ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「PC-8001」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「PC-8001」に関する情報が集まったページです。

製品分解で探るアジアの新トレンド(46):
復刻版ゲーム機でたどる半導体30年の進化
ここ4〜5年で、家庭用ゲーム機の復刻版が次々と発売されている。分解してチップを比べると、半導体が30年で遂げてきた進化が見える。(2020/5/29)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(2)量子コンピュータ(2):
量子コンピュータよ、もっと私に“ワクワク”を
この連載のために量子コンピュータについて勉強し続けていますが、今一つワクワクしません。ハードがないのにアルゴリズムの研究が何十年も行われているのは素直にすごいと思いますが、ことアプリケーションの話になると、どうも“ショボい”気がするのです。そうは言っても、連載を続けないといけませんので、「私の、私による、私が楽しむためだけの記事」として筆を進めることと致します。(2020/5/25)

仕事を支えてくれた2019年のマイベストガジェット6選
筆者の仕事は、いつでもどこでも仕事ができることが強み。それにガジェットを追加することで、もっと仕事の効率が向上する。この記事では、2019年に買ったベストガジェットを6つ紹介する。(2019/12/29)

デビット社長や企画チームに技術陣が倍返し!? :
殿、無理でござる。「いや、なせばなる」――「LAVIE Pro Mobile」誕生秘話
「最軽量だけ目指すのは意味がない、要は全てのバランスだ」。1つのPCが世に出るまで、さまざまな社内チームの意見がぶつかり合う。NECパーソナルコンピュータの開発陣が、自社のモバイルPC「LAVIE Pro Mobile」の誕生過程を振り返った。(2019/11/26)

NECの8ビットパソコンの名機「PC-8001」のミニ版が発売 同じく1/4スケールのハル研究所製「PCG8100」も
ノートPCの同梱商品だった「PasocomMini PC-8001」がついに。(2019/10/1)

「PasocomMini PC-8001」が10月5日発売 「PCG8100」のミニチュア版とセットで2万4800円
NECブランドのPC事業40周年に合わせてハル研究所が開発した「PasocomMini PC-8001」とPC-8001の周辺機器「PCG8100」のミニチュア版のセットが一般販売されることになった。PCG8100のミニチュア版は単品販売も行われる。(2019/9/29)

写真と動画で見る「PasocomMini PC-8001」(起動・終了編)
NECが「PC-8001」を発売して40年。それを記念してハル研究所が開発した「PasocomMini PC-8001」の起動と終了の方法を紹介する。(2019/8/29)

あまりの軽さに思わず声が出る 約837gの軽量モバイル「LAVIE Pro Mobile」を買って使ってみた
性能はよいが重たいノートPCに悩んでいた筆者がNECパーソナルコンピュータの「LAVIE Pro Mobile」と出会い、購入した。この記事は、そのいきさつを記したものである。(2019/8/27)

NEC PC、ゲーミングPC市場に参入 「Project Engine(炎神)」始動
NECパーソナルコンピュータは、ゲーミングPCを開発するプロジェクト「Project Engine(炎神)」を発表した。(2019/8/5)

写真で見る「PasocomMini PC-8001」(パッケージ・接続編)
NECが「PC-8001」を発売して40年。それを記念してハル研究所が開発した「PasocomMini PC-8001」のパッケージと接続の様子を写真で簡単に紹介する。(2019/8/5)

40周年記念を受けた次の一手:
NECがゲーミングPCを投入か 「Project 炎神」稼働中
NECパーソナルコンピュータが、NECの事業の源流となった「PC-8001」の生誕40周年にちなんだ取り組みを発表。その中で、ゲーミングPCへの取り組みについての言及もあった。また、特別カラーモデルやミニチュアモデルも動画でチェックしよう。(2019/8/5)

NECの名機「PC-8001」の「ミニ版」が40周年記念ノートPCに同梱 実機同様にBASICを動かせる
ノートPCのほうも、PC-8001をイメージした配色に仕上げられています。(2019/8/5)

NEC PC、「PC-8001」ミニを発表 40周年を記念した「LAVIE Pro Mobile」特別カラーモデルとセット販売
NEC PCが、「PC-8001」の誕生40周年を記念した同機種のミニモデル「PasocomMini PC-8001」と、PC-8001のデザインをあしらったノートPC「LAVIE Pro Mobile」特別カラーモデルを発表した。(2019/8/5)

「PC-8001」40周年を記念したLAVIE Pro Mobileの特別モデルが登場 ラズパイベースのゲーム付きミニPC-8001も登場
NECパーソナルコンピュータのモバイルPC「LAVIE Pro Mobile」特別モデルが登場。同社の事業の源流となる「PC-8001」をモチーフとしたカラーをまとい、当時の「NEC」ロゴをあしらっている。合わせて、PC-8001のプログラムを稼働できるミニチュアモデルを製作。一定の条件でプレゼントする。(2019/8/5)

PC-8001誕生40周年、NECがオマージュを込めた「特別モデル」発売か
NECパーソナルコンピュータが「PC-8001」の誕生40周年を記念して「8001へのオマージュを込めた特別モデル」を発表する。(2019/7/25)

NECパソコン生誕から40年 8月5日にPC-8001にちなむ“特別モデル”登場へ
2019年8月、NEC(現・NECパーソナルコンピュータ)が「PC-8001」を発売してから40周年を迎える。それを記念した“特別”が、8月5日に発表される。(2019/7/25)

2019年PC春モデルのトレンドを考察 「ノートPCの地味ながら着実な進歩」とは
PCメーカー各社の2019年春モデルがほぼ出そろった。モバイルノートPCのトレンド?(2019/2/1)

学生向けの12.5型モバイルPCとボイスで起動する液晶一体型PC LAVIE 2019年春モデルまとめ
NEC パーソナルコンピュータが2019年PC春モデルを発表。見どころをまとめた。(2019/1/22)

「平成\(^o^)/ネット史というタイトル案もありました」 NHKの正月特番「平成ネット史(仮)」、制作裏話を聞く
NHKが20年以上に及ぶインターネットの歴史をひもとく番組「平成ネット史(仮)」をEテレで放送する。「『平成ネット史』というと固いじゃないですか、だから(仮)が付いているんですよ」――そう話すのは、同番組のチーフプロデューサーだ。制作の裏話を聞いた。(2018/12/28)

あの「ベーマガ」が15年ぶり“再創刊”! 「電子工作マガジン」12月19日号の別冊付録として
創刊号掲載プログラム「エイリアンフィールド」も2018年版になって復活。(2018/12/14)

TechFactory 人気記事TOP10【2017年9月版】:
2000万円の3Dプリンタが注目される理由
TechFactoryコンテンツランキングTOP10、2017年9月は「世界初ずくめの3Dプリンタ」が人気でした。この他、AppleとMicrosoftの奇妙な一致、マイクロLED市場の動向にも注目が集まりました。(2017/10/19)

立ちどまるよふりむくよ:
PasocomMini MZ-80Cが発売前にアップグレード PCG標準搭載で精緻なグラフィックスが可能に
え? 無理じゃなかったの? あわてて予約する人が出てきそう。(2017/7/3)

立ちどまるよふりむくよ:
ぼくのMZ-80が小さくなって帰ってくる! 「PasocomMini MZ-80C」とは何なのか
KORG MS-20 mini、NINTENDOクラシックミニに続いてオールドタイマーを熱くさせるレトロ復刻ガジェットが登場した。(2017/5/11)

シャープ「MZ-80C」を再現、中身は「Raspberry Pi A+」:
懐かしの8ビット機が手のひらサイズで復活! BASICが動く「PasocomMini MZ-80C」登場
往年の8ビットパソコン名機「MZ-80C」をミニチュアサイズで再現した「PasocomMini MZ-80C」をハル研究所が発売する。BASICでUSB機器やGPIOの制御も可能。ハードウェアは「Raspberry Pi A+」を採用した。(2017/5/11)

立ちどまるよふりむくよ:
コンピュータで音楽を作る時代はこうして始まった
1982年、8ビットのコンピュータとシーケンサーを使ってライブをやっていた証拠写真が見つかった。自分のだけど。(2016/6/24)

PC USER 週間ベスト10:
Atomプロセッサ開発終了で激安Windowsタブレットは市場から姿を消す?(2016年5月9日〜5月15日)
今回のアクセスランキングは、米Intelが次期Atomプロセッサの開発をキャンセルしたことによる市場への影響を予測した記事や、値下がりが止まらないアキバのSSD事情にアクセスが集まりました。(2016/5/16)

5月9日:日本PCの原点、NEC「PC-8001」登場
(2016/5/9)

「PC-8001」や「AIBO」など25件が「未来技術遺産」に 国立科学博物館
国立科学博物館は、2015年度の「未来技術遺産」に、NECの8ビットPC「PC-8001」やソニーの「AIBO」など25件を登録した。(2015/9/2)

「ゲームセンター岩田と呼んでいた」――東工大が任天堂・岩田社長への追悼文を公開 同級生の教授らが学生時代のエピソードを明かす
30年以上前に学内外で同じ時を過ごした教授3人のコメントが掲載されています。(2015/8/4)

PC98のカタログがまた読める! シャープの電子書籍ストアで「NEC」のカタログ復刻
うおおおおおおお!(2015/6/5)

「PC-8800」シリーズなどカタログ無償公開 シャープのサイトで
「PC-8001mkII」など往年のNEC製PCの復刻カタログの配信が、シャープの電子書籍ストアでスタートした。(2015/6/5)

PC-8000シリーズなどのカタログが復刻:
GALAPAGOS STOREの「レトロ家電カタログ」、メーカーの枠を超えNECパーソナルコンピューターが参加 
シャープ製品のカタログなどを電子書籍として復刻している取り組みに新展開。メーカーの枠を超え、NECパーソナルコンピューターの復刻カタログの配信も始まったGALAPAGOS STOREの「レトロ家電カタログ」。その取り組みを追った。(2015/6/5)

当時の記憶がよみがえる「懐かしのホビーパソコンガイドブック」発売
(2014/10/22)

おっさんホイホイ:
「X68000の日」に“レトロPC”が勢ぞろい――あの黄金時代を振り返る
2014年6月8日にレトロエクスプレス2号が開催された。X68000、PC-6001、X1など、レトロPCを中心とするハード/ソフトの展示即売会だ。今回の開催地は秋葉原。当然行ってきましたよ。(2014/6/11)

3Dプリンタ銃逮捕事件:
3Dプリンタ業界はPC業界の過ちを繰り返してはいけない
無意味な批判や規制ではなく、将来に向けた建設的な話し合いへ――ジャーナリストの林信行氏が“3Dプリンタ銃”事件で浮き上がった、3Dプリンタに関するさまざまな問題や解決案を整理した。3Dプリンタは、かつてPC業界が歩んだ同じ道を歩んでいる!?(2014/5/15)

3次元って、面白っ! 〜操さんの3次元CAD考〜(32):
タダって思ったよりも高い!? 無償&廉価3Dツールとの付き合い方
専門家ではなくても手が届きやすいデジタルツールである、無償3次元CADや個人向け3Dプリンタだが、やはり「無償」や「廉価」であるのには理由がある。次々と起こる問題を自力で解決できないと、使いこなせないかも。(2014/2/26)

安藤幸央のランダウン(66):
フリーソフトウェアGNU30周年と開発環境、開発ツールの歴史を振り返る
GNU誕生から30年が経った2013年。ソフトウェア開発の環境/ツールはどのように変化していったのだろうか。簡単に振り返りつつ未来を予想する。(2013/10/7)

“AI”はどこへ行った?(1):
“AI”は死語!? 検索すると、歌手がずらり……
人工知能(AI)の歴史は古い。今は、「AI」という言葉こそ聞かれなくなったが、Appleの「iPhone」に搭載されている音声認識機能「Siri」や、IBMのスーパーコンピュータ「Watson」などの登場により、人工知能自体は再び注目を集めている。では、いったい何をもってして“人工知能”というのだろうか……。(2013/8/1)

NECのPCを支えるコンタクトセンター:
自動音声診断によって顧客自身でトラブルを解決
およそ30年にわたり5200万台以上のPCを世に送り出してきたNEC。それら製品のユーザーを支える重要な役割を担うのが、全国に複数の拠点を持つコンタクトセンターだ。これまでの歴史の中で積み重ねた経験と最新技術を駆使して、顧客サービスのさらなる向上を目指す。(2010/10/15)

SMB向け業務パッケージ紹介【人事・給与編】:OSK
カスタムなしで最適な業務パッケージに仕立てる「SMILE BS 人事給与」
人事業務は企業のポリシーが反映するため、パッケージの標準機能だけでは満足できる製品が少なかった。「SMILE BS 人事給与」は必要な情報を自由に設定できるという点で、パッケージの限界を超えたものになった。(2010/8/31)

ITは、いま:
「更新が励みに」 87歳現役ブロガー「八十爺」
87歳の石川久万さんは1日3時間ほどネットを楽しむ。傘寿記念で開設したWebサイトと4年前から続けているブログの更新が毎日の励みだ。(2009/6/11)

小牟田啓博のD-room:
第24回 ケータイ業界とエンジニアの皆さんにエールを贈りたい
数々の端末を世に送り出してきたデザインプロデューサーの小牟田啓博氏が、日常で感じたこと、経験したことを書き綴る「小牟田啓博のD-room」。最近体験した自身の講演でケータイ業界に危機感を持ったという。小牟田氏がケータイ業界、さらにエンジニアの皆さんにエールを贈る。(2008/9/25)

「TK-80」などNEC歴代PCを紹介するギャラリー
NECの歴代PCを紹介する特設ページがコミュニティーサイト「zigsow」上にオープンした。(2008/3/26)

懐かしのNEC製PCを紹介する「NEC歴代PC紹介コーナー」を開設――NEC
NECは、同社製PCの中から人気製品を厳選して紹介する「NEC歴代PC紹介コーナー」を、コミュニティサイト「zigsow」に公開した。(2008/3/25)

アキバだったら「リナックスカフェ」、巣鴨だったら「すがもパソコン茶屋」
個人的には高齢者のPCユーザーにアキバの若手店員を一喝して欲しいと思うのだが、その壮大な企ての第一歩が巣鴨のネット“茶屋”で始まろうとしていた。(2007/7/26)

田口元の「ひとりで作るネットサービス」探訪:
ネットもプログラミングも全部“ゲーム”――3分クイズ・秋元裕樹さん
「3分クイズ」などを作ったサイボウズ・ラボの秋元裕樹さんは、小学生のころからゲームに魅せられていた。ブログ運営やインターネットそのものも、彼にとっては大きな意味での“ゲーム”だという。(2007/4/17)

座談会:
PR:なぜATOKを使い続けるのか、その理由を語ろう
Windowsには標準で日本語入力システムが付属している。にもかかわらず、自腹を切ってまでATOKを購入し、使い続ける理由は何か。世代やバックグラウンドが異なる3名のATOK愛用者にお集まりいただき、その理由をざっくばらんに語ってもらった。(2006/3/27)

「XANADU NEXT」レビュー:
既存のヌルいRPGなんてやってらんねーという方への処方箋
今から20年前に、PCゲーム史に残る記録を作った1本のタイトルがあった。その続編となる作品が、世紀をまたぎまったく新しいシステムを備えて登場する。名は「XANADU NEXT」。元となったXANADUとは? そして、20年ぶりの続編はどのようなものになっているのか?(2005/10/25)

Interview:
「SoftEtherを危険視するのはおかしいです」――19歳の開発者に聞く
19歳の学生が開発したフリーソフトが、いまネット上で大きな話題になっている。ソフトの名は、「SoftEther」。画期的なVPNソフトでありながら、一時公開中止になるなど波紋を呼んでいるこのソフトについて、開発者に聞いた。(2004/1/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。