ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

「PCA」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「PCA」に関する情報が集まったページです。

開発委託せずに、ユーザー自身で作れる:
“Excel感覚”でWeb業務アプリを作れるクラウドサービス、SCSKが開始
SCSKが、自分でWebアプリケーションを作成できるクラウドサービス「CELF(セルフ)」の提供を開始した。(2016/7/21)

Windows 10 The Latest:
アップグレードは大丈夫!? 各社のWindows 10対応状況まとめ
期間限定で無償アップグレードが提供されているWindows 10。だが無償だからといって飛びついていいのだろうか? アップグレードの成否を左右するハードウェア/ソフトウェア/サービスのWindows 10対応状況を取りまとめてみた。(2016/3/25)

NEC、中堅・中小企業のマイナンバー対応を支援 奉行やPCA Xとも連携
顔認証やログ監視、暗号化を活用した「マイナンバー安心セット」を提供。人事・給与ソフトとの連携も推進する。(2015/7/3)

資産を所有せずサービスとしてERPを利用する「クラウドERP」導入のコツ
「クラウドERP」導入完全ガイド
サーバなどのハードウェアが不要で運用管理の手間も少ないクラウドERPを検討する企業が増えている。その最新トレンドや製品の選び方、製品の比較などをお届けする。(2012/12/5)

診療所向け電子カルテ製品紹介:ピー・シー・エー
経営データとの連携も容易な電子カルテ「PCA HyMarks Clinic」
中小企業の基幹業務パッケージ製品を多く手掛けるPCA。同社が2009年に販売開始した診療所向け電子カルテにもそのノウハウが生かされているという。(2012/10/11)

【IFRS】IFRS先行企業インタビュー【第9回】
会計ソフトのPCA、IFRSを自主適用して分かったこと
会計ソフトで知られるピー・シー・エーがIFRSを自主的に適用し、連結財務諸表を公表している。IFRS適用のノウハウを蓄積し、自社の製品開発に生かす考えだ。何に苦労して、何を感じたのか。公認会計士でもある経理部長に聞いた。(2012/8/17)

クラウドERP製品カタログ【第10回】PCA
利用1000社突破、「PCA for SaaS」が他サービスと違う点は?
早くからクラウドERPに取り組んできたPCA。こだわってきたのはオンプレミス版の使い勝手の良さを犠牲にしないことだった。利用1000社を突破した「PCA for SaaS」を紹介する。(2012/8/13)

クラウドERP製品カタログ
ERPの機能をクラウドサービスとして利用する――そんな使い方が広がっている。ライセンスや運用管理のコストを抑えることができ、データ保護も期待できる。主要製品を紹介する。(2012/8/8)

2014年4月に8%、2015年10月に10%へ
【市場動向】消費税増税へ、改修必至の企業システムは?
消費税増税の可能性が高まってきた。しかもこれまでに例のない2段階での増税で、一部商品に対する軽減税率の適用も検討されている。企業情報システムへの影響を考えてみた。(2012/7/30)

SMB向け業務パッケージ紹介
中堅・中小企業の業務パッケージにおいては、機能面での差別化が難しくなってきた。そんな中、サービス、手軽さ、拡張性などで工夫を凝らし、ベンダー各社はしのぎを削っている。本連載は、自社に最適なパッケージ選びの一助になるはずだ。(2010/8/10)

SMB向け業務パッケージ紹介【人事・給与編】:ピー・シー・エー
SaaSにも対応、進化し続ける業務パッケージ「PCA給与9 V.2R7/人事管理9 V.2」
業務パッケージの世界は既に機能が成熟化し、機能の差別化が難しいとされている。その定説を覆すかのごとく真っ先にSaaS化に取り組み、ネットワーク化や連携機能の強化で付加価値を高めているのがPCAだ。(2010/7/2)

販売管理製品紹介:ピー・シー・エー
販売管理を起点に社内全体の業務効率化を実現する「PCA Dream21」
完成度の高いパッケージソフトでありながら、多彩なモジュールとシステム連携を組み合わせることで柔軟なカスタマイズが可能な「PCA Dream21」。本稿では販売管理モジュールを中心に紹介する。(2010/5/21)

実践! 中堅・中小企業のための賢いIT投資【最終回】
SaaSと自社内運用、本当に得なのはどっち?
初期投資を抑えつつ、迅速にITシステムを展開できるSaaS。その一方で、システムを所有することが長い目で見るとコスト削減につながる場合もある。どちらに投資すべきか、その選択基準をヒト・モノ両面で定めよう。(2010/3/17)

診療所向け電子カルテ製品紹介
診療所のIT化の核ともなる「電子カルテ」。市場に多数存在するシステムの中から、最適なものを選択するためには? 本連載では、診療所でも導入しやすい電子カルテシステムをベンダー取材を通して紹介する。(2010/3/3)

販売管理製品紹介
利益管理や在庫適正化だけでなく、内部統制の観点でも販売管理は流通業の生命線といえる。販売管理製品を提供する各ベンダーへの取材を基に、それぞれの製品の特徴をまとめた。(2010/1/28)

インターコム、給与明細書などの電子化でコスト削減を図る新ソフトウェアを発売
ソフトウェア開発のインターコムは、給与明細書などを電子化して従業員が使うパソコンなどに自動配信するWindows用ソフトウェアを開発した。(2009/11/10)

中堅・中小企業向けプロダクトレビュー
情報共有と経理、“一石二鳥”のJ-SaaS対応版desknet's
「desknet's+LiRaku」は、業務効率化を支援するグループウェアと、経理業務を補完するワークフローがセットになったJ-SaaS対応サービス。手ごろな料金でROIも大きく、SMBの弱点を補える。(2009/11/6)

SMBのためのSaaS利用術【第3回】
実はある、基幹系をSaaSで生かせる分野
まだ成長段階にある中小企業の基幹系システム。とかくSaaSには向いていないといわれるが、有効にSaaS活用できる領域は確かに存在する。(2009/7/8)

NEWS
MSが「15人以下の企業」向け低価格Windows Server、5万円台のプリインストール機も
マイクロソフトは社員15人以下の中小企業を対象にしたサーバOSをリリース。機能や拡張性を限定し、搭載サーバを低価格で提供することで導入障壁を下げる。(2009/4/23)

手軽に帳票作成とERPを連携:
PR:ワークフローシステムへの二大ニーズを実現
日常業務に密接にかかわるワークフローシステムは、社内のエンドユーザーからさまざまなニーズが寄せられることが多い。帳票作りなどへのニーズに対してきめ細かく応える製品に人気が集中しているようだ。(2009/1/26)

クラウド時代をリードするモバイルSaaS【第1回】
ケータイ活用の進化形「モバイルSaaS」がウケる訳
ASP/SaaSビジネスは黎明(れいめい)期を過ぎ発展の段階に入った。特に「モバイルSaaS」市場の盛り上がりが顕著だ。法人市場で新しいSaaSも登場する中、制約の多い携帯端末で利用するSaaSの可能性とは?(2008/11/6)

NEWS
SMBでの販売管理/購買管理パッケージ導入進む、ノークリサーチ調査
ノークリサーチが、中堅・中小企業における販売管理/購買管理アプリケーション導入状況に関する調査結果を発表。単体パッケージ製品の導入が進む一方、中堅企業ではERPパッケージの導入も進んでいる。(2008/9/26)

勘定奉行の人気変わらず――中堅・中小企業の財務管理ソフト
国内のSMB企業で最も導入している財務管理アプリケーションは「勘定奉行」で、シェアの約3割を占めることが明らかになった。ノークリサーチ調べ。(2008/9/17)

給与明細は自分で発行――「Web給金帳」がリコーのimagioに対応
給与・賞与明細書などを電子化・自動化するソフト「Web給金帳 V2」が、リコーの複合機「imagio」シリーズに対応した。複合機のタッチパネルから、給与・賞与明細書などをプリントアウトできる。(2008/7/16)

連載:SaaSで一歩抜け出す中小企業:
それなりに多いSaaS普及への課題
SaaSの普及にはさまざまな問題があるが、ベンダーはそれぞれ工夫をこらした動きをし始めている。(2008/4/25)

ソフト会社のSaaS展開を楽にしたい――マイクロソフトが支援プログラム始動
マイクロソフトは、ソフトウェアベンダーのSaaS事業化を支援する「SaaSインキュベーションセンタープログラム」を発表した。KDDIや富士通など4社がパートナーとなる。(2008/3/13)

MSとKDDI、SaaSビジネスで提携
マイクロソフトとKDDIはSaaSを利用して、PCや携帯電話からさまざまな業務システムを利用できるサービスを予定する。(2007/6/27)

電子メールで給与明細確認、インターコムが配信システムの新バージョン
インターコムは3月14日より、明細電子配信システムの新バージョン「Web給金帳 V2 メール版」の販売を開始する。(2007/3/2)

製品市場地図を読む「座礁しないERP」:
「ウチは特殊だから」という偏見を捨て見直してみる――パッケージ製品の底力
ERPを含む業務アプリケーションの市場では、長年にわたって複数のベンダーが入り乱れ、激しい競争を繰り広げてきた。各ベンダーの製品戦略を追いながら、中堅・中小企業が取り組む「全体最適」の実現のヒントを探る。(2006/10/27)

ゼロから始める中小企業IT化への道:
比較すべきは管理会計――財務会計パッケージの新たな選択ポイント
近年ますます重要度が高まっている財務会計パッケージ。しかし市場の多くのパッケージには差がなくなってきている。今、中小企業はどこを選択のポイントにすればよいのだろうか?(2006/5/8)

強い中堅企業のIT化シナリオ:
ビジネスという真剣勝負の場に「ITマニア」など不要
かつて中堅・中小企業にパッケージソフトでIT環境を最適化する時代があったが、PCの台頭で企業内に生まれたITマニアがこれをつぶした。ビジネスという真剣勝負の場で、同じ過ちが繰り返されてはならない。(2006/3/23)

Webで給与明細書を自動配布、インターコムが新ソフトを追加
インターコムは、「給与大臣」「弥生給与」といった市販の給与計算ソフトと連携する給与明細インターネット自動配信システム「Web給金帳 V2」の新製品を発表した。(2006/1/17)

MS、中堅企業向けに低価格化した「MOM 2005」で日本版SOX法対応も支援
マイクロソフトは、MOM 2005を中堅企業向けに低価格化したパッケージ「Microsoft Operations Manager 2005 Workgroup Edition日本語版」の販売を開始する。(2006/1/12)

PCA、e文書法対応の財務会計パッケージなどを発表
PCAは、中堅・中小企業向け基幹業務パッケージ群「PCA 8V.2シリーズ」を2006年1月23日から発売すると発表した。(2005/12/19)

Microsoft Virtual Server、64ビット対応で拡張性向上
64ビット対応したMicrosoft Virtual Server 2005 R2 日本語版が発表された。仮想化環境をサポートした製品の拡充を推進すべく、IHVやISVらと協業していくことも明らかにされた。(2005/12/1)

情報漏えい対策に配慮した中堅/中小企業向けのバックアップサービス
ピー・シー・エーとシーイーシーは、情報漏えい対策に配慮したASP型のファイルバックアップサービスを中堅/中小企業向けに提供する。(2005/9/12)

シーイーシー、EPMソリューションを紹介するセミナーを開催
6月2日、EPMによる迅速な経営判断のためのソリューション紹介がシーイーシー主催のセミナーで行われた。(2005/6/3)

富士通とマイクロソフト、共同で中堅企業向け中堅企業向け高信頼ソリューションを提供開始
富士通とマイクロソフトは、Windows Server 2003搭載フォルトトレラントIAサーバと、業務パッケージソフトウェアを組み合わせた中堅企業向け高信頼ソリューションを提供する。(2005/3/10)

マイクロソフト、Excel用データ分析ツールを業務パッケージソフトメーカー各社と共同開発
マイクロソフトは、Excel 2002/2003用のデータ分析ツール「住中先生のビジネス ウィザード 2004」を、業務パッケージソフトウェアメーカー各社と共同で開発した。(2004/9/10)

ERPとCRMの統合で営業力強化〜PCAが経営改善セミナー開催へ
ピーシーエーは、「PCA Dream21」とシーイーシーの「WonderWeb/CRM」を連携したソリューションを紹介するセミナーを、東京、大阪、名古屋で開催する(2004/7/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。