ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「Peach Aviation」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Peach Aviation」に関する情報が集まったページです。

「可視化」だけに終わらない仕組みを実現
ANAシステムズがシステムの変化対応力と安定稼働を両立できた理由とその裏側
ANAグループの事業をシステム面から支えるANAシステムズでは、SaaSの活用やシステムの複雑化に伴い、障害対応の難しさに課題を抱えていた。迅速なサービス提供と安定運用を両立するための取り組みを担当者が語った。(2022/4/20)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
暗いコロナ禍に差した「光」 ANAとJAL、生き残るためのヒト投資
ANAとJALが、新卒採用を再開する。長いコロナ禍から、ようやく日常が戻りつつあるようだ。航空業界の雇用は、これまでも大きく世相を反映してきた。その経営判断が、航空業界で働く社員の人生を左右してきたとも言える。自身も元CAである河合薫氏が、解説する。(2022/2/25)

プリンスホテルの“ホテルガチャ”、参加は抽選に 28日に3時間のみ受付
プリンスホテルは、当初2022年元旦に発売するとしていた「お年玉初夢ガチャ2022」を事前の抽選方式に変更した。公式サイトで28日の午前10時から受け付ける。(2021/12/27)

格安航空「Peach」2022年の国内線航空券を一部先行販売 3月27日から10月29日までが対象
Peachにとって2021年は名古屋(中部)に新規就航した年でした。(2021/12/21)

ピーチの“旅ガチャ”、機内でも販売 袋の中からカプセル取り出す超アナログスタイルに
ピーチ・アビエーションは17日、行き先の選べない「旅くじ」の機内販売を始めた。成田空港着の11路線、関西空港着の13路線の機内で販売する。(2021/12/17)

ピーチ、行き先を選べない「旅くじ」を機内販売 ガチャは不採用、袋から取り出す“超アナログ形式”で
Peach Aviationは、航空券購入に利用できるポイントなどが入った「旅くじ」の機内販売を始めた。お土産としての需要の掘り起こしや、機内で次の行き先を決めてもらう狙いがあるという。(2021/12/17)

ピーチの旅ガチャ、九州上陸 14日から福岡パルコに
ピーチ・アビエーションは7日、行き先の分からない「旅くじ」のカプセル自動販売機を14日から福岡PARCO(福岡市中央区)に設置すると発表した。1回5000円。(2021/12/7)

再生紙を採用:
LCC「ピーチ」の機長が考案した「紙飛行機」 1100円で一般販売
ピーチ・アビエーションは、パイロットが考案した紙飛行機「HAPPY ORIGAMI AIRPLANE Fly Peach」の一般販売を開始した。11月17日からは関西空港第2ターミナル内の実店舗でも販売する。(2021/11/15)

おぉぉ! Peachのパイロットが考案 誰でもよく飛ばせる「紙飛行機」発売
すぃぃぃっと飛ばしたい〜!(2021/11/15)

支払い方法はPayPayに統一:
格安航空ピーチの行き先を選べない“旅ガチャ”自販機、販売再開 名古屋にも設置へ
格安航空会社(LCC)「Peach」を運営するPeach Aviationは国内11路線の航空券購入に利用できるポイントなどが入った、カプセルトイ自販機「旅くじ」の販売を再開した。8月に大阪、10月に東京にそれぞれ設置したものの、売り切れとなり、販売を休止していた。(2021/11/5)

ピーチの旅ガチャ、名古屋に登場 東京と大阪は5日に復活
ピーチ・アビエーションは、11日からカプセル自動販売機「旅くじ」を名古屋パルコに設置する。完売していた渋谷パルコ(東京都)と心斎橋パルコ(大阪府)の自販機は5日に再開。(2021/11/4)

1回5000円、行き先は国内11ケ所から:
格安航空ピーチ、行き先を選べない“旅ガチャ”自販機を渋谷に設置 支払いはPayPay
コロナ禍で売り上げが減少した観光業界や航空業界を盛り上げようと、Peach Aviationが国内11路線の航空券購入に利用できるポイントなどが入った、カプセルトイ自販機「旅くじ」を渋谷に設置した。航空券の行き先を選べない点が特徴。決済方法はPayPayのみ。(2021/10/13)

HondaJet 2600 Concept:
ホンダ、新型ジェットのコンセプト機を公開 独自技術の進化で米大陸の横断可能に
ホンダの航空機事業子会社が、米ラスベガスのビジネス航空機ショーで新型「HondaJet」のコンセプト機を公開した。(2021/10/13)

ピーチ航空、行き先を選べない旅ガチャ自販機を渋谷パルコに設置 13日から 1回5000円
ピーチ・アビエーションはカプセル自動販売機「旅くじ」を渋谷パルコに設置する。8月に大阪の心斎橋パルコに登場し、SNSで話題になった「行き先を選べない旅ガチャ」の第2弾。(2021/10/13)

1カ月限定:
格安航空ピーチ、国内線全線「乗り放題パス」導入 地域経済の活性化が狙い
格安航空ピーチは、1カ月限定の国内線全線乗り放題パス「Peach ホーダイパス」を発売する。発売日は10月19日の正午で、乗り放題の対象期間は11月1〜30日。(2021/10/12)

LCCの認知も調査:
航空会社を選ぶ際に重視すること 3位「価格」、2位「安全性」、1位は?
マイボイスコムが「航空会社の利用に関する調査」の結果を発表。LCCに関する認識や、航空会社を選ぶ際に重視する点をまとめた。(2021/5/17)

Peachの予約システムが6日ぶりに復旧、ZIPAIRは不具合続く 原因はマルウェア感染か
ANA傘下で格安航空会社(LCC)のPeach Aviation(大阪府泉南郡田尻町、以下Peach)は同社の航空券予約システムの不具合が復旧したと発表。不具合は21日に発生したもので、航空券の購入などができない状態が6日間続いていた。(2021/4/27)

LCC2社の予約システムで不具合 航空券の購入やキャンセルができない状態続く
ANA傘下で格安航空会社(LCC)のPeach Aviation(大阪府泉南郡田尻町)は、同社の航空券予約システムで航空券の購入や予約変更、キャンセルができない不具合が発生していると発表した。原因は不明で、現在、復旧に向けて原因の調査を進めている。(2021/4/22)

LCC「ピーチ」の航空券が片道999円に 就航9周年記念で全国32路線が対象
1路線あたり99席×32路線の合計3168席。(2021/3/2)

長距離路線に挑む:
地方都市間の移動を拡大 ピーチ「札幌、仙台―沖縄線」を開設
ピーチ・アビエーションは、札幌(新千歳)、仙台ー沖縄(那覇)線の2路線を10月25日開設にすると発表。新型コロナウイルス感染拡大の影響で減便が続く中、感染対策を講じた上で地方都市間の移動手段を増やし、新たな需要を狙う。(2020/9/1)

体当たりッ!スマート家電事始め:
「スマートブラジャー」でストレス計測、繊維メーカーが事業化へ 客室乗務員には高評価
繊維メーカーのミツフジがスマートブラジャー「iBRA」を開発。体形をスマートに見せるものではなく、着用した人の生体情報を取得し、ストレスなどを可視化するスマート(賢い)なブラジャーだ。(2020/7/17)

計3200人を募集していた:
ANAグループ、21年度入社の採用活動を一時中断 長距離移動需要の激減で
ANAホールディングスは、グループの2021年度入社の採用活動を一時中断すると発表。新型コロナウイルス感染拡大で移動需要が縮小しており、今後の事業計画を策定することが困難なため。計3200人程度を募集していた。(2020/5/8)

【新型コロナ対応】航空各社「運航状況」まとめ
【6月6日更新】機内サービスの縮小は継続しつつ、臨時便で増便する航空会社も。(2020/4/9)

国内の航空会社ランキング、最も評価が高いのは?
調査会社のNEXERは「航空会社の満足度」調査を実施し、その結果を発表した。総合評価で最も高かったのは……。(2020/1/16)

5分で知るモバイルデータ通信活用術:
被災地域外なのに適用された「災害時データ無制限モード」 災害対応を考える
 10月の台風19号は大きな被害をもたらしました。幸い、筆者の自宅は特に被害を受けることはなく、災害救助法も適用対象外。しかし、なぜか災害時のデータ通信量無制限措置が適用されました。一体どういうことなのでしょうか……。(2019/11/19)

「Origami Wallet」も始動:
Origamiの決済プラットフォーム開放が進化 簡単に“○○Pay”が提供可能に
Origamiが新たな金融プラットフォーム「Origami Network」を発表。決済や顧客管理の機能をパッケージ化したもので、外部企業が簡単に「○○Pay」を導入できる。資金移動業の登録完了に伴い、11月には「Origami Wallet」もスタートさせる。(2019/9/28)

歴史ある企業はなぜ変わったのか:
ANAを変えた、見えない課題を発掘する「魔法のワークショップ」とは
歴史ある大企業にイノベーションを起こす――。この難題をやってのけたのが、ANAでイノベーション推進部の部長を務める野村泰一氏だ。インタビューの後編では、ANAの役員たちも驚いたという課題発掘ワークショップについて聞いた。(2019/6/28)

ANAの改革推進トップに聞く “変われなかった現場”でイノベーションが起きたわけ
国内外の厳しい競争にさらされている航空業界。勝ち残っていくためには、働き方にイノベーションを起こし、顧客本位のサービス開発ができる体制を整えることが不可欠だ。ANAの改革をけん引する野村氏はどうやって現場にイノベーションマインドを根付かせたのか。(2019/6/24)

製造マネジメントニュース:
国土交通省がIHIに業務改善命令、一部部品で自主回収を実施
IHIは2019年4月9日、2019年3月に公表した民間航空機エンジン整備事業での不適切検査に関して国土交通省から業務改善命令を受けたと発表した。経済産業省から同年3月に受けた処分に続き、2度目の行政処分となる。(2019/4/9)

製造マネジメントニュース:
IHIが航空機エンジン部品製造でも不適切検査を公表、防衛エンジンも含む
IHIは2019年4月8日、航空機エンジンの部品製造事業において社内規定に反する不適切検査があったと発表した。不適切検査の対象は民間航空機用エンジンに加え、防衛省向けエンジンも含まれることを明かした。(2019/4/8)

製造マネジメントニュース:
IHIの不適切検査、背景は検査現場の「余裕のなさ」か
IHIは2019年3月8日、東京都内で記者会見を開き、同社の民間航空機用エンジン整備事業における不適切検査について、現時点で判明している事案の概要と原因を説明した。(2019/3/11)

製造IT導入事例:
航空機部品の開発に直感的3Dアプリケーションを活用
ダッソー・システムズの「3DEXPERIENCEプラットフォーム」を、GEアビエーションが採用した。GEのハンブル工場では、設計段階に加え、製造、認定検証の工程でもデジタル3Dモデリングを活用し、高性能の航空機部品を開発するのに役立てている。(2018/11/16)

3Dプリンタニュース:
GEが日本の金属3Dプリンタ事業に本腰、造形サイズ1.3m角の超大型機も2020年に
GEは2018年6月14日、日本国内における金属積層造形(3Dプリント、付加製造)事業「GEアディティブ」を本格始動すると発表した。同社の金属3Dプリンタの国内販売強化と併せ、金属3Dプリンタ(積層造形機)導入のコンサルティングサービスを提供する(2018/6/18)

製造マネジメント インタビュー:
国内自動車業界への提案強化するテラデータ「コネクテッドカーのニーズ大きい」
データベースと分析基盤を統合した「Teradata Analytics Platform」を発表したテラデータ。日本市場では、金融、通信、流通といった既存分野の顧客だけでなく、製造業や自動車業界に注力していく方針だ。テラデータ インターナショナル担当 エグゼクティブバイスプレジデントのピーター・ミケルセン氏と日本テラデータ 社長の高橋倫二氏に聞いた。(2017/12/6)

Gartner Symposium/ITxpo 2017 講演レポート:
GEから学べ! 次世代製造業の実現に向けたデジタル変革“3つの挑戦”
デジタルへの投資を強化し、自らを「デジタル・インダストリアル・カンパニー」と位置付けるGE。コングロマリットとしてのかつてのGEから脱却を図り、「選択と集中」に取り組み、デジタル変革の道を突き進む理由とは何か。そして、デジタル・インダストリアル・カンパニーへと生まれ変わるために必要な3つの原動力とは? GEジャパン 代表取締役社長兼CEOの熊谷昭彦氏が語った。(2017/11/14)

Airbnb、ANA、Peachが連携 宿泊するとマイルやクーポンを付与
ANA、Peach Aviation、Airbnb Japanがパートナーシップ契約を締結。各社のマーケティング力を活用し、日本国内の新しいユーザー層の需要を喚起する狙い。(2017/11/6)

製造マネジメントニュース:
躍進するオープンソースPLM、ArasにGEとシルバーレイクが4000万ドルを出資
アラスジャパンはユーザーコミュニティイベント「ACE 2017 Japan」を開催。同イベント内で新たにGEベンチャーズとシルバーレイクから4000万ドルの資金調達を行うことを発表した。(2017/9/8)

国内大手航空会社との差は顕著:
国内線LCCのWebサイト、ユーザビリティ1位は「バニラ・エア」
トライベック・ストラテジーは、国内線を運航する格安航空会社(LCC)4社の公式Webサイトを対象に実施したユーザビリティ評価の結果を発表した。(2017/8/4)

“いま”が分かるビジネス塾:
現金決済がなくなる日は近い
米VISAは、キャッシュレス決済に移行する飲食店や小売店などに対して1万ドルを支払うキャンペーンを開始した。こうした大胆な方針を打ち出しているのは、世界的にキャッシュレス化が進む可能性が高まっているからである。現金決済が消滅する未来はすぐ近くまできている。(2017/8/3)

格安航空のPeach、ビットコイン決済導入へ
日本国内の航空会社がビットコイン決済サービスを導入するのは初めてという。(2017/5/22)

SIM通:
訪日外国人に無料SIMカードを提供 その背景は?
2017年に入ってから、無料のSIMカードを用いたさまざまな訪日外国人向けサービスが登場。どういったサービス内容になっているのか紹介します。(2017/2/28)

出資比率を67.0%に:
ANA、LCCのピーチを子会社化
ANAがLCCのピーチを子会社化。(2017/2/24)

製造業IoT:
日本の航空大手に燃費効率を向上させるソリューションを提供
GEアビエーションは、全日本空輸と「フライト・アナリティクス」契約を締結した。飛行データを分析し、燃費効率の向上を図る航空業界向けデジタル・ソリューションを、日本市場に初めて提供する。(2017/1/5)

LCCのピーチ・アビエーション、初の新卒採用
格安航空会社のピーチ・アビエーションが創業以来初めての新卒採用を実施する。職種はCA。好調な業績が背景にある。(2016/11/8)

製造マネジメントニュース:
将来の提携を見据えて日本の優れた技術を公募
GEジャパンは、日本の企業や研究機関から優れた技術を募集し、同社との間で相互補完的な協業を目指すことを目的とした「GEジャパン技術公募2016」を開始した。(2016/7/7)

全国の主要空港へ順次導入が決定:
2020年、ボディスキャナーが未然にテロを防ぐ
テロの脅威に備えて国土交通省を中心に普及が進むボディースキャナー。ボディースキャナーとは空港の出国ゲートで、乗客の全身をスキャンできる検査機器である。2015年10月には主要空港で運用評価試験が行われ、2016年3月29日にその結果が発表されるなど活発な動きを見せている。本記事では、ボディースキャナーメーカー各社それぞれの特長に加えて、国内の動向について紹介する。(2016/4/7)

全国のローソン、ミニストップで:
ピーチの格安航空券がコンビニで購入可能に
LCCのピーチ・アビエーションは全国のローソン、ミニストップで航空券の販売を開始した。(2016/2/23)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
ガンダム、ジェット機、スターウォーズ……南海電鉄「ラピート」の革命
南海電鉄は11月21日から、特急ラピート「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」号を運行している。元になった車両は関空特急ラピート専用車「50000系」だ。鉄道車両としては異形のデザインに驚かれたかたも多いだろう。この電車は、20年前に登場し、鉄道車両のデザインに転機をもたらした革命児だ。(2015/11/27)

国内LCCで最速、ジェットスターの累積搭乗者数800万人を突破
格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパンは、2012年7月3日の就航から2015年3月14日までの累積搭乗者数が800万人を突破したことを明らかにした。(2015/3/16)

自然エネルギー:
二酸化炭素を半減、航空機用のバイオ燃料
米ボーイングは2014年12月3日、バイオ燃料である「グリーンディーゼル」を用いた世界初のフライトテストに成功したと発表した。二酸化炭素排出量を半減できる他、現在のジェット燃料とコスト面で競争可能だという。(2014/12/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。