ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「パーソナライズ検索」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「パーソナライズ検索」に関する情報が集まったページです。

「GAFAの脅威」はあり得るのか
Google、Amazon、Facebook、Appleの頭文字を取った「GAFA」。この4社による情報独占は果たして本当に危険なのか?(2018/6/29)

OneDriveが、macOS「Finder」からの直接操作にも対応:
SharePoint Virtual Summit 2017で発表された「SharePoint」「OneDrive」の新機能まとめ
マイクロソフトがSharePoint Virtual Summit 2017で、企業向け「SharePoint」「OneDrive」の新機能を多数発表。まとめて紹介する。(2017/5/18)

自動運転技術 HERE インタビュー:
アウディもBMWもダイムラーも欲しがる高精度地図データの雄、HEREの現在地
HEREは、高精度な3次元地図データをはじめ、自動運転車を実用化する上で重要な技術を持つ企業だ。配車サービスのUberや、アウディ、BMW、ダイムラーの3社連合が買収に名乗りを上げるなど注目を集めているが、そのHEREの現在の事業展開はどのようなものなのか。同社のアジア太平洋地域担当本部長を務めるマンダリ・カレシー氏に話を聞いた。(2015/7/24)

いつの間にか世界2位のソーシャルメディアに:
Google+は単なるソーシャルメディアじゃない?! 今知っておきたい3つのトピックス
英国の調査会社によると、米グーグルのソーシャルメディア「Google+」が、2012年10〜12月のアクティブユーザー数で、Facebookに次いで世界第2位のソーシャルメディアとなりました。なぜGoogle+が伸びているのでしょうか。3つのトピックスを紹介します。(2013/2/20)

Facebook、ユーザーデータへの競合アプリのアクセス制限について説明
Twitter傘下Vineのアプリで、Facebookの友達を探す機能が使えなくなっている。これについて、間接的ではあるがFacebookが説明し、プラットフォームポリシーを改定したことを発表した。(2013/1/28)

米Yahoo!、“検索ブラウザ”の「Axis」をPCとiOS向けに公開
「Yahoo! Axis」には主要ブラウザのプラグインとiOSアプリがあり、すべての端末でのブックマークや検索履歴が同期される。利用する検索エンジンはもちろんYahoo!検索だ。(2012/5/24)

検索ユーザーの65%がパーソナライズ化は悪と回答――Pew Internet調べ
検索エンジンがユーザーデータを追跡し、検索結果やターゲティング広告に反映させることについて、ユーザーの6割以上が「良くない事」だと答えた。(2012/3/12)

Google、プライバシーポリシーと利用規約を更新へ データの横断収集でターゲティングを強化
GmailやGoogle検索、Googleマップなどでのユーザー情報を1つにまとめることで、ターゲティング広告の関連性を高め、パーソナライズしたコンテンツを提供できるとしている。(2012/1/25)

Google、検索結果にGoogle+のデータを利用したパーソナライズ機能を追加
Google+のアカウントを持っていてもいなくても、検索結果にGoogle+の情報が反映されるようになる。トグルボタンで従来の検索結果のみを表示することも可能だ。(2012/1/11)

Google、「+」に代わる逐語検索ツール「Verbatim」を追加
Google検索で検索ツール「Verbatim」を使うと、「もしかして」などと聞かれずに入力した通りの単語を検索できる。(2011/11/16)

安藤幸央のランダウン(58):
ぼくらの七ボタン戦争 - Social Buttons War -
「Java News.jp(Javaに関する最新ニュース)」の安藤幸央氏が、CoolなプログラミングのためのノウハウやTIPS、筆者の経験などを「Rundown」(駆け足の要点説明)でお届けします(編集部)(2011/9/8)

Google、「Social Search」に「Google+」の投稿を反映
Google検索の結果に友達のコメントが反映される「Social Search」のソースとして、「Google+」でサークル内のメンバーが一般公開設定で投稿したコメントが追加された。(2011/8/15)

“Google版いいね!”の「+1」、Webサイトへの設置が可能に
Facebookの「いいね!」対抗「+1」ボタンの普及をめざすGoogleが、Webパブリッシャー向けにボタンをWebサイトに設置するためのコードを公開した。(2011/6/2)

Googleの「Social Search」が日本語対応に
Google検索の結果をパーソナライズする機能「Social Search」が日本語に対応した。日本語の検索結果でもURLの下にそのURLを共有する友達のアイコンが表示される。(2011/5/20)

Microsoft、「いいね!」を投稿できるBingバーほかFacebook関連のBing新機能を発表
MicrosoftがBingでのFacebookデータの利用をさらに強化した。個人名を検索するとFacebookプロフィールのデータが表示されたり、1クリックで「いいね!」を投稿できるボタンが追加された。(2011/5/17)

Google、Facebookの「いいね!」対抗ソーシャルボタン「+1」を発表
ソーシャルサービスでFacebookに後れを取っているGoogleが、「いいね!」に似た「+1(プラスワン)」ボタンを検索結果のリンクとAdWords広告に追加する。(2011/3/31)

Google、サービス利用時のアカウント設定変更を簡易化
ユーザーは身の安全を守るため、偽名で市民デモの動画をYouTubeにアップロードしたい場合もある――。Googleが、ログイン状態を簡単に変更できるようナビゲーションバーを改訂した。(2011/2/25)

Microsoft、Facebookと提携――Bingの検索結果に「いいね!」を反映
Microsoftが検索市場でのシェア拡大を目指し、Facebookとの提携を拡大した。Facebookのソーシャルグループに基づいた人名検索結果や、友達の「いいね!」評価が表示されるなど、検索結果がよりソーシャルに、パーソナルになる。(2010/10/14)

Google、検索結果を「スター」でパーソナライズする機能を追加
GmailやGoogle Newsの「スター付き」機能がGoogle検索にも追加される。☆を付けたサイトは、関連する検索結果のページのトップに表示されるようになる。(2010/3/4)

「Googleによるデータ保有が人々の個性を奪う」――セキュリティ研究者シュナイアー氏
シュミットCEOのプライバシー問題に関する「他人に知られたくないようなことは、そもそもすべきではない」という発言を受け、著名なセキュリティ研究者が反論した。(2009/12/15)

Google、「パーソナライズ検索」をログインなしで利用可能に
これまでGoogleアカウントでログインしないと利用できなかった検索のカスタマイズ機能が、ログインせずに利用できるようになった。調整にはcookieを使用する。(2009/12/7)

米Yahoo!、WebメールとIMソフトを刷新
新しいYahoo! Mailには、ユーザーが好きなアプリを置ける「Application Box」や、ドラッグ&ドロップで画像を添付する機能などが盛り込まれている。(2009/8/25)

「ユーザーがWeb世界を変えていく」 Googleマリッサ・メイヤー副社長来日
「ユーザーの貢献や検索活動が、Web世界を変えていく」――米Googleのマリッサ・メイヤー副社長が来日し、検索の方向性について語った。(2009/6/15)

セマンティック検索のHakiaがサイトをリニューアル
GoogleやYahoo!、Microsoftといった大手検索エンジンとの差別化を図ることが狙いだというが、実際のところは――。(2008/10/7)

検索結果をユーザーに最適化する「FAST Active Mobile」にレコメンデーション機能
(2007/12/4)

3行広告検索エンジンOodle、新ツールをリリース
アパートの部屋探しや中古車売買、求人などの広告の検索サービスを提供するOodleが、新ツールを発表した。(2007/11/20)

欲しい検索結果を一発表示「ダイレクト・ディスプレイ」 Yahoo!ケータイに新機能
地名を入力すれば地図を、タレント名なら画像を一発表示──「Yahoo!ケータイ」に「ダイレクト・ディスプレイ」機能が加わった。ユーザー属性や履歴も加味するパーソナライズド検索を08年度中にも実装する計画。(2007/10/22)

Weekly Access Top10:
次に来る検索は“行動履歴”ベースか
次世代検索というテーマが好評だったので、先週に引き続きその可能性を考えてみた。(2007/10/20)

Google、「プライバシー説明ビデオ」でパーソナライズ機能を説明
Googleが、プライバシー保護についての説明ビデオの2本目を公開。検索履歴に基づくパーソナライズ機能について説明している。(2007/9/26)

ソーシャルメディア セカンドステージ:
【新連載】レコメンデーションの虚実(1)〜認知限界をどう乗り越えるのか
日本のWeb2.0ビジネスを追った好評連載「ネットベンチャー3.0」から9カ月、ネットジャーナリスト佐々木俊尚氏がこれからのソーシャルメディアのあり方を探ります。第1回では、さまざまなかたちで触れることの多いレコメンデーションについてその限界を分析します。(2007/9/11)

ワイヤレスジャパン2007:
「日本発のサービスを世界に発信したい」――グーグルのモバイル戦略
グーグルの国内モバイル戦略責任者が、「日本発のサービスを作って世界に配信したい」と語った。(2007/7/20)

豪Yahoo!、「Alpha」検索のβ版を公開
Alphaという名の新しい検索サービスのβテストが行われている。(2007/4/5)

Google、カスタマイズ機能を統合
Googleのパーソナライズホームページとパーソナライズ検索が統合された。(2007/2/6)

Symbian Smartphone Show 2006:
“携帯でGoogle”に向けた課題──米Googleユースタス上級副社長
携帯Webがオープン化に向かう中で注目を集めているのが検索サイト。米Googleのアラン・ユースタス上級副社長がSymbianの年次イベント「Symbian Smartphone Show 2006」で、モバイル参入に向けた課題と取り組みについて説明した。(2006/10/20)

ネットベンチャー3.0【第11回】:
検索エンジンが「ユーザーのその日の気分」を知る方法(中)
佐々木俊尚氏が日本のベンチャーにおけるWeb2.0ビジネス最前線を描く連載企画。Web2.0のキーワードの1つ「集合知」を情報の選別に利用しようとするソーシャルサービスの問題点を検証する。(2006/10/6)

ネットベンチャー3.0【第10回】:
検索エンジンが「ユーザーのその日の気分」を知る方法(上)
佐々木俊尚氏が日本のベンチャーにおけるWeb2.0ビジネス最前線を描く連載企画。90年代末、GoogleはWeb検索に革命をもたらし、検索結果の精度は大きく向上した。そして、さらに精度を上げるための模索が始まっている。(2006/9/29)

MS研究機関がオンライン広告研究の新プロジェクトを続々と立ち上げ
Microsoftは同社の研究機関であるMicrosoft Research(MSR)とMSNを協力させることで、オンライン市場の新たな傾向を見極め、同社のオンラインサービスに速やかに組み込める技術革新に注力している。(2006/2/21)

Google Newsが正式版に
Google Newsの正式バージョンでは、パーソナライズ検索を使って記事を自動的に推奨する機能が追加された。(2006/1/24)

Googleパーソナライズ検索に日本語版
検索ワードや参照したURLを記録し、ユーザーに最適な検索結果を示してくれる「Googleパーソナライズド検索」の日本語版が登場した。(2005/11/11)

Google、パーソナライズ検索を正式版に
Google Personalized Searchの正式版では、不要な検索結果を排除できる機能も追加された。(2005/11/11)

Yahoo!検索、ロボット型に変更 SNSと融合へ
Yahoo!検索が、カテゴリ検索からロボット検索に切り替わった。今後は検索結果のパーソナライズ化を進め、将来は、検索とSNSを融合させる考えだ。(2005/10/3)

検索+SNSの「ソーシャル検索エンジン」、Yahoo!がテスト
Yahoo!がテストしている「My Web 2.0」では、知り合いを招いてコミュニティーを作り、コミュニティーメンバーと情報を共有できる。その共有情報に基づいて、検索結果がパーソナライズされる。(2005/6/29)

Google、パーソナライズ検索のβ版公開
(2005/6/29)

「検索はまだ進化する」──ゲイツ会長、日本で携帯向け注力
来日したMSのゲイツ会長は、MSNでパーソナライズ検索やローカル検索、自然文検索を充実させると話した。日本のR&Dセンターで携帯向けにも注力する。(2005/6/28)

AOLもパーソナライズ検索に注目、モバイル検索にも視線
検索に力を入れるAOLが次に目指すのが、パーソナライズ、AIM、ワイヤレスの分野だ。競合他社に続き、「2〜3カ月のうちに」パーソナライズ検索を導入するとしている。(IDG)(2004/11/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。