ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

  • 関連の記事

「Oppo Find」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Oppo Find」に関する情報が集まったページです。

新規契約が条件:
楽天モバイル、「楽天スーパーSALE」で10機種を最大約89%値下げ 一部機種は「タイムセール」で登場
楽天モバイルが「楽天スーパーSALE」に合わせて、スマホやケータイ計10機種を値下げ。ドコモ回線の通話SIMの新規契約者を対象に「AQUOS R compact SH-M06」「ZenFone 5(ZE620KL)」などを最大約89%引きで提供する。「LG Q Stylus」「Find X」「R17 Pro」については、最大約70%オフにするタイムセールを行う。(2019/6/4)

楽天モバイルがMNO回線への移行を案内 3月14日10時以降の契約者にはSIMカードを発送
楽天が「楽天モバイル」のMVNO→MNO回線への移行に関する案内を掲載。3月14日10時以降に新規契約したMVNO回線は10月以降に順次MNO回線のSIMカードを発送するという。既存ユーザーへの対応は、今後改めて案内するという。(2019/3/14)

スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2018:
発表! 2018年を代表するスマートフォンは?
2017年12月から2018年12月中旬までに発売されたスマートフォンの中からベストな機種を選出する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2018」。ノミネート10機種の中から選ばれた1機種を発表します。(2018/12/28)

スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2018:審査員が選ぶ「2018年を代表するスマホ」5機種
ITmedia Mobileは12月上旬、2018年を代表するスマートフォンを決定する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2018」の審査会を開催しました。審査に先立ち、審査員がそれぞれ5機種ずつノミネート候補を挙げました。今回は、委員の皆さんが推薦した機種とその理由を紹介します。(2018/12/22)

ノミネート機種は10機種!――「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2018」
その年を代表するスマートフォンを選定する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー」を今年(2018年)も開催します! まず、今年の選考委員とノミネート機種をご紹介。(2018/12/14)

Mobile Weekly Top10:
ソフトバンク・Y!mobileで約4時間の通信障害/「PayPay」フィーバー
ソフトバンクとY!mobileの4G LTEネットワークを使う通信サービスが、12月6日に大規模な通信障害を起こしました。その原因は意外なことに「ソフトウェアの証明書」でした。(2018/12/10)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
しまえるカメラが魅力的! 撮って試す「OPPO Find X」の実力
OPPOの「Find X」はカメラを“しまえる”のが大きな特徴。その写りは果たしてどのようなものか。試してみるのである。(2018/12/8)

IIJが「Huawei Mate 20 Pro」「ASUS ROG Phone」ほか計6機種を販売
個人向けSIMロックフリースマートフォンの販売サービス「IIJmioサプライサービス」は、11月30日から6機種を追加。新たにASUS製「ROG Phone」、Huawei製「Mate 20 Pro」「MediaPad M5」「MediaPad M5 Lite」「MediaPad T5」、SIMフリー翻訳機「ez:commu」が加わる。(2018/11/29)

IIJmioで「OPPO Find X」を発売 1万円のAmazonギフト券プレゼントも
個人向けSIMロックフリースマートフォンの販売サービス「IIJmioサプライサービス」は、11月9日からOPPO製「OPPO Find X」を販売開始。これを記念し、1万円分のAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーンも行う。(2018/10/30)

Mobile Weekly Top10:
シャープの有機ELスマホ「AQUOS zero」/OPPOのフラグシップスマホが日本上陸へ
シャープの有機ELディスプレイスマホの正体は「AQUOS zero」でした。国内の取り扱いキャリアに注目が集まっていましたが、最終的にソフトバンク「独占」ということになりました。(2018/10/11)

山根康宏の中国携帯最新事情:
“飛び出すインカメラ”でほぼ全画面化 先端技術で先ゆく中国スマホメーカー
2018年6月に、中国メーカーがエポックメーキングともいえる最先端のスマートフォン2モデルを発表した。切り欠きなしのベゼルレス化を実現しているVivoの「NEX」とOPPOの「FIND X」だ。この新ギミックは、長年の製造ノウハウがあって誕生したといえる。(2018/6/27)

中国発ハイスペックAndroid端末「Oppo Find 7」 5000万画素撮影も可能
「Oppo Find 7」は2560×1440ピクセルの5.5インチディスプレイ搭載でLTEもサポートするハイエンドAndroidスマートフォン。中国では3498元(約5万8000円)で発売する。(2014/3/20)

人々にとって“身近な存在”でありたい――駅チカ電源カフェ「beez銀座」の狙い
8月末、銀座一丁目から徒歩1分という好立地に電源カフェ「beez(ビーズ)」の2号店「beez銀座」がオープンした。ユーザーにとってどんな“場”なのか、オープン前日に行われたイベントの様子と併せて紹介する。(2013/8/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。