ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「プリクラッシュセーフティシステム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プリクラッシュセーフティシステム」に関する情報が集まったページです。

ROSを使ってロスなくロボット開発(中編):
ROSとシミュレーターの連携が生み出す新たな可能性
ロボットの開発に広く利用されるようになっているロボット開発プラットフォーム「ROS(Robot Operating System)」の活用について解説する本連載。今回は、「ROSの活用シーンとしてのシミュレーターとの連携」をテーマに、ロボット開発におけるシミュレーターの重要性や、ROSと連携可能なシミュレーターなどについて解説する。(2021/2/25)

組み込み開発ニュース:
ザイリンクスが事業方針を説明、AMDの買収でも“アダプティブ”を堅持
ザイリンクスがオンラインで会見を開き事業方針を説明。2021年末にはAMDにいる買収が完了する予定だが、従来と変わらず適応型(アダプティブ)演算プラットフォームを推進する事業方針を堅持していくという。(2021/1/29)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
圧倒的に正しいEV登場
トヨタ自動車は2020年12月25日に、超小型モビリティEV車、「C+pod」(シーポッド)を、法人と自治体を対象に限定して発売した。価格は2グレード構成で165万円と171万6000円(それぞれ税込み)。(2021/1/11)

本格販売は2022年:
トヨタ、2人乗り「超小型EV」を発売 法人の近距離移動ニーズに対応
トヨタ自動車は、超小型EV「C+pod(シーポッド)」の法人向け限定販売を開始した。小回りがきくEVの新型モデルを投入し、幅広い地域や用途での活用を提案。小型EVを活用したサービスの検討も進め、EV普及の足掛かりとする。(2020/12/25)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ビンテージイヤーに乗った特筆すべきクルマ(後編)
日本のクルマはとても良くなった。筆者が自動車雑誌の出版社に入ったのは1987年で、まだバブルの真っ最中。それから33年、長い月日をかけて、日本車は世界のクルマとトップを競えるようになった。後編で扱うクルマは、トヨタ・ハリアー、スバル・レヴォーグ、マツダMX-30の3台である。(2020/12/21)

PR:白いカーボンで軽くて頑丈、しかもパワフル!「Yoga Slim 750i Carbon」で新次元の快適モバイルライフを手に入れよう!!
レノボ・ジャパンの「Yoga Slim 750i Carbon」は、インテル Evo プラットフォームに準拠した13.3型モバイルノートPCだ。見た目にも美しいムーンホワイトのカーボンボディーを採用することによって、約966gという軽量ボディーを持ちながらもMIL規格に準拠する耐衝撃性能を備えている。それでいて、性能面で妥協もしていない。その実像をチェックしていこう。(提供:レノボ・ジャパン合同会社)(2020/12/15)

自動車業界の1週間を振り返る:
EV販売より取り扱い終了を選ぶディーラーも? Uberは自動運転と空飛ぶクルマ手放す
みなさんこんにちは、金曜日です。寒いですね。1週間、お疲れさまでした。東京都が2030年までに都内で販売する新車を全て電動車にする方針を示したこともあり、先週に引き続き、今週も電動化の動向が話題になりましたね。(2020/12/11)

安全システム:
2020年を代表する新型車は「レヴォーグ」に、「アイサイトX」の構成比は94%
日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会は2020年12月7日、「2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤー」(以下、COTY)をSUBARU(スバル)「レヴォーグ」が授賞したと発表した。新型「レヴォーグ」の受注台数は、月販目標の2200台に対し、同年12月6日までに1万2594台に達した。運転支援システム「アイサイトX」搭載グレードの構成比は受注台数全体の94%に上る。(2020/12/8)

輸入車はプジョーが受賞:
今年の1台は「レヴォーグ」 日本カー・オブ・ザ・イヤーに選出
「日本カー・オブ・ザ・イヤー」の最終選考会が実施され、スバルの「レヴォーグ」がイヤーカーに選ばれた。(2020/12/7)

5年ぶり全面改良:
スズキ、新型「ソリオ」を発売 全長8センチ拡大、室内空間を広く
スズキは12月4日、小型車「ソリオ」と「ソリオバンディット」を全面改良して発売する。車体のサイズを拡大し、広い室内空間や荷室を確保。カラーヘッドアップディスプレイなどの装備も追加し、使い勝手を向上させた。(2020/11/25)

安全システム:
レクサス新型「LS」が発売、最新の高度運転支援は2021年に搭載
トヨタ自動車は2020年11月19日、レクサスブランドのフラグシップセダン「LS」を改良して発売したと発表した。また、自動車専用道路向けの最新の高度運転支援システム「Advanced Drive」の搭載モデルは2021年に発売する予定であることも公表した。(2020/11/20)

米国で2021年秋に発売:
スバル、新型「BRZ」を世界初公開 新型エンジンで力強い加速、アイサイトも初搭載
スバルは、スポーツカーの新型「BRZ」(米国仕様)を世界初公開。新型エンジンを搭載して走行性能を高めたほか、BRZとしては初めて運転支援システム「アイサイト」を採用。安全性能も向上させた。米国で2021年秋に発売する。(2020/11/19)

車両デザイン:
スバル新型「BRZ」は2021年秋発売、トルクアップに高剛性化で走る楽しさ充実
SUBARU(スバル)は2020年11月18日、「BRZ」の新モデルを世界初公開した。(2020/11/19)

ついに登場! スバル、「BRZ」をフルモデルチェンジ FR+MTのピュアスポーツ
米国で2021年秋発売予定、228馬力の2.4リッター水平対向4気筒エンジンを搭載。(2020/11/18)

ホンダが「レベル3」年度内に実用化 コロナ禍で停滞も開発競争は激化
ホンダが、レベル3の自動運転機能を世界で初めて実用化した乗用車を年度内に発売する。世界的に競争が激化する自動運転技術で日本メーカーが存在感を示す一歩になり、他のメーカーも追随しそうだ。(2020/11/12)

「こ、怖ぇ顔になったな……」 レクサス、新型FRスポーツセダン「IS」発売 鋭い目つきと「走り」刷新
スピンドルグリルも「ガッ」とデカい。(2020/11/5)

タイで販売開始:
日産、新型ピックアップトラック「ナバラ」発表 デザインテーマは「頑丈」
日産自動車は、ピックアップトラックの新型「ナバラ」を発表した。12月にタイで販売を開始し、展開地域を順次拡大する。(2020/11/5)

自動車業界の1週間を振り返る:
自動車業界の上期決算発表がスタート/燃料ポンプで大規模リコール
みなさんこんにちは。金曜日です。初めての試みですが、自動車業界の1週間の出来事を振り返れるような記事を載せてみようかと思い、このようなコーナーを始めました。メールマガジンの編集後記のような、ゆるくふわっとしたトーンでやっていきます。週末なので軽い気持ちで「こんな記事も出ていたんだな」と思っていただけるととてもうれしいです。(2020/10/30)

モビリティサービス:
パナソニックの独自技術をWHILLに詰め込んだ追従型モビリティ「PiiMo」
パナソニック プロダクションエンジニアリング(PPE)は、オンラインで新製品発表会を開催し、追従型ロボティックモビリティ「PiiMo(ピーモ)」を2020年11月から販売開始すると発表した。(2020/10/29)

船も「CASE」:
自動航行時の重大事故を防止せよ、商船三井が衝突回避アルゴリズムを共同研究
商船三井は2020年10月19日、MOLマリン、海上技術安全研究所と東京海洋大学、商船三井テクノトレード、YDKテクノロジーズと共同で「避航操船アルゴリズムと避航自動化」に関する共同研究の実施に合意し、契約を締結したと発表した。針路上にいる船舶を避けて自動航行するアルゴリズム開発に取り組む。研究の一環として、船舶を用いた東京湾での実証実験も実施する。(2020/10/28)

船も「CASE」:
小さなヨットで取り組む自律“帆走”、漁業や海上タクシーへの貢献目指す
自律“帆走”技術の開発に挑むスタートアップ企業がある。野間恒毅氏がCEOを務めるエバーブルーテクノロジーズだ。現在、ラジコンヨットをベースにした全長1mのプロトタイプと、船型からオリジナルで開発した2m級のトリマラン「Type-A」を用いて、自律帆走の実証実験を重ねている。(2020/10/22)

「アイサイトX」など技術を結集:
スバル、新型「レヴォーグ」発表 期待を超える“超・革新”の3つの価値とは?
スバルは、新型「レヴォーグ」を発表した。新開発の高度運転支援システム「アイサイトX」をはじめ、同社の最新技術を結集。3つの価値で安全性能や走行性能、快適性を訴求する。(2020/10/15)

ハイブリッド仕様も新設定:
スバル、「インプレッサ」一部改良 3つの新グレードを追加、スポーティーな最上級グレードも
スバルは、主力モデル「インプレッサ」を一部改良した。5ドアハッチバックのインプレッサスポーツに、独自のハイブリッドシステム「e-BOXER」を搭載した新グレードを追加。スポーティーさを際立たせた最上級グレード「STI Sport」も新設定した。(2020/10/8)

船も「CASE」:
日本郵船の避航操船AIが学ぶ、「ベテラン船長の技」とは
日本郵船は日本の大手“海運”会社の1つだ。そのグループ企業には船舶関連技術の研究開発に取り組む日本海洋技術とMTIがある。彼ら日本郵船グループが手掛ける研究開発案件は、自動運航関連からリモートメンテナンス、環境負荷低減、高効率舶用ハードウェア、船舶IoT、航海情報統合管理システム、操船支援システム、船陸情報共有プラットフォームなど多岐にわたる。(2020/10/12)

安全システム:
いすゞの新型「D-MAX」、日立製ステレオカメラの採用で先進安全機能を実現
日立オートモティブシステムズは、同社のステレオカメラがいすゞ自動車の1トン積みピックアップトラック「D-MAX」に採用されたと発表した。ステレオカメラを搭載した「D-MAX」は、2020年9月のオーストラリアでの販売開始を皮切りに多国展開を計画している。(2020/9/30)

Go AbekawaのGo Global!〜Yonatan Wexler編(前):
機械には世界がどう見える? イスラエルの少年はゲームより「認識」がお好き
人間ならすぐできるのにコンピュータには難しい、そこが面白い――グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はOrCam TechnologiesのYonatan Wexler(ヨナタン・ウェクスラー)氏にお話を伺う。コンピュータで遊ぶより、コンピュータが持つ可能性に心引かれた同氏が「OrCam MyEye」を開発した理由とは。(2020/9/30)

新型レヴォーグに搭載:
SUBARUの新世代ADASに採用、市場首位オンセミのCIS
ON Semiconductor(オン・セミコンダクター)は2020年9月24日、同社のイメージセンシング技術がSUBARUの運転支援プラットフォーム「アイサイト」の最新世代に採用された、、と発表した。カメラベースのADASを実現するもので、同プラットフォームが搭載される初の車種は同年10月発売予定の新型「レヴォーグ」となる。(2020/9/24)

車両デザイン:
2021年開催の空飛ぶクルマレースはセキュリティ重視、アクロニスがサポート
アクロニス(Acronis)は2020年9月8日、“空飛ぶクルマ”のレース「Airspeeder」と提携したと発表した。参戦車両のデータセキュリティ向けにソリューションを提供する。(2020/9/23)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
「国民車」ヤリスクロス
原稿を書く側にしてみると非常に困るクルマだ。何か得意な芸があって、そこに集中して説明すれば伝わるというクルマではなく、オールラウンダー型の車両なので良いところを挙げていけばキリなく、それを全部書いていては冗長になる。かといって端折ると正確ではなくなる。正直だいぶ困っているのだ。(2020/9/21)

メッシ選手がアンバサダーに:
イスラエルのユニコーン企業オーカム、障害者の“目”になるウェアラブル機器がもたらす未来
視覚障害を持つ人々ができる限り健常者と同じ自立した生活ができるよう、印刷物の文字を読み上げたり、服の色や紙幣の額を識別することができる小さなウェアラブルデバイス、オーカムマイアイ。衝突回避システムの先駆者であるモービルアイの創業者が立ち上げた、イスラエルのユニコーン企業オーカムが作り上げた。(2020/9/17)

安全システム:
ダイハツ「トール」に新型ステカメと電動パーキングブレーキ、一部改良で
ダイハツ工業は2020年9月15日、小型乗用車「トール」をマイナーチェンジして発売したと発表した。兄弟車であるトヨタ自動車の「ルーミー」も同日から販売を開始する。なお、トヨタではルーミーをトヨタ店とトヨタカローラ店で、兄弟車の「タンク」をトヨペット店とネッツ店で取り扱ってきたが、ルーミーに一本化される。(2020/9/16)

主力小型車をマイナーチェンジ:
ダイハツ、「トール」を一部改良 新型ステレオカメラで安全機能拡充
ダイハツ工業は、小型車「トール」をマイナーチェンジして発売した。内外装デザインを刷新したほか、予防安全機能「スマートアシスト」に新たな機能を搭載している。(2020/9/15)

メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2020:
敷地面積50haのロボット開発拠点「福島ロボットテストフィールド」、2020年3月に開所
福島県南相馬市に、ロボット開発拠点「福島ロボットテストフィールド」が開所した。敷地面積50ヘクタールの広大な土地に、インフラ点検、災害対応エリア、水中/水上ロボットエリアなど、さまざまなロボットの実証実験を行う設備が揃(そろ)っている。(2020/9/9)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
日本勢の華麗なる反撃 アイサイトX
高度運転支援システムにまつわる「考え方」的な諸問題を解決し、使いやすく便利で、なおかつモラル的な逸脱をしっかり抑制したADASへと生まれ変わったのが、今回デビューしたアイサイトXだ。また大袈裟だといわれるのを覚悟して書くが、アイサイトXは、2020年の時点では世界最高のADASだといえるし、少なくとも市販モデルに搭載されたシステムとしては、最も自動運転に近づいたシステムである。(2020/8/31)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
レヴォーグで提示されたスバルの未来
シャシー性能に注力したスバルの改革は、本当にスバルに相応しい戦略だ。すでに何度も書いてきているが、フラット4の余命はそう長くない。CAFE規制の今後を見れば、少数生産の特殊エンジンとして生き残ったとしても、いつまでも主力ではいられないだろう。その時「スバルの走りとは何か?」と問われたとして、このレヴォーグのSGPセカンドジェネレーションには十分な説得力があり、スバルがスバルでい続けられる理由が相当に明確になった。(2020/8/24)

安全システム:
新型レヴォーグに新世代アイサイト搭載、ステレオカメラはヴィオニア製に
SUBARU(スバル)は2020年8月20日、同年10月15日発売予定の新型「レヴォーグ」の先行予約を開始したと発表した。レヴォーグの新モデルは、先進安全やスポーティーさ、ワゴンとしての価値を進化させており、高度運転支援システムは新世代の「アイサイト」を全車標準装備とする。また、高精度地図を使った「アイサイトX」を一部グレードに設定する。(2020/8/21)

スバル、高速道路の渋滞で手放し運転できる「アイサイトX」を公開 新型レヴォーグの先行予約開始で
SUBARUが新型レヴォーグの先行予約開始にあわせ、運転支援システムの新バージョン「アイサイトX」の詳細を公開した。(2020/8/20)

10月15日正式発表:
スバル、新型「レヴォーグ」先行予約開始 新世代アイサイトで先進安全機能を強化
SUBARUは、主力ワゴン「レヴォーグ」の新型モデルの先行予約を開始した。正式発表は10月15日。オンラインや店舗のイベントを開催して魅力を発信し、期待感を高める。(2020/8/20)

力強い走りを訴求:
トヨタ「ランドクルーザープラド」一部改良 ディーゼルエンジンの出力を向上
トヨタ自動車は、SUV「ランドクルーザープラド」を一部改良して発売した。出力を高めたディーゼルエンジンを採用。安全装備も充実させた。(2020/8/4)

テュフ ラインランド:
車載電子部品のEMC試験に特化、愛知に試験所を新設
第三者認証機関テュフ ラインランド ジャパンは2020年7月30日、愛知県知立市に車載用電子部品のEMC(電磁両立性)試験に特化した「モビリティ技術開発センター(MTC)」を開設すると発表した。CASE(Connected、Autonomous、Shared&Services、Electric)市場の拡大によって増加するEMC試験へのニーズに対応する。稼働は8月1日から。(2020/8/3)

Innovative Tech:
視覚障害者が街の行列に並べる支援技術 早大とIBMなどが開発
前に並んでいる人の動きや位置をスマートフォンだけで知ることができる。(2020/7/7)

今回も瞬殺? スバルから500台限定STIチューンモデル「WRX S4 STI Sport♯」が出るよぉぉ【写真17枚】
っておい、発表前に受注締切ってなんでやねん……。(2020/7/6)

2020年秋ごろ発売:
レクサスの新型「IS」初公開 “走り込み”で大幅改良、運転を滑らかに
トヨタ自動車は6月16日、高級車ブランド「レクサス」のスポーツセダン「IS」の新型車を発表した。日本では2020年秋ごろに発売する。(2020/6/16)

安全システム:
後付け用ペダル踏み間違い対策、スバルがデンソー製を採用
デンソーは2020年6月15日、後付けで装着可能な「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」がSUBARU(スバル)の純正用品として採用されたと発表した。同年5月29日から販売している。(2020/6/16)

Innovative Tech:
ぶつからない“自動運転ロボットの群れ”アルゴリズム ノースウェスタン大が開発
自律的に衝突を回避できるロボットのアルゴリズムが研究されている。(2020/6/15)

日常からレジャーまで対応:
ダイハツ、新型「タフト」を発売 軽SUV市場に新モデル投入
ダイハツ工業は、新型軽自動車「タフト」を発売した。幅広い用途で使える主力車種と位置付け、スズキの人気車種「ハスラー」が代表的な軽SUV市場に投入する。力強さを表現したデザインや、室内の使いやすさが特徴だ。(2020/6/11)

車両デザイン:
ガラスルーフや進化したADASが標準装備、ダイハツの新型「タフト」
ダイハツ工業は2020年6月10日、軽自動車の新モデル「タフト」を発売したと発表した。軽自動車「タント」や小型SUV「ロッキー」に続く、新世代のクルマづくり「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」の第3弾となる。1974〜1984年に同名のモデルが販売されていたが、新型タフトは後継モデルではない。(2020/6/11)

警告を発して加速を抑制 スバル、既存車に後付けできる「ペダル踏み間違い」対策装置を発売
「インプレッサ」「SUBARU XV」など6車種に対応しています。(2020/6/1)

クラウド×ロボットの現在(1):
なぜロボットにクラウドが必要なのか?
クラウドを活用してロボットの開発や運用、管理を行うクラウドロボティクス。連載第1回ではAWSのシニアアーキテクトがクラウドロボティクスの現状やAWS RoboMakerの紹介を行う。(2020/5/27)

福田昭のデバイス通信(246) 2019年度版実装技術ロードマップ(56):
車載セーフティ用コネクタの10年後を予測する
今回は、車載セーフティ用コネクタ(車載カメラ用コネクタを含む)の10年後に関し、コネクタメーカーに対してアンケート調査を実施した結果を説明する。10社が回答した。(2020/5/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。