。(2011/3/3)

CeBIT 2011:
インテル、「Intel Insider」の運用デモを紹介
CeBIT 2011の開幕初日となる3月1日の9時30分(現地時間)という、まさに「いの一番」のタイミングで、インテルのプレスカンファレンスが行われた。(2011/3/2)

インテルも日本マイクロソフトも応援しています:
富士通が「PCという軸足」で考えるタブレットPC
富士通は、2月24日に企業向けのWindows採用スレート型PC「STYLISTIC Q550」シリーズを発表。同日行われた説明会で、“Windows”採用の意義について説明した。(2011/2/24)

すばらしいメイドインジャパンが一番重要:
吉田社長、「日本から優れたタブレットデバイスが近いうちに登場する」
インテルはSandy Bridge世代のCPUを訴求する「Intel Forum 2011」を開催。同社社長の吉田和正氏は、タブレットデバイスでも日本メーカーの技術力に期待する。(2011/1/18)

2011 International CES:
タブレットPCの雄“Viliv”もAndroidは無視できない
超小型のタブレットPCといえば、Viliv。Windowsを導入したモデルで健闘していた彼らも、2011 CESで“Android & ARM”のタブレットデバイスを公開した。(2011/1/14)

2011 International CES:
ラスベガスで“Fusion”なThinkPadに接近する
2010年のCESで最も元気なノートPCメーカーだったレノボは、Android&Windowsの“ハイブリッド”ノートや“Fusion”ThinkPadと2011年も期待を裏切らない。(2011/1/9)

2011 International CES:
ARM対応ですべてのデバイスにWindowsを──Microsoft基調講演
米Microsoft CEOのスティーブ・バルマー氏は、恒例のCES開幕前日基調講演で、次世代WindowsはARMを含むSoC(System on Chip)をフルサポートすると発表した。(2011/1/7)

2011 International CES:
スライドキーボード付きタブレット、Samsungが発表
「Samsung Sliding PC 7 Series」はWindows 7とIntelの「Oak Trail」を搭載したタブレット。キーボードをスライドさせてノートPCのように使うこともできる。(2011/1/6)

Windows 7タブレットの成功に必要なものは?
MicrosoftはWindows 7タブレットで攻勢をかける構えだが、iPadやAndroidタブレットなど手ごわいライバルからシェアを奪うには、アプリやタッチ最適化などの要素が必要だ。(2010/12/24)

タブレットで出遅れたIntelとMicrosoft、巻き返しなるか
タブレット市場はARMとAndroid、iOSが大勢を占めており、IntelとMicrosoft――“Wintel”陣営――は大きく出遅れている。両社は今、巻き返しを図っているところだ。(2010/12/21)

Apple、新型MacBookにIntelの「Sandy Bridge」搭載か
Appleは新型MacBookで、NVIDIAのGPUに換えて、GPU統合型のIntelのSandy Bridgeを搭載すると報じられている。(2010/12/10)

Intel Developer Forum 2010:
IntelはAtomで何をしたいのか?
「Netbook向けCPU」の印象が強いAtomだが、組み込み分野を攻略する戦略兵器であったはずだ。いま、Atomはどこを目指しているのだろうか。(2010/9/20)

Microsoft幹部、「Windows Phone 7」の魅力語る
Windows Phone 7はExchangeやOfficeなどの企業向け機能と、FacebookやXbox LIVEなどのコンシューマー向け機能をバランス良く提供することで市場シェアを獲得するとMicrosoft幹部は主張している。(2010/8/17)

Intel決算、過去最高の増収増益
Intelの4〜6月期の決算は、企業からの需要回復に支えられ、売上高が108億ドル、純利益は29億ドルと、予想を大きく上回った。(2010/7/14)

ムーリーさん、なんか見えてますよ:
ムーリー・エデン氏、「Sandy Bridge」のスペックを“ほんのちょっとだけ”話す
米Intelのムーリー・エデン氏が来日。COMPUTEX TAIPEI 2010の「PCクライアント・セッション」で触れなかった次世代CPUのスペックに言及した。(2010/6/8)

Intel、タブレット向けAtom「Oak Trail」発表
タブレット、Netbook向けの新Atom「Oak Trail」に加え、Intelは厚さ14ミリの薄型Netbookプラットフォーム「Canoe Lake」も披露した。(2010/6/2)

COMPUTEX TAIPEI 2010:
インテルのセッションで姿を見せた「Intel 6シリーズ」マザー
インテルは基調講演とPCクライアントセッションで「Sandy Bridge」「デュアルコアAtom」「Oak Trail」をアピール。次世代マザーも“さりげなく”登場した。(2010/6/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。